1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. 修理・交換・取り付け
  4. エアコン
  5. エアコン取り付け業者
  6. エアコンの寿命サインと、「壊れたかも?」という時の対処法3つ

エアコンの寿命サインと、「壊れたかも?」という時の対処法3つ

08/25/2017

エアコンの交換・取り付け
FacebookTwitter

あなたの家のエアコンは何年位使われていますか?エアコンは寿命年数が近付くと色々とトラブルが起きやすくなります。買い替えるべきか修理をすべきか悩んでしまうのは仕方ないことです。

エアコンの寿命の目安や買い替えのサインについてご紹介します。

エアコンの平均寿命とは?

1.家庭用エアコンの室内機・室外機

エアコン 寿命 サイン 異音 買い替え zehitomo

エアコンの平均寿命は室内機・室外機共に約10年と考えられます。それは各メーカーなどに定められた部品の保有期間が10年と定められている場合が多いためです。

まれに20年以上使われているご家庭も見かけますが、故障すると部品が無く修理はできないでしょう。

購入時の補償期間は、1年から長くても5年までの補償が多く見られます。それ以上経過してしまうと修理が可能でも部品が無ければ修理できないからです。10年以上が経過したらそろそろ寿命かなと考えておいていいでしょう。

2.業務用エアコン

業務用エアコンも寿命は約10年と考えてください。10年以上経過すると部品の劣化が起こり故障の原因になりますので定期点検をしっかり行いましょう。

使用期間や使用環境にも注意しましょう。平日8時間しか使わない環境と24時間営業で365日使いっぱなしの環境では、寿命は大きく変化します。多く使えばそれだけ寿命は短くなると考えてください。

3.エアコンのリモコンの乾電池

エアコン 寿命 サイン 異音 買い替え zehitomo

リモコンは当然ながら乾電池が無くなれば使えなくなります。エアコンがつかない気がする?その時は電池が無くなったからかもしれません。電池を交換しましょう。電池を交換しても使えないときは赤外線の信号付近にゴミなどが付着していないか確認してください。

それでも解決しない際は、リモコン本体の故障が考えられます。

エアコンの寿命がきているかも?買い替えや修理のサイン5つ

1.温風が出ない、冷風が出ない

エアコン 寿命 サイン 異音 買い替え zehitomo
運転しているにも関わらず温風や冷風が出ない、それは冷媒ガスが漏れている可能性が考えられます。修理をお願いするしかありません。

しかし修理すれば長く使えるとは限りません、またすぐに故障したり他の場所が不具合を起こす可能性もあり、無駄に修理代を払うことになりかねません。経過年数が10年に近い場合は買い替えも検討してみましょう。

2.異音がする

エアコン 寿命 サイン 異音 買い替え zehitomo

室内機からの異音はフィルターの目詰まりや送風ファンの故障が考えられます。修理までしなくても掃除やメンテナンスによって改善できる場合もあります。

室外機からの場合はコンプレッサーの故障の可能性がありますのでメーーカーの修理担当などに点検を依頼しましょう。

3.臭いがする

エアコン 寿命 サイン 異音 買い替え zehitomo

カビなどが臭いの元となると、悪臭が発生します。フィルター周りでしたら自分でお手入れできますがその奥のファンや熱交換器にカビが発生したら業者に頼んでクリーニングが必要です。

クリーニング業者を探す

4.リモコンの電池を変えても反応しない、反応が鈍い

エアコン 寿命 サイン 買い替え 異音 zehitomo

エアコンは古くなるとリモコンの操作が効かなくなるといった症状が現れます。そういった症状が現れた場合は寿命のサインと考え早めに買い替えを検討しましょう。

真夏に突然リモコンで操作できなくなったら大変です。機種によっては本体から直接操作できるものも有りますので確認しておくといいでしょう。

5.室内機から水が漏れる

冷房を使用中に水が垂れてくる症状は、ドレンホースの先から水が出ているのか確認しましょう。出ていない場合はホースの中の詰まりや折れ曲がりなどの可能性があります。

ドレーンホースに詰まりが無いのに水が垂れてくる際は、本体の何処かに異常が考えられますので点検をしてもらいましょう。

エアコンが壊れたらどうすればいい?すること3つ

エアコン 寿命 サイン 買い替え 異音 zehitomo

1.買い替えを検討する

エアコンが故障してしまったら現時点で何年経過しているか考えましょう。せっかく修理しても数年後にまたすぐに故障してしまったら、新しく買った方が安上がりかもしれません。

購入して5年以内でしたら修理でいいと思いますが、それ以上経過しているようであれば、修理可能か、買い換えたほうがいいか、メーカーに問い合わせてみてもいいでしょう。

2.買い替えや入れ替えをしない場合は処分をする

壊れてもう使わないエアコンは処分しましょう。新しいものに買い替えるタイミングで古いエアコンを引き取ってもらえることがあります。

買い換えない、使えなくなったエアコンを処分だけしたいような時でも、使わないエアコンを放置しておくと劣化により錆がでたりカビが生えたりと衛生的に良くありません。取り外して、処分をしましょう。

3.賃貸の場合は大家さんに連絡・相談をする

賃貸物件は冷暖房が完備されている部屋とされていないお部屋があります。元々設置されていたエアコンが故障した時は、勝手に修理は出来ません。きちんと大家さんに連絡して修理してもらいましょう。

また自分で設置したエアコンはご自身で修理してください。購入したものは引っ越しの際に外さなければならないので買い替えるより、なるべく修理して使いましょう。

最後に

エアコンの寿命や買い替えのサインについて分かりましたか?エアコンの異常のサインを見つけたら早めに対処して暑い夏や寒い冬に備えましょう。

エアコンは夏の季節の始まりが一番売れます。その時期に故障してしまうとなかなか修理してもらえないですので、早めにエアコンを点検して掃除もきちんとしておきましょうね。

Zehitomo を利用する

エアコン 寿命 サイン 買い替え 異音 zehitomo

「エアコンが壊れかけているかもしれない」「エアコンの掃除をしてほしい」、そんなときはプロフェッショナルに整理整頓の助けを頼みましょう。

Zehitomoで依頼を出すと、5名以内のプロから見積もりを取ることができます。

「エアコンを徹底的に掃除してほしい」「エアコン買い替えの相談に乗ってほしい」などのリクエストを、ぜひとも出してみてくださいね。

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

エアコンの交換・取り付け関連の最新記事

2022/06/30

エアコンの処分は家電リサイクル法に従う。地域別処分方法も紹介

エアコンの処分方法はご存知ですか。壊れたり新しいものと取り換えたりするとき、慌てて処分方法を確認することのないように、あらかじめ処分についての知識を身につけておきましょう。 処分方法によっては費用や手間が大きく変わるので、自分にとって1番お得な方法がなんなのかチェックしておくことがコツです。暑い夏を健康に乗り切るためにも、エアコンを適切に処分して自宅を万全の体制に整えましょう。 エアコンを処分する前に!チェックポイント3つ 1.修理して使い続けることができないか? 処分を実行する前に、エアコンを修理して再び使うことができないか確かめておきましょう。販売店の保証期間内であれば、無償で修理を行ってもらえることもあるので、処分する必要がなくなるかもしれません。 2.買取やリサイクルなど、廃棄処分以外の方法がないか? まだ新しいエアコンなら、処分品であってもリサイクルショップなどで買取をしてもらえるかもしれません。しかし販売から5年以上が経過している製品は買値がつかないことが多く、壊れているのなら引きとりを断られることもあります。業者によっては処分品でも引きとってくれることがあるので、一度確認してみるのもいいでしょう。 3.人に譲ることができないか? まだ使えるエアコンを処分するのはもったいないと感じるなら、誰か必要な人に譲るのもいいでしょう。しかし個人でのエアコンの取り外しは事故や故障の原因となるので、専門の業者にお願いする方が安全です。その際には取り外し費用が6,000~10,000円前後かかります。もちろん場所や時期で費用は変動するため、処分するよりも譲る方が高くなる可能性もあるでしょう。 エアコンを家電リサイクル券で処分する方法 1.家電リサイクル券の発券をする エアコンを家電リサイクル券で処分することに決めたなら、引きとりの依頼を自治体かエアコンを購入した販売店に連絡をして家電リサイクル券の発券をお願いしましょう。依頼先によって「料金販売店回収方式」か「料金郵便局振込方式」に分かれるので、依頼の際に確認してください。 地域によっては、家電リサイクル券による処分を行っていないことがあります。その際は自治体に連絡を取り処分方法を教えてもらいましょう。 2.処分日を決める 発券した後は、処分日を販売店もしくは自治体と決めましょう。すれ違いのないように1日中余裕のある日が望ましいです。エアコンのリサイクル料は1,000~2,000円、配送料には3,000円前後かかります。処分日当日までにお金の準備も忘れないようにしておきましょう。 3.エアコンを取り外す エアコンを家電リサイクル券で処分するには、室内機と室外機をそれぞれ取り外して、自宅の前まで運んでおく必要があります。もし自力でのエアコンの取り外しが難しいようなら、そのことを回収業者に前もって伝え、指示を受けておきましょう。賃貸物件で無理にエアコンを外すと、トラブルや事故の原因となります。気をつけましょう 4.エアコンに家電リサイクル券を貼る 家電リサイクル券をエアコンに貼り、業者へ引き渡します。その際に必ず控えをもらいましょう。 5.指定の方法で処分をする 料金郵便局振込方式で支払いをしたなら、指定の取引場所に持ち込むことで処分も可能です。最寄りの取引場所はネットでチェックできるので、回収が不要ならご自身で持ち込みましょう。その際に家電リサイクル券は室内機・室外機ともに右側面上部に貼ってください。指定取引場所ではトラックの出入りがあるので、安全に注意してエアコンを運びましょう。 地域別!エアコンの処分方法 東京都 東京都は家電リサイクル受付センターがあるので、小売店だけでなく自治体による回収が行われています。エアコンの購入先がわかるなら小売店に、不明なら自治体に回収をお願いしましょう。「料金販売店回収方式」による取引が可能なので、スムーズな処分が行えます。 神奈川県川崎市 川崎では家電リサイクル法に伴って、現在では市による回収を行っていません。エアコンの処分が必要なときは、購入した小売店に連絡をして回収してもらいましょう。購入店がわからない、回収が不可能という場合は、家電メーカーが指定する引きとり場所に持ち込むか、川崎家電リサイクル協議会加盟店を調べて引き取りを依頼しましょう。 愛知県名古屋市 名古屋は家電リサイクル券を利用した市による回収をしていません。購入した小売店による連絡を行うか、指定場所への直接運搬を行いましょう。指定場所への運搬がむずかしいときは、名古屋市一般廃棄物事業協同組合か収集運搬の許可を受けている業者に頼みましょう。 沖縄県 市によって回収状況が異なるので、エアコンの処分が必要になったらまずお住まいの自治体に確認をしましょう。多くは購入した小売店による引きとりを推奨しているので、連絡が取れるのなら小売店に依頼した方が早いでしょう。 Zehitomoから不用品回収を依頼 どんなに高性能のエアコンでも、いつか処分する日は来ます。そのときになって慌てないように、あらかじめ自分の住む地域での処分方法を確認しておきましょう。 自分で処分するタイミングがない、処分するのは不安という人は、不用品回収のプロに依頼してみましょう。 Zehitomoにはたくさんの不用品回収のプロがいます。いくつかの質問に答えることで、あなたにピッタリのプロを紹介します。ぜひ、Zehitomoから自分に合う不用品回収のプロを見つけてみてくださいね。

2022/06/01

エアコンから異音がするときの、原因と対処法5つ

エアコンの本体や室外機から変な音が聞こえたことはありませんか。エアコンが壊れてしまったのかと心配になりますね。異音にはいろいろな原因が考えられます。異音が鳴る原因として、どのようなものがあるのでしょうか。 今回は、エアコンから異音が鳴ったときに確認すべきポイントや、「カタカタ」「キュルキュル」といった音の種類別の原因、対処法などを解説していきます。 エアコンから異音が!確認するポイント6つ 1.運転している、運転最中に音がする エアコンの運転中に異音が聞こえた場合、エアコン自体の問題である可能性が高いです。部屋の中で音が聞こえる場合は室内機、外から音が聞こえる場合は室外機をチェックしましょう。 まず室内機は正常に送風されているか、冷風が出ているかを確認します。またランプの点滅、エラーコードの表示がないかも確認してください。 室外機は、室外機の周りに物を置いていないか見てみましょう。 2.運転していないのに音がする 電源が入っていないにもかかわらず音がする場合、エアコン自体の問題ではない可能性が高いでしょう。中に虫が侵入している場合が多いです。 また、換気扇を使用しているときや、屋外が強風だと異音が聞こえることもあります。 3.室内機から音がする まずは、室内機のフィルターが汚れていないか確認しましょう。目詰まりしていると風を送れず、大きな音がしたり本体の振動が起きたります。 4.室外機から音がする まず室外機の周りに物を置いていないか、確認しましょう。周りに置いてある物が空気の循環を邪魔していると、異音の原因となります。 また、ファンの中に虫やゴミ、枯れ葉などが入り込んで詰まっていると音がすることもあります。 5.室内機・室外機以外の場所から音がする 壁や壁の中の梁の部分を手でグッと押して音が消える場合は、エアコンを稼働させているときの振動が原因です。 稼働中は本体のファン・モーターなどが常に動き続けており、その振動が壁や床に伝わって音となっています。 6.異音がする以外の不具合も発生している 冷えない、暖かい風が出てこない、ニオイがする、水もれなどの不具合がある場合は、エアコン内部の故障である可能性が高いです。 故障の症状が出ている場合、以下の記事も参考にしてみてください。 エアコンが故障する3つの原因と症状、対応法 音の種類別!原因・理由 1.キュルキュル エアコンの室内ファンモーターのベアリングの劣化・故障や、ファンに埃やカビが詰まり、それが原因でファンがバランスを崩している可能性もあります。 ファンモーターに不具合があると、キーンという耳鳴りのような高い音がすることもあります。 2.カラカラ エアコンのファンに埃がつき、ファンがまわる時に当たって音がする場合や、ファンの軸のずれ、モーターの故障、ベアリングのオイル不足などが考えられます。 3.コンコン 室内機の排水が逆流する際、発生する音です。マンションやアパートなどで気密性が高いと起きやすく、換気窓を少し開けると音が消えることが多いでしょう。 4.ポコポコ 室内と室外の気圧に差があると、このような音が鳴ります。排水ホース(ドレンホース)から空気が入った時に聞こえる音です。 強風のときや換気扇をつけているとき、気密性の高いマンションなどではよくあります。この場合は故障ではありません。 5.ミシッ エアコン内部にある金属製の熱交換器が温まったり冷えたりすると、膨張したり収縮したりし、音が聞こえることがあります。 運転していない時でも起こり、故障ではありません。 6.ウォンウォン モーターの振動が抑えられていない機種に出やすい音です。 モーター自体から音がする場合と、家の構造体に振動が伝わり聞こえる場合があります。 エアコンから異音がする時の対処法5つ 1.メーカーのホームページを確認する 使用しているエアコンのメーカーのホームページにある、よくある質問を見てみましょう。症状別に対処方法が書いてあります。なお、パナソニックのホームページには、室内機の音についての動画説明があります。 2.エアコン内部のフィルター掃除をする エアコンの使用期間や運転時間が長いほど、エアコンの内部にあるフィルターにはゴミや埃がたまります。これらは異音の原因となるため、定期的に掃除して取り除きましょう。 まず、フィルターを外す前に外側から掃除機でほこりを吸いとります。内側から吸ってしまうとほこりがフィルターの目に詰まってしまうので、注意してください。そのあと、掃除機とは逆に内側からシャワーを当て水洗いします。外側から水圧をかけると目詰まりするため方向に気をつけてください。 初めてフィルター掃除をする方は、よければ以下の記事も参考にしてみてくださいね。 【エアコンのフィルター】掃除方法と交換のやり方!初めてでもできる 3.ドレンホースの掃除をする ドレンホースが詰まっていると、異音だけでなく水漏れの原因にもなります。フィルターと同様、定期的に掃除するようにしてください。 まずは割り箸などを使い、ゴミを取り除きます。中の方のゴミは、掃除機でドレンホースの中を吸いとります。ドレンホースの先端を上向きに持ち、掃除機とつなぐように持ちましょう。2秒間吸いだしてから、掃除機を離します。最後は、ドレンホースから汚れた水が排水されるよう下に向けます。 4.エアコンの専門業者に点検・確認を依頼する 適切な対処をしても異音が続くときは、エアコンクリーニング業者に内部のクリーニングを依頼したり、修理業者に相談するのがおすすめです。 家庭用の一般的なエアコンなら、1台7,000〜15,000円程度でクリーニングしてもらえます。 5.賃貸物件の備え付けエアコンは、大家に相談をする 賃貸物件にあらかじめ設置されていたエアコンに異常を感じ、修理やエアコンクリーニングを希望する場合は、まず一度管理会社や大家に相談しましょう。経年劣化による故障の場合は大家さんの負担で交換や修理をしてもらえることが多いですが、それ以外は借主負担としている契約が一般的です。 […]