鹿児島県ソプラノサックスレッスンのプロが近くにいます

どちらでソプラノサックス教室をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

鹿児島県のソプラノサックス教室

ミュージカル・歌・ダンス・芝居の指導を行なっております。 コースだけでなく、個人レッスンもございます。 宝塚音楽学校入試に向けた専用クラスもご用意ございます。

. . . (もっと読む)

管楽器専門店です。 専門店ならではのサービスとアフターケアをご提供いたします。 打楽器や、オリジナルのリードやアクセサリーもご用意しております。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

鹿児島県におけるソプラノサックス教室の依頼例

ソプラノサックスとは

ソプラノサックスは高音を出すことができるサクソフォンです。サクソフォンの中でも、最も高い音域を演奏できるサックスはソプラニーノサクソフォン、次いで音域が高いサックスがソプラノサクソフォンです。

ソプラノサクソフォンに次いで音域が高いサックスがアルトサクソフォンで、このアルトサックスが最も大衆に親しまれています。アルトサックスの形状は、上から下にかけて管が下り、下から上に管が上る形をしています。

対してソプラノサックスの形状は、メーカーやモデルによって2種類の形状があり、アルトサックスと同様の管が曲がった形状か、もしくは直線上の曲がりのない形状をしています。

ソプラノサックスのメーカーはヤマハ・セルマー・ヤナギサワなどが有名です。ヤマハは楽器がグレード分けされており、品質や価格の違いがわかりやすいラインナップになっており、音も安定して鳴ると支持されています。セルマーはフランスで1885年から続く楽器メーカーで、管楽器のサックスとクラリネット、そしてマウスピースに特化して製造を続けています。ヤナギサワはサックスのみを製造販売する日本のメーカーで、1本に100人以上の職人が携わりながら製作されていきます。

ソプラノサックスの値段

ソプラノサックスの値段は、安価なもので1万円台からのラインナップがあります。サクソフォンだけでなく楽器全般が同じことを言えますが、材質や仕上げに手がかけられ、良い素材を使われたものほど値段が高くなります。

1〜3万円のソプラノサックスは、プラスチックで作られています。サックスは通常楽器本体が金属でつくられますが、プラスチックで作られているサックスは価格が手頃です。見た目がプラスチックらしい、どこかおもちゃのような印象を与えます。

金属のサックスは3万円台からあります。ヤマハでは最も手頃な価格で10万円台、多いのは20~30万円程度の価格帯です。セルマー50~70万円程度の価格帯が中心です。ヤナギサワは30万円程度から、金メッキ仕上げなどの製品は100万円を超えます。

中古のソプラノサックスは10万円台から購入できます。本体やケースの状態、劣化の度合いに応じて価格が変動します。

体験レッスンの相場

鹿児島県の大手の音楽教室ではほとんどの教室が無料で体験レッスンを行っています。時間は30~60分程度です。体験後に入会に関してやレッスンについての質問に答えてくれるなどの対応があります。

鹿児島県の個人の音楽教室も無料で体験レッスンを行っている教室が多く、有料の体験レッスンでも価格は1,000~3,000円程度です。時間は30~60分で、10〜20分程度のカウンセリングが含まれることもあります。例えば60分の体験レッスンに、カウンセリングが20分含まれると、実際に楽器を演奏する時間は40分です。

レッスン料金や月謝の相場

鹿児島県の大手音楽教室

大手の音楽教室のレッスン料金の相場は約4,000円前後で、1回60~90分のレッスンです。教室によって別途入会金や管理運営費の支払いが必要な教室もあります。

鹿児島県の個人の音楽教室、個人のソプラノサックス教室

個人の音楽教室のレッスン料金の相場は約4,650円で、1回約60分のレッスンです。

レッスンを受ける時の楽器の用意

音楽教室では、楽器をもっていない生徒はレンタルで貸してもらえることも多いです。大手の音楽教室、個人経営の教室に限らず、無料でレンタルできる教室もあれば、有料で貸リルことができる教室もあります。

有料のレンタルでは、1ヶ月5,000円程度のレンタル料が必要な教室もあります。またレンタルをしていない教室もあるので、自分の楽器を持っていないときは事前に貸し出し楽器の準備があるのか、問い合わせましょう。

レッスンの注意点

自分からサクソフォン教室にレッスンの問い合わせをする際は、ソプラノサックスの指導を受けることができるかどうか確認しましょう。5種類あるサクソフォンの音域の中でも、一般的にアルトとテナーを愛好する人が多いため「ソプラノサックスの指導はしていない」「ソプラノサックスの指導はできるが、貸し出しできる楽器がないため、楽器は持参してほしい」など、なんらかの制限がある可能性があるためです。

また、イレギュラーな指導をしてほしい時は「講師を呼ぶ」「出張レッスンを依頼する」ことも検討しましょう。「楽器はあるけれど持ち運んでレッスン場所まで持参するのが難しい」「楽器を学校から持ち出すことができない」「何人かでサクソフォンのアンサンブル練習をしたいので指導してほしい」などです。