縦型洗濯機の設置手順とポイント4つ

2017/04/14 2022/08/29
洗濯機・乾燥機掃除
FacebookTwitter

日々の生活に欠かせない洗濯機。一度設置してしまうと、動かす機会はほとんどありません。そのため、引越しや買い替えなどで新しく洗濯機を設置する時に、手順を忘れてしまい手間取ってしまうことも。

スムーズな設置が出来るように、気をつけたいポイントを交えながらご紹介していきます。

洗濯機の設置をする前に確認しておきたいポイント4つ

1.買い替えの場合は、古い洗濯機の処分をする

洗濯機を家電量販店などで買い替える場合、そのお店によって古い洗濯機を処分してもらえるケースが多いです。また、設置も無料で行ってくれたりもしますので、「下取りはしてくれるのか」「設置無料か」などを事前に調べたり、店員さんに尋ねてみるといいでしょう。

リサイクルショップやインターネットオークションなどで購入する場合は、古い洗濯機は自分で売る、処分します。洗濯機などの大型家電製品の処分方法は各自治体によって異なるため、お住まいの自治体の方法を確認しましょう。

2.新規購入の場合は、設置場所を確認する

設置台

新しく洗濯機を購入する際に気をつけたいのは、その設置場所。大抵の集合住宅では、洗濯機の設置場所が決められており、設置場所には水漏れ防止の防水パンが取り付けられています。

この際、洗濯機と防水パンのサイズが合わないと上手く設置できず、思わぬトラブルの原因となる恐れがあるので、新規購入の際は洗濯機と防水パンのサイズが適切であるかを事前に確かめておきましょう。新築物件であれば問題ないことの方が多いですが、築年数が古いほど、防水パンの型も古いことがあるため注意しましょう。

蛇口の形状

給水ホースを取り付ける蛇口も、各ご家庭によって様々な形状があります。通常の蛇口、簡単に取り付けられるように止め具がついている蛇口、止水タイプの蛇口などがあります。どのタイプが設置されているのか、買おうとする洗濯機が設置できる形状なのかは事前に確かめておきましょう。

排水ホースの取り付けができそうな高さや幅があるか

排水ホースを通す排出口の場所も、各ご家庭によって様々です。一般的には洗濯機の横にあるケースと、洗濯機の真下にあるケースがほとんどです。

排水口が横にある場合、洗濯機を置いたときに排水ホースを取り付けられる幅はあるか。下にある場合は、十分な高さが確保できているかを確認しましょう。

アース線について

多くの家電には、漏電防止のアース線が備わっています。設置場所のコンセントプラグの下にアース線を取り付ける部分があるので、設置の際は忘れずに取り付けましょう。

3.必要なパーツや道具について

別売のパーツが必要な場合

洗濯機を設置するにあたって、別売りのパーツが必要となる場合があります。主に、蛇口にとりつける金具。真下に排水口がある場合にとりつける排水管に、高さを確保するためのかさ上げ用のパーツなどがあります。

その他、排水口にはL字のエルボと呼ばれる部品が必ず設置されているのですが、このエルボを前の住人が持っていってしまったりなどで、装着されていないケースもあります。管理会社に問い合わせるか、お急ぎであれば家電量販店でも購入できます。

他にも、必需品ではありませんが洗濯機の振動を吸収する吸音パットなどもあります。音が気になる方は取り付けてみるのも良いかと思います。

設置に必要な工具

縦型洗濯機を設置するのに、特殊な工具は必要ありません。しかしアース線の取り付け、蛇口と給水ホースを繋ぐための金具の取り付けのため、普通のプラスドライバーを一本準備しておきましょう。

4.洗濯機の設置を業者に頼む場合の設置費用

洗濯機の設置を業者に依頼する場合は、3,000~5,000円ほどの設置費用がかかります。お住まいの階数やエレベータの有無、作業が困難な設置場所によっては1万円を超える費用になるかもしれません。

5.引っ越し前後の場合は水抜きが必要

もしも引っ越し前後で洗濯機を移動させる場合、引っ越し前には水抜きが必須です。

手順については以下の記事に詳しくまとめてあるので、よければ参考にしてみてください。

>> 洗濯機を点検!引っ越し前後に必ず行う水抜き作業手順【誰でもできる】

\  あなたの近くにいいプロいます♪ /

難しくない!縦型洗濯機の設置手順

設置時間は、順調に進めば20〜30分程度、手間取ってしまっても60分もかからずに設置できます。

1.洗濯機を置く

排水口の位置にあわせ、排水ホースの位置を合わせます。洗濯機内部にある排水ホースは、簡単に左右の切り替えが出来るようになっています。ご家庭の排水口の位置に対応した方向に合わせましょう。真下に排水口がある場合は、対応した排水管をセットしておきましょう。

次に、あらかじめ設置してある防水パンの上に洗濯機をセットします。縦型洗濯機はそれほど重量はありませんので、一般男性なら設置出来るでしょう。

この際、壁との隙間を十分に開けて設置します。あまり壁に密着しすぎると、洗濯機の振動によって壁と接触し、騒音や故障などの原因となります。吸音パットを使う場合は、事前に敷いておきましょう。

2.排水ホースを取り付ける

洗濯機内部から適切な長さに取り出した排水ホースと、排水口から外した排水エルボを接続します。止め具がついているので簡単に接続できます。

この際、排水ホースとエルボのサイズが不安定な場合は、そのまま繋いでしまうと水漏れの原因となります。サイズが不安定、もしくはサイズは丁度良いけれど水漏れが心配な方は、ビニールテープなどを巻き補強しましょう。

接続が完了したら、排水口にエルボを差し込んで完了です。

3.蛇口と給水ジョイントをつなぐ

次に、蛇口と給水ジョイントを繋ぎます。ワンタッチ金具のついていない蛇口が主流になってきましたが、ついていない蛇口であれば事前にご自身で金具を取り付けておきます。取り付けるのは四つネジニップルという金具で、名前の通りネジが四つついています。

中にあるゴムパッキンに蛇口の先端が入るように、四つのネジを緩めます。蛇口がしっかりとパッキンと接着したのを確認し、ドライバーでネジを締めていきます。

この時気をつけたいポイントは、蛇口と金具がしっかりと水平になっている事です。水平に固定されていないと、水漏れの原因になります。一つを一気に締めるのではなく、四つのネジを均等に、交互に調整しながら締めていきましょう。

また、あまり強く締めすぎるのもNGです。強く締めすぎると蛇口が変形し、水漏れの原因になります。無理に締めすぎず適度に締めましょう。

蛇口と給水ホースを繋いだら、反対側を洗濯機と繋ぎます。工具は必要なく、簡単に接続できるでしょう。

4.アース線を取り付ける

続いてアース線をとりつけます。ご家庭によって端子の形が違い、差し込むだけのワンタッチ方式と、ネジ式のものがあります。ネジ式はドライバーでネジを緩めると、中の金具に隙間が出来ますので、その隙間にアース線の先端を挟み、再びネジを締めるだけで完了です。

5.試運転をする

最後に、正常に接続されているか確認するために試運転をしましょう。ゆっくりと蛇口を開き、給水ホースから水が漏れていないのを確認後、洗濯機の電源をいれて給水します。その後排水をして、排水ホースから水が漏れていなければ完了です。

ゼヒトモで洗濯機クリーニングのプロを探す

洗濯機を清潔に使うためには、定期的な掃除が必要です。ですが、こまめに掃除するのも大変ですよね。そんなときは、ゼヒトモから洗濯機クリーニングのプロを探してみませんか?

ゼヒトモでは予算や都合のいい日時、どんなサービスを希望しているかの質問に答えることで、簡単にあなたにピッタリなプロを見つけられます。

ぜひとも、近くの頼れるプロに相談してみてください。

\ 無料でピッタリのプロとマッチング /

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

洗濯機・乾燥機掃除関連の最新記事

2022/09/02
洗濯機が故障する3つの原因と症状と対応法!

洗濯機は私達の日常生活に欠かせない電化製品ですが、もし故障してしまったら大変です!? 世帯普及率が99%を超えると言われる洗濯機。 クリーニング店やコインランドリーなども数多くありますが、毎日出る洗濯物を処理するにはお金も手間もかかります。 大型家電に分類される洗濯機は、すぐに買い換えられるモノでもありません。お宅の洗濯機、不調のサインなどは出ていませんか? 洗濯機が故障した時の症状や買い替えのタイミングなどを交えながら、洗濯機の故障の原因と症状、対策をご紹介していきます。 洗濯機が故障した時によくある症状 1. 洗濯機から異音がする、音がうるさい 洗濯機が故障した際は、ほとんどの機種でエラーコードがでます。そのため、どの箇所がおかしいのか瞬時に判断できるようになっていると思います。しかし、エラーコードが出なくても音が非常にうるさい、前よりもうるさくなった、異音がするなどの症状が出たら、故障のサインかもしれません。 2. 洗濯機の脱水、排水ができなくなる 脱水できていない、排水できずにエラーになってしまうといった症状が洗濯機の故障で多々見られます。途中で止まってしまうときは、エラーコードを確認して、どこが故障しているのか調べましょう。 3. 洗濯槽の洗濯物が回らない 洗濯機は普通に動いてるように見えるのに、いざ終わってみれば全然洗濯されていない。洗濯槽に異常があるとき、そんな症状があらわれます。 洗濯機が故障する原因 1. 洗濯機の設置状態が悪い 洗濯機が故障する原因の一つに、設置の不具合があります。排水溝の関係でかさ上げしているなど、洗濯機が傾いているのに気づかないケースがあります。洗濯機が水平になっていない状態で使用すると、洗濯槽のバランスが崩れて故障の原因になります。 2. 洗濯機の排水ホースや排水部分が詰まっている 洗濯機にはゴミとりのネットやフィルターがついていますが、小さいゴミやホコリなど全てをとりきれるわけではありません。そんなゴミが排水ホースに詰まってエラーが起こるのも良くあるケースです。 3. 洗濯機のプロペラ部分のパルセーターが壊れる 全自動洗濯機で洗濯物を回している、下のプロペラ部分をパルセーターと言います。ここが壊れることによって、洗濯物が回転しなくなります。高速で回転している場所なので、負荷がかかり、壊れやすい部分でもあります。 4. ヘアピンやティッシュ、泥・・・故障させやすい使用状況が続いてしまった 洗濯物と一緒に小銭やヘアピンなどの金属を洗ってしまったり、ポケットにメモやティッシュを入れたまま洗ってしまったりしたことはありますか? 金属小物は、布製品の洗濯をするための洗濯機にはふさわしくない異物です。 メモやティッシュは水でふやけて汚れになりますが、量の多い、形も大きな汚れです。そのほか、泥や砂など、汚れがひどい洗濯ものを下洗いなどもせずにそのまま洗濯機につっこんでしまうような状況が継続したりすると、ホースや洗濯機パーツの詰まりが故障に繋がることもあるかもしれません。 洗濯機が故障した際の対応策 1. エラーコードが出る洗濯機は、エラーコードから対応する 最近の洗濯機はコンピューター制御されているものが多く、コンピューター制御されている洗濯機は自分で直せる箇所が少ないです。洗濯機が故障したかもしれない、何らかの異常があると感じ取った際には、ほとんどの洗濯機でエラーコードが出ます。 そのコードを取り扱い説明書で確認し、異常の箇所を調べ、必要に応じて販売店やメーカーに電話しましょう。必ず聞かれるため、忘れないようにしましょう。 2. 排水エラーは詰まりが原因かも 排水のエラーが出た際は、排水ホースなどの詰まりが原因かもしれません。一度排水ホースを取り外し、詰まっているようならゴミを取り除けば直るでしょう。 何も詰まっていないのにエラーが出るときは、排水弁などの故障が疑われます。販売店やメーカーに電話しましょう。 3. 洗濯機のパルセーターは自分でDIY交換できる 洗濯物が回らない場合の対処法は、洗濯層の下にあるパルセーターをドライバーで外して確認しましょう。溝が磨り減って、空回りしている可能性があります。このパルセーター、業者に頼むとそれなりのお値段になるのですが、やろうと思えば、自分で交換できます。お使いのメーカーと型番を確認して、楽天などのインターネットショップで注文しましょう。 ショップのサイトには交換方法の記載があるので、自分でできそうならチャレンジしてみるのもいいかもしれません。 洗濯機の買い替えのタイミングは? 1. 洗濯機を8年以上使って寿命かも 洗濯機を買い替えるタイミングの目安として、8年以上使っているのなら買い替えを検討してみても良いと思います。ご家庭によって使用状況が変わってきますので、洗濯機の寿命は一概に何年とは言えませんが、メーカーの部品保有期間は約6~8年と言われています。大きな異常はなくとも、少しでも劣化を感じるような場面があれば、買い替えてもいいかもしれません。 部品保有期間を過ぎると、修理したくても部品がないケースもあります。8年程度が一つの区切りだと考えていいでしょう。 2. 他の大型家電を買い換えるとき同時に! 他の大型家電を買い換えるのに、洗濯機も買い換えるの?そんなに予算はない!ということもあるかもしれません。確かに家電を2台新調するのは家計へも少なからず影響があるかもしれません。しかし家電量販店にとっても、大型家電を2台買い換えるお客様というのは上顧客です。 春の新生活シーズンには家電がセットで割引になっていることもありますし、「セットで買うからもう少し割引にならない?」などと交渉の余地もあり、かなり安く買えるなんてこともあるかもしれませんよ。 新製品・新機能製品が出たタイミングで1つ前の型を買う 新製品が出ると、ほぼ必ずと言っていいほど、旧式のものが値下がりになります。当然機能は新しくなっているのですが、さほど大きく違わないことも多々あります。 新製品が発売されたタイミングで、安くなった準新型に買い替えを検討してみるのはいかがでしょうか。 最後に […]

2022/08/26
【洗濯機のカビ】ワカメ汚れとカビ臭さを撃退する5つの掃除道具

これから梅雨の季節に入ると、気になるのがカビ。このカビ、洗濯機の中にも生えることはご存知でしたか? 気を抜くとドラム式洗濯機の裏側がカビだらけに……なんてこと、実はよくあるんです。 カビが生えた洗濯機で洗濯をするなんて、綺麗になっているのか汚しているのかわからないような気がします。週に何度も使う洗濯機の、カビ掃除の方法を紹介します。 洗濯機にカビが生えているかも?カビの症状とデメリット3つ 1.洗濯物に黒いうろこのような、ワカメのようなものがつく 洗った後の洗濯物に、なんだか黒いうろこのようなワカメのような、ぴろぴろとした謎の物体に気がついたことはありませんか?これが、実は洗濯機の中の黒カビです。気がつかず見えづらいですが、洗濯槽の裏側に生えていると考えると、ぞっとしてしまいますね。 2.洗濯物の匂いが取れない 洗ったばかりの洗濯物から雑巾みたいな生臭い匂いを感じたら、それは洗濯機の中のカビのしわざです。黒カビは洗濯物の汚れや洗剤のカスから生まれます。 この黒カビが発生している汚れた洗濯槽で洗濯をしても、洗濯機や洗濯槽、洗剤の力を十分に発揮できずに洗っても匂いが取れない、汚れが落ちないというデメリットが起きるのです。 3.洗濯機の開閉時にカビ臭い 洗濯機のふたを開け閉めした時にカビ臭く感じたら、洗濯槽にカビが生えていると疑いましょう。「あれ?」と思う時は、そう思う原因があることがほとんどです。洗濯機からカビ臭さを感じる時は、カビが生えている可能性大です。 【あわせて読みたい】 洗濯機のクリーニングとは?業者に頼むメリットと全国の専門業者15選 \  あなたの近くにいいプロいます♪ / 洗濯機のカビを除去するには?使える掃除道具5つを解説 まずは、洗濯機のカビを除去するための頼れる仲間、掃除道具5つをご紹介します。いずれも手軽に手に入ります。 1.酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム) 洗濯機のカビ除去だけでなく、茶碗の茶しぶを取ったり、ふきんの殺菌やパイプ周りの掃除など、キッチン周りにも威力を発揮する万能選手です。酸素系漂白剤とは、炭酸ナトリウムNa2CO3 と、過酸化水素H2O2が2:3 の割合で混在してできた、過炭酸ナトリウムNa2CO3·1.5H2O2 です。 重曹と混ぜると、しつこい汚れに効果的なペーストを作ることができます。ドラッグストアや楽天・アマゾンなどのインターネットでも購入でき、1キロあたり、およそ500〜600円程度です。 2.洗濯槽クリーナー 洗濯槽をきれいにすることに特化したクリーナーです。液体タイプ、錠剤タイプ、ティーバッグタイプといろいろあります。また、縦型洗濯機にも使えるのか、ドラム式洗濯機にも使えるのか、確認しましょう。さらに、塩素系と酸素系の2種類があります。 塩素系は、汚れ落としの面では劣るものの、殺菌効果の面では酸素系を上回ります。酸素系は、酸素系漂白剤と同じく過炭酸ナトリウムが原料で、汚れ落としは塩素系よりも評判が良いようです。 最初に酸素系クリーナーで汚れを落としてから塩素系クリーナーで殺菌すると、より念入りに綺麗にすることができますよ。値段は500円程度のものから2,000円前後まで、幅広く揃っています。ドラッグストアかネットショッピングで購入できます。 3.オキシクリーン コストコで購入できると人気の万能洗剤「オキシクリーン」、は洗濯機のカビの除去にも使えます。過炭酸ナトリウムと炭酸ナトリウムのオキシクリーンは、とても強力な洗浄作用を持っています。普通の洗剤では落としづらい洗濯槽の汚れも、オキシクリーンを使うとらくらく浮かび上がってくると評判です。 明るい水色のパッケージで、コストコで購入すると5キロで1,500円ほどと、他と比べて安価に購入できます(価格はコストコ店舗や時期によって変動の可能性もあります)。他にドラッグストアや、ネットショッピングでも購入可能です。 4.お湯 水よりも、お湯の方がカビをはじめとした汚れを浮かび上がらせやすいです。お湯の温度の目安は40度から50度のあいだ。お風呂よりもちょっと熱めの温度が目安です。 5.網 水面に浮いてきたカビをすくい取ります。100円均一ショップなどで販売しているようなものでもいいので、網を1本準備しておきましょう。 洗濯機のカビを除去するには?使える掃除道具別使い方5つ 1.酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム) 洗濯機のカビ除去にはお湯10リットルにつき、100グラムを目安にしてください。3分間洗濯機を回してから、少なくとも3時間程度はそのまま放置しましょう。時間が経過したら、網を使用して汚れを取ります。 再び3分間洗濯機を回し、脱水します。この一度の工程では取りきれない可能性があるので、もう一度は洗濯物を入れず、空の状態で洗濯機を回してください。 2.洗濯槽クリーナー お湯と洗濯槽クリーナーを混ぜる、洗濯機を回す、数時間浸け置き、網で汚れを取る、再び洗濯機を回す、もう一度すすぐという手順で問題ないことがほとんどです。クリーナーに応じて書かれている使い方に応じて、使用しましょう。夏場は気温も高く粉でも溶けやすいため、粉末タイプのクリーナーを使い、冬場は溶け残ることのない液体タイプ、と季節に応じて使い分けてもいいですね。 3.オキシクリーン 洗濯機の高水位に対して、カップ5杯ほどが目安です。お湯とオキシクリーンを混ぜる、洗濯機を回す、数時間浸け置き、網で汚れを取る、再び洗濯機を回す、もう一度すすぐという手順で作業を進めていきましょう。酸素系漂白剤、洗濯槽クリーナーと同じ手順です。 休日前夜、寝る前に準備して、夜の間浸け置きして、朝になったら浮かんだ黒カビを掬いとって、すすぎを繰り返すという手順もいいかもしれません。 4.お湯 洗濯機のカビ除去の場合、お湯は高水位までいっぱいに入れます。洗濯機のカビ除去にお風呂の残り湯は使わず、新しいお湯を使いましょう。残り湯には皮脂や汚れが溶け出ている可能性があるためです。 5.網 洗剤を入れて数時間浸け置きにしておくと、黒や茶色のカビのカスが浮かび上がって来るため、その汚れをすくいとる作業に使います。手間がかかる作業なので、網は大きめのものが使いやすいです。夏の縁日の金魚すくいやスーパーボウルすくいで使用するような小さな網ではなく、水面をガバッとすくえるような大きな網の方が、作業がはかどります。 【あわせて読みたい】 洗濯機のリサイクル料金を各社比較!安く簡単に処分する方法 Zehitomoで洗濯機の清掃を依頼 洗濯機のカビ除去は、1ヶ月に1回程度の頻度で行うことが理想です。これまであまり掃除をしてこなかった洗濯機は、クリーナーを投入した後のすすぎは1回ではなく、2〜3回は行った方がいいかもしれません。 自分で掃除しても、カビの除去ができない場合には、洗濯機のプロに依頼してみましょう。 Zehitomoにはたくさんの洗濯機のプロがいます。いくつかの質問に答えることで、あなたにピッタリのプロを紹介します。ぜひ、Zehitomoから自分に合う洗濯機のプロを見つけてみてくださいね。 \ 無料でピッタリのプロと出会える /