undefined蛍光灯からLEDへ交換のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

千葉県のLED照明の交換工事業者

株式会社 亀山商店

ニューユーザー

「全てはお客様の喜びの為に…」を経営理念に揚げ、現場第一主義として全社員が真心をもって対応していくことをモットーとしています。 ライフスタイルに対応する住まいづくりが当たり前になるこれからは、技術力・提案力・販売力を強化することにより、お客様である建築会社様や生活されるお施主様のご要望に応えていく所存です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

FURUSAWA factory's

0
ブロンズ

ホームメーカー、スーパーゼネコン様で培った経験8年経営理念 事業を通じて次世代を担う人材育成や他社の発展に貢献していきます。 日本の「住」でアジアに住む人々の暮らしを豊かにしていくを基本に忠実に仕上げていきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

常にお客様に喜んで頂ける様、丁寧な施工をしております。 塗り替え工事では、現場の素材と予算に合わせまして5年先、10年先を見据え、お客様の立場に立ち、耐久性を持った施工を致しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社では、在来軸組み工法にこだわりつつより強くて住みやすい家を お施主様と作り上げていく事を目標としています。 日本の風土が培ってきた在来木造住宅は 住みやすく、また長持ちします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

千葉県印西市で建築業を営んでおります秋葉建築です。 私と息子たちの4人が大工の大工家族です。日本の伝統的な在来工法を通して大工の腕を磨いてまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社は無垢材や自然素材を使用したリフォームを得意としています。 国産材の桧・杉を主体に、お客様に健康的で安心して暮らしていただけるリフォームを心がけております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は1969年創業の板金の専門業者です。 板金屋根には様々なものがあり、日本瓦より軽い「金属瓦」やコストや重量に優れた「カラーベスト」などその家の印象や目的に合わせて様々な屋根材を使うことができます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

はじめまして。当社ホームページをご覧いただきありがとうございます。 建築工事のことなら当社へお任せ下さい。豊富な経験があります。 貴方のご要望を親切丁寧にお聞きいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

~ イーツーレジデンス ~という 会社名が生まれたのは私自身がこだわり続けてる事で “仕事に対し熱意を持ち、信頼されるように謙虚な態度で日々努めていき 初心を忘れずに前向きに取り組んでいく事” (英文造語の為 略) という思いで当社のリフォーム事業を専門で行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

あなたの住まいに合う塗装を!! 大切な住まいだからこそ『綺麗にしたい。』そんな思いにお答えします。しっかりした塗装は、住まいを長年に渡り守ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

光る風、ふりそそぐ日差しは浴びて、家族や友達と食事を楽しんだり、のんびり日光浴でくつろいだり・・・。 愛犬や子供たちをのびのび遊ばせる、健康でくつろぎのある暮らし。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  弊社では、常々お客様のご要望を客観的にそして的確に判断し、ご満足いただける仕事をするように心がけております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

LED照明の交換工事業者をお願いしました

千葉県におけるLED照明の交換工事業者の依頼例

よくある質問

蛍光灯からLEDへ交換の料金はどのくらいかかる?

蛍光灯を入れて使用する照明器具からLED電球を使用する照明器具に交換する料金(バイパス工事)は、照明器具のワット数などに応じて異なりますが、1箇所2万円前後〜数万円です。

工場や倉庫など、高所の照明を蛍光灯からLEDに交換する費用は、1台あたり約7万円〜10万円前後かかります。もし10箇所や20箇所あるような場合の出費はまとまった額になりますが、蛍光灯からLEDに変更した後の電気代は大きく下がります。

蛍光灯からLEDへ交換の依頼における注意点は?

今使用している照明器具に蛍光灯を使用しており、その電球をLEDに交換したい場合は、まず照明器具のメーカーに問い合わせてみましょう。LED電球を使用しても点灯するか、点灯しても問題がなく使用することができるか、という質問をしてみましょう。多くのメーカーが、LED電球に対応しているかどうかの検査はしていないという回答をするでしょう。その場合、LED電球を使用するかどうかは自己責任となります。心配な人は照明器具ごとLED電球を使用できる照明に変更しましょう。

蛍光灯からLEDへ交換を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を出し、見積もり内容を見比べましょう。業者に見積もり依頼を出すときは同じ条件で出すことで、「同じ条件に対してどのような内容と金額の見積書が来るのか」を比較することができます。照明の台数、位置や高さ、工事希望日時などの条件を揃えて業者に問い合わせましょう。1社に絞ったら工事をスケジュール通りに行ってもらい、完了したら支払い、終了となります。

蛍光灯からLEDへ交換業者の選び方は?

工事業者に工事の説明を依頼すると、説明内容には電気のこと、ワット数や電気代のことなど、多くの数字や専門用語が出てきます。このような説明を一般人でもわかりやすく解説してくれる業者は信頼できるでしょう。また、見積もりを頼むときに照明の数が多い、こちらがうまく説明できないような場合に無料で現地調査を行なってくれる業者は、見積もり金額も正確に出してくれます。電話のみで現地を見ずに見積もりや契約をすると、工事当日に「実はここの配線は難しいかもしれない」「実はここの電気工事が上手くいかないかもしれない」というようなマイナスポイントが見つかってしまうようなことが起きる可能性もあります。

その他気を付けるべきポイントは?

LEDは寿命が長く、消費電力も低く、消費電力が低いために電球も熱くなりづらいなど、メリットの多い照明です。蛍光灯が切れた、蛍光灯の交換時期が来た、そのようなときはLEDへの変更を検討しましょう。