エアロビクスレッスン

神奈川県横須賀市
エアロビクスレッスンのプロが近くにいます

プロの探し方

Supporters

神奈川県横須賀市のエアロビクス教室のプロ一覧

神奈川県横須賀市

キュアは、追浜駅出口から徒歩約4分にある総合健康サロンです。特に巻き爪でお悩みの方に、アジアンリフレ、ドイツB/S式巻き爪ケア、フットケア、ネキシオテーピングなどを行っています。

神奈川県横須賀市

有限会社タカノアドバンスは、ガラス工芸を扱っている会社です。クリスタル、ミラーといったガラス製品や天然石材(木や金属 等も可)を利用して、イラスト・詩文・メッセージ・写真画像等のエッチング(彫刻)製作を行っています。

神奈川県横須賀市

マジーブランシュは、横須賀中央駅東口から徒歩約5分にあるエステサロンです。大人女性の顔とボディを引き上げ整える専門エステサロンです。年齢肌によるタルミ・老け顔、滞りによるムクミ・大顔・二重アゴを、引き上げリフトと小顔整えのプロセラピストが施術を行います。

神奈川県逗子市

八桑みどりバレエスタジオは、バレエ教室です。バーレッスン・センターレッスンを中心にバレエの基礎を習得します。オリエントダンスも行っており、東洋的な動きや呼吸法とバレエテクニックを使った、からだと心にやさしい健康ダンスです。

神奈川県横浜市 金沢区

レミ美療サロンはエステティック サロンです。所在地は神奈川県横浜市金沢区富岡東です。

神奈川県鎌倉市

ラクトゥールは、完全個室のエステティックサロンです。最先端のマシーンや独自のプロの技術で美容と健康をサポート致します。完全個室のため、メンズの方もお気軽にお越し頂けます。

神奈川県鎌倉市

ソワン・ド・シュウは、エステティックサロンです。LPGエンダモロジーの最新機種でセルライトケア&たるみ・むくみケアに絶大な効果があります。全身の循環促進を中心に体格・体質別の特殊ヘッドで細かな部分のお客様のリクエストにもお答えできるようになりました。

神奈川県鎌倉市

オンディーヌは、アロマテラピーを行うエステティックサロンです。所在地は神奈川県鎌倉市台です。

神奈川県横浜市 栄区

コーチングオフィス幸せ経済研究所はコーチング業です。経営者向けセミナー、社内研修などを行い、コミュニケーション力をアップし、潜在能力を高めていくコーチングを行っています。

神奈川県横浜市 港南区

美サロンP&E/本店は、横浜市港南区のエステティックサロンです。フェイシャルケアをメインにコラーゲンマシンも導入しているプライベートサロンで、希望や予算に合わせて、オーダーメイドの施術を提供しています。

神奈川県横浜市 中区

アユス・オリエンタルスパは、アロマテラピーを行っているエステティックサロンです。 本場インドのオイルを使った本格的アーユルヴェーダを体験できます。

もっと見る

エアロビクス教室関連の最新記事

2021/06/12

【エアロビクス初心者向け】11種類の基本ステップを解説

エアロビクスにおける振り付けは、足のステップと手の動きによって構成されています。足のステップは数十種類ありますが、初心者〜中級者向けのプログラムであれば、基本のステップを押さえておけば問題ないでしょう。 今回の記事は、エアロビクスで使われるベーシックなステップを抜粋して解説していきます。 目次 エアロビクスとは? エアロビクスにおけるステップとは? 11種類の基本ステップ ウォーキング マーチ ボックス マンボステップ ステップタッチ グレープバイン ニーアップ カールステップ Aステップ Vステップ ヒールタッチ ステップを覚えるための参考動画4選 基本のステップを丁寧に解説している動画 幅広いステップの種類を解説している動画 基本のステップを組み合わせた練習動画 まとめ エアロビクスとは? エアロビクスは、軽快な音楽に合わせて、身体を動かす有酸素運動のことを指します。難易度はさほど高くなく、特別な道具も必要ないため、気軽に始められます。 元々は、宇宙飛行士の心肺機能を向上させるトレーニングとして考案されましたが、最近では老若男女を問わず、誰でも楽しめるエクササイズとして人気が高まっています。 エアロビクスのいいところは、得られる効果の幅広さ。ダイエットや心肺機能強化、生活習慣病の予防、美肌づくり、ストレス発散など、さまざまな効果を得られるのがメリットでしょう。音楽に乗って楽しく身体を動かすため、今まで運動が続かなかったという方も、飽きることなく続けられます。 エアロビクスにおけるステップとは? エアロビクスにおいて、ステップという言葉には二通りの意味があります。 一つは、足の動きのこと。音楽に合わせて足を前後左右に動かしたり、時にはジャンプしたりする動きを指します。 もう一つは、ステップ台を使用した、台を登り降りする昇降運動が中心のエアロビクスのこと。「ステップエアロビクス」とも呼ばれ、ステップ台の高さによって負荷が変わるようになっています。特に下半身にかかる負荷が大きいため、下半身の筋力を鍛える上で効果的というのが特徴です。 今回の記事では、一つ目の足の動きを意味するステップについて、詳しく解説していきます。 11種類の基本ステップ まずは、11種類の基本ステップについて一つずつ解説していきます。初心者向けのプログラムに出てくるものばかりのため、これらのステップは最初にマスターしておきましょう。 ウォーキング ウォーキングは、エアロビクスを行う前の準備運動としても使用されることが多いステップです。 基本中の基本であり、簡単な動きのため、誰でも覚えやすいでしょう。動きが単純な分、胸を張って背筋を伸ばしながら行うのがポイントです。また、腕をしっかり振ることも忘れないようにしてください。 ウォーキングのやり方 1.右足を一歩前に進める2.左足を右足の隣に置く3.右足を元の場所に戻す4.左足も元に戻す5.1〜4を繰り返す マーチ マーチは、音楽に合わせ、その場で腕を振りながら足踏みをするステップです。 レッスンの頭や構成のつなぎ部分で使われることが多く、適当になってしまいがちですが、身体を大きく動かすのがポイント。 動きは単調かもしれませんが、腕を大きく振り、膝をしっかり上げることで高いダイエット効果が期待できるでしょう。複雑な動きは求められないため、誰でも簡単に習得できるステップです。 なお、身体が動かせているか確認するには、鏡の前で自分の姿を見ながら練習してみるのがおすすめ。音楽に乗って、楽しく足踏みすることを意識しましょう。 ボックス ボックスとは、名前の通り、四角形を型どるようにして踏み込むステップのことです。エアロビクスに限らず、様々なジャンルのダンスでも用いられるのが特徴的。 なお、ボックスは、左右どちらの足から始めるかによってステップの方向が変わります。そのため、左右どちらの足からでも始められるように練習しておきましょう。 足が絡まってしまうという方は、歩幅が狭いことが原因のため、できるだけ歩幅を広げるとステップが踏みやすくなります。 ボックスのやり方 1.右足を左斜め前に出す2.左足を右足に被せるようにしてクロスさせる3.右足を元の位置に戻す4.左足も元の位置に戻す5.1〜4を繰り返す マンボステップ マンボステップは、片足ずつ前に踏み出す縦のステップです。あまり複雑な動きではなく、初心者〜上級者と幅広いプログラムで用いられるステップのため、最初にマスターしておくと良いでしょう。 なお、基本のマンボステップは縦のステップですが、中級者向けのものになるとサイド(横)や斜め、後ろへ踏み出すステップもあります。慣れてきたら、前方向だけでなく、別方向へのステップも練習してみてください。 マンボステップのやり方 1.右足を一歩前に置くのと同時に、左足をやや浮かせる2.浮いた左足を床につける3.右足を元に戻す4.右足のマンボステップを続ける場合は、そのまま1〜3を繰り返す5.左足のステップに変える場合、左足で1〜3の動きを行う ステップタッチ […]

2021/04/24

エアロビクスはダイエットに効果的!効果を高める3つのコツ

音楽を聴きながら身体を動かすため、運動が苦手という方でも楽しく続けられるエアロビクス。しかし、ただやみくもに取り組むのでは、十分なダイエット効果を得ることはできません。 今回の記事では、エアロビクスによって得られる効果や、ダイエット効果を高めるためのコツなどを詳しく紹介していきます。安全に取り組むための注意点も併せて紹介しますので、これからエアロビクスを始めようと思う方は、ぜひチェックしてみてください。 目次 エアロビクスとは? エアロビクスによって得られる5つの効果 ダイエット効果 ストレス解消 心肺機能の強化 美肌効果 生活習慣病の予防 エアロビクスを行う際の3つの注意点 準備運動を忘れない しっかり水分補給する 初心者のうちは無理をしない エアロビクスを毎日行うことは控えよう エアロビクスの効果を高めるための3つのポイント 動作は大きくすることを意識する ポイントとなる音に動作を当てる なるべく動きやすい服装で取り組む エアロビクスと同様の効果がある有酸素運動 まとめ エアロビクスとは? エアロビクスとは、軽快な音楽に合わせて15分〜1時間程度のエクササイズを行う有酸素運動のこと。簡単なステップのものが多く、10代から60代まで、幅広い年代の方がエアロビクスを楽しんでいます。 元々、エアロビクスは宇宙飛行士の心肺機能向上トレーニングとして考案されたものでした。しかし、近年では老若男女を問わず、自身のトレーニングのために実践している人が多くなっています。難易度の幅が広く、初心者向けのものは簡単なステップで構成されているため、誰でも始めやすいのが特徴でしょう。 また、スタンダードなエアロビクスに加え、最近では「ダンスエアロ」「ラテンエアロ」といった新たなジャンルも登場。ストリートダンスやラテンダンスの要素が加わって、より、運動効果が期待できるものとなっています。 エアロビクスによって得られる5つの効果 では、エアロビクスを行うことによって一体どのような効果が得られるのでしょうか。ここからは、エアロビクスで得られる5つの効果を説明していきます。 ダイエット効果 上記で説明した通り、エアロビクスは有酸素運動に分類されます。有酸素運動は、脂肪燃焼効果が高く、ダイエットには非常に効果的。エアロビクスでは、酸素を取り入れながら手足を上下左右に動かすため、たくさんのエネルギーを消費することができるでしょう。 全身痩せを実現するためにぴったりのエクササイズです。 なお、脂肪燃焼効果が大きくなるのは、運動を開始して約20分が経過したタイミングからと言われています。そのため、より高いダイエット効果を得たいのであれば、1回のエクササイズで20分は取り組むようにしましょう。 ストレス解消 エアロビクスでは、音楽に合わせてダンスするように身体を動かします。普段あまり運動しないという方にとって、リズムに乗って身体を動かすのは、良いリフレッシュとなるでしょう。 最初のうちは、基本のステップや手の動きを覚えなければいけません。しかし、初心者向けのエアロビクスであれば複雑な動きは少なく、覚えるのはそこまで難しくないでしょう。動きを覚えて自在に身体が動かせるようになると、ストレスを忘れてしまうくらい、エアロビクスの世界に引き込まれていきます。 エアロビクスで気持ちを上げることでストレス解消に繋がり、普段の生活におけるパフォーマンスも向上するでしょう。日常生活の気分転換として、エアロビクスは最適です。 心肺機能の強化 上記でも説明した通り、エアロビクスは元々、宇宙飛行士の心肺機能強化のために考案されたトレーニングです。エクササイズ中に多くの酸素を取り込むため、心肺機能を鍛えることができるのも嬉しい効果でしょう。 有酸素運動では、酸素を多く取り込むことで心肺に適度な負荷がかかり、心筋が発達して強くなります。回数を増やせば増やすほど、心筋やその中の毛細血管はさらに発達。酸素の供給がスムーズとなり、血流の流れが良くなるでしょう。また、呼吸筋も鍛えられて肺活量が大きくなるため、酸素を取り込む効率もアップします。 心肺機能が鍛えられるとは、スタミナがつくということ。スタミナがつくことで、運動中や日常生活において疲労を感じにくくなるでしょう。 美肌効果 エアロビクスで有酸素運動を行うことで、女性に嬉しい美肌効果を得ることができます。 普段あまり汗をかかないと、毛穴機能が低下してしまい、皮脂・老廃物の排出がなされず、毛穴が黒ずむ原因に。運動により血流が良くなって、毛穴機能が活性化し、皮脂・老廃物がしっかり排出されるようになるでしょう。 また、美肌を保つために欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸の生成も、有酸素運動によって促すことができます。血流が良くなることで、美肌成分の生成に必要なホルモンや細胞の活性化へとつながり、肌の弾力や水分量がアップ。弾力あるキメ細やかな肌を保つことができるでしょう。 生活習慣病の予防 生活習慣病とは、偏った食生活や運動不足、喫煙、飲酒などによって引き起こされる病気のこと。肥満や高脂血症、高血圧症などが代表的で、これらを放置しておくと動脈硬化へ進行し、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症といった重大な病気を引き起こしてしまうことも。 有酸素運動であるエアロビクスを行うことで、生活習慣病の原因となる悪玉コレステロールを抑制することができます。また、基礎代謝が上がることで、脂肪燃焼や血圧を下げる効果も期待できるでしょう。生活習慣病の予防につながるため、将来の健康を考える上でも、エアロビクスは有効な手段です。 エアロビクスを行う際の3つの注意点 エアロビクスによる嬉しい効果を知ると、今すぐにでも身体を動かしたくなってくるのではないでしょうか。しかし、エアロビクスを始める前に、頭に入れておくべき3つの注意点があります。どのような注意点があるか、以下で確認していきましょう。 準備運動を忘れない エアロビクスを行う前は、必ず準備運動を行うようにしましょう。普段あまり運動しないという方が、いきなりエアロビクスで身体を大きく動かすと、怪我をしてしまうことも。 柔軟体操やストレッチで事前に身体をほぐしておくと、筋肉や関節にかかる負担を減らせるでしょう。準備運動により身体を温めることで、怪我を未然に防ぐだけでなく、エアロビクスの効果を高めることにもつながります。 また、エアロビクスの前だけでなく、終了後にも柔軟体操やストレッチを行うのがポイント。運動後は筋肉に疲労が溜まっており、放置しておくと、身体の不調やだるさにつながってしまいます。エアロビクス後に身体をほぐすことで、筋肉の疲労回復効果が期待できるでしょう。 しっかり水分補給する エアロビクスは全身運動のため、大量に汗をかく可能性があり、脱水症状を予防するための水分補給が欠かせません。 水分補給を行わないでいると、脱水症状によって倦怠感や筋肉のこむら返り、吐き気などを引き起こすことがあります。そのため、エアロビクスの前後や最中など、こまめに水分を摂るようにしましょう。 […]