ogptest

06/22/2010

パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニング関連の最新記事

2022/06/24

オンラインフィットネスとは?料金、メリットデメリット、選び方を紹介

比較的新しい「オンラインフィットネス」について解説します。どのような内容・方法のフィットネスなのか、費用や料金はいくらぐらいなのか、メリットやデメリットの比較も紹介します。 オンラインフィットネスとは?メリット・デメリットは? オンラインフィットネスとは、オンライン環境を活用してフィットネスをすることです。トレーナーと自分をインターネット環境で繋ぎ、フィットネスの指導やサービスを受けることができます。 オンラインフィットネスにはいくつかの種類があり、ここでは4種類紹介します。 メリットとデメリットはオンラインフィットネスの種類によって変わりますが「インターネットを通じて運動までできてしまうのか」と新鮮な驚きを得られるため、一度は使ってみる価値はありますよ。 オンラインフィットネスを知って、使ってみて、「オンライン、いいかも」「やっぱり、ジムに行きたい」など考えてみましょう。 オンラインフィットネスのメリット5つ オンラインフィットネスのメリット1つ目は、フィットネスジムや教室など、自宅とジム、学校とジム、職場とジムなど「ジムへ行く」という移動をすることなくフィットネスを受けることができるところです。 2つ目は、自宅でフィットネスができるということは「出かけるための準備」が必要ないこと。経験したことがある方はわかると思いますが、ジムに出かけるためにはジム用品・フィットネス用品などたくさんのモノの支度をしなければなりません。 会員証・フィットネスウェア・タオル・シューズ・音楽など自分の気持ちを高めるものの道具(イヤフォンなど)・水分補給用の水筒や運動後に摂取するプロテインやサプリメント・フィットネス後の着替えなど、ジムで使うものはたくさんあります。 3つ目のメリットは、「学校や職場の前後にジムに行く」ようなスケジュールを組む場合は、学校や職場の荷物と、ジム用の荷物を持ち運ぶため重く、邪魔になることも多々あります。しかし自宅でフィットネスをする場合、すべてのものが自宅に揃っているため、重い荷物を持ち運ぶ必要はありません。 4つ目のメリットは、マシンの順番待ち、シャワーの順番待ち、シャワー後の身だしなみを整える作業など、ジムで起きてしまうちょっとした「ジムならではの時間」も発生しません。 最後に5つ目のメリットですが、自宅でオンラインフィットネスに取り組む場合、スペースなどに余裕があれば家族を巻き込んで一緒に運動をすることもできます。一緒に取り組む仲間がいると励ましあうことができ継続しやすくなる効果も期待できます。 オンラインフィットネスのデメリット2つ 「一切外出をせずにフィットネスを完結させる」ためには、クレジットカードもしくはオンライン決済、インターネットバンキングなど「支払いをインターネットで完結させること」が必要です。そのため、現金のみで生活をしている方は、オンラインフィットネスを使ってみるためにクレジットカードやデビッドカード、PaypayやLINE Payなどオンラインでの決済方法にもトライしてみましょう。 フィットネスをする場所によっては、騒音の悩みもあるでしょう。フィットネスの動きによってはジャンプや「バタバタ」と足音が大きくなってしまう動きが含まれるため、マンションの中層階などの方は騒音にも注意しましょう。しかしオンラインフィットネスを配信しているサービスや先生は、そのような「自宅ならではの状況」に対して配慮してメニューを組んでくれていることも多いです。また、1階や戸建ての持ち家にお住まいの方は特に気にする必要はないかもしれません。 オンラインフィットネスの種類5つと特徴、メリット・デメリット 1.動画提供型 動画提供型のオンラインフィットネスは、トレーナーが作成した動画などを受け取って、その動画を見ながらトレーニングをするというものです。トレーナーが撮影・編集をした動画ファイルを送ってもらうことでレッスンが成立します。 メリットは、「トレーナーが、自分のために組み立ててくれたメニューを動画に撮影して、トレーニング方法を送ってもらう」場合は、繰り返し視聴して毎日でもトレーニングに励むことができる点です。ライブ配信でリアルタイムではなくても、自分の強化したいトレーニング内容などに合わせて動画を作ってもらうことで、これからもずっとその動画を利用することもできます。 リアルタイムではないからこそ、その後も継続して動画を視聴したり、繰り返し視聴することができます。動きに慣れない初心者の方や、一度ではなかなかコツがつかめない動きなどを覚えたい方にはぴったりと言えるでしょう。 デメリットは、動画がわかりにくい時や体の動かし方がわからない時など、リアルタイムの質問がしづらい点です。「●番目のトレーニングの内容がよくわかりませんでした」「手のひらは握った方がいいですか?開いておいた方がいいですか?」など、トレーニングをし始めたら気になり始めるようなところを、その場でトレーナーに質問することができません。 2.動画配信型 動画配信型は、トレーナーのホームページで配信される動画を視聴する、トレーナーの指定するYouTubeチャンネルを視聴する、Tik Tokなどの動画配信サービスを通じてトレーナーの配信を視聴するなどの方法があります。 メリットは、ログイン指定期間や日時がない限り、自分の好きなタイミングで視聴できることです。例えば早朝に運動をしたい、深夜に運動したい、そんな時もあるものです。自分の都合に合わせて視聴できます。全ての人が月曜〜金曜の朝9時から夕方5時などのスケジュールで生活しているわけではありませんから、生放送じゃないからこそメリットもあります。 デメリットは、配信方法によっては必ずWi-Fi環境下でなければ視聴することができません。YouTubeの場合でも、Tik Tokの場合でも、それぞれを視聴できるよう安定したWi-Fi通信環境が必要です。また、先生と関係を構築しながら「引き締まったね」「ずいぶん筋肉がついたね」と体の変化を楽しむようなコミュニケーションはありません。 3.パーソナルライブレッスン型 パーソナルライブレッスンは、一対一(マンツーマン)で、テレビ電話などで実際に同じ時間にレッスンをする方法です。先生と生徒がリアルタイムで繋がり、レッスンを受けます。 メリットは、その時の自分の体型や体調などのコンディションに合わせながら、自分の動きを先生に見てもらいながら指導を受けることができる点です。わからない動きがあればすぐに質問できますし、「目線をもっと上げて」「背中はもっとしっかり伸ばして」「そうそう!良い感じですね!」「あと3回!」など、自分への指導をしてもらい、励ましてもらい、先生と同じ時間を共有することができます。 デメリットは、日時を必ず合わせなければいけないところと、必ず接続できる状況に整えておかなければならない点です。回線不良などが起きて開始が遅れてしまったり、テレビ電話の始め方に戸惑ったりと、余計な時間がかかってしまわないように事前に準備を 4.グループライブレッスン型 グループライブレッスンは、先生と複数の生徒でレッスンを受ける形式です。多いのは「1人の先生に、複数の生徒」というパターンです。 全員で均等に画面を分割するパターン、生徒は先生の動きだけをモニターに映して先生の動きを真似しながら体を動かすパターンなど、先生のやり方やクラスの生徒のレベルに応じて方法は異なるでしょう。 メリットは、大人数で行うため、一緒に何かに取り組んでいる感覚が強くなる点です。「自宅で1人でモニターを見ながらフィットネス」、見方によっては少々孤独にも見えますが、リアルタイムで複数の人数で画面を共有しながらフィットネスに取り組むと、共同作業の感覚が生まれます。「この動き、きつい!」とフィットネスの感想を共有したり、他のメンバーの動きを見ることで自分のモチベーションも上がったりと、他のメンバーからの良い影響をもらうことができます。 デメリットは、先生は複数の生徒の動きを確認しているためきめ細やかなアドバイスを受けにくい点や、質問などもしづらい点です。さらに全員で画面を分割共有するためにはパソコンモニターなどを使わないと、画面が小さくなりすぎて先生の動きや自分の動きが確認しづらくなってしまいます。 5.食事指導 目的に応じて食事内容や量を管理するためには、食事指導が必須です。「フィットネスは、体を動かすことと食事管理の両方を行なって完成する」と考えるトレーナーは多いため、食事指導もオンラインでできるフィットネスの一種と考えることもできます。 最も効率よくダイエットをするためには、体を動かし、消費カロリーを増やして、摂取カロリーを抑えながら栄養バランスを整える方法が取られます。筋肉を増やす場合は、摂取カロリーを抑えすぎず、筋肉を増やすための栄養や食材を増やす必要があります。 食事指導のメリットは、ダイエットや筋肉増量など、私たちの目的に応じて専門家からのシビアな指導を受けることができるところです。ストイックに目的に向けて行動したい、絶対にこの日までに結果を出したいなど強い意志を持って取り組みたい人にはぴったり。 デメリットは、毎回の食事や口にしたものの全てを写真やテレビ電話で報告をするため、暴飲暴食がしづらい、お菓子やお酒など「嗜好品」を楽しみづらい(報告しづらい)などです。ダイエットを目的としている方、ストイックに体づくりに取り組みたい方にとっては大きなメリットです。 オンラインフィットネスの料金 各社それぞれの料金体系や仕組みを採用しているため一概に平均価格を算出できないのですが、複数社の料金例を紹介します。 オンラインパーソナルトレーニングサービスの料金 テレビ電話でパーソナルトレーニング、つまりトレーナーと受講者がマンツーマンになるレッスンは1レッスン2,000円前後から6,000円前後の価格帯のレッスンが散見されるようです。 リアルタイムで繋がることができる、トレーナーによっては早朝や夜遅い時間などにも対応してくれる、細かく質問ができるなどトレーナーつきっきりでの指導を受けることができる魅力があります。 オンライングループトレーニングサービスの料金 複数の受講者がレッスンを受けるグループトレーニングは、1レッスン数百円から〜2,000円前後の価格帯のレッスンが散見されます。 複数の受講者がレッスンを受けるため、連帯感や、一緒に目標に向かうようなチームワークのような感覚が生まれます。トレーナーの指導を独り占めすることができないぶん、マンツーマンレッスンよりも安価に受けることができます。 オンラインフィットネス動画配信サービスの料金 動画配信サービスは、月額数百円から約2,000円前後のサービスがあります。YouTubeなど無料で視聴できる動画も世の中にはありますが、動画の質が荒い、編集がわかりにくい、動画を視聴するユーザー目線で動画が編集されていないフィットネス動画もあります。 しかし有料のフィットネス動画は、ユーザー目線で編集されていたり、画質が綺麗で見やすかったりと、さすが有料といった仕上がりの動画が配信されています。 オンラインフィットネスに必要なもの7つ […]

2022/06/24

野球がうまくなる最短経路はYouTube!?

「野球がうまくなりたい!」 そんな人にはYouTubeがオススメ! 最近は、元プロ選手や、現役プロが動画で自らの技術を伝達してるなど、有料級の情報がわんさかあるので、これを活かさない手はありません。 目次 なぜ野球上達には動画がいいのか おすすめのYouTuber まとめ なぜ野球上達には動画がいいのか 野球を学ぶ際には、動画からが最も効率が良いでしょう。野球が上達するためには言わずもがな実践経験が必須です。 静止画だと、見れるのが「動きの中の1場面」のみになってしまいますが、動画であれば、一連の流れを確認できます。実際にプレーしているところを見た方が、自分の体を動かす際にイメージしやすいです。 おすすめのYouTuber ここからは、野球がうまくなるために有益な情報を提供しているYouTuberを紹介します。 今回紹介するのは以下の3チャンネルです。 ・トクサンTV【A&R】 チャンネル登録者数 68.4万人 ・フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】チャンネル登録者数 43.9万人 ・【イバTV】井端弘和公式チャンネル チャンネル登録者数 17.1万人 野球系YouTuberのパイオニア:トクサンTV【A&R】 まず紹介するのはトクサンTV【A&R】 トクサン TV【A&R】。(以下トクサンTV) トクサンTVは野球YouTuberのパイオニア的存在で、「トクサン」「アニキ」「ライパチ」という3人の草野球プレイヤーがメインとなっているYouTubeチャンネル。チャンネル名の【A&R】は「アニキ」と「ライパチ」の頭文字をとったもの。 芸能人や、プロ野球公式チャンネルを除くノウハウ系野球YouTuberで現在日本一のチャンネル登録者数を誇り、視聴者に近い目線でわかりやすくノウハウを実践してくれることが人気の理由です。 トクサンとアニキは特に野球のレベルが高く、ライパチはその2人に及ばない実力の持ち主で、より視聴者に近いライパチが実践役を、トクサンやアニキの指導役を担うことでが非常にわかりやすい構図となっているのです。 また、トクサンTVには元プロや現役のプロ野球選手がたびたびゲストとして登場します。 プロ選手はノウハウを惜しみなく伝授してくれるため、視聴者は超有料級のものを学べるのです。 トクサンTVおすすめ動画 【打撃動画】 グリップの握り方について解説している動画です。 この握り方をすると、本当に手がグリップに吸い付くような感覚を得られ、スイングがガラッと変わります。 【守備動画】 現・福岡ソフトバンクホークスの名手、今宮健太選手による守備指導動画です。 現役トッププレイヤーの守備を学べます。 【投球動画】 投球の際の下半身の使い方について、非常にわかりやすく紹介している動画です。 即実践できるような内容ですし、ピッチャーの方は必見ですよ。 低めにバシッと決まるストレートを投げましょう。 フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】 続いては、プロ野球界に一時代を築いた名捕手・古田敦也氏の公式チャンネル「フルタの方程式」です。 フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】 – YouTube こちらのチャンネルでは「球界の頭脳」と呼ばれた古田敦也氏のキャッチャー理論や、親交の深い元プロ投手のピッチャー理論などが学べます。 プロ野球史に残る名捕手の技術を、わかりやすく実践を交えて解説してくれるので、誰でもすぐ取り入れられる内容ばかりです。 フルタの方程式 おすすめ動画 【キャッチング理論】 古田氏とともに球界を代表するキャッチャーであった谷繫元信氏の、キャッチング理論が詳しく解説されている動画です。 これを見る前と見た後ではキャッチングに大きな違いが現れ、チームメイトから驚かれることでしょう。 【ピッチング理論】 こちらは古田氏と親交の深い斉藤和巳氏と五十嵐亮太氏が「速球」の投げ方について、実践しながら語っている動画です。 斎藤氏、五十嵐氏ともに剛腕投手として知られ、球界にその名を轟かせていました。 そんな両氏が「感覚」の部分を言語化して伝えています。 感覚がわかると視聴者も実践しやすくなるため、全野球プレイヤーにとって有益すぎる内容です。 【イバTV】井端弘和公式チャンネル […]