神奈川県横浜市 南区税理士のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

Supporters

SMBCMizuhoMitsubishiPersol

神奈川県横浜市 南区の税理士

相続と遺言を専門とする行政書士です。実績多数の優オフィスグループに加盟し、グループが長年蓄積し培ってきたノウハウとグループ内の多くの他士業たちとのネットワークを通じて、ご依頼者様にもっとも適したサービスを提案し提供いたします。

詳細を見る

星田会計事務所は、税理士事務所です。会計・税務はもちろんのこと、会計専門家を必要とするあらゆるシーンでお客様のビジネスを総合的にサポートします。

詳細を見る

坪川剛税理士事務所は、税理士事務所です。会計処理や税務代行、節税や納税対策についての相談、会社設立に伴う業務の代行や相談、遺言書の作成サポートや相続税の申告などを行っています。

詳細を見る

東京地方税理士会/横浜南支部は税務相談、租税教育などを行っている税理士会の横浜南支部です。所得税を始めとして、法人税、相続税、消費税など様々な税務に関して納税者の代理、書類の作成、相談対応等の業務を行っています。

詳細を見る

相川嘉男税理士事務所は、中小企業の会計や税務申告等を行う税理士事務所です。会計記帳代行、税務チェック、決算書作成、確定申告のサポート等をしています。

詳細を見る

飯塚忠孝税理士事務所は、税理士事務所です。経営・税務のサポートはもちろんのこと、SOHO・中小企業のパソコンの経営活用において数多くの実績があります。

詳細を見る

石井幸子税理士事務所は、個人事業主や法人の会計業務や税務申告等を支援する税理士事務所です。外資系会計事務所での経験を活かし、国際的なビジネスを行っている方々の税務処理を中心に強力に支援しています。

詳細を見る

裏木総合会計(税理士法人)は各種税務申告業務を行っている税理士事務所です。記帳代行や相続税務コンサルティングなども手掛けており、医療事業・NPO法人・福祉事業などの会計にも対応しています。

詳細を見る

小河覚税理士事務所は、税理士事務所です。納税者から依頼を受けて、税金の申告を行う税務代理や税務調査の立会、確定申告書や相続税申告書など税務書類の作成、税金の算出方法、相続税・贈与税など税務相談などを行っています。

詳細を見る

輿水会計事務所(税理士法人)は吉野町駅1番出口から徒歩約2分の位置にある会計事務所です。税務・会計・財務・その他経営に関わる全てを総合的にサポートしています。

詳細を見る

新みらい会計(税理士法人)は税理士事務所です。税務顧問及び申告業務,ペ-パ-レス会計,起業,創業,会社設立,支援他コンサルティング。個人事業の税務顧問及び確定申告業務他,資産運用サポ-ト業務などを手掛けています。

詳細を見る

実際の依頼例

税理士をお願いしました

横浜市 南区における税理士の依頼例

よくある質問

税理士の料金はどのくらいかかる?

個人事業主の白色申告を依頼する場合、相場は約〜10万円です。個人事業主の青色申告を依頼する場合、年間売上と基調の有無によって値段が変動します。年間売上が高いほど税理士に支払う金額も高くなります。記帳を任せると高くなり、記帳は自分で行う場合は費用を抑えることができます。相場は約5万円〜約30万円です。

法人の場合は顧問契約における月額の相談料・節税対策・申告書の作成・税務調査時の税務署とのやりとりなどの費用が発生します。それぞれの仕事に数万円〜数十万円かかり、合計の金額を支払います。

税理士の依頼における注意点は?

クラウド会計ソフトを活用することで個人・法人共に税理士に依頼したい仕事は自分でも解決できるようになってきました。しかし「相談」「現状に対する今後の対策」など、現場を見てアドバイスをもらったほうがいいことは人間の税理士に相談しましょう。税法と照らし合わせてどうか、という視点でわかりやすく解説してくれる税理士の知識は頼りになります。

税理士を依頼する流れは?

依頼したい仕事を決めたら、複数の税理士に相談をしましょう。自分が個人事業主なのか法人なのか、してほしいこと、今後の打ち合わせにかかる相談料金、打ち合わせの方法や日時、契約は継続契約なのか一時的なスポット契約なのかをはっきりさせましょう。条件を決めたら見積もり依頼をだし、複数の税理士からの見積もりを照らし合わせます。

税理士業者の選び方は?

初回の相談料は無料で設定している事務所も多いため、まず会ってみて、どのような実績があるのか、信頼できそうか、言っていることはわかりやすいか、法改正や世の中に合わせて知識を更新している人かどうかなどを話して探りましょう。特に継続で契約する場合、人柄や相談のしやすさ、連絡の取りやすさは重要です。