1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. リフォーム
  4. テーマ別
  5. リノベーション業者
  6. 倉庫リノベーションとは?メリットや用途について解説!

倉庫リノベーションとは?メリットや用途について解説!

2022/08/15 2022/09/21
リノベーション
FacebookTwitter

倉庫を住宅やオフィス・店舗用に改修するリノベーションをご存じでしょうか。倉庫の良さを利用したリノベーションは、ほかにはないオシャレ且つ機能的な空間を作り出すことができます。

この記事では、倉庫リノベーションについて、メリット・デメリットや費用相場、用途をご紹介!リノベーションを検討している方はぜひ参考にしてください。

倉庫リノベーションとは?

リノベーション予定の倉庫

倉庫リノベーションとは、一般的に古くなって使われなくなった倉庫を住宅やオフィス・店舗用などに改修することを指します。

もちろん倉庫としての利便性を上げるために改修するケースもあります。倉庫ならではの開放感や独特の雰囲気を活かして用途変更するリノベーションが増えています。

もともと物を保管するために作られたスペースを別の用途に改変するため、配管工事や断熱リフォームなどが必要になることもあります。倉庫リノベーションを行う際はメリット・デメリットをしっかりと確認し、費用相場や必要な工事などを事前に詳しく調べることが重要です。

倉庫リノベーションのメリット

年季の入った倉庫 リノベーション予定の倉庫

倉庫リノベーションには、以下のようなメリットがあります。 ユニークなリノベーションができる 間取りを自由に決められる 比較的費用が安い 倉庫リノベーションには、通常の物件のリノベーションにはないメリットが複数あり、独自性のある空間作りが可能です。以下では、倉庫リノベーションのメリットについて詳しく解説します。

ユニークなリノベーションができる

倉庫は、天井が高く柱が少ない設計となっており、空間が広くて開放感があるものが多いです。年季の入った倉庫なら、汚れや傷などを活かした独特なリノベーションができます。

通常の住宅にはない倉庫ならではのユニークさを活かし、味のあるリノベーションができるため、古民家風のカフェやモダンな居住空間など、独自性のある空間作りが可能です。

間取りを自由に決められる

倉庫は空間を仕切る壁や間仕切りなどがないため、部屋の広さや数など、間取りを自由に決めやすいというメリットがあります。

また、一般的な住居に比べて天井が高く柱が少ない場合が多く、広々とした空間を活かして自在にレイアウトを決めることが可能です。 間取りの融通が利くため、オリジナリティのある空間にリノベーションすることができます。

比較的費用が安い

倉庫は、同じ広さの通常の物件やテナントよりも安く購入できることが多いです。また、壁や間仕切りが少ないため解体費用を抑える事ができ、張り替える床や壁が限定されているのでリノベーションにかかる手間も少なく済みます。

そのため、購入費用・リノベーション費用の両方を安く済ませられる場合も多くあります。 もちろんリノベーション内容によって費用は異なりますが、比較的費用が安いのは大きなメリットです。

倉庫リノベーションのデメリット

年季の入った倉庫 

倉庫リノベーションには、以下のようなデメリットがあります。 インフラ整備を行う必要もある 窓が少ない 工業専用地域内の可能性もある 倉庫は、もともと人が暮らす用に作られているわけではないため、リノベーションできない場合もあります。倉庫リノベーションを検討する際は、デメリットを理解することが重要です。

インフラ整備を行う必要もある

倉庫は人が生活することを前提に設計されているわけではないため、オフィスや店舗用などにリノベーションする場合は、電気・ガス・水道や断熱・防音対策、インターネット環境の整備など、インフラ整備も同時に行う必要があります。

本来の用途である作業場として使用されていた倉庫にはコンセントが付いている場合もありますが、あくまで最低限の数しかないケースも少なくありません。人が快適に過ごすためには不十分であり、増設する必要があることがほとんどです。

インフラ整備にはある程度の費用がかかるため、倉庫自体の購入費用は安くてもトータルで見るとそこまで安くならないというケースもあります。

窓が少ない

倉庫は物を保管するという性質上、日当たりを防ぐため窓が少なかったり、ついていなかったりする場合が多いです。居住用にリノベーションする場合は、日当たりを考えて窓やベランダを設置する必要があります。

また、間口が狭く居住用の物件と比べて、人が出入りしにくい設計となっていることも多いです。特に店舗用に改修する場合は、間口を広げて出入りしやすい設計にする必要があります。

工業専用地域内の可能性もある

リノベーションしたい倉庫が工業専用地域にある場合、倉庫を居住用や飲食店・店舗用に改修することはできません。購入後に工業専用地域にあるためリノベーションできない、と判明した場合は、購入費用が無駄になってしまいますので注意が必要です。

そのため、購入前には倉庫自体だけでなく、倉庫があるエリアとリノベーション可否を確認しましょう。 また、リノベーション自体はできても建材にアスベストが使用されている場合があります。当時は、優れた耐久性と耐火性を持つ建材として活用されていました。

しかし、アスベストは健康被害をもたらすため、2006年から使用が禁止されている危険な物質です。2006年以前に作られた倉庫には、アスベストが使用されている可能性があります。 アスベスト除去には高額の費用がかかるため、結果としてリノベーション費用が高くつくこともあります。

倉庫リノベーションの費用相場

倉庫のリノベーション業者が倉庫の状態を確認している

倉庫リノベーションの費用相場は、用途や倉庫のインフラ設備の有無によって変わります。

打ちっぱなしのコンクリートをそのまま活かしたり、剥き出しの配管ダクトを隠さないデザインにしたりなど、倉庫ならではの内装を活かしたデザインにする場合、費用を安く抑えることができます。

  • インフラが整備されていない倉庫を居住用に:1,000万円以上
  • 電気・ガス・水道など一部インフラが整備されている倉庫を居住用に:1,000万円前後
  • インフラが全て揃っている倉庫を居住用に:500万円前後
  • 大規模な設備を導入して飲食店用に:1,000〜2,000万円

倉庫リノベーションの用途

倉庫と照明器具

ここでは、倉庫をリノベーションしてどのように使用されているのか、具体的にご紹介します。

ガレージハウス

車庫と住宅が一体となった住宅のことをガレージハウスと呼び、1階部分がガレージと玄関等、2階以上が居住空間となっていることが多いです。

ガレージハウスは、家の中に車庫があるような設計のため、車を雨風から防ぐことができたり、防犯性に優れているなどのメリットがあります。 倉庫の天井の高さや広さを利用し、ガレージハウスにリノベーションすることも可能です。

広々したスペースには車を複数台停めることができ、倉庫ならではの独特の雰囲気を活かして2階におしゃれな居住空間を作ることもできます。 居住スペースから車が見えるようなデザインにすれば、愛車を楽しみながら生活できるため、車好きの方に非常におすすめです。

オフィス

倉庫の広々した空間を活用し、オフィスとしてリノベーションすることもできます。天井の高さを利用して2階建てにし、1階を駐車場やミーティングスペース、2階をワークスペースとして活用することも可能です。

また、一般のテナントを借りるよりも安く費用を抑えられる場合が多いため、郊外に広々したオフィスを比較的低価格で構えたい企業に向いています。おしゃれで独特なオフィス作りで、他社と差別化することも可能です。

店舗

倉庫を改修し、レストランやカフェなど店舗として活用しているお店も多いです。間取りの融通が利くため豊富な収納スペースを確保しやすく、さらに天井の高さを利用することで面積が狭くても開放感のあるデザインに仕上げることができます。

また、剥き出しの配管ダクトや打ちっぱなしのコンクリート壁など、倉庫ならではの独自のデザインを活かすことで、無機質でおしゃれなインテリアが実現可能です。 飲食店だけでなく、アパレルショップやスタジオ・ダンススクールのように、デザイン性が重視される店舗作りにも適しています。

ゼヒトモでリノベーションのプロを探す

倉庫をリノベーションして有効活用するためには、適切なリノベーション業者を見極め、信頼できるプロに頼ることがおすすめです。

  • リノベーションについて相談したい
  • まずは見積もりを取りたい

そんな方は、ゼヒトモからリノベーションのプロを探してみませんか?いくつかの質問に答えるだけで、簡単にあなたにぴったりなリノベーションのプロが見つかります。 ゼヒトモをお気軽にご利用ください!

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

リノベーション関連の最新記事

2022/09/30
押入れをクローゼットにできる?DIYアイデアや注意点、業者依頼時の費用相場を解説

近年は、押入れをおしゃれなクローゼットとして活用するケースが増えています。ただ実際業者に依頼するとなると、気になるのが費用面ですよね。そこで今回は、押入れをクローゼットにしたい時に、業者に依頼する前に自分でできるDIYのアイデアや注意点をご紹介します。また業者に頼む際の費用感もまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。 押入れの使い勝手や一般的なサイズとは 押入れをリノベーションする際に知っておきたいのが、押入れの使い勝手や一般的なサイズです。基本的に、押し入れは和室での生活にあわせて上下2段に分かれています。 一般的な押入れのサイズは、間口が165〜180cmです。高さは上段が90〜100cm、下段は65〜75cmに設計されています。奥行きは80〜90cmのものが多いでしょう。 布団をしまうにはじゅうぶんなサイズがある押入れですが、物を収納する場合は奥のものが取り出しにくい一面があります。押入れをリノベーションするときは、奥行きの深さをふまえて設計するのがおすすめです。 押入れをクローゼットにする際の注意点 押入れをクローゼットにする際の注意点は、以下の5つです。 床の構造を確認 断熱材で結露防止 奥行きなどのサイズを考慮する クローゼットの扉も考える 賃貸の場合は契約内容を確認 特に、賃貸住宅の場合は事前に契約内容をよく確認してください。そのうえで構造やサイズなどを考慮し、リノベーション計画を進めていきましょう。 床の構造を確認 押入れをクローゼットにリノベーションする場合は、床の構造をよく確認してください。古い押入れの床は、下地がしっかりと組まれていない可能性があります。その上に棚を設置すると、重量に耐えられないため注意が必要です。 床の構造が弱いときは補強工事をおこないます。業者に依頼する場合は、そのぶん費用がかかることをおさえておきましょう。 断熱材で結露防止 湿気がこもる押し入れは、結露しやすくカビが発生しがちです。結露は押し入れ内の空気が温まることで発生するため、断熱材で予防できます。クローゼットにリノベーションする際は、断熱材の利用も検討しましょう。 調湿性のあるクロスを貼ったり、密閉度の低い扉を利用したりするのもおすすめです。デザイン性と利便性を考慮すれば、使い勝手の良いクローゼットへとリノベーションできます。 奥行きなどのサイズを考慮する 前述したように、押し入れはクローゼットに比べて奥行きがあります。クローゼットにリノベーションする際は、この奥行きを生かしたデザインを検討してください。 本来押入れは、布団をしまうためのものです。そのため、洋服収納には使いづらいと感じられることがあります。奥行きのサイズを考慮すれば、押入れならではのスペースを活用した収納を実現できるでしょう。 クローゼットの扉も考える 押入れのリノベーションは、扉のデザインが大きなポイントです。クローゼットにしたときに開きづらかったり、扉が家具などに当たってしまうと奥までしっかりと見渡せません。 部屋が狭い場合は、引き戸タイプのクローゼットドアがおすすめです。フルオープンタイプのドアなら一度に全体を見渡せます。実際に扉の使用感を確認したいときは、ショールームへ足を運んでみてください。 賃貸の場合は契約内容を確認 賃貸の場合は、契約内容を事前に確認しておきましょう。多くの賃貸契約では、退去時の原状回復が義務付けられています。なかには、DIYやリノベーションそのものが難しいケースもあるため注意が必要です。 イメージを変えるためにふすまを取り外した場合は、きちんと保管しておいてください。退去時にはふすまを戻し、元通りにしておきましょう。 DIYでクローゼットにするアイデア DIYで押入れをクローゼットにしたいときは、以下のアイデアを参考にしてください。 カーテンレールを設置 突っ張り棒を使用 ハンガーラックを設置 押入れ用のポールを設置 ディアウォールでパイプハンガーを ライフスタイルにあわせてDIYすれば、クローゼットの使い勝手がアップします。DIYなら予算が抑えられることも大きなメリットです。 カーテンレールを設置 DIYで押入れのイメージを変えたいときは、ふすまを外してカーテンレールを設置してみましょう。カーテンの柄や色にこだわれば、部屋全体を手軽にイメージチェンジできます。 ふすまと違い全面がオープンになるため、使い勝手が良くなることもおすすめポイントです。前述したように、外したふすまは退去時まで大切に保管しておきましょう。 突っ張り棒を使用 賃貸でカーテンレールの穴があけられないときは、突っ張り棒の使用がおすすめです。突っ張り棒にリングを通せば、カーテンが設置できます。 突っ張り棒は、ハンガーがかけられることもメリットのひとつです。着用機会が多い上着などを出し入れする手間が省けます。ただし、コートのような重たい上着や分厚いカーテンをかけると、突っ張り棒が落ちる可能性があるため注意してください。 ハンガーラックを設置 押入れの奥行きを有効活用したいときは、ハンガーラックを設置しましょう。近年は、さまざまなデザインのハンガーラックが販売されています。 おすすめは、伸縮機能のあるハンガーラックです。押入れならではの奥行きを活用でき、収納力がアップします。キャスター付きのラックであれば、シーズンごとの洋服の出し入れも楽になるでしょう。 押入れ用のポールを設置 よりスッキリと見せたいときには、押し入れ用のポールを設置してみてください。ポールにハンガーをかければ、空いたスペースを有効活用できます。シューズボックスを置いたり、本を置いたりとライフスタイルにあわせて利用できるでしょう。 注意点は、ネジで壁と天井に固定する必要があることです。固定する板が頑丈でないとポールが曲がる可能性もあるため注意してください。 ディアウォールでパイプハンガーを 壁に釘を打ちたくないときは、ディアウォールを利用しましょう。ディアウォールとは、壁を傷つけずに棚を作ることができるDIYアイテムのことです。ホームセンターやネットショップなどで手軽に購入できます。 ディアウォールはバネの力で固定するため、押し入れ内の壁は頑丈なほうが安心です。きちんと固定できれば、突っ張り棒よりも高い耐荷重を期待できます。 業者に依頼する際の費用相場 押入れをクローゼットにする場合、DIYだとできることに限りがあります。ウォークインクローゼットにしたり、棚を追加したりする際は、業者に依頼するのがおすすめです。 ここでは、業者に依頼する際の費用相場について紹介します。解体費や撤去費、パイプ設置といった工事別の費用のほか、工事期間も参考にしてください。 各工事費用 […]

2022/09/30
マンションリノベーションの費用相場を解説!注意点・部屋の広さや種類別でご紹介

マンションをリノベーションする際に、気になるのが費用面ですよね。予算によってプランを変更することもあるでしょう。今回は、マンションリノベーションの費用相場について詳しく解説します。注意点やローンの選び方、業者選びのポイントもぜひ参考にしてください。 リノベーションとは リノベーションとは、今ある住宅の機能やデザインを作り変え、新たな価値を持たせることです。リノベーションとよく似た言葉として、リフォームを思い浮かべる方も多いかもしれません。リフォームは、古くなった住宅をもとの状態にすることを意味します。 両者の大きな違いは、リフォームが住まいを「修繕」するのに対し、リノベーションは「改修」することです。リノベーションのほうが大がかりな工事が多く、壁そのものを取り払う施工法は「スケルトンリノベーション」と呼ばれています。 マンションリノベーションの注意点 近年は一戸建てだけでなく、マンションのリノベーションも注目を集めています。ここでは、マンションリノベーションの注意点を確認していきましょう。 マンションリノベーションには、できることやできないことがあります。できることのなかにも、制限があるのが大きな特徴です。後から後悔しないためにも、これらの注意点をおさえながらリノベーション計画を進めてください。 できること マンションの場合は、室内の壁や床材などのリノベーションが可能です。これらの箇所は「専有部」と呼ばれ、主に窓の内側から玄関の内側までがあてはまります。 多くのマンションでは、玄関ドアも室内側であればリノベーション可能です。ただし、細かい規約は建物によって異なるため、必ず管理会社などに事前確認してください。 制限があること 専有部であっても、間取り変更や水回りの移動などには制限がかかる可能性があります。マンションの構造によっては、壁や排水管の撤去が難しいからです。 マンションの構造には、柱や梁で建物を支える「ラーメン構造」と、壁で建物を支える「壁式構造」の2タイプがあります。壁式構造の場合は、壁が建物を支えているため撤去することができません。 水回りをリノベーションしたい場合は、排水管が移動できるか確認してみてください。配管が移動できるスペースがあれば、好みの間取りにリノベーションできます。 できないこと マンションは、基本的に以下のような「共有部」のリノベーションはできません。 窓枠、窓ガラス 玄関ドアの外の部分 ベランダ、バルコニー エレベーター 駐輪場、駐車場 これらの共有部は、他の居住者も利用する部分だからです。自室につながるベランダやバルコニーも、避難経路になる可能性があります。 ただし、窓ガラスの交換においては、管理会社の許可が下りるケースがあります。窓を自分好みに変えたい場合は事前に問い合わせてみましょう。 部屋の広さなど事例別費用相場 ここからは、部屋の広さなどに応じた事例別費用相場を紹介します。一部を修繕するリフォームに比べ、リノベーションは住まいの雰囲気を大きく変えられるのが特徴です。そのぶん、費用相場も高額になります。 また、水回りのみのリノベーションとフルリノベーションでは、費用相場も異なります。予算と照らし合わせながらプランを検討していきましょう。 マンションリノベーション費用相場 マンションのリノベーションの費用相場は、500~1000万円です。具体的な費用は、元々の物件の状態や施工内容によって異なります。 例えば、60㎡のマンションの場合、水回り設備の取り替えや内装を一新するとおよそ800万円の費用が必要になります。さらに、間取り変更をした場合の相場はおよそ1000万円です。 家具や材料の素材にこだわったり、壁に断熱加工をほどこした場合は、さらに高額な費用が必要になるでしょう。 フルスケルトンリノベーション 壁を取り払うフルスケルトンリノベーションの場合、リノベーション費用はおよそ500万円弱かかります。これは、水回りも移動し、和室2部屋をつなげ広いLDKへと作り変えた際の費用相場です。元々の物件により異なるものの、施工には約1カ月を要します。 フルスケルトンのリビングには、壁面収納の設置も可能です。天井や床と収納扉のカラーをあわせれば、部屋全体に統一感が生まれます。 水回り(キッチン・トイレ・お風呂・洗面所) キッチンやお風呂など、水回りのリノベーションの部分別費用相場は以下のとおりです。 キッチン 100~150万円 お風呂 80~200万円 洗面台 10~50万円 トイレ 10~30万円 マンションの設備が劣化している場合は、水回り全体のリノベーションも検討してみてください。一部分だけリノベーションするより、セット割引などで費用がお得になる可能性があります。 間取り変更(例:3LDKを2LDKにするなど) 3LDKから2LDKへなどの間取り変更は、マンションのリノベーションでよく見られる事例です。この場合、費用相場は600万円前後になります。水回りを交換した場合は、さらなる費用が必要です。 なかには、壁に断熱材を追加するケースがあります。間取り変更後の快適な空間を実現するために、設備面もしっかりとチェックしておきましょう。 同じ面積でもプラン次第で費用は変わる リノベーションの費用は、同じ面積でもプラン次第で大きく変わります。前述したように、水回りの設備を交換するには高額な費用が必要です。選ぶ商品や材料によっても価格は変化するでしょう。 特に、面積の広い床材の費用は全体の価格に影響しがちです。高価な材料を使用すると、予算オーバーになる可能性があります。予算内で満足いくリノベーションを実現するためにも、施工は信頼できる業者に相談するのがおすすめです。 リノベーション用ローンの選び方 まとまった費用が必要なリノベーションには、ローンを利用する方も多いでしょう。ここでは、自宅のリノベーション、物件購入のリノベーションそれぞれに応じたローンの選び方を紹介します。 特に、マンションの物件を購入する場合は、住宅ローンとリノベーション費用をまとめて借入できるローンがおすすめです。手続きの手間が省けるだけでなく、トータル費用が抑えられます。 現在の自宅のリノベーションの場合 自宅をリノベーションする場合は、リフォームローンが利用できます。リフォームローンは、有担保型と無担保型の2タイプあるのが特徴です。 有担保型:物件を担保に借入するローン。借入額1000万円以上。最大35年の長期返済を想定。 無担保型:担保が付かない。借入額30〜500万円。返済期間1〜15年。 有担保型の金利がおよそ1.5~2%であるのに対し、無担保型は3~5%と高めに設定されています。どちらを利用するかは、リノベーションの規模に応じて検討してください。 物件購入+リノベーションの場合 […]