民泊清掃

東京都品川区
民泊清掃のプロが近くに2,116人います

プロの探し方

Supporters

東京都品川区の民泊清掃代行業者のプロ一覧

(9ページ目)

東京都渋谷区

ダスキンサービスマスターは、株式会社ダスキンが全国展開するハウスクリーニングサービスです。家庭のハウスクリーニング、事務所や店舗の清掃業務まで、掃除に関する様々な要望に、プロの技術と専用の資器材・薬剤で対応します。

東京都渋谷区

東京管財株式会社は、渋谷区のハウスクリーニング・ビルメンテナンス会社です。ビル、マンション、オフィス、店舗など幅広く日常清掃・定期清掃などを行なっており、一軒家や、マンションの部屋清掃を行なうハウスクリーニングの他、引越しや退去後の原状回復清掃も対応しています。

東京都渋谷区

株式会社ウィンテックは、オフィスビル、マンション、学校および商業施設などの清掃管理業務・衛生管理業務・設備管理業務を取り扱う会社です。建物の安全性と健全な環境機能を維持し、さらなる快適環境を創りだすため、多岐にわたる業務をていねいに遂行しています。

東京都渋谷区

メリーメイドは、株式会社ダスキンが全国展開する家事代行サービスです。主な営業品目は、掃除、洗濯、買いもの、調理、アイロンがけ、片づけ、収納サービス等です。

東京都渋谷区

株式会社創美は、ビルメンテナンス、管理の総合サービス企業です。テナント管理計画、共益費/水光熱費の集金代行等の管理の他、日常清掃、窓ガラス清掃を行なう清掃管理を行い、また、中古住宅・マンションのリフォームも手がけています。

東京都渋谷区

不二ビル管理株式会社は、渋谷区のビルメンテナンス管理会社です。日常清掃や、定期清掃、床清掃を行い、建築設備管理も手がける他に、キッチンまわり、風呂場(ユニットバス含む)、手洗い用シンク、トイレ(便器)の交換工事も対応している会社です。

東京都渋谷区

株式会社代々木の杜企画は、ビル・マンション専門の清掃会社です。日常清掃、定期清掃から貯水槽・雑排水管清掃、植栽管理、高所ガラスや壁面の清掃など建物のメンテナンス業務から、小規模修繕工事や床面の防滑改修工事、賃貸物件の原状回復などの工事業務まで、幅広く対応しています。

東京都渋谷区

株式会社ファミックは、渋谷区のビルメンテナンス会社です。ビルディング・マンション等の清掃管理・衛生管理を主に行い、冷暖房空調設備の管理や、給排水衛生設備管理等対応しています。

東京都渋谷区

オフィスゲン・ハウスクリーニングは、ハウスクリーニング業者です。お客様が何を望んでいるのかが大前提で、満足につなげられる仕事を徹底的に目指し、プロとしてお客様が気付かない視点も丁寧にアドバイス、コミュニケーション優先で提案してくれます。

東京都渋谷区

おそうじふっく渋谷店はハウスクリーニング業者です。一般のご家庭のおそうじから、店舗・オフィスのクリーニング、マンション・アパートの共用部清掃、内装工事後の引渡し清掃なども扱っております。

東京都渋谷区

ダスキン神宮前メリーメイドはハウスクリーニングを行っている会社です。主にエアコンクリーニング、フロアクリーニング、カーペットクリーニング、キッチンクリーニング、硝子・サッシ・網戸クリーニング等を行っています。

東京都渋谷区

株式会社セディエは家事代行サービス「CLASSIA(クラシア)」を運営する会社です。掃除機掛け・トイレ・キッチン・お風呂などの清掃、洗濯・洗濯物たたみ・衣類干し・衣類乾燥・衣類収納。

もっと見る

民泊清掃代行業者関連の最新記事

2017/06/14

【民泊とは?】法律を守りAirbnbを活用する4つのポイント

Airbnbの日本上陸を機に話題になっている用語、「民泊」。メリットが多くあり面白い仕組みである反面、モラルのない利用者がいることで問題が発生していることは事実ですし、変化に対して日本政府が対応を急いでいるのもまた事実です。 民泊とはなんなのでしょうか?どのようなことが起こっているのでしょうか。メリットも多く楽しいものですよ!ここでは「民泊」について解説します。 民泊とは? 「民泊」「民泊サービス」という言葉には明確な定義があるわけではありません。厚生労働省のホームページでは、住宅(戸建住宅、共同住宅等)の全部又は一部を活用して宿泊サービスを提供することを指して、「民泊サービス」ということが一般的です、と書かれています。 民泊のメリット3つ(部屋を提供する側) 1.新しい出会いがある 「民泊」や「Aitbnb」は、物件の条件や貸し手の性格、借り手の性格によっては顔を合わせることもあります。例えば、鍵の受け渡し。現在は、スマートフォンを使って鍵のコードを発行し、スマートフォンを鍵として使うことができるような仕組みもあるため、顔を合わせる必要はありません。しかし貸し手によっては、昔ながらの民宿のように「鍵は手渡しで渡します、ということもあります。 顔を合わせるかどうかに限らず、自分の家や部屋を他人が来るというのは、新しい出会いですよね。顔を合わせるタイミングが発生し会話が生まれて意気投合したら、夕食を一緒に食べましょうかということもあるかもしれません。 参考URL:akerun 参考URL:Qurio Smart Lock 2.空き部屋や、使わない・埋まらない物件を使って収益が出せる 自分なりの宿泊モデルを作れば収益が出ます。誰も使っていない部屋、物置にしていた部屋、借り手のつかない部屋はそのまま放置していればお金を生むことはありません。 しかし、例えばアパートを所有しているオーナーの方が、所有しているアパートに空き部屋が3部屋あるとします。1日5,000円で貸し出す、その3部屋全てが週に3日は稼働して空室率が0%だとすると、経費を差し引く前の1ヶ月(4週間)の売上高は180,000円です。この合計金額を3部屋で割ると、1部屋あたりの売上高は60,000円です。1部屋が1ヶ月にこの程度の金額を生むのであれば、悪い話ではないのではないでしょうか。 物件も部屋も、放置していれば経年劣化するばかりですが、宿泊施設として貸し出せば利益が出るのです。 3.借り手を選ぶことはできない 子供は親を選べない、などと言いますが、民泊も同じです。どのような借り手が自分の部屋を気に入ってくれるかどうかはわかりません。貸し手は借り手を選ぶことはできません。そのため、騒音や近隣住民への迷惑が発生してしまい、裁判に至るような例も出ています。 参考URL:毎日新聞 民泊 トラブル、所有者に賠償命令…大阪地裁判決 参考URL:東京新聞 民泊問題、課題が続出 参考URL:京都新聞 違法民泊指導迅速化へ 参考URL:朝日新聞デジタル 広がる「民泊」問題 民泊のメリット3つ(部屋を借りる側) 1.宿泊費用を抑えることができるかもしれない 貸し手は宿泊施設提供のプロではないため、部屋代を抑えて貸し出している部屋もあります。また、有名な観光地の近くであればあるほど宿泊施設が飽和して、意外と安くで泊まれます。 例えば日本の有名な東京ディズニーリゾート周辺は、オリエンタルランドが提供している宿泊施設は当然ディズニー価格(決してお手頃価格ではない)です。 しかし舞浜〜浦安周辺のAirbnb物件は10,000円を超えない物件ばかりです。ベッドカバーがディズニーの柄であったりと、ディズニー感が高まる部屋の内装でありながら10,000円を超えない価格で泊まれる。ディズニーリゾートへのアクセスも悪くない。良いですよね。旅行では美味しいものを食べたりお土産を買ったりもしたいですから、宿泊や移動などの経費は抑えることができた方が嬉しいものです。 私の知り合いに、浦安でAirbnbで部屋を貸している人がいますが、10,000円以上の価格設定にはしないと言っていました。借り手がつかないそうです。 参考URL:Airbnb 浦安市、Airbnb 舞浜 2.借り手は貸し手に強く出ることができすトラブルに巻き込まれることがあるかもしれない 部屋にギャップがあるようなトラブルは、まだ小さい方かもしれません。実際に部屋の扉を開けてみると、写真と全く同じ状態の見た目だけど、布団をめくったらシーツが綺麗でないような様子であったり、部屋の隅には埃がたまっていたり、ということもあるかもしれません。 そのほか、読むのが辛くなるようなトラブルも世界のAirbnbでは起きています。 参考URL:東洋経済ONLINE 3.新しい出会いがある(人・文化) 地域の特色をよく生かした内装で部屋作りをしている物件が多くみられます。日本の京都には、「和」を全面に出した畳や和室を打ち出した民泊部屋が多くあります。リゾート地にはリゾート地らしさが感じられる部屋があります。 「どの部屋も同じ」という金太郎飴的な宿泊施設ではなく、「貸し手らしさ」「その土地らしさ」が詰まった個性的な部屋に泊まると、同じ時間でも価値と思い出が大きく変わります。 宿泊施設の目的は「寝て起きてシャワーを浴びれれば良い」のです、しかし「こんな面白い、綺麗な部屋に滞在した、この部屋でこんな良い写真が撮れた、この部屋に宿泊したことも素晴らしい思い出の一つ」に変わります。 参考URL:Airbnb 京都府の民宿・ゲストハウス【おすすめトップ20選】、Airbnb バリ島の泊まれる貸別荘・ヴィラ・ペンション、Airbnb フランスで泊まれるバケーションレンタル、貸別荘&レンタル、Airbnb ギリシャで泊まれるバケーションレンタル、貸別荘&レンタル 2.民泊に関する法律 民泊に関する法律の変遷とは? 民泊やAirbnbの、何がそんなに問題になるのでしょうか?なぜ法律が新しく閣議決定されたりしているのでしょうか?何がどう変わったのでしょうか?何をどう変えなくてはいけないのでしょうか? 簡単に説明します。これまでの日本では「部屋を貸す」「人を宿泊させる」「宿泊に対して支払いを受け取る」といった一連の行為は「旅館業法」に則って行われていました。 しかし日本にアメリカのシリコンバレーからAirbnbが日本にもやってきました。すると「旅館業法」に則っていない一般の人も部屋を貸し出し、報酬を得ることができます。民泊は宿泊者にも部屋を貸す人にもメリットがある仕組みなので、関わる人のほとんどが幸せになる仕組みです。 ここで納得がいかないのは、旅館やホテルを運営する人たちです。彼らは日本の旅館業法に違反しないよう、ルールを守りながら、宿泊施設を提供する仕事をしている。しかるべき手配を経てしかるべきルール通りに営業をしているわけです。そこに一般人が参入されると競争は激化します。旅館業法の内容に沿ってルールを守って営業をしていた業界に、無秩序さが生まれてしまいます。「こっちはルールを守っているのに」「法律の意味がないのではないか」となるわけです。そうなると「旅館業法」を定めている国の対応に注目されます。 […]