神奈川県横浜市 神奈川区ヘアメイクのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県横浜市 神奈川区の出張ヘアメイク業者

桜雅

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

芸歴30年のスキル、出し惜しみせず教えます!2歳より祖母、母と共に日本舞踊を習い始め、小学生で名取、若干14歳にして師範になる。 年30本以上の数々の舞台をこなし、有名演歌歌手のPV出演もしている実力派舞踊家。

詳細を見る

カットハウス美杏館は、港北区の美容院です。パーマをかけながら同時に髪の毛にタンパク質を補充することで、健康な髪に仕上げる「縮毛矯正リペア」を施術しているほか、パーマ、エクステンション、カラー、ヘナ、など幅広い施術を提供している店舗です。

詳細を見る

アース日吉店は、株式会社アースホールディングスが店舗展開している美容院です。ヘアカットや、カラーやパーマの他、ヘッドスパ、トリートメント、ヘアセットなどを行っています。

詳細を見る

イメージア/綱島店は、美容室です。当サロンの魅力は、経験豊富なスタッフによる確かな技術をプチプライスで受けられること、アットホームな雰囲気の店内、年中無休・朝9時から夜21時まで営業していることです。

詳細を見る

クラップス綱島店は、美容室です。「確かなテクニック」が自慢のヘアサロンで、神奈川県内6店舗展開しています。同グループで「Mist」と「FROOER」という店舗もあり、トップクラスの美容設備と、髪と頭皮に関するあらゆる技術を集結したサロンです。

詳細を見る

LAPUTAは美容院です。一人ひとり違う髪の悩みにオーダーメイドのヘアケアプログラムを提供し、全国で50サロンしか販売されていないオーガニックシャンプーを使用しています。

詳細を見る

LAPUTAは美容院です。一人ひとり違う髪の悩みにオーダーメイドのヘアケアプログラムを提供し、全国で50サロンしか販売されていないオーガニックシャンプーを使用しています。

詳細を見る

ワンダー美容室は、株式会社ワンダーが運営する美容院です。技術・知識、客とのコラボレーションで最高のスタイルを提案しています。時代を捉え、多くのお客様えを笑顔にし、愛され支持される美容室を目指しています。

詳細を見る

Wish新横浜店は、Wishグループ株式会社が店舗展開している美容院です。ヘアカットの他、カラーやパーマ、トリートメント、ヘアセット、メイク、着付け、眉カットの他にフェイシャルエステなどの技術の提供も行っています。

詳細を見る

Casitaは、横浜市港北区の美容室&エステ・リラクゼーションサロンです。ヘッドスパや炭酸線を楽しめ、個室完備でエステ・リラクゼーション・ボディマッサージやメンズエステと、豊富にメニューを用意しています。

詳細を見る

ビー・ヘアードレッサーズはカット、カラー、トリートメント等を行っている美容室です。常にさわっていたくなる美しい髪を目指すこだわりのメニュー・サービスの提供を行っています。

詳細を見る

STANDARDは、理容院です。ヘアカットの他、パーマやカラー、ヘッドスパ、シェービングを行っており、男性だけでなく女性も対応可能です。使用する薬剤などにこだわり、肌質や髪質を工場させることで、お客様の持つ魅力を引き出せるよう目指しています。

詳細を見る

実際の依頼例

出張ヘアメイク業者をお願いしました

横浜市 神奈川区における出張ヘアメイク業者の依頼例

よくある質問

ヘアメイクの料金はどのくらいかかる?

ヘアメイクの料金は、ヘアセットの料金とメイクの料金の合計と、交通費や、ヘアセットなどに使用する小物などの料金を合計した金額となります。拘束時間などに応じて変動しますが、1万円前後~の料金が多いようです。

ヘアメイクの依頼における注意点は?

着物や浴衣の着付けや、半日がかりで立ち会ってもらう舞台などのヘアメイク、お受験のためのヘアセットやメイクなど、ヘアメイクの仕事は多様です。成人式、入学式、卒業式や結婚式など、社会的にイベントが重なり混雑しそうなタイミングは予約が取りづらいこともあるため、早めに予約をしましょう。

ヘアメイクを依頼する流れは?

複数の候補者の中から1名に絞り、依頼内容を確認します。電話などでやり取りをした場合は、必ずメールなど形に残るものでスケジュールや金額、仕事内容を記録に残しましょう。スケジュール通りに仕事が行われたら支払いまで完了して、終了となります。

ヘアメイク業者の選び方は?

してほしいスタイルに合うヘアメイクアップアーティストを起用しましょう。成人式、入学式、卒業式などは、成人式と入学式は、着物の着付けとメイクとヘアセット、卒業式は袴の着付けとメイクとヘアセットなど、おおむね型が決まっており、毎年大きな変化はありません。ヘアメイクアップアーティストに必要な技術も、そこまで特殊な技術ではありません。しかし結婚式は参加する新婦のメイクやヘアセットも、参列する側のメイクやヘアセットも、流行や「着るものに合わせるメイク」などが必要となります。結婚式の新譜のヘアセットとメイクは事前に打ち合わせを重ねることも多いですが、参列する側で初めてのヘアメイクさんに依頼をする場合は、きちんと流行を抑えた、古くないメイクやヘアセットをしてもらうように依頼しましょう。メイクやヘアセットにも流行り廃りがあります。「古いメイク」「昔、流行したヘアセット」「年齢の割に流行を抑えすぎたメイク」「若者向けのヘアセット(なのに、してもらった側は40代)など、あべこべにならないようTPOに合うヘアセットとメイクをしてもらえるようなヘアメイクを起用しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

ミュージックビデオや映画のヘアメイク、作品撮りのヘアメイクなどを依頼するときは、これまでの実績の写真などを見せてもらうといいでしょう。「しっかりと指定のメイクがある」「指示する通りにメイクをしてほしい(つまり、きちんと施してほしいメイクがある)」場合は大きな問題は起こらないと仮定できますが、「この衣装に合わせて、ヘアメイクさんのセンスでヘアメイクをしてほしい」というようなざっくりとした依頼の場合は、ヘアメイクアップアーティストの技量やセンスが現れます。センスのいいヘアメイクを起用しましょう。