1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. リフォーム
  4. キッチン
  5. キッチンリフォーム業者
  6. 対面キッチンのレイアウトはどれがいい?ポイントを抑えて賢くリフォーム

対面キッチンのレイアウトはどれがいい?ポイントを抑えて賢くリフォーム

2022/10/24
キッチンリフォーム
FacebookTwitter

コミュニケーションが取りやすく、調理中の導線も確保しやすい対面キッチンは、人気を集めているスタイルです。この記事は、キッチンのレイアウトを考えている方に向けて、役立つ情報をご紹介しています。メリットやレイアウト例も取り上げているので、ぜひ参考にしてください。

対面キッチンとは?

対面キッチンとは、料理をする人がリビングの方を向いて料理できるキッチンのことです。ダイニングやリビングと対面しているレイアウトで、料理をしている人が孤独を感じずに済みます。

リビングを見ながら料理できるため、小さい子どもがいるご家庭では、子どもの様子を見ながら料理できます。また、リビングのテレビなどを見ながら料理することも可能です。

対面キッチンの3つのメリット

対面キッチンにはさまざまなメリットがあります。

その代表的なメリットは、以下の3点です。

  • 家族とのコミュニケーションが取りやすい
  • 開放感のあるキッチンになる
  • 料理の配膳がしやすい

それぞれ、一つずつ解説します。

家族とのコミュニケーションが取りやすい

対面キッチンの大きなメリットの一つは、家族とのコミュニケーションが取りやすい点です。

従来の壁付けキッチンの場合、ダイニングやリビングに背中を向けて料理や作業する形になってしまいます。家族に背を向けて料理などをしていると、家族との会話にも入れません。

しかし、対面キッチンでリビングやダイニングに向いて料理ができると、家族の様子がわかり、会話にも参加できます。

リビングで宿題をする子どもの様子を見ながら料理ができたり、リビングで会話する家族の話に加わったりしながら料理ができるでしょう。

来客時にも、みんなの話の輪の中に入りながら料理ができるのは嬉しいポイントです。

開放感のあるキッチンになる

対面キッチンの場合、壁で区切られたレイアウトではないため、開放感が感じられるキッチンになります。壁付けキッチンだと壁で区切られており、視線がその壁でさえぎられ開放感は感じられません。

またキッチンに自然光も入りやすく、スペースが広く感じられ、閉塞感がなく気持ちよく毎日の料理ができます。

壁付けキッチンで閉塞感や孤独感がある人にとっては、対面キッチンにリフォームすると気分があがるでしょう。

料理の配膳がしやすい

対面キッチンは、キッチンの近くにダイニングテーブルを置いたり、カウンタースペースを確保したりすることが多いでしょう。そのため、出来上がった料理の配膳が簡単にできます。

壁付けキッチンの場合だと、キッチンからテーブルまで距離がありますので、出来上がった料理を運ぶ手間がかかります。

対面キッチンにして配膳が簡単になると、家族にも手伝ってもらいやすく、家族全員で料理を並べたり片付けをしたりできるでしょう。

対面キッチンの3つのデメリットと対策

対面キッチンはメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

そのデメリットが、以下の3点です。

  • 料理の油はねやニオイが広がりやすい
  • 通路幅のスペースを確保する必要がある
  • 調理中の手元が丸見えになる

対策方法もあわせて見ていきましょう。

料理の油はねやニオイが広がりやすい

対面キッチンの場合、特にアイランド型のキッチンにリフォームする場合は、コンロやシンクの前に壁がありません。そのため、料理の油はねや洗い物の水はねがしやすくなります。

また、対面キッチンはダイニングやリビングとの間に壁がなく、空間が同じため料理のニオイが広がりやすいのがデメリットです。

油はねを防ぐには、油はねガードなどを取り付ける方法があります。ニオイ対策としては、リビングの壁を漆喰や珪藻土の壁にリフォームすることで、消臭対策になるでしょう。

通路幅のスペースを確保する必要がある

対面キッチンは、壁付けキッチンに比べてより広いスペースが必要になります。キッチン回りの通路を確保しなければならず、通路幅も考えてキッチンをレイアウトする必要があります。

おしゃれだからという理由で対面キッチンを選び、いざリフォームしてみると通路が狭くて使いにくいとならないようにしましょう。

そのためには、対面キッチンを検討する際に、レイアウトのイメージをしっかりつかんでおく必要があります。

調理中の手元が丸見えになる

対面キッチンは開放感がありますが、さえぎるものがないので、裏を返せば何もかも丸見えになります。

調理の際も手元が丸見えになりますし、調理器具や調味料などを出しっぱなしにしておくと、整理できていない印象にもみえるでしょう。整理整頓が得意でない方には、ストレスになるかもしれません。

それを防ぐためにはカウンターや腰壁などを設置したり、オープン棚を設置したりするのがおすすめです。そうすることで手元が見えにくくなりますし、棚の部分は収納として使えます。

対面キッチンのレイアウトの種類

対面キッチンには、以下のようなさまざまな種類があります。

  • アイランドキッチン
  • ペニンシュラキッチン
  • I型対面キッチン
  • L型対面キッチン
  • セパレートキッチン

アイランドキッチン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tatsuya yamakawa(@tatsu_yama0227)がシェアした投稿

アイランドキッチンとは、壁と接する部分がなく独立しているキッチンのことを指します。「アイランド=島」とのことで、島のようにどことも接していないキッチンです。そのため、設置するには通路も確保しなければいけないため広めのスペースが必要です。

メリットとしては、壁などのさえぎるものがないため、とても開放感があります。ただし、さえぎるものがない分、油はねやニオイ対策をしっかりしなければいけません。手元もよく見えるため、収納などを充実させてキッチンが片付く工夫が必要です。

ペニンシュラキッチン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝓪𝔂𝓪 ‖ 28坪でも開放的なおうち𖠿(@ayagram_home)がシェアした投稿

ペニンシュラとは、「半島」を意味します。つまり、キッチンの片側が壁についている状態のキッチンのことを指します。片側が壁についているため、アイランドキッチンよりは省スペースでレイアウトが可能です。それでいて、片方は解放されているため開放感も味わえます。

しかし、アイランドキッチンと同じくフルフラットになっているため、油はねやニオイ対策は必要でしょう。デザインとコスト面のバランスがとれており、人気のあるスタイルのキッチンです。

I型対面キッチン

I型キッチンは、片方のどちらかが壁に接しています。これだけだとペニンシュラキッチンと変わりませんが、大きな違いはシンクの前に腰壁があったり、コンロの前に壁があったりすることです。

そのため、アイランドやペニンシュラキッチンのように手元が丸見えになったり、油はね、水はねを気にしたりすることもなくなります。コンロの前に壁があると、料理のニオイも部屋に充満しにくくなるでしょう。

アイランドやペニンシュラキッチンほど開放感はないにしても、対面キッチンで、ある程度の開放感は確保されます。キッチンを、いつでもきれいに片付けておく自信のない方にはおすすめのキッチンです。

L型対面キッチン

L型対面キッチンはキッチンがL型になっているため、作業スペースが広くとれます。そのうえ、動線が短いため使い勝手がいいです。

たとえば、I型キッチンの場合、シンクからコンロに移動する際にキッチンの長さの分だけ動線も長くなります。しかし、L型対面キッチンだと作業台の横にコンロがあるため、少ない移動で調理が可能です。コンロの前には壁があるため油はねの心配をすることもなく、ニオイ対策も簡単にできます。

セパレートキッチン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

グラフテクト(@graftekt)がシェアした投稿

セパレートキッチンとは、シンクとコンロが別々になったキッチンのことです。シンクの調理台に立つときはリビングの方を向き、コンロの調理台の際はリビングに背中を向ける形になります。

シンクとコンロに、それぞれ作業台を設けられるのがメリットです。またコンロが壁に向かっているため油はねやニオイの心配もなく、開放感のあるレイアウトになっています。

ただし、洗った野菜などをコンロ側に運ぶ際に水が床に落ちやすくなるほか、セパレートキッチンを設置する際には広いスペースを確保しなければいけませんので、その点にも注意が必要です。

対面キッチンにリフォームする際のポイント

対面キッチンにもさまざまな種類がありますが、対面キッチンにリフォームする際に気を付けなければいけないことがあります。それが収納スペースの確保やカウンターのサイズ、高さです。

対面キッチンにしたのはいいけれど、今まで収まっていた調理器具や食器が収まらなくなることも考えられます。カウンターを設置するのならば、その高さとサイズも慎重に選びましょう。

収納スペースの確保

対面キッチンにすると、壁付けのキッチンよりも収納スペースが少なくなってしまいます。しかし、台所には鍋や食器をはじめ、大小さまざまなものがある場所です。それらのものが収納できずに、キッチンの上に出しっぱなしになると生活感が出てしまいおしゃれな空間になりません。

そのため、対面キッチンにリフォームする場合、しっかりと収納スペースを確保することを考えましょう。方法としては吊戸棚を設置したり、カウンターの下を収納に活用したりすることです。

ただ、吊戸棚を設置する場合は、対面キッチンのメリットである開放感が損なわれることがあります。開放感を重視するのか、収納を重視するのかを検討することをおすすめします。

カウンターのサイズと高さ

対面キッチンにカウンターを設置する場合は、まず何のためにカウンターを設置するのかを考えましょう。カウンターを、テーブルとして設置するのか、目隠しのために設置するのかでサイズも変わってくるからです。

もしカウンターにテーブルとしての役割を持たせたいのであれば、高さは約85cm程度がいいでしょう。目隠しのためならば、高さ約100cm程度が最適です。

カウンターに置きたいものがある場合は、置きたいものが置ける幅が必要です。あなた自身の使い勝手のいいように、高さや幅を決めましょう。

ゼヒトモでキッチンリフォームのプロを探す

この記事では、対面キッチンのメリット・デメリットと、対面キッチンのレイアウトを紹介しました。おしゃれな対面キッチンは開放感があり憧れますが、同時にデメリットもあります。

  • キッチンのリフォームについて相談したい
  • まとめてキッチンのリフォームの見積もりを取りたい

そのような方は、ゼヒトモからキッチンのリフォームのプロを探してみませんか?いくつかの質問に答えるだけで、簡単にあなたにピッタリなプロが見つかります。キッチンのリフォームでお困りの方は、ゼヒトモお気軽にご利用ください!

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

キッチンリフォーム関連の最新記事

2023/01/17
キッチンリフォームを成功させるには?失敗例から学ぶ注意点や成功のポイント

キッチンのリフォームに成功するためには、希望やこだわりのあるリフォームについての成功例や失敗例が参考になります。事例を見ることで、リフォーム後のイメージを明確にできるでしょう。 本記事ではキッチンリフォームの失敗例を見ていきながら、成功させるポイントを紹介します。理想的なキッチンリフォームを実現したい方は、ぜひ参考にしてください。 まずはここに注意!キッチンリフォームの失敗例で多い事例を知ろう 高い費用をかけてキッチンリフォームをする以上、失敗はしたくないものです。理想のキッチンを実現するためには、いくつもの事例を見ることをおすすめします。特に多い失敗例を見れば、どこに気をつければよいかかがわかるでしょう。 ここでは、キッチンリフォームでよくある失敗例を紹介します。 料理する作業スペースが狭くなった 料理しやすいようにリフォームしたのに、作業スペースが狭くなったという失敗例があります。特に、対面キッチンにリフォームしたケースです。 対面キッチンは壁付式のキッチンよりも必要になる面積が多く、狭くなりやすくなります。通路幅を考慮しないと、冷蔵庫や食器棚が開けづらくなる場合もあるため注意しなければなりません。全体の配置を考えたレイアウトを考えることが必要です。 L型のシステムキッチンも、リフォームで狭くなる失敗例があります。L型のシステムキッチンは収納部分が増えたり動きやすくなったりメリットはありますが、コーナー部分がデッドスペースになりがちです。 大きなシンクをつけてコンロを増やしたら、調理スペースが狭くなってしまった失敗例もあります。調理スペースは最低でも45cm前後の幅を確保することが大切です。 キッチンの高さが合わない キッチンの高さを確認せずにリフォームしたら、身長に合わなかったという失敗例もあります。キッチンの位置は高すぎても低すぎても作業に支障が出るため、要注意です。 高すぎると調理や片付けの際に肩や首に影響し、低すぎるとかがむ姿勢になるため腰に負担がかかります。 キッチンの最適な高さは「身長÷2+5cm」であり、メインでキッチンに立つ人の身長に合うサイズを確保してください。ショールームに行って実際に確認することをおすすめします。 キッチンが暗くなってしまった リフォームでレイアウトを変えたために、キッチンが暗くなってしまったという事例もあります。窓から遠い場所にキッチンを移動し、日当たりが悪くなったなどのケースです。 また、窓を遮る位置しか食器棚や冷蔵庫を置く場所がなく、光が入らなくなったというケースもあります。窓の位置も考えたレイアウトをしなければなりません。 照明の位置により、リフォーム後に調理の手元が見えづらくなることもあります。リフォームを依頼する際は、採光について考えてくれる業者かどうかも確認するとよいでしょう。 冷蔵庫との距離が遠くなった 調理する際に冷蔵庫の位置は重要で、リフォーム後に距離が遠くなったということのないようにしなければなりません。 シンクから冷蔵庫までの距離が遠すぎると、料理する際の家事効率が悪くなります。家事の動線を考え、冷蔵庫の設置場所をレイアウトすることが大切です。 ほかにも、通路が狭くなって冷蔵庫の移動ができなくなり、買い替えなど冷蔵庫の変更ができなくなったという失敗例もあります。また、扉の開け閉めがしやすいスペースも確保しなければなりません。 家電のコンセントが届かない キッチンでは炊飯器や電子レンジなど、多くの家電を使います。「リフォームしたあとに家電の置き場所を変えたら、コンセントの位置が届かない」といった失敗例もあります。 延長コードで対処できることもありますが、キッチンの見栄えはあまりよくないでしょう。家電を使う場所にコンセントがあるかを確認しておくことは、重要なポイントです。コンセントの増設工事を活用するなど、家電をすっきりおさめられるリフォームをしましょう。 ゴミ箱スペースがなくなった ゴミ箱を置くスペースを忘れ、リフォーム後に置き場所に困ってしまうというケースもあります。ゴミ箱を設置する空間も忘れず、確保するようにしてください。スペースが取れないときは、上下に重ねるダストボックスを活用するといった方法もあります。 料理の際にゴミ箱が近くにないのは、非常に不便です。家事効率が悪くなるでしょう。ただスペースを設けるだけでなく、家事の動線を考えて必要な位置にゴミ箱を置けるようにしてください。 床下収納が使いにくかった 収納スペースを増やすため、床下収納を作りたいと考える方も多いかと思います。しかし、床下収納は引き出しや戸棚に比べて出し入れが意外に面倒です。 特に通路幅が狭いキッチンでは、取り出す作業が大変になることも多いでしょう。取り出すたびにかがむのは、腰や膝に負担がかかります。頻繁に使うものを入れるのには向いていないでしょう。 リフォームで取り入れる場合、保存食や滅多に使わないものを入れる場所と考えて作るようにしてください。あとになって「必要なかった」と後悔しないために、入れるものをよく確認しておきましょう。 食洗機や乾燥機を使わなかった リフォームで食洗機や乾燥機を取り付けたものの、あまり使わないというケースもあります。「想定したより食器が入らない」「細かい汚れが落ちない」、あるいは「食器が割れた」といった理由が多いでしょう。 そもそも、食洗機は繊細な食器を洗うには向いていません。また簡単な汚れは落とせても、焦げ付きなどこすり洗いが必要な汚れを落としにくい傾向があります。普段使う食器の数が少ない場合は「手洗いした方が早い」と感じる人も多いのが実情です。 日ごろ使う食器の素材や大きさ、家族の人数などで合う合わないが分かれるため、ライフスタイルに合わせて設置するかどうかを検討しましょう。 予算を抑えたらイメージと違った 予算を重視しすぎると、イメージとかけ離れたリフォームになる可能性があるため注意しましょう。 床や壁、デザインなどをそれぞれ価格で選んだために、統一性のないキッチンになったという事例もあります。全体のバランスも確認し、完成した状態をイメージすることが大切です。 キッチンの種類やグレードはさまざまで、予算に合わせて選べます。しかし、費用の安いものにこだわってしまうと最低限必要な機能しかない場合もあり、あとから不便を感じるかもしれません。便利な機能がついていれば多少予算を超えても満足でき、長い目で見てリフォームが成功だったと感じられることもあるでしょう。 【あわせて読みたい!】 家のリフォームにかかる費用とは?DIYや補助金利用情報はこちらから>> 最新版・キッチンリフォームで後悔したくない人必見!費用や注意点>>> キッチンリフォームを成功させるポイントとは キッチンリフォームを成功させるには、ここまでご紹介した失敗例を参考にするとともに、以下のポイントを押さえましょう。 優先順位をつける 動線をイメージする 冷蔵庫の置き場所を確認する ショールームを見学する 見積もりをとる それぞれ、具体的に解説します。 優先順位を考えておく キッチンリフォームでは理想を実現したいものですが、予算やスペースの関係ですべてを叶えられない場合もあります。そのため、これだけは妥協できないという部分とあまり重要ではない部分に分け、優先順位をつけておくことが成功のポイントです。 どのようなキッチンにしたいのかをイメージし、価格や機能性、収納量、使い勝手などの優先順位を検討しましょう。失敗例も参考にしながら、満足できる暮らしを実現するには何が重要かをよくチェックしてください。 動線をイメージし、広さなども確保する […]

2023/01/06
ガスコンロ交換はどこに頼む?業者の費用相場や注意点とは

一般的にキッチンのガスコンロは、8~10年使用した後に交換することが推奨されています。 ただし使用中に問題が発生して修理ができない場合は、年数問わず新品に交換することになります。 使い続けると、火災が発生する原因にもなり危険です。 この記事では、ガスコンロを交換する際にどこに依頼すべきか、お得なガスコンロの購入・交換方法、業者に依頼擦る場合の費用相場や依頼時の注意点について解説します! ガスコンロは2種類:「テーブルコンロ」と「ビルトインコンロ」 ガスコンロには、「テーブルコンロ」と「ビルトインコンロ」の2種類があります。 ガスコンロ交換の費用・注意点を見る前に、それぞれの特徴を知りましょう! テーブルコンロとは テーブルコンロは、キッチン台の上に直接置き、ゴムホースでガスの元栓と接続して利用するコンロのことです。 昔から使われているコンロです。 そのため、設置の時に大掛かりな工事は必要ありません。 また、ビルトインコンロのような火力調整機能や自動消火機能がなかったりと性能的には劣りますが、安価であるため、「ガスコンロは最低限の機能を果たしていればいい」と考えている方にはテーブルコンロがおすすめです。 しかし、テーブルコンロは隙間が多く、掃除がしづらいという欠点があります。特にコンロと隣接している壁の隙間は汚れが溜まりやすいので、こまめな清掃が必要です。 ビルトインコンロとは ビルトインコンロは、システムキッチンと一体となって、組み込まれているコンロです。 テーブルコンロに比べると、見た目がすっきりしており、隙間が少ないため、掃除がしやすいです。 また、火力を自動で調節できるなど、テーブルコンロには兼ね備えていないような機能がついていることが多いです。 しかし、テーブルコンロに比べると本体価格は高くなります。 多少は費用がかかっても機能が充実しているコンロを使いたい方にはビルトインコンロがおすすめです。 ガスコンロを交換するタイミング では、ガスコンロはいつ交換をすればよいでしょうか。使用期間中に「問題が発生しなかった場合」と「問題が発生した場合」の2パターンを紹介します。 ガスコンロに問題が発生しなかった場合 購入してから大きな問題が発生しなければ、8~10年程度使用することができます。 ガスコンロを使って6年以上経っていると性能や燃費効率も新品の方が上で、使い勝手が向上しています。 デザインや機能面で性能が向上していますので、場合によっては新品に交換したほうが、気持ちよくお料理できるかもしれません。 ガスコンロに問題が発生した場合 使用中に下記のような問題がガスコンロに発生した場合、年数を問わず新品に交換することをおすすめします。 電池を交換しても点火しない 炎の出方にばらつきがある ガス臭い 着火時や使用時に異音が発生する エラー表示が出て、リセットしても表示が消えない 日々の使い方や掃除が雑になっていると、これらのような問題が発生しまうため、注意が必要です。推奨交換時期である8~10年程度まで、同じガスコンロを使用し続けたい場合、日々のメンテンナンスを徹底し、丁寧に扱うことを心がけましょう。 ガスコンロ交換にかかる費用相場(本体価格と設置費用) ガスコンロ交換にかかる費用は、大きく「ガスコンロ本体価格」と「設置費用」の2つに分かれます。テーブルコンロ・ビルトインコンロ、それぞれの交換の際にかかる費用の目安は下記の表の通りです。 合計の費用相場は、テーブルコンロの場合、約10,000円〜約50,000円に対して、ビルトインコンロの場合は約50,000円〜約200,000円。 テーブルコンロとビルトインコンロとでは、4〜5倍の費用差があるということが分かっていただけたかと思います。 コスト面か機能性、どちらを重視するかは人によって違うと思うので、自分の好みに合った方を選ぶようにしましょう。 \ コンロ交換はプロに依頼しよう / ガスコンロのおすすめメーカー2選 ここでは、おすすめのガスコンロメーカーを2つ紹介します。 まだ次に使いたいメーカが決まっていない場合は、ぜひ参考にしてください。 Rinnai(リンナイ) Rinnaiのガスコンロは、低価格にも関わらず、グリル機能が充実していることで有名です。 そのため、本格的に料理を楽しみたい方人から、高い評価を受けています。 また、Rinnai独自の技術でバーナー周りの温度を抑えることができるため、焦げ付きしにくい仕様になっているなど、日々の掃除の手間をなくしてくれる工夫が施されています。 コストパフォーマンスや掃除の手軽さを重視している方は、Rinnaiのガスコンロをおすすめします。 Noritsu(ノーリツ) Noritsuのガスコンロは、「安全性」という面で高い評価を受けています。かといって、機能面が劣っているというわけではありません。ビルトインコンロだけでなく、テーブルコンロでも多くの機能を兼ね備えた商品を販売しています 。 また、ビルトインコンロは、過去にグッドデザイン賞を獲得したという経歴もあります。安全性・機能面・デザイン、の3つの水準が高いガスコンロを使いたい方は、Noritsuのガスコンロをおすすめします。 ガスコンロ交換をどこに頼む?自分で行うことは可能か? 冒頭でも説明した通り、「ガスコンロの設置費用を抑えるためにも、自分で交換を行えないか?」と考えている人もいるかと思います。 […]