クラリネットレッスン

静岡県
クラリネットレッスンのプロが近くにいます

プロの探し方

Supporters

静岡県のクラリネット教室のプロ一覧

静岡県浜松市 中区

ピアノの地震対策装置を取り扱っております。 ピアノの高価買取も致します。査定は無料となっております。 ピアノ、エレクトーン、クラビノーバ、楽譜、管楽器、バイオリン、ギター、ドラム、和楽器、胡弓等の楽器の販売もしております。

静岡県沼津市

創立50年の邦楽教室です。 現在、男性も含め6歳から85歳に渡る幅広い年齢層の人達がお稽古に励んでいます。 ■入学随時、初心者の方も大歓迎 初めての方にも楽しんでいただけるよう、各々のペースに合わせた 個人レッスンを致します。

静岡県藤枝市

櫻井ヴァイオリン教室です。 講師は、国立音楽大学を卒業後、大阪フィルハーモニー交響楽団へ入団。 その後、名古屋フィルハーモニー交響楽団を経て、ドイツの音楽大学へ入学。

静岡県焼津市

焼津市の歌謡教室「バード・ハウス」に是非一度お越しください! 当教室は、人と人との繋がりを大切にしています。 歌謡教室ではポップスから歌謡曲まで徹底指導を受けられる他、ヴォイストレーニングでは腹の底からの発声で、心身共にリフレッシュして頂けます。

クラリネット教室に関する良くある質問

クラリネット教室関連の最新記事

2021/07/21

クラリネット初心者向け!基本の吹き方と練習方法

クラリネットは、ただ息を吹き込んでも音が出ません。クラリネットの吹き方で大切なのは、口の形と息の使い方を調節してリードを振動させることです。腹式呼吸を意識しながら息を入れてリードを振動させると、クラリネットの音が綺麗に鳴ります。 さらに上達させるには、ロングトーンやタンギング、音階練習といった基礎練習を積み重ねていく必要があるでしょう。今回はクラリネット初心者の方に向けて、クラリネットの基礎知識から基本の吹き方、練習方法などを詳しく説明していきます。 目次 クラリネットとは クラリネットの4つの種類 B♭クラリネット E♭クラリネット アルトクラリネット バスクラリネット クラリネットの基本的な吹き方 初心者がクラリネットを吹けるようになるための練習方法 本体を組み立てる リードをつける 音を出す 音の長さをコントロールする 音階を吹く 曲を演奏する 初心者が注意すべきポイント クラリネット初心者におすすめの練習曲5選 初心者におすすめなクラリネットの上達法 まとめ クラリネットとは クラリネットとは、縦長の形をした木管楽器のこと。マウスピース、バレル、上管、下管、ベルで構成されており、「グラナディラ」という黒く堅い木を使用したものが広く使われています。 「リード」と呼ばれる葦でできた薄い板をマウスピースに装着し、息を吹き込んでリードを振動させると音が出る仕組みです。木材で作られているため、気温や湿度、直射日光などには気をつけて管理しなければいけません。 音域は4オクターブと広く、管楽器の中では最も幅広い音域だと言われています。木管楽器ならではの柔らかい音色で、メロディーラインや伴奏など、様々な役割を発揮してくれる楽器です。 クラリネットが使用される音楽 持ち前の音色と音域の広さを活かし、クラリネットは幅広い音楽ジャンルで使用されてきました。クラシックをはじめ、ポップス、ジャズなど、様々なジャンルの楽曲でクラリネットは活躍しています。 見せ所として、クラリネットのソロやアンサンブルパートがある楽曲も多いでしょう。多様な楽器が登場する中でも、唯一無二の存在感を放っています。 クラリネットの4つの種類 クラリネットは大きさと音域によって大きく4種類に分類することができ、それぞれ必要とする音域で使い分けられます。それぞれの特徴を確認し、自分が演奏したいクラリネットはどの種類なのか考えてみてください。 B♭クラリネット 通称「ベークラ」と呼ばれるクラリネットで、一般にクラリネットというとB♭クラリネットのことを示します。オーケストラや吹奏楽、ジャズなど様々なジャンルのメロディーラインで使われており、明るく豊かな響きが特徴的。クラリネットを初めて演奏する方やソロで演奏する方、幅広い楽曲に挑戦したいという方におすすめです。 E♭クラリネット 通称「エスクラ」と呼ばれ、B♭クラリネットよりも音域が高くサイズが小さいクラリネットです。音色が鋭く甲高いため、楽曲のメリハリをつけるにはぴったりと言えるでしょう。曲中の印象的なフレーズを演奏することも多く、演奏に華を添えてくれます。オーケストラやバンドの中で、目立つフレーズを演奏したい方におすすめです。 アルトクラリネット B♭クラリネットよりも音域が低く、全長も長くなったクラリネットです。B♭クラリネットやE♭クラリネットのような華やかさは物足りないかもしれませんが、美しい和音を奏でる上では欠かせません。 安定感のある響きで、オーケストラやバンド、アンサンブルのサウンドをより豊かにします。目立つような演奏というよりも、他の楽器と調和しながら充実したハーモニーを奏でたいという方におすすめです。 バスクラリネット アルトクラリネットよりも更に音域が低く、重厚感のある音色が特徴のクラリネットです。厳粛な中にもどこか温かみのある音色で、ハーモニーの低音域をしっかりと支えます。サウンドに厚みを加える存在として欠かせません。 また、時には曲中のソロを担当することもあり、厚みのある音色が豊かな表情を見せてくれます。オーケストラやバンドの低音担当として、深みのある演奏がしたい方におすすめです。 クラリネットの基本的な吹き方 クラリネットの音を出すには、まず口の形と息の入れ方を覚える必要があります。楽器を吹くときの口の形は「アンブシュア」と呼ばれ、マスクピースをくわえて息を入れるときは正しいアンブシュアを意識しなければいけません。マウスピースのくわえ方は以下の通りです。 「エ」という言葉を発音するように、口を横へ引いた状態にする 下の唇を内側に巻き込むようにする マウスピースの先端から約1cmの部分を下唇の上に乗せる 軽く微笑むようにして口を閉じる 口を閉じるときは、力を入れてリードを潰してしまわないように気をつけましょう。マウスピースをくわえた後は、リードが振動するポイントを探しながら息を入れていきます。なお、このとき横から空気が漏れないよう注意してください。うまくリードが振動すると音が鳴るので、何度も音を出しながら吹き方を覚えていきましょう。 初心者がクラリネットを吹けるようになるための練習方法 以下では、クラリネット初心者が楽曲を吹けるようになるまでの練習方法について、セッティングの段階から詳しく説明していきます。 1. 本体を組み立てる まずは接合部分のコルクに薄くグリスを塗り、バレルと上管、ベルと下管、上管と下管を組み立てます。グリスを毎回塗る必要はなく、クラリネットを購入したときや、組み立てで軋みを感じたときに塗るようにしてください。 なお、上管や下管を持つとき、キーに余計な力が加わってしまうと不具合や破損の原因となるため注意が必要です。できるだけキーの部分は握らないようにして組み立てましょう。 2. リードをつける […]