不用品・廃棄物処理

不用品・廃棄物処理のプロと出会う。

産業廃棄物処理、一般廃棄物処理、不用品回収など、不用品・廃棄物処理の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

不用品・廃棄物処理のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な不用品・廃棄物処理のプロをご紹介。

不用品・廃棄物処理関連の人気のサービス

不用品・廃棄物処理関連のサブカテゴリー

不用品・廃棄物処理関連の最新記事

2022/05/25

バッテリーの処分方法が分からない! 回収・買取の費用や交換について解説【専門家監修】

電気をためておく役割を持つバッテリーは、車や電化製品、スマートフォンやパソコンなどで使われています。寿命があるため数年おきに買い替えたり入れ替えたりしますが、不要になったバッテリーはどのように処分をするのでしょうか。 今回は車のバッテリーとモバイルバッテリ―について処分方法とその費用、交換の目安などについて専門家から意見をいただきました! 高橋 洋介さま 株式会社alife 代表取締役、総合便利サービスにじいろ代表。「どこよりも誠実に」を心がけており、2017年の年間作業実績600件以上。 不用品回収は、サービス内容などが分かりづらいため「頼みにくい」とお考えのお客様が多い現状に対して、「頼んで良かった」と思ってもらえる、そんな期待値を超えるサービスを提供されています。 このプロにバッテリーの回収を依頼する>>   バッテリー処分をする際に知っておくべきこと3つ 1.車のバッテリーは粗大ゴミではない 車やバイク、農機具などに使う車両用のバッテリー。実は、粗大ゴミとして処分できません。なぜなら、適正処理困難物または排出危険物に指定されているためです。 適正処理困難物とは市町村に設けている設備では安全な処理が困難なものを指し、排出危険物とは人体に有害となる物質を発生する可能性があるものを指します。 車のバッテリーは鉛や希硫酸という人体に有害な物質を含むため、ゴミ置き場に破棄したり、粗大ゴミとしてお住まいの市町村へ依頼することはできません。仮にゴミ置き場へ無断で放置した場合は、不法投棄の罪に問われます。また万が一、不法投棄されたバッテリーから有害物質が流れ出て人に触れると、皮膚がただれてケガを負ったり、漏電したりする危険性もあります。 ただ、バッテリーは希少性のある金属の鉛を含んでいるため、資源としてリサイクルできる製品です。ゴミとして処分を考えるのではなく、積極的にリサイクル回収を利用しましょう。 2.車のバッテリーの処分方法は、各自治体に問い合わせる 車のバッテリーをゴミとして処分する際は、各自治体で定められた方法に準じて処分します。ただし、各自治体によってその方法が異なるので事前に確認がするようにしましょう。 例えば、千葉市の公式サイトでは、自動車バッテリーの処分方法として、使用済みバッテリーリサイクル協力店または廃タイヤ取扱い協力指定店の表示がある自動車関連販売店、カーショップ、ガソリンスタンドへ相談するように促しています。   次に、八王子市の公式サイトでは、バッテリーは市で処分できないごみとして指定しているだけで、その処分方法についての詳しい情報は提示していません。提示がない場合は、各自の判断で適切な処分方法を選択する必要があります。 お住まいエリアでのバッテリー処分方法については、各自治体の公式ホームページから確認するか、または電話にて相談することが望ましいでしょう。 3.パソコンやスマホや電子機器のバッテリーも、各自治体によって異なる パソコンやスマホ、デジタルカメラなどに使うバッテリーは小型充電式電池とも言われます。これらの小さなバッテリーは再利用が可能なニッケルやコバルト・カドミウム・鉛などを含むため、資源有効利用促進法において指定再資源化製品に指定され、積極的にリサイクルのため回収されています。 (参照元情報:経済産業省、webサイト、2022年5月25日現時点情報。詳細に関しては、随時最新情報をお調べください。) そのため、各自治体ではリサイクルを推奨していることが多いようですが、詳細は各自治体によって異なり、主に以下の3パターンがあります。 1、燃やさないゴミとして処分できるが、リサイクルを推奨している 2、処分不可能とし、回収箱のある協力店の利用を勧めている 3、詳しい掲載をしていない このように、各自治体によって記載方法は様々です。市町村によっては燃やさないゴミに分類していることもあるようですが、リサイクルすることが望ましいといえます。一方で、詳しい処分方法の記載がない市町村であれば、リサイクル協力店を利用しましょう。 バッテリーは、小型充電式電池の再資源化を推奨する一般社団法人JBRCに加入しているリサイクル協力店や自治体のリサイクルボックスで回収しています。全国で約28,000カ所ほどあり、ホームセンター、家電量販店、公共施設など様々な場所に設置してあります。 車のバッテリー処分方法と費用 1.新しいバッテリーの交換と同時に処分を依頼する 新しいバッテリーを自動車用品店やホームセンターで購入した場合、古いバッテリーを無料引き取りしてくれることがあります。ただし、新しいバッテリーを購入するか、取り付け作業まで行わなければ古いバッテリーを回収処分してくれないこともあります。事前に条件を確認しておくと安心です。 または引き取りの他、下取りも可能です。バッテリーを下取りできる理由は、バッテリーに含まれる鉛を金属リサイクルするためです。鉛の価格は随時変動するため、下取り価格もその時によって大きく異なります。2022年5月24日時点では45円/㎏です。   2.使用済みバッテリーリサイクル協力店に持ち込む 使用済みバッテリーリサイクル協力店とは、バッテリーのリサイクルを実施している自動車用品販売店やホームセンターといった販売店を指します。 一般的には、使用済みカーバッテリーは無料で回収されます。一部、販売店では手数料としてる料金がかかることもあります。平均で500円程度、価格帯は300~700円程度です。詳しくは該当する店舗へ問い合わせてみてください。 リサイクル協力店には使用済みカーバッテリー回収かごが設置してあることがあります。回収ボックスは無料で利用可能です。 3.不用品回収業者に回収を依頼する 不用品回収業者にも車のバッテリーの処分を依頼できます。バッテリー単品での回収価格は平均1,000円程度です。相場は500円~1,500円程度で、大きさや状態によって加算されます。 ただし、不良品回収業者では、依頼する回収物の最小量が設定してあることがあります。バッテリー単体で回収に応じてくれるかどうかを事前に確認しましょう。「最小容量は軽トラック1台分から」「回収の最小容量は〇立方メートルから」という指定がある業者も。多くは、台車1台分想定で平均12,900円、価格帯は12,000~13,800円ほどです。 せっかく不用品回収業者に依頼をするなら、他に不要になったものもまとめて処分するといいでしょう。 WEBサイトからメールで問い合わせるか、電話で相談します。回収に来てもらう日程や金額の確認をし、後日指定の日に自宅にて回収してもらいます。   バッテリーの処分依頼は、月に2〜3件程いただきます。ほとんど全てのご依頼が車のバッテリーの処分依頼ですね。 ネット通販での回収 ネット通販でバッテリーの販売及び使用済みバッテリーの回収を行っている販売店もあります。ネット通販での使用済みバッテリーの回収は、回収費用及び郵送費用も無料で行っている場合があるのでぜひ見てみてください。   モバイルバッテリーの処分方法と費用 バッテリーと聞くと、モバイルバッテリーを一番最初に思いつく方も多いのではないでしょうか。ほとんどのモバイルバッテリ―には、リチウムイオン電池が使用されており、不適切な扱い方をすると発火する危険性があります。身近なモバイルバッテリーだからこそ、その処分方法は知っておきたいところ。主な処分方法を2つ紹介していきます。   1.リサイクルボックスに出す ホームセンターや家電量販店では、リサイクル用に回収ボックスを設置しているところがあります。すべての店舗に設置しているわけではないですが、大型の店舗は設置している場合が多いです。 費用は、単に回収ボックスに入れるだけのため無料です。一度、近くのホームセンターなどに行って確認してみると良いでしょう。 […]

2022/04/12

ダンボールの回収方法3つと、ダンボール回収にかかる費用【専門家監修】

ダンボール回収、どうしていますか?通販やインターネットで宅配を頼んだり、家具や家電を新調したり、引越しをしたりというタイミングでダンボールが山盛りにたまってしまうことがあります。手っ取り早くさっさと処分しましょう。 ここではダンボールの回収と処分の方法について、不用品回収のプロに意見をいただきました。 不用品回収のプロ:高橋 洋介さま 株式会社alife 代表取締役、総合便利サービスにじいろ代表。「どこよりも誠実に」を心がけて不用品回収サービスを提供している。2017年の年間作業実績600件以上。 不用品回収は、サービス内容などが見えづらい、わかりづらいことから「頼みづらい」とお考えのお客様が多い現状に対して、「頼んで良かった」と思ってもらえる、期待値を超えるサービスを心がけている。 この専門家のサービスを詳しく見る <INDEX> 1:ダンボールをゴミとして捨てる時のポイント3つ 2:ダンボールを廃棄する方法3つ 3:ダンボール廃棄にかかる費用 1:ダンボールをリサイクルゴミとして出す時のポイント3つ 1.ダンボールをリサイクルゴミに出す 日本国内ではダンボールを資源としてリサイクルしています。その回収率はおよそ95%にものぼり、新しいダンボールの主原料は約90%がリサイクルされた使用済み段ボールです。 回収されたダンボールは水でほぐし異物が取り除かれた後、水を切って乾かし、またダンボールに形づくられます。 ダンボールの材料は古紙とパルプで、原料は木材です。木材は限りある資源であるため、地球の環境保全や家庭ゴミの削減を目的として、1997年に容器包装リサイクル法が施行されました。ダンボールをはじめとする使用済みの容器包装は、再生資源として利用することが義務づけられています。消費者は資源ごみとして破棄しなけらばならず、市町村によって収集された後、製造業者によって再商品化されます。 小売店・販売店で出た大量の使用済みダンボールは回収業者によって運び出され、一般家庭で出た使用済み段ボールは、各自治体によって収集されます。 2.ダンボールの生産量は増え続けている 全国段ボール工業組合連合会の資料によると、ダンボールの生産量は年々増加傾向にあります。ネット通販の需要拡大などの影響を受けているとされ、ますますダンボールの再利用化も注目されています。限りある資源を有効活用するためにも、1人ひとりの意識付けが大切です。 3.自治体それぞれのダンボール回収のルールを調べる ダンボールを資源ごみとして破棄する際は、まずお住まいエリアの自治体が定めている回収ルールを確認するところから始めましょう。資源ごみの回収方法や回収日は、各自治体によって異なります。 例えば「雨の日には回収しない自治体」と「雨の日でも回収できる、回収してくれる自治体」、「ダンボールは紐で縛らなければならない自治体」、その方法や条件はさまざまです。回収ルールを調べるためには、市町村の公式サイトからゴミ収集に関するページで確認するか、役所に電話して確認します。 2:ダンボールを廃棄する方法3つ 1.自治体のダンボール回収で捨てる ダンボールを破棄する最も一般的な方法は、住まいの自治体が運営している集積所で捨てることです。使用済みダンボールに伝票やガムテープ・閉じ金具が付いていれば、すべて剥がします。できるだけ小さく畳んでから紐で縛り、回収業者が持ち運びやすいようにします。 各エリアの集積所で決められた曜日に出しましょう。汚れていたり食べ物がついているものは、リサイクルできないため細かくしてから可燃ごみとして破棄します。 回収方法は各自治体によって異なり、例えば世田谷区は週1回の回収日に集積所にて回収します。折りたたんでから紐で十字に縛ることがルールです。汚れたものやアルミでコーティングされたダンボールは回収できません。また、集積所だけでなくスーパーなどに設置してある回収ボックスの利用も推奨しています。 練馬区では、使用済みダンボールを畳んでまとめてから指定場所に出します。雨の日でも回収可能で、袋などに入れずにそのまま捨てることができます。 中野区では、ダンボールについた粘着テープや伝票はすべて剥がしてから、片手で持てる程度に畳んで紐で結ぶことがルールです。汚れたダンボール、ニオイのついたダンボール、ビニールコーディングなどの加工されているダンボールは回収できません。 2.不用品回収業者を使ってダンボールを廃棄する ダンボールは不用品回収業者に依頼して引き取ってもらうこともできます。不用品回収業者では、テレビや冷蔵庫といったリサイクルが可能な電化製品、引っ越しで出た大量の不用品、ダンボールや古紙などの資源ごみの回収を行っています。 不用品回収業者の利用は「家まで取りにきてもらいたい」「大量のダンボールを一度に破棄したい」という場合に適しています。ダンボールも、量がたまるとかなり重く、かさばり、運ぶのも一苦労です。 不用品回収業者は主にトラックで回収しにくるため、運搬費がかかります。少しのダンボールの処分依頼では払う側(回収を依頼する側)にとって料金が高く感じられるかもしれません。 不用品回収業者を探す際は、一般廃棄物処理業の営業資格を持っている会社を選びましょう。一般廃棄物処理業の資格とは、ゴミ処理の事業を安全に行うための知識及び技能を持っていることを証明するもので、各市町村から許可がおります。許可申請を得ずに不用品回収の業務を行っている場合は違法です。回収したごみを不法に投棄したり、不当な料金を請求されたりという予想外の展開につながることもあり、不法投棄に関しては依頼した側も罰せられる可能性があります。 自分が破棄した使用済みダンボールを確実にリサイクルしたいのであれば、信頼できる不用品回収業者を選びましょう。 引越し後、荷物を梱包していた大量のダンボールの処分や、AmazonやZOZO TOWNのダンボールが溜まってしまいプチゴミ屋敷になってしまった方の部屋の片付け依頼などをいただきます。 夏でも冬でも、手袋をせずダンボールや古紙をさわり続けていると手がカッサカサに乾燥します。 乾燥が気になる方はぜひ、不用品回収業者に処分を依頼してしまうといいですよ。 3.小売店のダンボール回収サービスを活用する ダンボールを自主的に回収している販売店や店舗があります。イオンやセブンアンドアイホールディングスなど大手ス―パーでは、資源としてリサイクルできるダンボールや、食品トレイ・ペットボトルなどを破棄できる回収ボックスを設置しています。 自治体の集積所とは違い、店舗の営業時間内であればいつでも破棄できるため、急いで捨てたい方は便利です。また、店舗によっては回収ボックスを利用するとポイントが貯まる仕組みを導入していることもありお得感があります。 2:ダンボール回収や廃棄にかかる費用 1.自治体で捨てるときにかかる費用は無料 自治体で使用済みダンボールを破棄する場合は、料金はかかりません。資源ごみ回収は市町村で運営しているため、回収費用は税金で賄われています。ただしダンボールを紐でしばらなければならない場合は紐の購入、指定袋に入れなければならない場合は指定袋の購入に費用がかかります。 無料で捨てることができますが、捨てることができる曜日と時間が決まっていてすぐに捨てたくても待たなければいけなかったり、集積所まで自分で運び出さなければならない手間もあります。 ダンボールや新聞、雑誌は古紙リサイクル工場へ持ち込みし再生紙になります。 古紙を集め倉庫に保管し、まとめて古紙回収業者へ売り、売り上げは地域のために利用している自治体も多くあります。 お住まいの地域で調べてみてはいかがでしょうか。ささやかな地域貢献ができますね。 2.不用品回収業者を使って廃棄するときにかかる費用の目安 不用品回収業者では、ダンボールの回収費用が発生します。主に運搬費用と、回収手数料の合計金額が請求されます。また古紙回収を専門に取り扱っている業者もあるため、併せて検討してみましょう。 不用品回収業者へ依頼する場合は、回収物の最小量を確認します。少量のダンボールだけだと回収してくれなかったり割高になることもあるためです。 不用品回収業者は、トラック積み放題や0.8㎡サイズのパックプランが主流です。トラック積み放題プランの平均価格は14,600円、価格帯は10,000~14,600円です。0.8㎡サイズのパックでは平均価格12,900円、価格帯は12,000~13,800円です。 不用品回収業者の利用は、「大量のダンボールを破棄したい」という方や、引っ越しやオフィスの移転時に発生したダンボールや古紙を一気に破棄するときに適しています。 […]