クリーニング

クリーニングのプロと出会う。

ビル・オフィス、不用品・廃棄物処理など、クリーニングの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. Zehitomo
  2. ビジネス
  3. クリーニング

クリーニングのプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適なクリーニングのプロをご紹介。

クリーニング関連の最新記事

2021/08/31

冷蔵庫をキレイにしたい!掃除方法を場所別にご紹介

食品を衛生的に保存するために、冷蔵庫は定期的に掃除しましょう。中身を入れすぎないようにして、普段からこまめに掃除をしておくと、キレイな状態を長持ちさせることができます。仕上げに除菌をしたり、冷蔵庫を動かして外側も掃除したりするとより効果的。今回は、掃除の方法を場所別にご紹介します。 目次 ・冷蔵室を掃除しなければいけない理由・冷蔵庫を掃除する前に・冷蔵庫掃除の段取り・場所別の掃除方法 野菜室・チルド室・ドアポケット 冷蔵室・冷凍庫 製氷機 ドアパッキン 正面・背面・側面 天井・床下・裏側・頑固な汚れを落とすコツ・冷蔵庫をキレイに維持する5つのポイント・冷蔵庫クリーニングを依頼してみる 冷蔵室を掃除しなければいけない理由 冷蔵庫は知らず知らずのうちに汚れやすいです。汚れを放っておくと、雑菌が繁殖したり、カビが生えたりしてしまいます。衛生的に食品を管理するためには、定期的に掃除してキレイな状態を保っておくことが欠かせません。 冷蔵庫を掃除する前に まずは、冷蔵庫の中身をすべて出して空にします。賞味期限や消費期限が切れているものは、良い機会ですので処分しておきましょう。残ったものは、一時的に大きめのクーラーボックスなどに入れておきます。それが終わったら、冷蔵庫の電源をOFFにして準備完了です。 しかし、中身を全部出すのが面倒だったり、大きなクーラーボックスを持っていない場合もあるでしょう。そういったときは掃除をする数日前から、計画的に冷蔵庫の中身を消費しておくと掃除が楽になります。旅行や出張など、一定期間家を離れる用事の前であれば無駄がありません。 そうは言っても一度中身を出した後に、また元の位置に戻すのは手間がかかります。そういうときは、カゴを上手に使いましょう。カゴは100均や無印良品などに売っているもので大丈夫です。最初から食材をカゴに入れてしまっておけば、カゴの出し入れだけで済むので、あまり手間がかかりません。 場所別の掃除方法 場所別の掃除方法を、必要なもの、手順、ポイントの順番で紹介していきます。場所によってはアルコールや重曹、クエン酸などを掃除に使用するので、自宅の冷蔵庫で使えるのかどうか、取扱説明書で事前に確認しておきましょう。 野菜室・チルド室・ドアポケット 野菜室とチルド室は野菜や生鮮食品を保存しておく場所なので、雑菌が繁殖しやすいです。外せるパーツはすべて外して、隅々まできれいに掃除しましょう。 必要なもの スポンジ 食器用洗剤 キレイな布巾や雑巾(汚い布だと雑菌を広げてしまうので注意) 重曹水スプレー(水100㎖に小さじ1杯の重曹を溶かして、スプレボトルに入れたもの) アルコールスプレー(除菌シートでも可) 手順 1.引き出しやケース、仕切りなどの外せるパーツをすべて外す2.外したパーツをスポンジと食器用洗剤で洗う(水洗いができない場合は、除菌シートで拭くのでもOK)3.キレイな布に重曹水を吹きかけて本体を拭く(汚れている箇所に直接吹きかけたり、歯ブラシや綿棒を使ったりすると効果的)4.アルコールスプレーや除菌シートを使って消毒する(アルコールが使用できない場合は無理に行わない)5.乾いた布で本体と取り外したパーツを拭く6.元あった場所にパーツを戻す 冷蔵室・冷凍庫 冷蔵室と冷凍庫にはたくさんの食品が保存されているため、中に何が入っているのか完璧に把握している方は少ないでしょう。奥の方にしまっていたものが、腐りかけていたり、こぼれていたりしていると、中が汚れる原因になります。賞味・消費期限などを細目に確認する癖をつけておくと、掃除をするときにあまり苦労しないのでおすすめです。 中には、冷蔵室や冷凍庫に霜ができてしまって掃除どころではないという方もいるのではないでしょうか。そんな方は、こちらの記事を参考にして、まずは霜を取るところから掃除を始めましょう。(冷蔵庫の霜取り方法は?簡単5ステップで綺麗にしよう。6つの予防法も!) 必要なものと手順に関しては、「野菜室・チルド室・ドアポケット」と同じですので、そちらを参考にしてください。 製氷機 給水タンクにずっと水を入れていると、水道水のミネラル分による白い汚れが付着したり、フィルターにカビが生えたりします。そのままでは、製氷機からできた氷が衛生的であるとは言えません。常にキレイな氷を使うためにも、定期的なお手入れが必要です。特にあまり製氷機を使わない冬は注意しましょう。 必要なもの スポンジ 食器用洗剤 製氷機用の洗浄液(クエン酸水でも代用可) クエン酸水(水200㎖に小さじ1杯のクエン酸を溶かしたもの ) 手順 1.給水タンクや貯氷ケースを取り外す2.フィルターなどのパーツごとに丁寧に水洗いする3.汚れが落ちなければ、スポンジと食器用洗剤を使って洗う4.しっかりと乾かしたら、パーツを元に戻す5.空の給水タンクに製氷機用の洗浄液を入れて凍らせる※クエン酸水を使うときは、食紅などで着色しておくとわかりやすくなります6.洗浄液が無くなる間に出てきた氷は使わずに捨てる7.給水タンクを水洗いした後に、水を入れて再びセットする ドアパッキン 大きい引き出しにはゴムパッキンがあります。横開きのドアにはそれほど溜まりませんが、冷凍庫や野菜室の引き出しには、上から落ちてきたゴミが溜まりやすいです。普段は見落としがちな部分ですが、雑菌が溜まりやすいのでキレイに仕上げましょう。 必要なもの 綿棒 除菌シート キレイな布巾や雑巾(カビがある場合のみ) カビ取り剤か塩素系漂白剤(カビがある場合のみ) 手順 1.除菌シートで綿棒をくるむ2.綿棒をゴムパッキンの溝に入れて、ゴミをかき出す3.カビがある場合は、パッキン部分に綿棒でカビ取り剤か塩素系漂白剤を塗る4.5~10分ほど放置したら、塗った箇所をキレイな布で水拭きする※カビ取り剤や塩素系漂白剤を使用するときは、よく換気した上で、ゴム手袋をつけて掃除しましょう。 正面・背面・側面 冷蔵庫の周りや扉、ドアノブにはホコリや汚れが付着しています。コンロの近くに冷蔵庫を置いている場合は、油汚れもあるかもしれません。ドアノブのように、よく触る場所が汚いと、開閉をする度に中の食品に汚れを付着させることになります。普段から意識的に掃除をするようにしましょう。 必要なもの キレイな布巾や雑巾 重曹水スプレー(水100㎖に、小さじ1杯の重曹を溶かしたもの) アルコールスプレー(除菌シートでも可) 手順 1.キレイな布に重曹水を吹きかけて本体を拭く(汚れている箇所に直接吹きかけたり、歯ブラシや綿棒を使ったりすると効果的)2.アルコールスプレーや除菌シートを使って消毒する(アルコールが使用できない場合は無理に行わない) 天井・床下・裏側 冷蔵庫の天井部分と床下、排気口や電源プラグがある裏側には、ホコリやゴミが溜まっています。しかし、重い冷蔵庫を動かしてまで、床下や裏側まで掃除している人は少ないでしょう。排気口や電源プラグにホコリが溜まっていると、消費電力が増えたり、火災の原因になったりするので注意が必要です。掃除をするときは、無精せずに冷蔵庫を動かしましょう。大きい冷蔵庫にはキャスターがついていることが多いため、それほどハードルは高くありません。 必要なもの […]

2021/02/10

産業廃棄物の処理はどうしたらいい?【依頼ケース】と【東京のおすすめ業者】をご紹介

目次 産業廃棄物の処理 事例紹介 解体工事に伴う産業廃棄物の処理 オフィス移転に伴う産業廃棄物の処理 化学製品の製造に伴う産業廃棄物の処理 東京都で活躍されている産業廃棄物処理業者様 産業廃棄物の処理 産業廃棄物とは、建設工事や工場での製品製造など、あらゆる事業活動に伴って生じる廃棄物のことを指します。廃棄物処法により、排出事業者は自らの責任において、排出した産業廃棄物を適正に処理しなければいけません。ですが廃棄物の処理や保管に関する基準は厳しく、本業のかたわら、それらを遵守しながら廃棄物処理を行うのは大変でしょう。 そこでおすすめなのが、産業廃棄物を専門とする業者に、廃棄物の処理を依頼することです。ここからは実際に産業廃棄物処理業者がどのような依頼に対応しているのか、具体的なケースをご紹介していきます。 事例紹介 解体工事に伴う産業廃棄物の処理 依頼内容 家屋の解体工事に伴って、発生した産業廃棄物を処理してほしい。 対応 家屋の解体工事では、木くずやガラス、コンクリート、陶磁器、金属くず、廃プラスチック類などの産業廃棄物が排出されました。これらは近隣住民の迷惑とならないよう、飛散・流出・騒音に気をつけて収集・処理されました。また、一部の木材はチップにし、リサイクルされました。 オフィス移転に伴う産業廃棄物の処理 依頼内容 オフィスの引越し時に大量の廃棄物が発生したため、それらを全て処理してほしい。 対応 オフィスを引越しする際に、金属製・プラスチック製の机やロッカー、パソコン、モニター、プリンターなどの家具・電気機器が廃棄物となりました。これら全部をまとめて処理業者に処分を依頼し、廃棄物処理法にしたがって適正に処理することができました。 化学製品の製造に伴う産業廃棄物の処理 依頼内容 洗剤や化粧品を製造する工場において、発生した産業廃棄物を処理してほしい。 対応 工場では、廃プラスチック類や有機汚泥といった産業廃棄物が約2万トン排出されていました。また、廃油や廃酸、廃アルカリなど、危険性がある特別管理産業廃棄物も約2,000トン排出されていました。それぞれ焼却処理や、廃プラスチック類は固形燃料化するなどして、適切に処理されました。 東京都で活躍されている産業廃棄物処理業者様 ここからは、東京都でご活躍中の業者様をご紹介していきます。解体工事やオフィス移転にご対応いただける業者様もいらっしゃるので、ぜひ今後のご参考にしてみてください。 有限会社杉沢正直商店 荒川区を中心にご活躍されており、東京都の産業廃棄物収集運搬業許可や廃棄物再生事業者登録をされている業者様です。紙や廃プラスチック、鉄くずといった産業廃棄物のほか、機密書類やCD・DVDの回収・リサイクルにもご対応いただけます。日曜や祝日の引き取りにも応じていただける場合があるため、困った時に頼もしい業者様です。 株式会社竹本商店 大田区を中心として、紙くずや木くず、金属くず、廃プラスチックやゴムなどの産業廃棄物処理にご対応いただけます。なお東京都だけでなく、神奈川県や群馬県、静岡県など、あらゆる地域の産業廃棄物収集運搬許可を取得されており、その範囲は関東全域にまで及びます。産業廃棄物のほか、家庭で発生した粗大ゴミやオフィス用品の廃棄物などにもご対応されています。 株式会社セントラルクリーン 主に八王子市で、産業廃棄物の収集と運搬だけでなく、解体・土木工事もメインにご活躍されている業者様です。各種許可を取得されており、解体や撤去作業で発生した廃棄物の運搬も、一貫してご対応いただけます。別の下請け業者に新たに依頼する必要がなく、コストを抑えられるため、工事の際はおすすめでしょう。 中央急送株式会社 墨田区を中心に、企業やオフィスから排出される一般廃棄物と産業廃棄物の両方にご対応されている業者様です。一般廃棄物に関しては東京都の収集運搬許可を、産業廃棄物においては東京都や埼玉県、神奈川県、千葉県で収集運搬許可を取得されています。オフィス移転と、それに伴い発生する廃棄物の収集運搬にも併せてご対応いただけるため、オフィスの引っ越しを検討されている方におすすめでしょう。 産業廃棄物処理業者探しもzehitomoで zehitomoでは、他にも様々なニーズに対応されている産業廃棄物処理業者様をご紹介しています。