1. Zehitomo
  2. ビジネス
  3. クリーニング
  4. 不用品・廃棄物処理
  5. 不用品回収業者
  6. ダンボールの回収方法3つと、ダンボール回収にかかる費用【専門家監修】

ダンボールの回収方法3つと、ダンボール回収にかかる費用【専門家監修】

04/12/2022

不用品回収
FacebookTwitter

ダンボール回収、どうしていますか?通販やインターネットで宅配を頼んだり、家具や家電を新調したり、引越しをしたりというタイミングでダンボールが山盛りにたまってしまうことがあります。手っ取り早くさっさと処分しましょう。

ここではダンボールの回収と処分の方法について、不用品回収のプロに意見をいただきました。

不用品回収のプロ:高橋 洋介さま

株式会社alife 代表取締役、総合便利サービスにじいろ代表。「どこよりも誠実に」を心がけて不用品回収サービスを提供している。2017年の年間作業実績600件以上。

不用品回収は、サービス内容などが見えづらい、わかりづらいことから「頼みづらい」とお考えのお客様が多い現状に対して、「頼んで良かった」と思ってもらえる、期待値を超えるサービスを心がけている。

この専門家のサービスを詳しく見る

<INDEX>

1:ダンボールをゴミとして捨てる時のポイント3つ
2:ダンボールを廃棄する方法3つ
3:ダンボール廃棄にかかる費用

1:ダンボールをリサイクルゴミとして出す時のポイント3つ

1.ダンボールをリサイクルゴミに出す

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

日本国内ではダンボールを資源としてリサイクルしています。その回収率はおよそ95%にものぼり、新しいダンボールの主原料は約90%がリサイクルされた使用済み段ボールです。

回収されたダンボールは水でほぐし異物が取り除かれた後、水を切って乾かし、またダンボールに形づくられます。

ダンボールの材料は古紙とパルプで、原料は木材です。木材は限りある資源であるため、地球の環境保全や家庭ゴミの削減を目的として、1997年に容器包装リサイクル法が施行されました。ダンボールをはじめとする使用済みの容器包装は、再生資源として利用することが義務づけられています。消費者は資源ごみとして破棄しなけらばならず、市町村によって収集された後、製造業者によって再商品化されます。

小売店・販売店で出た大量の使用済みダンボールは回収業者によって運び出され、一般家庭で出た使用済み段ボールは、各自治体によって収集されます。

2.ダンボールの生産量は増え続けている

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

全国段ボール工業組合連合会の資料によると、ダンボールの生産量は年々増加傾向にあります。ネット通販の需要拡大などの影響を受けているとされ、ますますダンボールの再利用化も注目されています。限りある資源を有効活用するためにも、1人ひとりの意識付けが大切です。

3.自治体それぞれのダンボール回収のルールを調べる

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

ダンボールを資源ごみとして破棄する際は、まずお住まいエリアの自治体が定めている回収ルールを確認するところから始めましょう。資源ごみの回収方法や回収日は、各自治体によって異なります。

例えば「雨の日には回収しない自治体」と「雨の日でも回収できる、回収してくれる自治体」、「ダンボールは紐で縛らなければならない自治体」、その方法や条件はさまざまです。回収ルールを調べるためには、市町村の公式サイトからゴミ収集に関するページで確認するか、役所に電話して確認します。

2:ダンボールを廃棄する方法3つ

1.自治体のダンボール回収で捨てる

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

ダンボールを破棄する最も一般的な方法は、住まいの自治体が運営している集積所で捨てることです。使用済みダンボールに伝票やガムテープ・閉じ金具が付いていれば、すべて剥がします。できるだけ小さく畳んでから紐で縛り、回収業者が持ち運びやすいようにします。

各エリアの集積所で決められた曜日に出しましょう。汚れていたり食べ物がついているものは、リサイクルできないため細かくしてから可燃ごみとして破棄します。

回収方法は各自治体によって異なり、例えば世田谷区は週1回の回収日に集積所にて回収します。折りたたんでから紐で十字に縛ることがルールです。汚れたものやアルミでコーティングされたダンボールは回収できません。また、集積所だけでなくスーパーなどに設置してある回収ボックスの利用も推奨しています。

練馬区では、使用済みダンボールを畳んでまとめてから指定場所に出します。雨の日でも回収可能で、袋などに入れずにそのまま捨てることができます。

中野区では、ダンボールについた粘着テープや伝票はすべて剥がしてから、片手で持てる程度に畳んで紐で結ぶことがルールです。汚れたダンボール、ニオイのついたダンボール、ビニールコーディングなどの加工されているダンボールは回収できません。

2.不用品回収業者を使ってダンボールを廃棄する

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

ダンボールは不用品回収業者に依頼して引き取ってもらうこともできます。不用品回収業者では、テレビや冷蔵庫といったリサイクルが可能な電化製品、引っ越しで出た大量の不用品、ダンボールや古紙などの資源ごみの回収を行っています。

不用品回収業者の利用は「家まで取りにきてもらいたい」「大量のダンボールを一度に破棄したい」という場合に適しています。ダンボールも、量がたまるとかなり重く、かさばり、運ぶのも一苦労です。

不用品回収業者は主にトラックで回収しにくるため、運搬費がかかります。少しのダンボールの処分依頼では払う側(回収を依頼する側)にとって料金が高く感じられるかもしれません。

不用品回収業者を探す際は、一般廃棄物処理業の営業資格を持っている会社を選びましょう。一般廃棄物処理業の資格とは、ゴミ処理の事業を安全に行うための知識及び技能を持っていることを証明するもので、各市町村から許可がおります。許可申請を得ずに不用品回収の業務を行っている場合は違法です。回収したごみを不法に投棄したり、不当な料金を請求されたりという予想外の展開につながることもあり、不法投棄に関しては依頼した側も罰せられる可能性があります。

自分が破棄した使用済みダンボールを確実にリサイクルしたいのであれば、信頼できる不用品回収業者を選びましょう。

引越し後、荷物を梱包していた大量のダンボールの処分や、AmazonやZOZO TOWNのダンボールが溜まってしまいプチゴミ屋敷になってしまった方の部屋の片付け依頼などをいただきます。
夏でも冬でも、手袋をせずダンボールや古紙をさわり続けていると手がカッサカサに乾燥します。
乾燥が気になる方はぜひ、不用品回収業者に処分を依頼してしまうといいですよ。

3.小売店のダンボール回収サービスを活用する

ダンボールを自主的に回収している販売店や店舗があります。イオンやセブンアンドアイホールディングスなど大手ス―パーでは、資源としてリサイクルできるダンボールや、食品トレイ・ペットボトルなどを破棄できる回収ボックスを設置しています。

自治体の集積所とは違い、店舗の営業時間内であればいつでも破棄できるため、急いで捨てたい方は便利です。また、店舗によっては回収ボックスを利用するとポイントが貯まる仕組みを導入していることもありお得感があります。

2:ダンボール回収や廃棄にかかる費用

ダンボール 回収 処分 資源ごみ リサイクル 不用品回収 不用品回収業者 Zehitomo

1.自治体で捨てるときにかかる費用は無料

自治体で使用済みダンボールを破棄する場合は、料金はかかりません。資源ごみ回収は市町村で運営しているため、回収費用は税金で賄われています。ただしダンボールを紐でしばらなければならない場合は紐の購入、指定袋に入れなければならない場合は指定袋の購入に費用がかかります。

無料で捨てることができますが、捨てることができる曜日と時間が決まっていてすぐに捨てたくても待たなければいけなかったり、集積所まで自分で運び出さなければならない手間もあります。

ダンボールや新聞、雑誌は古紙リサイクル工場へ持ち込みし再生紙になります。
古紙を集め倉庫に保管し、まとめて古紙回収業者へ売り、売り上げは地域のために利用している自治体も多くあります。
お住まいの地域で調べてみてはいかがでしょうか。ささやかな地域貢献ができますね。

2.不用品回収業者を使って廃棄するときにかかる費用の目安

不用品回収業者では、ダンボールの回収費用が発生します。主に運搬費用と、回収手数料の合計金額が請求されます。また古紙回収を専門に取り扱っている業者もあるため、併せて検討してみましょう。

不用品回収業者へ依頼する場合は、回収物の最小量を確認します。少量のダンボールだけだと回収してくれなかったり割高になることもあるためです。

不用品回収業者は、トラック積み放題や0.8㎡サイズのパックプランが主流です。トラック積み放題プランの平均価格は14,600円、価格帯は10,000~14,600円です。0.8㎡サイズのパックでは平均価格12,900円、価格帯は12,000~13,800円です。

不用品回収業者の利用は、「大量のダンボールを破棄したい」という方や、引っ越しやオフィスの移転時に発生したダンボールや古紙を一気に破棄するときに適しています。

古紙回収業者では、運搬費+回収手数料がかかり、平均価格は3,000円、価格帯は2,000~4,000円程度です。ただし、少量の個別回収は扱っていないことが多いため、まとまった量のダンボールや古紙を破棄するときに古紙回収業者へ依頼すると便利です。

3.小売店のダンボール回収サービスを活用するときにかかる費用は無料

使用済みダンボールを自主回収しているスーパーや販売店の回収ボックスへ破棄する際に、料金はかかりません。

最後に

ダンボールは、ためずにどんどん処分していきましょう。ためていると、虫のすみかになってしまいます。実際に回収している時に、ダンボールの折り目にこっそりゴキブリが隠れていることもあり驚きます。
また、不用品回収業者にダンボール回収と処分の依頼するときも、自治体で処分するときのルールと同じように、ダンボールはまとめて、ロープで縛って置きましょう。

ダンボールを運び出す時間が短くなり、回収時に待つ時間も短くなります。

Zehitomoで不用品回収の依頼を出すと、地域の業者から複数の見積もりを受け取り比較することができます。下のあなたの地区の不用品回収業者の文字をクリックするとあなたの近くのプロを見ることができます。

東京都の不用品回収業者を見てみる

神奈川の不用品回収業者を見てみる

埼玉の不用品回収業者を見てみる

栃木の不用品回収業者を見てみる

群馬の不用品回収業者を見てみる

大阪の不用品回収業者を見てみる

福岡の不用品回収業者を見てみる

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

不用品回収関連の最新記事

2021/07/01

自転車を処分する方法と費用【不用品回収のプロが監修】

ここでは具体的な自転車の処分方法を紹介します。例えば海に近い場所に住むと自転車の劣化は早く、塩分を含む風で車体の鉄がさびて、ボロボロと崩れてきます。または子供用の自転車が不要になったり、引越しのタイミングで必要なくなったりすることもあります。 自転車の処分方法について、Zehitomoのプロフェッショナルからアドバイスもいただきます。ぜひ参考にしてください。 髙橋 洋介さま 株式会社alife 代表取締役、総合便利サービスにじいろ代表。「どこよりも誠実に」を心がけて不用品回収サービスを提供している。2017年の年間作業実績600件以上。 不用品回収は、サービス内容などが見えづらい、わかりづらいことから「頼みづらい」とお考えのお客様が多い現状に対して、「頼んで良かった」と思ってもらえる、期待値を超えるサービスを心がけている。 このプロに自転車の回収を依頼する 自転車の処分方法4つ 1.粗大ゴミとして捨てる 自転車は一般ゴミとしてゴミ収集日に出すことができませんが、自治体の粗大ゴミとして捨てることが可能です。 自治体によって粗大ゴミの出し方が異なります。確認するのは回収日程、申し込み方法、粗大ごみ処理券、自転車の台数と処理券の枚数、粗大ごみ処理券の購入場所、収集場所です。 例えば東京都新宿区であれば、長さ180cm以内かつ太さ30cm以内の自転車は粗大ゴミとして処分できます。粗大ゴミ受付センターのホームページか受付センターへの電話で申し込みをします。日曜日を除く収集予定日3日以上前であれば、インターネットでの日程変更やキャンセルも可能です。 申請や申し込み方法はおおむねの自治体が同じです。インターネットや電話での申し込みができたら、新宿区が発行する粗大ごみ処理券を粗大ごみ処理券取扱所で購入します。 必要事項を記載した処理券を貼った自転車は、指定日の朝8時までに定められた収集場所に出すことで回収してくれます。 戸建てにお住まいの場合は、ゴミ集積所ではなくご自宅の玄関先や敷地の入り口などわかりやすい場所に出します。共同住宅にお住まいで粗大ゴミ置場が定められていない場合は、1階の共有玄関前の敷地などわかりやすい場所に出します。 東京都新宿区は、自分で持ち込むことのできる回収場所はありません。しかし自治体によっては、自分で持ち込む回収場所があります。 このように自治体によって申込方法や料金の支払方法が異なります。また、粗大ゴミの回収予定件数に達すると希望日に回収してもらえず、タイミングによっては回収までに2~3週間かかることもありますので、余裕を持って申し込む必要があります。 スケジュールに余裕がある場合には、処分費用も安価な自治体の粗大ゴミとして処分する方法がいいでしょう、しかしスケジュールに余裕がないときには他の方法も検討しましょう。 2.不用品回収業者に依頼する 不用品回収業者に依頼するメリットは、自宅まで取りに来てくれること、処分までに時間がかからないことです。 自宅まで回収しに来てくれるうえ、自治体で粗大ゴミとして出すと日数がかかることに対し、即日引き取りを受けてくれることもあり便利です。急いでいるときには、不用品回収業者へ依頼する方法がいいでしょう。 一般廃棄物収集運搬許可や古物営業許可といった許可を取得しているか、引取証明書の発行ができるかなども業者を見極める方法のひとつです。そのほか、料金体系に曖昧でわかりづらい部分がないか、口コミに問題がないかなども参考にできます。 自転車の回収を依頼する Zehitomoで不用品回収の依頼を出すと、地域の業者から複数の見積もりを受け取り比較することができます。 3.中古自転車店、リサイクルショップ、フリーマーケットなどで売る 電動自転車や有名ブランドの自転車でなければ高額での売却は難しいですが、処分費用が発生しない可能性の高い処分方法です。 直接店舗に持ち込むこともでき、お店によっては取りに来てくれることもあります。持ち込むことができない場合は、出張買取の対応をしてくれるお店を探すとよいでしょう。 地域で開催されているフリーマーケットなどで売却する方法もあります。例えば子供用の三輪車や自転車などは、使用時期の短さから新品にこだわらない人もいます。 中古自転車店やリサイクルショップ、フリーマーケットなどで売る場合には、少しでもいい値段で売れるように、タイヤのパンクや空気が抜けていないか、ライトの不具合がないか、汚れやサビがないか、ブレーキに不具合がないか、保証書や付属品が揃っているか、確認と修理と掃除を行います。 4.人に譲る 相手との関係性にもよりますが、タダより高いものはないとも言われるように、自転車の状態などによって後々トラブルになることがあります。相手に気を遣わせないように、あなたも気兼ねなくお付き合いをできるように両者間で値段を設定して、売買の形式にすることもできます。 自転車を譲渡するときには防犯登録の処理に注意しましょう。防犯登録は二重でできないため、もし自転車を譲り受けたいという人がいる場合は、あなたの防犯登録を抹消する必要があります。 自転車の防犯登録を抹消したら、譲渡証明書を作成して自転車と一緒に相手に渡しましょう。譲り受けた相手は譲渡証明書があればスムーズに新たな防犯登録をすることができます。 5.新品の購入時に引き取ってもらう 自転車販売店によっては、新しい自転車を購入する代わりに古い自転車を無料や格安で引き取ってくれる場合があります。 処分方法を検討したり手配したりする必要がなく処分費用も安く済ませることができるため、最も手っ取り早く簡単な方法といえます。自転車を購入する際に、購入店舗に相談してみるとよいでしょう。 自転車の処分方法別に、かかる費用 粗大ゴミとして捨てる 自治体によって粗大ゴミとして自転車を処分する処理費用が定められており処分費用は自治体により異なりますが、200~1,500円が目安です。 例えば世田谷区で不要な自転車を処分する場合は、回収してもらうよりも自分で持ち込んだほうが処分費用を抑えることができます。タイヤ径16インチ以下の自転車であれば回収してもらうときは400円、持ち込むときは200円です。タイヤ径16インチ超えの自転車は回収800円、持ち込み400円です。電気自転車は回収1,200円、持ち込み600円です。 他の自治体の例では、自転車回収処分費用が、横浜市500円、大阪市は400円、福岡市は300円です。 不用品回収業者に依頼する 自転車1台につき1,000~5,000円の値段設定となっており、業者により価格設定にばらつきがあります。いずれにしても、行政の粗大ゴミとして処分する価格と比較して割高な設定です。費用はかかりますが手際よく処分を進めることができます。 不要な自転車を取りに来てもらうときに、処分費用のほかに出張費用が発生することもあります。「処分費用が●●円未満の場合は出張費として●●円いただきます」といった項目が「知らなかった」ということのないよう、念のため調べておく、質問するなど気にかけます。 Zehitomoで不用品回収の依頼を出すと、地域の業者から複数の見積もりを受け取り比較することができます。 不用品回収業者に依頼する 自転車の処分依頼は「不用品をまとめて処分してほしい」もしくは「いらなくなった自転車数台をまとめて処分してほしい」というご依頼が多いです。 他には、引越しの際に「他に不要になった家財と自転車を、まとめて処分したい」という方も多いです。 「寮に住んでいて、転勤があるので自転車だけを処分してほしい」というご依頼で、自転車1台だけの処分を依頼されることも時々あります。 中古自転車店、リサイクルショップ、フリーマーケットなどで売る 中古自転車店やリサイクルショップで買い取ってもらうときは、商品として厳しくチェックされます。相場は200~1,000円程度です。 もちろん状態がよかったりブランド品だったりすれば値段は上がります。商品として売れないと判断されるとお金をもらって処分するのではなく、お金を払って処分してもらうことになりますが、処分を急ぐ際や費用によっては、そのままお金を払ってでも処分してもらう判断をしてもいいでしょう。 フリーマーケットで誰かに売る場合は、一般的な自転車であれば500~2,000円程度の値段に設定してみましょう。売れないと持ち帰る必要があり、急いで処分するときにはリスクがあります。 人に譲る […]

2021/07/01

マットレスを処分する方法と費用【不用品回収のプロが監修】

マットレスを処分したい。そんな時は粗大ゴミとして?粗大ゴミといっても、たためるにしても、こんな大きなマットレスをゴミ捨て場のどこに、どのように捨てればいいのでしょうか。 また、ゴミに出す以外の処分方法はあるのでしょうか。 マットレスの処分方法について、Zehitomoのプロフェッショナルからアドバイスもいただきました。ぜひ参考にしてください。 髙橋 洋介さま 株式会社alife 代表取締役、総合便利サービスにじいろ代表。「どこよりも誠実に」を心がけて不用品回収サービスを提供している。2017年の年間作業実績600件以上。 不用品回収は、サービス内容などが見えづらい、わかりづらいことから「頼みづらい」とお考えのお客様が多い現状に対して、「頼んで良かった」と思ってもらえる、期待値を超えるサービスを心がけている。 このプロにマットレスの回収を依頼する マットレスの処分方法5つ 1.ゴミとして処分する 耐用期間の過ぎたマットレスは、修理はできないため、ゴミとして処分します。粗大ゴミとして収集してもらうにしても、不用品回収業者に任せるにしても、あなたが処分したいマットレスのサイズの名称や構造を知っていれば、自治体のゴミの廃棄ルールを調べたり、業者に見積もり依頼をしたりするときに、何かと便利です。 一口にマットレスといっても多くのサイズがあり、それぞれに名称があります。また、素材や構造も様々です。まずは、サイズから調べましょう。以下はある有名ブランドベッドメーカーが使用しているマットレスのサイズ別の名称と寸法です。メーカーによって少々異なりますが、大きな違いはありません。 小さな順に列記します。 ・セミシングル(85cm × 195cm) ・シングル (97cm × 195cm) ・ワイドシングル(110cm × 195cm) ・セミダブル(122cm × 195cm) ・ダブル (140cm × 195cm) ・ワイドダブル(154cm × 195cm) ・クイーン(170cm × 195cm) ・キング(194cm × 195cm) どれも1人で運び出せる、運び入れることはできない大きさです。マットレスは、配送業者が、引越し業者のように搬入搬出をします。 「そういえば、このベッドを買った時、業者の人でも階段からはマットレスを2階に上げられずに、ガラス戸を外して、庭から吊り上げて窓越しに入れたんだ」なんて懐かしく思い出す人もおられるのではないでしょうか。サイズがダブル以上ともなると、素人では1階からの搬出ですら大変な作業です。 マットレスの構造であるクッション素材は、金属製のスプリングなどを使うものと、そうではないものに分けられます。金属製のクッションを使うものには、スプリングが一つ一つ布袋に入ったポケットコイル式、バネを金具で連結したボンネルコイル式、ボンネコイルベッドの上にポケットコイルマットレスを乗せたダブルクッション式などがあります。 スプリングを使用しないものでは、スポンジ製の簡易なマットレスから、低反発性や高反発性など寝心地の違いを売り物にするウレタン製、ウレタンの替わりに天然ゴム素材からできたラテックスフォーム製のマットレスもあります。このほか、空気で膨らませるエアクッションマットレスや温水で温度調節も可能なウオーターベッドなど変わり種もあります。 スプリングマットレスやポケットコイルマットレスは、見た目は布地ですが中に鉄が入っています。その処分方法の手間から、行政も引き取らないところが増えています。 2.不用品回収業者に回収を依頼する 引越しなど時間が迫っている、スケジュールの調整が難しい時は、不用品回収業者に任せてしまうと便利です。回収業者に頼めば、マットレスの種類による分別を考える必要もなく、何より、搬出の苦労がありません。 3.無料で人に譲る アンティーク価値のあるベッドの枠やヘッドボードなら欲しいと思う人があるかもしれませんが、有名ブランドメーカー製品のマットレスだとしても使用感のあるマットレス単体では、なかなか引き取り手が見つからない可能性も高いです。 4.買取サービスやフリーマーケットを活用する 買取サービスは、リサイクル品として商品価値のあるものしか買い取りません。マットレスを買い取ってくれるリサイクルショップはほぼないと考えることができます。有料での引き取りであれば対応してくれる可能性もありますが、店舗に問い合わせましょう。 フリーマーケットで売るにしても、フリーマーケットが希望の日程で開催されるとは限らず、天候によっては雨天対策も必要です。マットレスを展示するために広い売り場面積を確保しなければならず、出店費用も割高になります。 また、自宅からの搬出、会場への搬入など運搬費用がかさみ、儲けが出るとは考えられません。売れなければ、マットレスを持ち帰らなければなりません。結局、不用品回収業者に最初から依頼した方が安上がりだったということにもなりかねません。 5.新品の購入時に引き取ってもらう ベッドに限らず、大型家具を新規に購入したら、自宅に搬入してもらう時に、同時に古い家具を搬出してもらうサービスがあるかどうか確認します。3,000円程度の費用で搬出してくれる会社もあります。 ベッド本体が痛んでなければ、マットレスの買い替え交換だけで新品の寝心地が戻ってきます。様々な特色ある寝心地のマットレスがあるので、お店で色々試してみたいですね。 […]