お風呂・浴室リフォームの費用相場

2023/06/30 2023/10/05
お風呂・浴室リフォームの費用相場

お風呂などの水回りのリフォームは、費用が高額な上に頻繁におこなうものでもないため、具体的なイメージも難しく、「どのくらいの費用がかかるのか全くわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お風呂・浴室リフォームで活躍中のプロが多数登録している「ゼヒトモ」を活用し、アンケート調査を実施。多くの実績をもとに、お風呂・浴室リフォームの実際の費用がどのくらいなのか、具体的な工事内容別のリフォーム費用相場や費用別の施工事例などをご紹介します。

お風呂・浴室リフォームを検討中の方はぜひ参考にしてください。

お風呂・浴室リフォームの費用相場(60〜120万円)

当サイト「ゼヒトモ」における浴室(お風呂)リフォームの費用相場は以下となります。

※ゼヒトモ調べ(2023.05時点)

上記グラフのように、お風呂・浴室のリフォームにかかる費用は60万〜120万円になることが最も多いです。

一般的に、浴室のリフォームにかかる費用は、

  • 今の浴室の状態(既存の浴室)
  • 新設する浴室のグレード
  • サイズ

によって変動します。

工事内容の幅も広いため、リフォーム内容によってかかる費用や工期も変わってくるので、しっかりチェックするようにしましょう。

また、戸建てとマンションでもリフォーム費用に違いが出る場合も。

一般的に戸建てリフォームの方が、サイズや素材・工法に制限が少ないので費用が高くなる傾向があります。

住宅形態特徴リフォーム費用相場
戸建て浴室が広い
リフォームの自由度が高い
100〜120万円程度
マンション浴室が狭い
大規模な工事が難しい場合がある
80〜100万円程度

【工事内容別】お風呂・浴室リフォームの費用相場と工事期間(費用目安:〜300万円)

浴室は「ユニットバス(システムバスともいう)」「在来工法の浴室」「ハーフユニットバス」の大きく3パターンがあり、それぞれ現在の浴室タイプからどのようなリフォーム内容になるかによって、費用や工期が異なります。

リフォーム内容(工事パターン) 費用相場 工期の目安
部分的な設備の設置や交換 〜50万円 〜1日
ユニットバス→ユニットバス 40〜150万円 3〜5日
在来浴室→ユニットバス 70〜150万円 7〜10日
在来浴室→在来浴室 40〜200万円 14日〜1ヶ月
浴室の拡張・移動・増築80〜300万円7日(1週間)〜1ヶ月
※費用相場:ゼヒトモ調べ(2023.05時点)

設置するユニットバスがハイグレードの場合、費用がもっと高くなるケースもあるので、予算や求めるリフォーム内容をしっかり確認するのがおすすめです。

まずは上記の表にあるように、浴室パターンで費用が変わるため、それぞれの浴室タイプを把握しておきましょう。

お風呂・浴室タイプ【ユニットバス(システムバス)】

一般的に普及しているお風呂がこちらの「ユニットバス(システムバス)」です。

ユニットバスは、浴槽・壁・床などのパーツを工場で作り、現場で組み立てるため、手間も少ない&工期が短く費用も安価です。また、全体が継ぎ目のない構造になっているので水漏れのリスクも少ないのも魅力です。

ある程度決まったテイストにはなりますが、オプション機能などでカスタマイズすることも可能です。

お風呂・浴室タイプ【在来工法の浴室】

昔ながらの浴室の工法が「在来工法」と呼ばれるこちらのタイプ。

在来浴室は普通の部屋に防水加工を施し、土台を作ってからコンクリートやタイルを貼って設置した、オーダーメイドの浴室となります。

防水加工以外は他の部屋と変わらないため、外気の影響を受けやすく年月が経つとタイルがひび割れし、水漏れやシロアリなどのトラブルが発生する場合もあります。

また、浴槽をはじめ、シャワーや床や壁など、全て自分好みのサイズや形状、デザインに作りあげるため、費用が高額になる傾向があります。

お風呂・浴室タイプ【ハーフユニットバス】

ユニットバスと在来工法を組み合わせたものが「ハーフユニットバス」です。

浴室内に屋根の傾斜や出っぱった柱があるなど浴室自体の構造の理由で、規格サイズのユニットバスが入らない場合などでも、間取りを変えることなくリフォームできるのが特徴です。

費用も一般的なユニットバスの工事と同じ程度で、40万〜150万円が相場です。

部分的な設備の設置・交換の費用相場

浴室リフォームではユニットバスの交換が主流ではありますが、以下のような小規模な工事であれば、50万円以下でリフォームすることも可能です。

工事内容費用相場
手すり、握りバー設置3~5万円
追い焚き機能設置 ※給湯器交換が必要な場合は高額に 3〜40万円
浴室暖房換気乾燥機設置 5〜15万円
浴室内テレビ設置 3〜20万円
ジェットバスに変更 10〜50万円
シャワー水栓の交換 2〜10万円
換気扇→浴室換気暖房乾燥機へ 5〜12万円
浴室ドア交換 3〜13万円
給湯器交換 ※配管など含めると高額に 8〜25万円
脱衣所に暖房をつける 5〜20万円
断熱窓にする 5〜20万円
※費用相場:ゼヒトモ調べ(2023.05時点

床材だけ張り替えや浴槽のみ交換など、部分的な工事を別々のタイミングで実施すると、ユニットバス全体を交換するよりも割高になってしまう可能性も。

特にジェットバスや追い焚き機能は大掛かりな工事が発生し、後付けすると施工が困難になるケースもあります。金額も後付けの場合35万以上〜80万円と高額になる可能性もあるため、お風呂リフォームを考えている際は、まとめて同時に設置するのがおすすめです。

また、年月が経っている場合は、バスルーム全体をリフォームした方が効率的な場合もあります。内装全体のリフォームは15〜100万円と価格帯の幅が広いので、業者と相談しながら判断していきましょう。

浴室リフォーム工事費用の内訳

浴室をリフォームする費用には、基本的に以下の項目が含まれています。

ユニットバス本体 ※グレードによる 30〜150万円
既設ユニットバスor在来浴室の解体や撤去工事 5〜20万円
廃材処分 3〜10万円
仮設工事 1.5〜5万円
基礎工事、土間打設 2〜10万円
給排水、配管工事 2〜10万 円
電気工事 3〜10万円
新規ユニットバス組み立て 6〜12万円
入口、袖壁復旧工事 3〜10万円
諸経費、管理費など 3〜10万円
※ゼヒトモ調べ(2023.05時点)

業者ごとの料金や浴室の状態によってもかかる費用は上下しますので、しっかりチェックするようにしてください。 また特に以下は、費用が変動する要因として大きなものとなります。

ユニットバス本体

先にご紹介した通り、一般的に普及しているお風呂が「ユニットバス(システムバス)」ですが、浴室に合わせたサイズや浴槽の素材によっても費用は大きく変動します。

どの商品を選ぶかによって変わってきますので、それぞれ確認した上で選ぶようにしましょう。

バスルームサイズに合う浴槽サイズ

基本的には、浴室が広いほどユニットバスのサイズも大きくなるため、価格が上がります。 通常の規格で一番小さいサイズ(1216)と一番大きいサイズ(1624)を比較すると、費用相場には20万円前後の差が出る場合もあります。

浴槽の素材

浴室のリフォーム費用は、浴槽に使用されている素材(FRP、ステンレス、人工大理石、ホーロー、木材)によっても大きく変動します。それぞれの素材には特徴がありますので、詳細を確認して選ぶといいですね。

施工会社によっては、大量仕入れなどにより価格を下げてくれるケースもあります。

特に素材にあまりこだわりがない場合は、業者で安く仕入れられる素材を提案してもらってもいいでしょう。 業者のプランニングや工夫次第で相場よりも安価になる可能性もあるので、ぜひ相談してみてください。

各ユニットバスメーカーの人気の商品一覧

最近は様々なメーカーから、優れた商品が販売されています。各社それぞれに、掃除などの手入れのしやすさや機能、デザインなど、注力している部分や優れた技術がありますので、比較する上での参考にしてください。

メーカー特徴商品(シリーズ)
TOTO・クッション性と断熱性を高めた床
・省エネ性が高い
・リフォーム満足度が高い
サザナ、シンラ
LIXIL・オプション機能や設備の種類が豊富
・リラックスできるデザイン
・費用がリーズナブル
リデラ、アライズ
タカラスタンダード・ホーロー素材で有名
・耐震対策可
・サイズオーダーできる
グランスパ
Panasonic・浴槽の掃除がラク
・照明技術とデザインがいい
・美容効果も充実
オフローラ、ビバス、リフォムス
クリナップ・インテリア性の高いデザイン
・保温性能が高い
・手入れがしやすい
アクリアバス、ユアシス

ホームページやカタログなどでチェックするのはもちろん、ショールームなどがあれば、実際に目で見て確かめることがおすすめです。

【あわせて読みたい!】

お風呂・浴室リフォームの注意点などもチェック>>>

\ 無料でピッタリのプロと出会える /

【リフォーム費用別】お風呂・浴室リフォーム事例

浴室タイプによる工事内容別や部分的な設備の設置・交換、素材別などでの費用相場を紹介しましたが、ここではゼヒトモのプロによる「浴室・お風呂のリフォームの施工事例」を、費用別実例として具体的にまとめています。

実際にかかった費用も掲載しますので、ぜひリフォーム時の参考にしてください。

【60万円未満】の浴室リフォーム

「狭小サイズの在来浴室をユニットバスに入れ替えると施工費用が高くなるため、価格を抑えて古臭いイメージをなくしたい」とのことでリフォームを。浴室が新しく、明るい雰囲気となり、快適なバスタイムを過ごせるように仕上がりました。

>>この事例のプロ(アクアフィックス)を詳しく見る

「古くなり小さなキズが目立つ浴槽と暗い雰囲気の浴室を明るい雰囲気にしたい」との要望があり、部分リフォームを。

浴槽はカラーコーティングをし、キズもなくなりツヤも回復、新品同様の仕上がりになりました。また、壁面はフィルムを貼り明るい雰囲気にすることで、より広さを感じる空間になっています。

>>この事例のプロ(ふろいち岐阜関店)を詳しく見る

【60万円〜120万円未満】の浴室リフォーム

「浴室が寒く、汚れが落ちにくい」とのことで、断熱性能が高く、掃除しやすい製品に変え、浴室と洗面部分もリノベーション。

脱衣所の洗面化粧台の交換、洗面室の天井・壁・床の張り替えの他、浴室はユニットバスなどの交換も行い、機能性はもちろん、清潔感と高級感も感じるデザインの浴室に仕上がっています。

>>この事例のプロ(株式会社テイククリエーション)を詳しく見る

「冬の浴室が大変寒く、ヒートショックが怖いのでリフォームしたい(特に窓際と床)」とのことで、ユニットバスに。

窓は2重ガラス、床はTOTOの体感が暖く好評の材質を使用し、さらに天井には浴室暖房換気扇も設置し、あたたかさを維持できる快適な空間に変身。また、20年ぐらい使用した給湯器は経年劣化もみられたため交換し、追い炊き機能をつけることでいつでも温かい湯に入れるようにリフォームしています。

>>この事例のプロ(LLCエンジョカイ)を詳しく見る

【120万円以上】の浴室リフォーム

水漏れ修繕の依頼でしたが、ユニットバスが劣化していたため、3点ユニットバスの入れ替えを行いました。壁も汚れのつきにくい素材に変更し、お手入れもしやすくなっています。 機能はもちろん、見た目もホテルのようにキレイでリラックスできる空間に。清潔感たっぷりに仕上がりました。

>>この事例のプロ(株式会社ホーダイホーム)を詳しく見る

壁面や床、浴槽など、浴室をまるごとリフォーム。

使い勝手の良さを意識し、全体的に機能性・デザイン性も高まり、居心地のいい落ち着いた雰囲気の浴室に変身しました。

>>この事例のプロ(株式会社CHARME)を詳しく見る

中古の戸建て住宅購入後のまるごとリフォーム工事を実施。 浴室は在来工法からユニットバスへの改修工事を行い、浴室暖房乾燥機も導入しました。 全体的に機能性、デザイン性も高まり、清潔感溢れる浴室になっています。

>>この事例のプロ(有限会社ステップリフォーム)を詳しく見る

お風呂・浴室リフォームを安く抑える4つのコツ

浴室リフォームは水回りのリフォームでもあるので、決して安いものではありません。だからこそ、お風呂のリフォーム費用を抑える節約のコツやポイントを知って、賢くリフォームしましょう。

① 補助金・減税制度を活用

お風呂のリフォーム目的が、以下のような内容であれば、条件次第で国や自治体が出している補助金を活用できる場合もあります。

  • バリアフリー対応のリフォーム
  • 省エネ(断熱)対策のリフォーム
  • 耐震が目的のリフォーム

例えば、バリアフリー対応の浴室にしたい場合、手すりの設置、浴室の出入り口の段差をなくす、滑りにくく冷えない床材に変更、浴槽の高さを低くする、扉は引き戸にする、など。こういうケースのリフォームは「介護保険」の対象になる場合があります。

他にも、断熱化工事や高断熱浴槽の導入などの省エネリフォームなどは国や自治体の補助対象になる可能性が高いです。 また、リフォーム費用を確定申告することで、税金の控除が受けられる場合もあります。

2023年最新の補助金制度などは条件や必要書類、申請方法などもしっかりチェックし、必要あればリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

② 商品のグレードを下げる

できる限り浴槽本体や部材のグレードを下げること、オプション機能をどの程度にするかによって、費用を抑えることができます。

先に本記事(上記)でもご紹介の通り、サイズや素材で大きくコストを削減できます。それぞれの素材の特徴はもちろん、オプション機能も本当に必要か、ご自身の希望が何かを再度確認した上で検討しましょう。

③ 地域のリフォーム業者・工務店に依頼する

できる限り費用を抑えたい場合は、ハウスメーカー(お風呂のメーカー)ではなく、施工業者に直接依頼するのがおすすめです。

ハウスメーカーの場合、工事は施工業者に委託するため、中間マージンの分が高くなります。

④ 複数のリフォーム業者に相見積もりをとる

リフォーム会社によって仕入れ価格や施工費用が違います。同じような工事内容であっても、必ずしも金額は一緒とは限りません。1ヶ所しか見積もりを取らないと、他のリフォーム業者の料金設定がわからないまま、相場よりも高く契約してしまう可能性も。

そのため、複数業者に見積もり依頼をした上で、料金や工事内容などの詳細も細かく比較検討するようにしましょう。中には、工事費用内訳の表記がわかりにくい場合もあるので、後々のトラブルにならないよう、それぞれの費用項目の内容で不明な点は、しっかり確認するようにしてください。

また、相見積もりを依頼する際は、必ずどの業者にも同様の内容で見積もりを依頼することを忘れないように!

ちなみに何件も見積もりを依頼するのは手間で面倒だと思っている方に! そんな時は「ゼヒトモ」の利用がおすすめです。1回の依頼で最大5社から提案をもらうことができますので、ぜひ上手に活用しましょう。

お風呂・浴室リフォームする際の3つの注意点 

せっかくお風呂をリフォームするなら、毎日快適に使えるよう、以下の3つの点に注意してリフォームしましょう。

①カビに注意

ご存知の通り、浴室は家の中で一番湿度が高く、湿気がこもりやすい場所です。 今までとは違う壁材や床材に変更するリフォームの際は、しっかり掃除や換気をしてカビが生えないように注意しましょう。

②使用しない設備はつけない

せっかくリフォームするなら、いろいろとオプションをつけたくなるものですが、本当に長く使えそうなものなのか、メンテナンスの手間も含めて本当に必要なのか、最適なものは何なのか、事前によく考えて選ぶようにしてください。

③家族のライフスタイルに合わせたリフォームを

日々、家族全員が使用する場所だからこそ、家族構成を考え、それぞれの入浴スタイルに合わせた大きさや広さを選び、心地よい快適な暮らしを実現できるようにしましょう。

利用者からの声(口コミ情報)

浴室リフォームにて、口コミでの評価が高いプロをご紹介します。

1)ハンズスタンダード

ハンズスタンダード

● このプロのおすすめポイントを教えてください

価格も安く、工事も丁寧!

● このプロに決めた理由を教えてください

誠実、熱心さ!

●プロの人柄がわかる出来事があれば教えてください

老朽化している天井の化粧板が、折れたので、クロス1面の張り替えだったが、4面価格を同じで、施工して頂いた。

●リフォームの仕上がりはいかがでしたか?具体的によかった点があれば教えてください

ユニットバスのリフォーム全て仕上がり良しです。

>>このプロを詳しく見る

2)株式会社ファンタジスタ

 株式会社ファンタジスタ

● このプロのおすすめポイントを教えてください

レスポンスが速く、提案が具体的でイメージが掴みやすいところ。

● このプロに決めた理由を教えてください

見積もり前に、施工について事前に職人さんと相談したうえで提案があり、細かなことですが具体的な返答をいただけたのが大きかったです。質問に対してもレスポンスが速く画像などの提供がありイメージしやすかったのもよかったです。今回は遠方から福岡の家の施工をお願いすることになったので、相談がスムーズにでき安心してお任せできました。

●プロの人柄がわかる出来事があれば教えてください

急な一括見積もりでしたが、こちらの事情に合わせすぐに来ていただけました。わからないことも曖昧にせず調べてくだいました。

●リフォームの仕上がりはいかがでしたか?具体的によかった点があれば教えてください

完成を見られない分、写真で経過も含め送ってくださいました。最初の話では難しいかな?と思っていた部分もキレイに仕上げてくださいました。その後気になったところも対応してもらえ、大変満足しています。

>>このプロを詳しく見る

3)リフォーム工房よしだ

リフォーム工房よしだ

● このプロのおすすめポイントを教えてください

此方の要望に対して、親身になって考えて下さるところです。ダメ元で言ったことも何とか出来ないか、色々と考えて提案してくれました。他の業者さんで断られたこともプロの知識で提案をしてくれました。

● このプロに決めた理由を教えてください

最初の工事の時に丁寧な工事をして下さったので2回目も依頼しました。

●プロの人柄がわかる出来事があれば教えてください

最初から最後まで相談にのってくれます。顧客の立場になって生活がしやすいように配慮してくれます。

●リフォームの仕上がりはいかがでしたか?具体的によかった点があれば教えてください

満足しています。リフォームをお願いして良かったと思っています。

>>このプロを詳しく見る

ゼヒトモでお風呂・浴室リフォームのプロを探す

今回は、浴室(お風呂)をリフォームしようとしている方に向けて、具体的な工事内容別のリフォーム費用相場や、費用別の施工事例などをご紹介しました。浴室リフォームは、今の浴室の状態、新設する浴室のグレード、浴室や浴槽のサイズによって費用が異なります。費用を抑えるためには、補助金制度を活用したり、地元の業者に依頼したりすることが大切です。   

  • どこに依頼したらいいのかわからない
  • 近くの浴室リフォーム業者を探したい
  • 浴室リフォームについて相談したい
  • まとめて浴室リフォームの見積もりを取りたい

そんな方にぜひ活用してほしいのが「ゼヒトモ」。ゼヒトモには豊富な実績と知識をもった浴室リフォームのプロがたくさんいます。 いくつかの質問に答えるだけで、簡単にあなたにピッタリのプロを見つけることができる(無料)ので、浴室リフォームを考えている方はぜひお気軽にご利用ください!

\ 無料でピッタリのプロと出会える /

お風呂・浴室リフォーム関連の最新記事

2024/02/04
浴槽に塗装が必要な状態とは?メリットや業者に依頼するポイントも解説

浴槽は、汚れや破損が目立つようになったタイミングで塗装するのがおすすめです。しかし、浴槽を交換するリフォームと比べて費用や工期にどれほどの違いがあるか、わからないという方も多いでしょう。 今回は、浴槽に塗装が必要な状態、 […]

2023/12/04
お風呂のリフォームにかかる期間は?主な工程や工期を短くするコツを紹介

長く住んだ家のお風呂をリフォームするうえで、施工にかかる期間をあらかじめ知っておきたいと考える方も多いのではないでしょうか。 お風呂のリフォームは、工事内容によって期間が変動するため、既存の浴室やリフォーム後の浴室にあわ […]

もっと見る

あなたのお困りごとをプロに相談してみよう

STEP 1:簡単無料依頼

2分でスマホやPCで簡単に依頼内容を入力します。

STEP 2:提案を受ける

最大5人のプロから提案を受けられます。あなたの条件に合うプロを採用してください。

STEP 3:交渉成立

プロと相談した場所・日時・値段で依頼したサービスを受ける。

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

関連サービスからプロを探す