undefinedundefined断熱工事・断熱リフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

大阪府堺市 美原区の断熱リフォーム工事業者

新築注文住宅、店舗や施設の設計施工、リフォームやリノベーションの設計施工を行っております。大阪府下の堺市を中心に45分圏内を施工範囲とし、一級建築士4名と二級建築士2名を加えた社員数12名が対応しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アートプロジェクトは厚生労働大臣認定・一級塗装技能士 黒田征樹を中心に近畿一円で地域や街の風土・歴史・文化に密着したアート作品をご提供し、多くの皆様からお喜びの声をいただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

売買や賃貸・管理・代行・コンサルティングなど、不動産に関することでしたら何でもご相談ください。 収益マンションなどの開発・施工・販売や、土木工事および総合請負、リフォーム・増改築工事などもおまかせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社はお客様のご要望を細かく伺い、経験と知識、また職人の技術を駆使し、実現できるお手伝いをさせていただきます。規模に問わず、なんでもご相談ください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

はじめまして、山口 達也と申します。 泉北住宅設備は、堺市を中心とした地域で『街の巡回大工さん』をメインテーマに掲げ、地域密着の大工として活動してまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

壁紙がはがれかかっている、床板がはがれてきた・・・、などお家のメンテナンスをしていますか? シックハウスの対策をしたい、壁紙を替えて部屋の雰囲気を変えたいなど、内装工事のことはお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社は大阪府堺市を中心に、大阪府一円にて営業を行なっております。 公共の仕事を多く手がけた実績があり、職人の数も多く、技術では絶対の自信を持っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

古民家を再生した趣のある住宅に住みたい。木造住宅で、こんなリフォームができるのかな?耐震補強をしたい。とお考えの方。 当社は建築の基礎からしっかりと作り上げていく技術を長年積み上げてきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社はリフォーム工事の全般を取扱っております。一部から全面リフォームまで住まいの事で悩まれている方を助けたいと思い全て取扱える様努力して参りました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

新築、注文建築、注文住宅、承ります。100%自社責任管理施工です。 常にプロ意識を持った一級建築士が最高級の仕事をします。 低ホルムアルデヒド、VOC削減には細心の注意を払っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

水まわり(トイレ・キッチン・お風呂・洗面台など)リフォームを中心に間取りの変更、バリアフリー、エクステリア工事など住宅リフォームを主としております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

三光エクステリアは営業・設計・施工を担当するすべてのスタッフが常に新しい商品やアイデアを見つけ出し、「新しい挑戦」と「今までの経験」の両立を実現させるように情報の共有が出来る環境作りを徹底しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

断熱リフォーム工事業者をお願いしました

堺市 美原区における断熱リフォーム工事業者の依頼例

よくある質問

断熱リフォーム工事の料金はどのくらいかかる?

200〜400万円程度の料金で、壁や床に断熱材を入れる、窓をペアガラスや二重サッシにする、天窓を作って光や風を入れるようなリフォームができます。

断熱リフォーム工事の依頼における注意点は?

断熱リフォームの料金相場は高めです。しかし断熱リフォームをすると、光熱費が節約できるメリットがあります。家自体が暖かい、もしくは家が外気の気温に左右されない密閉性や断熱性を持っていれば、冬は暖かく夏は涼しい家を保つことができるため、年間の光熱費を抑えることができるためです。そのため「断熱リフォーム」の金額と、これからの将来の光熱費がこのままだといくらかかるのか、比較して安いか高いかを見極めましょう。

断熱リフォーム工事を依頼する流れは?

いくつかの業者や見積書を比較して仕事を依頼する業者を決めて、契約を結び、着工、清算したら完了です。流れ自体はシンプルですが、スケジュールはリフォーム内容によって住人も巻き込む、大変なものになります。数時間でできるリフォームもあれば、例えば床や壁の断熱材リフォームのように「その部屋が数日間使えない」ようなリフォームもあります。隙間なく断熱材を入れないと内部結露〜カビの原因になります。壁は特に、下地材を剥がして断熱材を入れるため、床下や天井裏に断熱材を入れるよりも工期がかかります。必要に応じて居室の家具を移動する作業なども発生します。また窓のリフォームは、天気の良い日にしか着工できません。

断熱リフォーム工事業者の選び方は?

営業マンに工事の質問をしたら回答できるか、建築のことをわかっているかを確認しましょう。営業マンが知識が少なく、「工事は職人に任せます」という会社は選ばない方がいいと推奨されています。また、断熱リフォームなどリフォームによっては工期が長く、営業マンと様々な話をしたものの「実際に着工したら実際に時間を過ごすのは現場監督さんや、職人さんとの方が長い」「営業の時に来てくれていた人と言っていることが違う、話しづらい」ということにもなりかねません。

業者を選ぶときは、見積書の算出に来た営業マンに「これまでの施工実績や事例」を写真やパンフレットを見せてもらうだけでなく、話できちんと説明してもらいましょう。この写真の施工事例は、どんな家族構成の家族だったのか、どんなところをどんな風にリフォームして、仕上がりに対してどんなお声をいただいたのか、これらを具体的に説明できる営業マンは信頼できると言えます。

その他気を付けるべきポイントは?

部屋同士の温度差が5度以上になると不快感を感じると言われていますが、この温度差が結露を発生させる原因になり、家や建材へのカビの原因になります。温度差がカビを誘発し、カビが健康被害につながり家の劣化を早めることも。断熱リフォームは、家や人を健やかに保つために早急に検討すべきリフォームの一つです。