東京都ブロック工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都のブロック工事業者

株式会社アメイズ

4.8
starstarstarstarstar
ブロンズ

初めまして、東京都の大田区で補修・修理・回復とリフォームをしているアメイズです。 リペアからフルリフォームまでを行なっております。 例えば、木材、アルミサッシ、人工大理石、、水廻り(キッチン、お風呂、トイレ、洗面ボウル)などの補修からイメージチェンジ、コーティングから内装工事のようなフルリフォームを行っております。

詳細を見る

株式会社LicreHome

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

お家の事なら地元工務店におまかせください!初めまして、リクレホームと申します。  当社は、東京都文京区の工務店です。 小さな修理工事からリフォーム、新築まで幅広く行っております。

詳細を見る

(株)TYR

4.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

とにかくお客様が満足していただける仕事をします!!内装リフォーム一式 塗装工事 防水工事 解体工事 水回りのつまり 鉢、蜂の巣駆除 ■Zehitomoさんに仕事について取材をしていただきました。

詳細を見る

私達は、リフォームを通じて、お客様の住まいのよき相談相手として長くお付き合いさせていただいております。是非お気軽にご相談下さい。各地を回るサービスマンが迅速に対応させていただきます。

詳細を見る

有限会社 有馬建装

ニューユーザー

内装工事をメインに、クロスの張り換え・水廻り工事など、幅広くご対応いたします。お蔭様で、一度施工をさせていただいたお客様からのご紹介も多く頂いております。

詳細を見る

弊社は、東京都練馬区で左官工事を営み、地域に密着した会社です。 長年培ってきた技術力と独自のノウハウを駆使し、数々の実績を築いてまいりました。

詳細を見る

創業80年。 地元東京の西東京市から、住まいづくりを通じてお客様の想いをかたちにすべく、高品質で独創性あふれる商品とサービスを追及し、「夢」と「感動」のある住環境を提供します。

詳細を見る

弊社では「地域密着・自社設計・自社施工」をモットーに新築住宅や注文住宅の設計施工、住宅リフォームを承っております。 住宅のことなら小さな工事でもかまいませんので、お気軽にお問い合わせください。

詳細を見る

Sims Works

ニューユーザー

建築金物として色々な現場でステンレスの加工を制作 してきました。応募しなくても気楽にメッセージください 。 私達業者は応募するのにお金がかかって居ます。

詳細を見る

STUDIO LABALL

0
ブロンズ

電気主体の総合リフォームや驚く提案が得意ですSTUDIO LABALL(スタジオラボオール) マルチメーカーの川村と申します。 福生市を拠点に個人事業主として 建築全般に関わるお仕事をしています。

詳細を見る

大金工業

0
ニューユーザー

水道関係の事なら何でもお気軽にご相談下さい。水廻りのリフォーム、宅内の衛生設備関係、水漏れや下水道の詰まり、外部給排水設備工事まで何でもやります。

詳細を見る

株式会社ベルテック

ニューユーザー

雨漏り、保険対応工事もお任せください当社はシーリングという防水の一部から始めた会社です。水の流れや、建物の構造を理解して雨漏りを起こさせないのがシーリング工事です。

詳細を見る

実際の依頼例

ブロック工事業者をお願いしました

東京都におけるブロック工事業者の依頼例

よくある質問

ブロック工事の料金はどのくらいかかる?

ブロックは、ひび割れの補修や塗装だけであれば低費用のリフォームが可能です。例として、幅は6メートル、高さは1.3メートル、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約40万円です。別の例では、幅は2メートル、高さは80cm、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約15万円です。また他の例では、幅は6メートル、高さは1.2メートル、施工内容はクラック補修とモルタル塗りで工事料金は約18万円です。

ブロック工事の料金は、ブロックを積むための料金、ブロックを撤去するための料金、新しいブロックの料金などの合計から構成されます。

ブロック工事の依頼における注意点は?

ブロック工事、ブロック塀の工事は、工事当初は大掛かりです。2018年にはブロック塀が倒壊して幼い命が奪われる痛ましい事故も発生しました。工事には、重機が必要なこともあります。しかし一度できると30年ほどは使い続けることができます。日本建築学会の調査ではブロック塀の耐久年数は約30年程度と言われています。 対して生垣などは、見た目は四季折々の美しさを楽しむことができますが、落ち葉や花が枯れる時に落ちてしまうなど、日々のお手入れはブロック塀よりも大変です。ブロック塀や生垣の他には、フェンスなどの選択肢もあります。どれが自宅に最も合うか、家族で話し合って決めたいですね。

ブロック工事を依頼する流れは?

数社から見積もりを取り、見積書を比較して最終的に1社に絞って、ブロック工事を依頼しましょう。契約書を取り交わして、支払い条件に沿って支払いを行い、工事が行われたら完了です。

ブロック工事の中でも「今あるブロック塀を壊す」作業が発生する場合、業者が工事に着手する前後でご近所に挨拶をしておきましょう。重機などを使用して大きな音が発生してしまうためです。

ブロック工事業者の選び方は?

作業と小項目がきちんと記載している見積書を作成してくれる工事業者は信頼できます。工事によっては一概に内訳を書ききれない工事もありますが、ブロック工事においてはあまり細かな項目や特殊な作業も発生しづらいため、Aの作業にいくらかかる、Bの作業にいくらかかる、Cの作業にいくらかかると内訳を記載することができます。

「見積書を作成した業者が作業をする」場合と、「見積書を作成した業者は営業と見積書作成の担当のみ、実際のブロック工事作業は別の作業会社が作業をする」場合では、中間の手数料が発生して、金額が割高になることも。専門用語で「中間マージン」などと呼ばれます。見積書は複数の業者から複数枚手に入れて、比較することが大切です。

また、施工内容が正しいのか、「昨今話題の『ブロック塀の倒壊』のような事態を起こしたくないが、施工は問題がないか」などを業者に質問するといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

自治体がブロック塀の撤去費用を助成してくれることもあります。お住いの市区町村で確認してみましょう。耐久性が低くなってしまったブロック塀は東海の可能性も高く、危険です。ブロック塀の修繕や工事を検討している方は、撤去して、フェンスなどに変更することも検討してもいいでしょう。