1. ゼヒトモ
  2. ビジネス
  3. クリーニング
  4. 不用品・廃棄物処理
  5. 不用品回収業者
  6. ダンボールの回収方法3つと、ダンボール回収にかかる費用【専門家監修】

ダンボールの回収方法3つと、ダンボール回収にかかる費用【専門家監修】

2022/04/12
不用品回収
FacebookTwitter

ダンボール回収、どうしていますか?通販やインターネットで宅配を頼んだり、家具や家電を新調したり、引越しをしたりというタイミングでダンボールが山盛りにたまってしまうことがあります。手っ取り早くさっさと処分しましょう。

ここではダンボールの回収と処分の方法について、不用品回収のプロに意見をいただきました。

不用品回収のプロ:高橋 洋介さま

株式会社alife 代表取締役、総合便利サービスにじいろ代表。「どこよりも誠実に」を心がけて不用品回収サービスを提供している。2017年の年間作業実績600件以上。

不用品回収は、サービス内容などが見えづらい、わかりづらいことから「頼みづらい」とお考えのお客様が多い現状に対して、「頼んで良かった」と思ってもらえる、期待値を超えるサービスを心がけている。

この専門家のサービスを詳しく見る

<INDEX>

1:ダンボールをゴミとして捨てる時のポイント3つ
2:ダンボールを廃棄する方法3つ
3:ダンボール廃棄にかかる費用

1:ダンボールをリサイクルゴミとして出す時のポイント3つ

1.ダンボールをリサイクルゴミに出す

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

日本国内ではダンボールを資源としてリサイクルしています。その回収率はおよそ95%にものぼり、新しいダンボールの主原料は約90%がリサイクルされた使用済み段ボールです。

回収されたダンボールは水でほぐし異物が取り除かれた後、水を切って乾かし、またダンボールに形づくられます。

ダンボールの材料は古紙とパルプで、原料は木材です。木材は限りある資源であるため、地球の環境保全や家庭ゴミの削減を目的として、1997年に容器包装リサイクル法が施行されました。ダンボールをはじめとする使用済みの容器包装は、再生資源として利用することが義務づけられています。消費者は資源ごみとして破棄しなけらばならず、市町村によって収集された後、製造業者によって再商品化されます。

小売店・販売店で出た大量の使用済みダンボールは回収業者によって運び出され、一般家庭で出た使用済み段ボールは、各自治体によって収集されます。

2.ダンボールの生産量は増え続けている

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

全国段ボール工業組合連合会の資料によると、ダンボールの生産量は年々増加傾向にあります。ネット通販の需要拡大などの影響を受けているとされ、ますますダンボールの再利用化も注目されています。限りある資源を有効活用するためにも、1人ひとりの意識付けが大切です。

3.自治体それぞれのダンボール回収のルールを調べる

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

ダンボールを資源ごみとして破棄する際は、まずお住まいエリアの自治体が定めている回収ルールを確認するところから始めましょう。資源ごみの回収方法や回収日は、各自治体によって異なります。

例えば「雨の日には回収しない自治体」と「雨の日でも回収できる、回収してくれる自治体」、「ダンボールは紐で縛らなければならない自治体」、その方法や条件はさまざまです。回収ルールを調べるためには、市町村の公式サイトからゴミ収集に関するページで確認するか、役所に電話して確認します。

2:ダンボールを廃棄する方法3つ

1.自治体のダンボール回収で捨てる

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

ダンボールを破棄する最も一般的な方法は、住まいの自治体が運営している集積所で捨てることです。使用済みダンボールに伝票やガムテープ・閉じ金具が付いていれば、すべて剥がします。できるだけ小さく畳んでから紐で縛り、回収業者が持ち運びやすいようにします。

各エリアの集積所で決められた曜日に出しましょう。汚れていたり食べ物がついているものは、リサイクルできないため細かくしてから可燃ごみとして破棄します。

回収方法は各自治体によって異なり、例えば世田谷区は週1回の回収日に集積所にて回収します。折りたたんでから紐で十字に縛ることがルールです。汚れたものやアルミでコーティングされたダンボールは回収できません。また、集積所だけでなくスーパーなどに設置してある回収ボックスの利用も推奨しています。

練馬区では、使用済みダンボールを畳んでまとめてから指定場所に出します。雨の日でも回収可能で、袋などに入れずにそのまま捨てることができます。

中野区では、ダンボールについた粘着テープや伝票はすべて剥がしてから、片手で持てる程度に畳んで紐で結ぶことがルールです。汚れたダンボール、ニオイのついたダンボール、ビニールコーディングなどの加工されているダンボールは回収できません。

2.不用品回収業者を使ってダンボールを廃棄する

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

ダンボールは不用品回収業者に依頼して引き取ってもらうこともできます。不用品回収業者では、テレビや冷蔵庫といったリサイクルが可能な電化製品、引っ越しで出た大量の不用品、ダンボールや古紙などの資源ごみの回収を行っています。

不用品回収業者の利用は「家まで取りにきてもらいたい」「大量のダンボールを一度に破棄したい」という場合に適しています。ダンボールも、量がたまるとかなり重く、かさばり、運ぶのも一苦労です。

不用品回収業者は主にトラックで回収しにくるため、運搬費がかかります。少しのダンボールの処分依頼では払う側(回収を依頼する側)にとって料金が高く感じられるかもしれません。

不用品回収業者を探す際は、一般廃棄物処理業の営業資格を持っている会社を選びましょう。一般廃棄物処理業の資格とは、ゴミ処理の事業を安全に行うための知識及び技能を持っていることを証明するもので、各市町村から許可がおります。許可申請を得ずに不用品回収の業務を行っている場合は違法です。回収したごみを不法に投棄したり、不当な料金を請求されたりという予想外の展開につながることもあり、不法投棄に関しては依頼した側も罰せられる可能性があります。

自分が破棄した使用済みダンボールを確実にリサイクルしたいのであれば、信頼できる不用品回収業者を選びましょう。

引越し後、荷物を梱包していた大量のダンボールの処分や、AmazonやZOZO TOWNのダンボールが溜まってしまいプチゴミ屋敷になってしまった方の部屋の片付け依頼などをいただきます。
夏でも冬でも、手袋をせずダンボールや古紙をさわり続けていると手がカッサカサに乾燥します。
乾燥が気になる方はぜひ、不用品回収業者に処分を依頼してしまうといいですよ。

3.小売店のダンボール回収サービスを活用する

ダンボールを自主的に回収している販売店や店舗があります。イオンやセブンアンドアイホールディングスなど大手ス―パーでは、資源としてリサイクルできるダンボールや、食品トレイ・ペットボトルなどを破棄できる回収ボックスを設置しています。

自治体の集積所とは違い、店舗の営業時間内であればいつでも破棄できるため、急いで捨てたい方は便利です。また、店舗によっては回収ボックスを利用するとポイントが貯まる仕組みを導入していることもありお得感があります。

2:ダンボール回収や廃棄にかかる費用

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

1.自治体で捨てるときにかかる費用は無料

自治体で使用済みダンボールを破棄する場合は、料金はかかりません。資源ごみ回収は市町村で運営しているため、回収費用は税金で賄われています。ただしダンボールを紐でしばらなければならない場合は紐の購入、指定袋に入れなければならない場合は指定袋の購入に費用がかかります。

無料で捨てることができますが、捨てることができる曜日と時間が決まっていてすぐに捨てたくても待たなければいけなかったり、集積所まで自分で運び出さなければならない手間もあります。

ダンボールや新聞、雑誌は古紙リサイクル工場へ持ち込みし再生紙になります。
古紙を集め倉庫に保管し、まとめて古紙回収業者へ売り、売り上げは地域のために利用している自治体も多くあります。
お住まいの地域で調べてみてはいかがでしょうか。ささやかな地域貢献ができますね。

2.不用品回収業者を使って廃棄するときにかかる費用の目安

不用品回収業者では、ダンボールの回収費用が発生します。主に運搬費用と、回収手数料の合計金額が請求されます。また古紙回収を専門に取り扱っている業者もあるため、併せて検討してみましょう。

不用品回収業者へ依頼する場合は、回収物の最小量を確認します。少量のダンボールだけだと回収してくれなかったり割高になることもあるためです。

不用品回収業者は、トラック積み放題や0.8㎡サイズのパックプランが主流です。トラック積み放題プランの平均価格は14,600円、価格帯は10,000~14,600円です。0.8㎡サイズのパックでは平均価格12,900円、価格帯は12,000~13,800円です。

不用品回収業者の利用は、「大量のダンボールを破棄したい」という方や、引っ越しやオフィスの移転時に発生したダンボールや古紙を一気に破棄するときに適しています。

古紙回収業者では、運搬費+回収手数料がかかり、平均価格は3,000円、価格帯は2,000~4,000円程度です。ただし、少量の個別回収は扱っていないことが多いため、まとまった量のダンボールや古紙を破棄するときに古紙回収業者へ依頼すると便利です。

3.小売店のダンボール回収サービスを活用するときにかかる費用は無料

使用済みダンボールを自主回収しているスーパーや販売店の回収ボックスへ破棄する際に、料金はかかりません。

最後に

ダンボールは、ためずにどんどん処分していきましょう。ためていると、虫のすみかになってしまいます。実際に回収している時に、ダンボールの折り目にこっそりゴキブリが隠れていることもあり驚きます。
また、不用品回収業者にダンボール回収と処分の依頼するときも、自治体で処分するときのルールと同じように、ダンボールはまとめて、ロープで縛って置きましょう。

ダンボールを運び出す時間が短くなり、回収時に待つ時間も短くなります。

Zehitomoで不用品回収の依頼を出すと、地域の業者から複数の見積もりを受け取り比較することができます。下のあなたの地区の不用品回収業者の文字をクリックするとあなたの近くのプロを見ることができます。

東京都の不用品回収業者を見てみる

神奈川の不用品回収業者を見てみる

埼玉の不用品回収業者を見てみる

栃木の不用品回収業者を見てみる

群馬の不用品回収業者を見てみる

大阪の不用品回収業者を見てみる

福岡の不用品回収業者を見てみる

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

不用品回収関連の最新記事

2022/11/29
洗濯機の寿命は何年?買い替えポイントと処分時の注意点

どこの家にもある洗濯機。何年くらい使ったときに寿命がきて、買い換えるべきなのでしょうか? ここでは洗濯機の寿命や買い替えにおけるポイント、捨てる場合の注意点についてお伝えしています。 洗濯機の寿命は何年? 20年使えるの? 1.洗濯機の平均寿命は8年くらい お家の中の代表的な家電である洗濯機は、各種メーカーから発売されていますが、平均すると洗濯機の寿命は8年といわれています。 故障した時に、必要だからと慌てて洗濯機を選ぶと、後から「こんなハズではなかった」となりがちです。 洗濯機を購入して7年たったら、そろそろ寿命がくると考え、次の洗濯機の候補を検討すると余裕を持って対応できます。 2.洗濯機を5年で買い換える人もいる 平均的な寿命は8年ですが、5年で買い替えの周期になる人もいるようです。平均的な寿命は8年程度ではあっても、使用頻度が高かったり、製品との相性が悪かったりで、早めに買い替えたりする人もいるようです。 3.洗濯機の平均使用回数は2500回程度 標準仕様8年と考えると、平均的な使用回数は2500回ほどです。多くてもプラスで1000回増える程度のようです。想像しているよりも使用している回数が少ないように感じる方が多いのではないでしょうか。しかし365日で割れば、約6.8年ですので、毎日洗濯しないとしても8年という数字は壊れるまでの寿命ということが理解できるでしょう。 4.洗濯機は外置きの方が壊れやすくなる 今はマンションやアパートなどでも室内に洗濯機を置く場所があります。外置きというのは少なくなりました。しかし今でも洗濯機を外置きで使っている場合は、製品寿命が短くなりがちです。風雨にさらされる場所であればなおのことです。それは湿度や太陽光などの状況が、室内よりも外置きの方が不安定な環境だからです。 \  あなたの近くにいいプロいます♪ / 洗濯機の買い替えか修理かの見極めポイント 1.洗濯機の使用年数が8年以上か 家電の買い替えはそれなりにコストが掛かります。いざ、買い換えようと思ってもためらうことが多いでしょう。まず、自宅の洗濯機を購入した日付を調べて、使用している年月がどれくらいなのかを確認しましょう。 8年以上使用しているのであれば壊れて日常生活に支障が出る前に買い替えをするようにしましょう。 洗濯機は必要な家電です。何日か使えないだけで大変な思いをしてしまいます。 壊れたからと急いで次の洗濯機を選ぶと、満足な結果になりません。 事前に計画し対策するようにしましょう。 2.売って買い替えた方が合計費用が安くなるかどうか 不要になった洗濯機は中古販売業者に売ることができます。長く使って元を取るより、定期的に買い換えて、その都度売ってしまう方がコストが低い可能性もあります。 洗濯機を廃棄する場合は、リサイクル料金が発生するので、中古販売業者に売れるなら一石二鳥ですね。 【あわせて読みたい】 洗濯機のリサイクル料金を各社比較!安く簡単に処分する方法 洗濯機の処分におけるポイント 1.粗大ゴミには出せない 洗濯機は粗大ゴミシールなどを貼り、ゴミ捨て場に出すことは違法です。自分で粗大ごみと同じように捨てられないことは必ず覚えておきましょう。そして不要になったからといって、どこかに不法投棄するようなことは絶対にしてはいけません。 2.リサイクルショップに売る 粗大ゴミとして捨てられないのであれば、売るという選択肢を考えるでしょう。寿命が近い洗濯機を売る時に直接取りに来てもらうか、自分でお店に持って行かなくてはいけません。 リサイクルショップによってはトラックなどを借りられるところもあります。どちらにしても使用年数が長ければ売れない可能性もあります。今までお伝えしたことを考えて、寿命ギリギリまで使うのが良いのか、それとも一定の周期で買い換えた方が良いのか判断する必要があります。 3.不要品回収業者に連絡する リサイクルショップに持って行くことが困難であれば、処分してくれる業者に引き取ってもらうしかありません。業者によって料金には差があります。料金の確認を取った上で、依頼しましょう。 4.新しい洗濯機を買った販売店に引き取ってもらう 一番簡単なのは、新しい洗濯機を買った販売店に古い洗濯機を同時引取してもらうことです。洗濯機の入れ替えだけですむので、時間と立会の手間が省けます。 【あわせて読みたい】 洗濯機の6つの処分方法!各費用や注意点も 最後に 洗濯機は日常生活に欠かせない家電です。そして簡単に処分することが出来ない製品です。コストを考えるだけではなく、時間的、人的な手間を削減するためにも洗濯機を買い換えるタイミングについてはしっかりと考えましょう。 買い替えの目安となる使用年数を決めたら、わかりやすい所に記載しておき、いつでもチェックできるようにして、面倒に思わずに買い替えを検討しましょう。 洗濯機を効率的に素早く処分するときは 1.回収業者を自分で選ぶ 回収業者や回収方法は、様々なものがあります。地方自治体やお住いの場所によっても条件は異なるでしょう。回収業者がひしめき合う地域もあれば、限られた業者の中から選ぶしかない、という地域もあります。どの業者がいいのかどうか、自分で一長一短を比較して選ぶのは、時間がかかる作業ですが、正しく処理されるために必要なことです。 2.ゼヒトモ のハウスクリーナーに洗濯機まわりの掃除をたのみませんか? 洗濯機の寿命を伸ばすために、洗濯機周りが整えられていることもポイントです。 脱衣所やお風呂ばなどの、水まわりのお掃除もついでに頼んでみませんか? ゼヒトモ でハウスクリーニングのリクエスト(依頼)を出すと、5名以内のハウスクリーナーからすぐにハウスクリーニングの見積もりを取ることができます。 ・どんな業者が近くにいるかわからない ・コンタクトを取って相性を確かめたい ・複数のプロに一括で見積もりを取りたい などのご要望があれば、お気軽にリクエストしてみてください。 […]

2022/10/03
エアコンの処分はどうすれば良い?正しい方法を解説!

エアコンの処分は安易にできるものではなく、家電リサイクル法の影響で粗大ごみで処分することができません。 では一体、どのようにしてエアコンを処分すれば良いのでしょうか? この記事では、エアコンを処分する前にチェックしておきたいポイントや地域別の処分方法などを解説しています。 どのようにして処分すれば良いのかわからない方は、ぜひ今回の記事を最後まで読んでみてください。 エアコンを処分する前に!チェックポイント2つ エアコンを処分する前には、以下の内容をチェックしておきましょう。 修理して使い続けることはできないか? 買取やリサイクルなど、廃棄処分以外の方法がないか? それぞれ具体的にどのような部分をチェックすべきなのか、項目ごとに解説します。 修理して使い続けることはできないか? 処分を実行する前に、エアコンを修理して再び使うことができないか確かめておきましょう。 販売店の保証期間内であれば、無償で修理を行ってもらえるかもしれません。 なお、修理が必要か確認する方法としてはいくつかあります。 簡単にまとめると以下の動作を行っても不具合が解消されない場合は、故障している可能性が高い可能性が考えられます。 コンセントの抜き差し リモコンの電池を新しいものにする 室外機の周辺をきれいにして物を置かない フィルターに汚れが溜まっていないかチェックする 【あわせて読みたい】 エアコン修理の費用はいくら?エアコンのプロに聞いてみた! >>> 買取やリサイクルなど、廃棄処分以外の方法がないか? もしまだ新しいエアコンならば、処分以外の方法が使える可能性があります。 例えばリサイクルショップの場合、まだ新しいエアコンだと処分品だっとしても買い取ってもらえるかもしれません。 この際の基準は、販売から5年以内かどうかです。 基本的に販売から5年以上が経過しているものは買値がつかない可能性があり、壊れていると断られるかもしれません。 正しくエアコンを処分する方法 エアコンは冒頭で述べたように粗大ごみとして処分できず、家電リサイクル法に則った方法で処分しなければなりません。 また、正しい方法を知らないと悪徳業者とのトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあります。 そこでここでは、経済産業省のサイトを参考にして正しくエアコンを処分する方法を紹介します。 そもそも家電リサイクル法とは? 家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から排出されたエアコンやテレビなどに用いられている有用な部分や材料をリサイクルすることで、廃棄物を減らすとともに資源の有効利用を推進するための法律です。 対象となっている製品は以下の通りで、家電4品目と呼ばれています。 エアコン テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ) 冷蔵庫や冷凍庫 洗濯機や衣類乾燥機 STEP1.回収方法を確認する まずは回収方法を確認しましょう。方法としては、以下の4つが主に挙げられます。 新しいエアコンを購入するお店に引き取りを依頼する 処分するエアコンを購入したお店に引き取りを依頼する 住んでいる市区町村の案内する方法に従って処分する あらかじめお金を振り込んで指定されている引取場所に直接持ち込む いくつか方法がありますが、具体的な方法はお店や市区町村で異なります。そのため、必ず方法に応じて自分でリサーチしましょう。 STEP2.家電リサイクル券を発券する エアコンを処分してもらうためには家電リサイクル券が必要です。 引き取りの依頼先に連絡をして、家電リサイクル券の発券をお願いしましょう。 依頼先によって料金の支払方法が異なるため、依頼の際に確認してください。 また、地域によっては、家電リサイクル券による処分を行っていないことがあります。 その際は自治体に連絡を取り処分方法を教えてもらいましょう。 STEP3.処分日を決める 発券した後は、処分日を販売店もしくは自治体と決めましょう。すれ違いのないように1日中余裕のある日がおすすめです。 料金に関しては、各小売業者が設定している収集・運搬料金とリサイクル料金の合計金額です。 なお、一般社団法人家電製品協会が公開している情報では、シャープやパナソニック、ダイキンなど多くメーカーのリサイクル料金は990円となっています。 STEP4.エアコンを取り外す […]