山梨県ブロック工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

山梨県のブロック工事業者

当社は左官工事メインですが、その他にも内装・外装のリフォーム工事、ウッドデッキやカーポートなどのエクステリア工事など幅広い分野に精通しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は、屋根・外壁の施工メインの板金業者として創業致しました。 現在では屋根・内外装工事はもちろん、リフォーム工事全般に対応しております。心掛けているのは、お客様への気配りと真心込めた工事です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社は創業以来14年、地元山梨を中心に地域密着・家づくり一筋で営業してまいりました。 環境問題が取りざたされる中、エコライフを目指し住み良い空間を提供できる様、日々勉強を続けています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

塗装工事はただ単に見栄えを良くするだけではなく、住まいの寿命にも大きく関係します。 屋根や外壁など、直接外気に触れる箇所は劣化も早く、そこから生じる問題は住まい全体を蝕んでしまう事もあります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

山梨県山梨市の 株式会社ちの工務店 地域に根ざし、地域の住宅事情を知り、人と人とのつながりを大切にし、きめ細やかな対応のできる地場ビルダーの私たちは、地域特性に最適な住まいを提案します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

新築からリフォームまで当社にお任せください。 ツーバイフォー工法から自然素材や無垢材を使用した在来工法など幅広い工法による住宅や別荘、店舗などの新築工事を扱っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社では、独自のノウハウにより、和風や洋風に見合った、自社での設計施工を行っております。 お問合せフォーム又はお電話からご連絡を頂ければ、すぐに現場へお伺いし、お客様のご要望を伺った上で無料でお見積りや図面作成をさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

解体工事から産業廃棄物の収集運搬などをおこなっております。 ほかにも、エクステリア工事やリフォームも格安な価格でご提供させていただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

荻野造園が選ばれる3つの理由・「品質・真心・価格」 品質 目に見えないところまで親切丁寧に品質管理を徹底して、お客様のニーズにどれだけ 応えられる工事が出来るかが大切だと考えております 真心 お客様にとってどのような物を作るのが最善かを第一に考えながら、お客様が 後悔しない満足して頂ける物づくりを心がけております 価格 価格以上の物づくりをすることが、お客様にとって最も大切なことだと考えると同時に、 ご期待に沿えることだと考えております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お客様第一思考を実践しております。 高気密高断熱住宅のことならお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は注文住宅、内装、塗装、水まわり、増改築など幅広い分野の工事を取り扱っております。 人にも環境にも優しく、そこに住む人に毎日笑顔が絶えないような・・・そんな住宅を理想としております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私達は水まわりの専門業者として地域密着、そして年中無休で営業を行っています。これには理由があり、水のトラブル…蛇口の水漏れ等は不意をついて起こるものです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブロック工事業者をお願いしました

山梨県におけるブロック工事業者の依頼例

よくある質問

ブロック工事の料金はどのくらいかかる?

ブロックは、ひび割れの補修や塗装だけであれば低費用のリフォームが可能です。例として、幅は6メートル、高さは1.3メートル、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約40万円です。別の例では、幅は2メートル、高さは80cm、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約15万円です。また他の例では、幅は6メートル、高さは1.2メートル、施工内容はクラック補修とモルタル塗りで工事料金は約18万円です。

ブロック工事の料金は、ブロックを積むための料金、ブロックを撤去するための料金、新しいブロックの料金などの合計から構成されます。

ブロック工事の依頼における注意点は?

ブロック工事、ブロック塀の工事は、工事当初は大掛かりです。2018年にはブロック塀が倒壊して幼い命が奪われる痛ましい事故も発生しました。工事には、重機が必要なこともあります。しかし一度できると30年ほどは使い続けることができます。日本建築学会の調査ではブロック塀の耐久年数は約30年程度と言われています。 対して生垣などは、見た目は四季折々の美しさを楽しむことができますが、落ち葉や花が枯れる時に落ちてしまうなど、日々のお手入れはブロック塀よりも大変です。ブロック塀や生垣の他には、フェンスなどの選択肢もあります。どれが自宅に最も合うか、家族で話し合って決めたいですね。

ブロック工事を依頼する流れは?

数社から見積もりを取り、見積書を比較して最終的に1社に絞って、ブロック工事を依頼しましょう。契約書を取り交わして、支払い条件に沿って支払いを行い、工事が行われたら完了です。

ブロック工事の中でも「今あるブロック塀を壊す」作業が発生する場合、業者が工事に着手する前後でご近所に挨拶をしておきましょう。重機などを使用して大きな音が発生してしまうためです。

ブロック工事業者の選び方は?

作業と小項目がきちんと記載している見積書を作成してくれる工事業者は信頼できます。工事によっては一概に内訳を書ききれない工事もありますが、ブロック工事においてはあまり細かな項目や特殊な作業も発生しづらいため、Aの作業にいくらかかる、Bの作業にいくらかかる、Cの作業にいくらかかると内訳を記載することができます。

「見積書を作成した業者が作業をする」場合と、「見積書を作成した業者は営業と見積書作成の担当のみ、実際のブロック工事作業は別の作業会社が作業をする」場合では、中間の手数料が発生して、金額が割高になることも。専門用語で「中間マージン」などと呼ばれます。見積書は複数の業者から複数枚手に入れて、比較することが大切です。

また、施工内容が正しいのか、「昨今話題の『ブロック塀の倒壊』のような事態を起こしたくないが、施工は問題がないか」などを業者に質問するといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

自治体がブロック塀の撤去費用を助成してくれることもあります。お住いの市区町村で確認してみましょう。耐久性が低くなってしまったブロック塀は東海の可能性も高く、危険です。ブロック塀の修繕や工事を検討している方は、撤去して、フェンスなどに変更することも検討してもいいでしょう。