1. ゼヒトモ
  2. 習い事
  3. トレーニング
  4. ヨガ
  5. ヨガ教室・レッスン
  6. ヨガで瞑想を経験。瞑想の効果・やり方・音楽と都内・大阪のスタジオ6選

ヨガで瞑想を経験。瞑想の効果・やり方・音楽と都内・大阪のスタジオ6選

08/01/2017

ヨガレッスン
FacebookTwitter

瞑想を生活の中に取り入れる人が増えています。瞑想にもいろいろな種類や方法があり、ヨガでの瞑想もその中の一つです。瞑想は英語でmeditationといいますが、そのままカタカナ読みした「メディテーション」という言葉を聞いたことがありますか。要するに瞑想です。

今回は、瞑想のこと、ヨガの瞑想の特徴ややり方、ヨガの瞑想アイテムとして有効な音楽についてご紹介します。また、確かな瞑想の方法を学ぶことのできる都内と大阪にある教室もご紹介します。

瞑想とは?

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

瞑想とは、心を静めて思考を停止させ「無」の状態に持っていくことです。世の中には多くの種類と手法が伝えられています。日本に昔から伝わる座禅や、現代に広まりを見せているマインドフルネスでも瞑想の一つと言えるでしょう。

それぞれの目的や効果、瞑想に取り組む時間の長さもさまざまです。正しいやり方で行わないと効果が出ないというだけでなく、心身に危険となるような良くない症状も出てくるという声もあるようです。

ヨガの瞑想とは?

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

ヨガも瞑想と密接な関係にあるのは、多くの人がご存じですよね。ヨガは、呼吸とポーズと瞑想することに意識を向けて行っていくものですが、いつの時も別々で行うわけではありません。瞑想というと静かに座って行うものというイメージがありますが、ヨガではポーズをとっている間にも瞑想状態を経験します。呼吸は、静かな瞑想を行う時もアクティブなポーズをとっているときにも欠かせないものです。

修行や悟りのようなイメージを抱いている人も多いかもしれませんが、ヨガで瞑想状態を目指すのは、心を落ち着け、感情を整理したり開放したりして、リラックスの状態を得ることです。

流派によって異なりますが、通常のヨガのクラスでは、ポーズで体を動かした最後に「静」の時間として、心身のバランス感覚を得るために取り入れられることが多いようです。

ヨガの瞑想の効果2つ

1.ストレスの緩和

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

ストレスのもとになっているネガティブな感情も、思考が整理されリセットできることでポジティブに感じる力を促していくことができます。今あるストレスを取り除き、ストレスを受けにくい安定し安定した精神状態を保つことができるようになるといわれています。

2.リラクゼーション

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

情報を遮断し、今の呼吸や身体の状態を観察していくのがヨガの瞑想です。過去や未来のことを考えて過ごす私たちは、叶わなかったこと、まだ手に入れていないものにいつも意識を向けてしまいがちです。今の瞑想をしている状態だけに意識を向けることで、過去や未来から解放される時間を作り出します。これが、心身をリラクゼーションに導く効果に繋がるのです。

3.集中力の向上

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

普段は、意識的にも無意識的にもあらゆる感覚を幅広く使っています。一つのことへの集中を妨げる要素は私たちの周りに溢れています。目を閉じ、自分の呼吸に意識を向け、身体の感覚や変化を繊細に見つめ、その意識を保っていくのがヨガの瞑想です。絞り込まれた意識は、集中力を強化していくといわれています。

ヨガの瞑想のやり方

必要なもの

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

瞑想は、本来は、身体一つあれば何もいりません。瞑想に入りやすくするためには、静かな環境に整えられると心も静かになりやすいでしょう。

また、瞑想を深めるために、アロマを焚いたり、自然の音を流したり、クッションを使って楽な姿勢で横になるようにしても、サポートになることもあるでしょう。安心感の得られる環境というのがポイントです。瞑想に導入(インストラクション)しやすいよう、自分がリラックスできるような環境を整えましょう。

ポーズの取り方

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

1.ラクな姿勢で座る

あぐらのように足を組む、ヨガの蓮華座の姿勢が理想ですが、個人の骨格によって難しい場合もあります。この姿勢が辛いときは無理をしないでください。

代わりに、安楽坐でも構いません。恥骨にかかとを寄せ、かかとを前後にずらして恥骨、左右のかかとが一直線上になるようにセットしましょう。

2.背筋をまっすぐに

背筋をまっすぐにすることは瞑想では重要になります。左右の坐骨を安定させて、頭頂を天井から引っ張られている感覚で背筋と首まで伸ばします。お尻の半分を低いクッションや座布団に乗せると骨盤も立ちやすく正しい姿勢が安定しやすいです。

上半身の角度を微妙に変えて、一番負荷のない位置を探してみましょう。ぜひ、いつものラクな姿勢より、正しく座ることが心地よいポジションがあることを発見してください!

3.目を閉じ、手を膝へ

目を閉じることで、視覚から入る情報を遮断します。無意識に目の奥に力みが入らないように軽く閉じましょう。ついでに歯を食いしばっていないかも確認してください。

完全に目を閉じることに不快感があるなら、伏し目にして、ぼんやり斜め下が見える状態でも構いません。手は軽く膝の上にのせます。手のひらはどちら向きでも構いません。上に向けるとパワーチャージになり、下を向けると精神を鎮められるとも言われています。

4.呼吸を整える

ヨガでは腹式呼吸が推奨されます。リラックスと精神安定をもたらす重要なポイントです。はじめは難しいかもしれませんが、意識して自然にできるまで慣れていけると理想的です。

腹式呼吸に慣れないうちは、腹式呼吸をすることが雑念になってしまうので、自然呼吸でも構わないので呼吸に意識を向けることを忘れないようにしましょう。

鼻から吸って、鼻から吐きます。吸う息と吐く息を1:2の割合に対して苦しくないカウントを続けていきましょう。瞑想の際には、呼吸で力んでしまわないように注意しましょう。

5.呼吸に意識を向ける

呼吸にすら意識を向けずに「無」の状態が理想的なのですが、なかなか難しいものです。吐く息と吸う息の長さをカウントしたり、空気が出入りする感覚を観察したりすることで、集中力を高めることができます。雑念があれこれと浮かぶときの軌道修正としても役に立ちます。

雑念が湧くことをダメなことだと否定する必要はありません。何を感じても「今、そう感じただけ」とその感情を追わずに呼吸に意識を戻しましょう。

6.時間を決めて覚醒する

なんとなく瞑想に入り、なんとなく終わることは避けたほうがいいです。心を十分に落ち着かせて瞑想をスタートし、終わりになったら、呼吸を意識的に強めたり、首や手指をゆっくり動かし始めたりして、瞑想状態から徐々に抜けることを意識します。

内側に集中していた状態から、パッといつもの動作や感覚に切り替えてしまうと脳や身体に外界の刺激が強すぎて、不快感を覚えることになるでしょう。いきなり大きな音が入ってくると、心身に突然の緊張が走り危険ですし、あまり心地の良いものではないので、アラームをセットする際には、できるだけ優しい音にしましょう。

ヨガの瞑想時の音楽

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

音楽はあったほうがいいの?ないほうがいいの?

ヨガの瞑想を行うときに、音楽の存在を邪魔に感じる人と、助けになると捉える人は分かれます。ヨガや瞑想の上級になってくると、何も聞こえないほうが瞑想状態に入りやすいと感じる人が多いようです。言葉でのインストラクションで誘導してもらうことで委ねる感覚が得られるという人も少なくありません。

しかし、本来は瞑想のときには、音楽はないほうがベター内観が必要なのに聴覚を働かせてしまうからです。ヨガのポーズをとったり呼吸法などを行うときには、リラックスできる音楽や自然音を流しても大丈夫。慣れていくうちに、静寂を欲する自分に出会えるときがくると思います。

おすすめの音楽3選

1.メンタル・デトックス

身体の中の水分や血液もリンパ液もさらさらと流れ出すようなイメージを促す水のせせらぎ、爽やかなサウンドで構成され、多くの人がリラクゼーションに活用している人気のCDです。

2.Singing Bowls of Shangri-La

ミュージックというよりも、シンギングボールのシンプルな響きを味わいたい人におすすめのCDです。

3.Beautiful Koshi Meditation

ウィンドウチャイムの優しい響きが心地よいCDです。高音のバイブレーションと水の音が心身をほぐしてくれるヒーリングCDです。

ヨガの瞑想が学べるスタジオ・レッスン(東京)

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

アンダーザライトヨガスクール/まいあさ瞑想

予約の必要もなく、月~金曜日まで、朝7:00~8:30の間で行われています。代々木駅から徒歩3分の教室で行われます。土日、新月、満月、祝祭日はお休みです。着替えの必要もなく、仕事前のスーツやスカートでも参加可能です。

ウタール ヨーガ・ヒーリングスクール/瞑想ヨーガ

こちらは完全予約制の90分のヨガポーズを含めたクラスです。JR渋谷駅より徒歩5分の教室で行われています。マントラを唱えるヨガスタイルでヨガ哲学や瞑想が組み込まれています。初めての方でも安心して受講できますし、初心者のための60分クラスもあります。

スタジオ・ヨギー/yoggy in-meditation basic

都内にも数か所のスタジオを展開しているスタジオ・ヨギーでは、75分間の瞑想のベーシッククラスがあります。スケジュールの日程や頻度はスタジオごとに異なります。ヨガのポーズ、呼吸法という段階を経て、瞑想に入っていく流れです。日常的にヨガや瞑想を取り入れていきたい人にもおすすめのクラスです。

ヨガの瞑想が学べるスタジオ・レッスン(大阪)

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

生活ヨガ研究所/リラックス瞑想会

身体をほぐすことから始め、呼吸法を行い、短いレクチャーのあとに30分間の瞑想に入ります。毎月2回60分間、第一火曜日(18:30~19:30)と第三火曜日(19:50~20:50)、大阪市の天満橋駅から300mの場所にある教室です。

ヨガミトラ/自分を知る瞑想クラス

大阪にあるヨガミトラの本町教室では、毎週水曜日(15:15 ~ 16:30)に瞑想のクラスが行われています。初めの人も、少し経験のある人も、瞑想の実感や効果を最大限に得られるように指導されます。

MAHAYOGI MISSION/瞑想クラス

月2回日曜日(10:00〜11:30)大阪市中央公会堂、もしくは、SHANTI統合医療サロン&研究所
第1~3水曜日 90分(19:00〜20:30)大阪市中央公会堂
第4水曜日  120分(19:00~21:00)大阪市中央公会堂
じっくりと身体を動かした後に瞑想の時間がとられます。

最後に

ヨガ 瞑想 メディテーション マインドフルネス ヨガ講師 出張ヨガ ゼヒトモ zehitomo

ヨガの瞑想も日常の中に取り入れることができると、リラクゼーション効果を得ることができるようになります。じっくりヨガを楽しんだ後も、アクティブにヨガでリフレッシュした後も、ほんの数分でもいいので、瞑想を取り入れることをおすすめします。

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

ヨガレッスン関連の最新記事

2022/06/10

ヨガポーズの名前と写真付き一覧・初心者もできる簡単ポーズ40選

ダイエットしたい!ストレス解消したい!などさまざまな理由で、たくさんの人がヨガに取り組んでいます。 ここでは、初心者の人でも、比較的安全に行える難易度低めのポーズの名前とその効果を一覧にしてご紹介します。 本や動画を見て、ヨガポーズの名前とポーズが一致しない人でも、この記事で理解できるようになります。   ヨガポーズの名前と写真一覧。初心者にも簡単な基本ヨガのポーズの効果は? ヨガは慣れるととてもリラックスできて気持ちいいです。 体の柔軟性を養い、血行を促進します。 ダイエットや更年期障害にも効果があり、※厚生労働省(eJIM)のヨガの有効性ついての情報>>> 日常生活の一コマに取り入れたいのがヨガです。   リラックスしたいときは座るポーズを中心に、アクティブに動きたいときは、立って行うポーズを積極的に行ってみてください。 前屈、後屈、側屈、ねじり、バランス、逆転などポーズの特徴をミックスして行うことで相乗効果も期待できます。   オンラインであなた専用のヨガレッスンを受けることもできます>>>   ヨガポーズの名前と一覧(40種) それでは、初心者でも家で楽しめる、ヨガポーズの名前と効果を含めご紹介しましょう! 1.合せきのポーズ あぐらの姿勢に似ていて、足裏をぴったり合わせるポーズです。ヨガのレッスンでも頻出のポーズです。骨盤周りの血行を促すことができ、生理痛の緩和にも役立つと言われています。妊娠初期の方でも安心して行えます。   2.鳩のポーズ 胸を開いて気持ちよく上半身と下半身の伸びを感じることのできるポーズです。コツを掴んで慣れてくると気持ちよさは倍増します。このポーズを行ったあとは呼吸がラクになり、リフレッシュ感を味わえるのも特徴です。   3.牛面のポーズ 前かがみになって固まりやすい肩周りを解し、肩こりを緩和する効果があると言われています。普段、伸ばすことの少ない脇から腕にかけてを、しっかりストレッチできるので、二の腕のシェイプアップ効果も期待できるでしょう。 4.舟のポーズ お腹周りの贅肉が気になる人や、腹筋を強化したい人におすすめのポーズです。バランスをとりながら、体幹も鍛えていくことができます。意外に全身の筋肉を使っているので、筋肉バランスも整えることができるでしょう。 5.花輪のポーズ 股関節の柔軟性を高めることができると言われているポーズです。肘と膝を押し合い、骨盤周りや背筋の筋肉も鍛えられていきます。背中のストレッチによって胸を開くことにもなるなど身体のあらゆる部位へに働きかける、やり応えのあるポーズです。 >>>自分専用のヨガレッスンを見てみる<<< 6.サギのポーズ 脚やせしたい人はぜひ、お試しください。脚のストレッチ度の高いポーズとして知られています。脚を逆さにし、ひざ裏のリンパに働きかけ、老廃物の排出を促すことができます。難しい人は、ストラップやベルトを使って行ってみてください。   7.ライオンのポーズ ヨガのクラスでも恥ずかしく感じる人がいるかもしれませんね。その変顔?の動きには、小顔効果 があると言われています。普段の表情も豊かになっていくので、やる価値ありのポーズです。 ぜひ自宅でこっそり表情筋トレーニングとして続けてみませんか?ストレス緩和にも有効のようです。 8.仰向けの英雄のポーズ 胃腸を休めたり、働きを活性化する効果があるとして有名な仰向けになって行う戦士のポーズです。通常、食事のあとにヨガを行うことは控えるように言われますが、このポーズに限っては食事のあとでも消化を促進してくれる効果があるようです。リラクゼーション効果も期待できるおすすめのポーズです。 9.杖のポーズ 脚をまっすぐに伸ばして、座った姿勢を保つのが杖のポーズです。ただ座っているだけに見える静止ポーズですが、骨盤を立て、背筋を伸ばすことを続けるのは大変!と感じる人は多いものです。慣れていくごとに、正しい姿勢のための適切な筋肉がついていくでしょう。 10.キャット&カウポーズ 背中を曲げる猫のポーズと背中を反らす牛のポーズの連携させたキャット&カウポーズ。骨盤周りや背筋を呼吸に合わせて丁寧に動かすことで、筋肉をほぐすことと強化することが可能です。反り腰の矯正にも役立つと言われています。 >>自分専用のヨガレッスンを見てみる<<<   11.立木のポーズ 片足立ちになってバランス感覚を養うことのできるポーズです。一点を見つめ、丹田辺りに自分の軸を探し、定めきれたらポーズをホールドしていきます。そのプロセスで集中力を向上させることができるでしょう。脚やお尻のシェイプアップにも効果があるようです。 12.山のポーズ 太陽礼拝をはじめ、立って行うあらゆるポーズの始まりになる体勢です。サンスクリット語名はタダアーサナですが、ただ立つだけでは得られない効果のある実は深いポーズです。静止の状態だからこそ身体や心の内側の意識を深めます。 まっすぐに立つ、正しい姿勢では、どの筋肉をどのように使うのかを認識することに役立つポーズです。内観によるリラックス効果、もちろん姿勢を矯正する効果も期待できます。 13.三角のポーズ 下半身のストレッチ度の高いポーズです。基本的な立ちポーズのひとつとしてとても有名です。身体が前かがみになってお尻が突き出てしまわないようにすることがポイントです。動きの少ない体の側面を効果的に伸ばすことができます。ストレスや不安の緩和にも役立つと言われるポーズです。 14.ワシのポーズ 肩甲骨回りが固いと難しく感じるポーズですが、その分、肩甲骨だけでなく肩甲骨に連動するあらゆる筋肉を解していくことのできるポーズです。 肩こりや背中の痛みを緩和できると言われています。手も足も絡めて複雑な体勢でホールドし、集中力やメンタル強化にも役立つと言われています。 […]

2022/04/05

腰痛の時ヨガをしてもいいの?腰痛に効くヨガ6つを紹介【保存版】

腰痛は、肩こりと並んで、現代人の不快な症状の代表格ですよね。ここでは、腰痛になる原因、腰痛になることのデメリット、腰痛緩和や解消のための方法や手段、ヨガで腰痛を緩和したい人におすすめするヨガポーズとヨガで腰痛になったときの対処についてご説明します。 腰痛の原因 腰痛の原因は人によって多種多様です。無理な体勢で身体を動かしてしまったり、過剰な運動や労働で疲労が溜まったりして起きる腰痛、悪い立ち方や座り方、歩き方を続けたことで、骨盤や腰骨、腰回りの筋肉などで負担を掛けたことが原因かもしれません。 脚や膝、背中など、腰以外の部位の故障や不調をかばうために腰回りを酷使してしまうことも原因として考えられます。 また、精神的なストレスや内臓の調子が悪かったり、何らかの疾患を抱えていたり、肥満などが腰痛の原因になることもあるようです。   腰痛になるデメリット5つ 1.痛みで集中力が低下する 腰は生活の活動の中で、座る、立つ、歩くなど、動いていても動きが少なくても、いつも使う部分です。腰痛があると、その痛みが気を散らす要因となり、目の前のことに全力集中するのが難しいと感じる人は多いものです。 2.運動量の低下して他の症状まで出る 腰痛があると、痛みを避けるために、身体を動かす頻度が減る傾向にあります。全体的に運動量が低下し、太りやすい体質になる可能性があります。また、血液循環が停滞しがちになるので、冷えやむくみにも繋がりやすくなるでしょう。動かないことで、他の弱っている部分の症状がでることもあります。   3.腰痛からの筋肉バランスの悪化 腰の疲労を避けるために、無意識にラクな姿勢を取ってしまうようになります。ラクな姿勢とは、いつもの姿勢。実は、腰痛緩和には逆効果で、正しい姿勢や身体のラインを保つための筋肉は弱る一方です。腰痛を引き起こしているかもしれない悪い姿勢から抜け出せず、慢性化や再発など、悪循環に陥ってしまいがちになります。 4.柔軟性の低下 腰の痛みを避けるために、身体の関節を大きく動かすことを避けるようになります。身体の動きが小さくなり、関節の可動域を十分に使い切らないので、関節や筋肉の柔軟性を保つことが難しくなるでしょう。さらに、運動量も減るので、どんどん可動域を狭め、狭いままで固定化することに繋がりやすくなります。 5.全身の老化を早める ここまで紹介した腰痛のデメリットを集結すると、腰痛は全身の老化を早める要因になるとも言えるかもしれません。集中力を低下させるだけでなく、運動量が減ることで、脳に十分な血液や酸素を送る機会も減ります。それによって脳の機能が低下し、脳も老化させていくでしょう。身体も新陳代謝が落ち、疲労物質、老廃物や毒素を溜めやすくなれば、老化は促進されてしまうでしょう。   腰痛を和らげる5つの方法(※症状や、人によります) 1.医師の診断を受ける 腰痛が気になったら、まず、総合病院や整形外科で、確かな診断を受けることが大切です。何よりも自己判断は危険です。内臓の病気が隠れていたり、動くことがマイナスとなるような腰部の損傷が見つかることがあるからです。 2.整骨院、接骨院に通院する 骨格のズレや歪みからの腰痛ということが分かっていれば、整骨院や接骨院での施術を受けることで腰の痛みを緩和できることもあります。何度か通院しているうちに、姿勢が改善されたり、骨格を正しい位置に戻したりできる可能性もあるでしょう。 3.マッサージなど、非医療機関に相談してみる ストレスからの腰痛や、腰痛の痛みが心理的な原因と思われる場合は、リラクゼーションや心理療法などを試してみることで緩和されることがあるようです。近年では、メンタルな問題が原因となる腰痛を抱えている人が増えているとも言われています。 4.原因を取り除く 腰痛が気になりだしたら、生活環境を見直して、原因を突き止めることが先決でしょう。治ったと思ったら、また痛み出したというような繰り返しを防ぐための重要な要素です。 深刻な内臓疾患や身体の損傷からの腰痛でないなら、日頃の姿勢やクセの改善に努めることで、腰痛が緩和される期待は大きいものです。また、履き心地のいい履き物を習慣的に履くこと、ベッドやソファの柔らかさの調節、椅子やデスクの高さの調節などにも意識を向けてみましょう。   5.優しいヨガのポーズでストレッチを行う 腰痛を引き起こしているのが、正しい姿勢を保つ筋肉の力が低下しているのであれば、ヨガで、その筋肉をストレッチしたり、鍛えたりすることによって症状の緩和に役立つでしょう。 血流促進やリラクゼーション効果も高く、弱った筋肉を強化し、凝り固まった筋肉もほぐしていけるでしょう。腰痛のデメリットになりがちな運動不足も一緒に解消することができます。   腰痛に効くヨガと言われているポーズ6つ 腰痛のある人がヨガを行うかどうかの判断は、自分自身の腰痛の症状に合わせて、かかりつけの医師の指導のもとで行いましょう。 ヨガをしても差し支えないという診断を受けてからの実践するようにしてください。 また、ここにあげたのは腰痛に効果があると言われているヨガポースですが、それでも過度な運動になってしまえば逆効果になります。適切な回数と量で行なうようにしましょう。   1.キャット&カウポーズ 反り腰も、良くない姿勢の一つとして腰痛の原因になると言われています。 太っているわけではないのにポッコリお腹、ヒップが垂れ気味という人は、反り腰の可能性があります。腰が反った状態のまま筋肉が硬直していることが多いです。 キャット&カウポーズは、四つ這いになって骨盤を後傾(反り腰と逆)させるキャットポーズと骨盤を前傾(反り腰の状態)させるカウポーズを交互に行うことで、反り腰によって固まりがちな筋肉をほぐすことができます。 交互に行うことで、反り腰の状態と理想的なニュートラル状態の感覚をしっかり掴むことができるので、日常での姿勢の意識づけにも役立つでしょう。   2.チャイルドポーズ チャイルドポーズは、えっ!これだけ?と感じるほどに簡単で負担の少ないポーズです。その簡単さが、身体と心を十分に緩めることを可能にします。身体から緊張感が抜くことができれば、背中や腰を十分に伸ばす効果も高められるのです。 腰が固い人、強張りのある人は、お尻をかかとにつけることが難しいかもしれません。頭は床に付かなくても、お尻はかかとにつけるようにしましょう。尾骨を床側に下げるよう意識します。前屈のポーズですが、前に曲げるというよりも、背中や腰を伸ばすという意識をもって行うのがコツです。   3.ガス抜きのポーズ 前の項目のチャイルドポーズは、正座から床にうつ向きの状態で行いますが、ガス抜きのポーズ(Gas Release Pose)は、仰向けになって行います。 精神を安定させる効果も高いので、リラクゼーションからの腰痛緩和の期待もできるでしょう。腰痛で負担が掛かりやすい、お尻や太ももの前の筋肉を緩めることにも有効なポーズです。 両脚を胸で抱えるのがポーズの完成形です。肩や首に力みが入りすぎないように注意しながら、尾骨を上方に巻き込む意識を持って行ってみてください。 […]