神奈川県横浜市 金沢区フランス語レッスンのプロが近くにいます

どちらでフランス語教室をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県横浜市 金沢区のフランス語教室

語楽塾リトルヨーロッパ大船校は、フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語の語学学校です。「読む」「書く」「話す」「聴く」「比較文化」を5つの視点とし、少人数制、担当制、80分制授業を行っています。

. . . (もっと読む)

横浜日仏学院(現・アンスティチュ・フランセ横浜)は、フランス語講座や文化イベントを行っています。初心者から上級者まで学べるフランス語の授業、メディアテーク(図書室)、映画上映会、ガストロノミー(美食)セミナー、パーティーなど多彩な文化イベントを開催しています。

. . . (もっと読む)

ユニバーサル・アローは、英会話教室です。3歳から大人まで、習得したいレベルや用途に合わせて英会話のレッスンが開設されており、外国人向けに日本語のレッスンや、法人向けに講師を派遣も行っており、企業向けのビジネス英語研修や、幼稚園や保育園向けの英会話教室も行っています。

. . . (もっと読む)

NOVA神奈川茅ヶ崎駅前校は、外国語スクールです。英語のみでなくフランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・中国語・韓国語の計7言語の習得が可能で、もちろん英語以外の講師も全員外国人です。

. . . (もっと読む)

ソレイユ・プロヴァンス(SOLEIL・PROVENCE)は、藤沢市のフランス語学校です。初心者の方からスキルアップを望む方など、それぞれのレベルに合わせたレッスンが受講でき、個性やライフスタイルに合わせたカリキュラムを用意しています。

. . . (もっと読む)

語楽塾リトルヨーロッパ横浜校は、フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語の語学学校です。「読む」「書く」「話す」「聴く」「比較文化」を5つの視点とし、少人数制、担当制、80分制授業を行っています。

. . . (もっと読む)

カルデローニ英語・イタリア語個人教室は、藤沢市のイタリア語・英会話教室です。一般的な旅行に必要な会話だけでなく、旅行をより楽しみたい方や、留学・赴任などを控える方に短期レッスン、集中レッスン、夫婦や家族での対応も行っており、生活や文化も楽しく学べるように興味に合わせて話題や教材を用意しています。

. . . (もっと読む)

ICC外語学院横浜校は、神奈川区の世界50ヵ国語を学べる語学学校です。仕事前やアフターファイブに気軽に語学を学んでいただけるスペースです。株式会社ICCが運営しており、「語学教育を通じ世界の言語・文化の理解と共存に貢献すること」を理念に邁進しています。

. . . (もっと読む)

株式会社アイ・エス・エス横浜校は、ISSグループの通訳・翻訳養成学校です。キャリアにつながる語学力と、現場対応力(仕事力)を身につけた真のプロを養成・輩出することが目標に掲げられています。

. . . (もっと読む)

Atlasマンツーマン英会話横浜ランゲージスペースは英会話スクールです。話すのが楽しくなる学習方法と、優れた教室環境・安全性を高い次元で両立したランゲージスペース(LS)デザイン。

. . . (もっと読む)

啓明語学院は、中国語の語学教室です。中国語・韓国語・英語のほか、外国人向けの日本語もあります。クラスは、幼児クラス・小学生クラス・成人クラスのほか、中国語検定・HSK、英語検定のクラスもあります。

. . . (もっと読む)

語楽塾リトルアジア鎌倉校は、韓国語・中国語・日本語を中心としたアジア言語の語学学校です。「読む」「書く」「話す」「聴く」「比較文化」を5つの視点とし、少人数制、担当制、80分制授業を行っています。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

横浜市 金沢区におけるフランス語教室の依頼例

フランス語とは

フランス語は、フランス共和国を中心に使用されている言語です。世界でフランス語を話す人の人数は2億人程度とする説が一般的です。

国際連合、万国郵便連合、ユネスコの公用語で、オリンピックの公式言語でもあります。

フランス語の特徴

フランス語で使われるアルファベットは英語と同じローマ字で、読み方が異なります。K, Wの2文字は外来語のみに使用されます。文法は英語と同じで、主語、動詞、目的語の語順になります。

フランス語が話される国や地域

フランス語は、フランス共和国だけでなく、カナダの公用語でもあります。カナダでは主にケベック州で使われます。アフリカではカメルーン、中央アフリカ、セネガルや今後などでフランス語が使用されます。これはフランスが植民地とした時代の影響です。

モナコ公国、カリブ海に浮かぶハイチやマルチニック島もフランス語が使用されます。スイスの一部やベルギーの南半分でも使用されます。

フランス語は、日本語の中にも浸透しています。なぜならばフランスの文化の流行とともに日本で理解されるようになり、カタカナ語になった言葉もあるためです。例えば小さいことを表現するときにプチという言葉が使われますが、これはフランス語からきています。

そのほか、カフェオレやオムレツ、カツレツなどの食事に関する単語、オートクチュールやプレタポルテなどのファッションに関する単語も、フランス語が語源で、現在は日本のカタカナ語として定着しています。

フランス語の試験

日本でフランス語のレベルをはかるための試験には、公益財団法人フランス語教育振興協会が実施、日本の文部科学省も後援している実用フランス語技能検定試験があります。

他に、フランス文部省認定のフランス語資格試験のTCF(テーセーエフ)やDELF(デルフ)、DELFの上級者レベルのDALF(ダルフ)があります。

フランス語教室の相場

体験レッスン

体験レッスンが無料か有料かどうかは教室により異なります。有料の体験レッスンの場合は約5,000円程度です。マンツーマンレッスンを受けたいと考えている人は、講師との話しやすさや相性を確認しましょう。グループレッスンを受けたいと考えている人は、他の生徒たちの様子や授業の雰囲気を確認しましょう。

グループレッスン

ほとんどの教室やクラスが入会金を設定しています。入会金の価格帯は約1万~2万円程度です。入会金がない教室や、季節の変わり目やキャンペーンなどで割引期間がある教室もあります。

料金形態は、月謝制か、一定期間内に指定の回数を受講する回数制です。回数制は、例えば3カ月で10回レッスンが約3万円、半年で25回レッスンが約73,000円とm回数が多いほどレッスンが可能な期間が長くなり、1回あたりのレッスン料も安くなります。

1レッスンごとの都度払いを設定している教室はほとんどありません。グループレッスンの金額を1レッスンあたりの金額に計算すると、約2,800〜3,600円程度が一般的です。

個人レッスン(マンツーマンレッスン)

個人レッスンでも、入会金や支払い条件はグループレッスンと変わりません。レッスン料を、1レッスンあたりの金額に計算すると、約3,000円〜9,300円程度が一般的です。

1レッスンごとの都度払いを設定している教室はほとんどなく、回数制が一般的です。回数制の金額例は、10回レッスンが約6万円、25回レッスンが約16万円、50回レッスンが約60万円です。

レッスンの時間や頻度

体験レッスンの時間は約50分前後が一般的です。実際のレッスンはグループレッスンでは50分~75分、個人レッスンでは60分程度が一般的です。