中国語レッスン

愛知県名古屋市 中区
中国語レッスンのプロが近くにいます

プロの探し方

Supporters

愛知県名古屋市 中区の中国語教室のプロ一覧

愛知県一宮市

評価5件

4.4

初心者でも優しく教えます!

初心者でも優しく教えます! 仕事や家事の合間にレッスンを受けられる方が多いです! 一宮市で中国語教えています 指導歴1年

ミンメイ中国語教室の中国語レッスンに関するレビュー

4.4

2021/05

最初に読み・書き・聞きのどれを特に覚えたいかを聞いて下さったので助かりました。 レッスンの際も都度進行が早くないか確認して頂いているので分からないまま進んでしまうこともないと思います。ありがとうございます。

愛知県名古屋市 西区
女性、明るい、笑顔、5年経験

一言PR 現在グローバル企業で海外営業を担当しております。ビジネス書類の翻訳、通訳、中国語レッスン等、あなたのご希望に応じてサービス提供いたします。 実績 現在の仕事場で海外営業しながら、特別対応で契約書の翻訳、幹部の通訳実績5年間あります!

中国語教室関連の最新記事

2021/04/15

中国語を独学でマスターする!おすすめの勉強方法やテキストをご紹介

近年、自身のキャリアアップや交流などを目的に、中国語を学ぶ方が増えています。新しい言葉を習得するのはなかなか難しいものですが、効果的な方法を実践すれば大丈夫。独学でも中国語が上達することは可能です。今回の記事では、中国を独学で学ぶために必要な準備や、勉強方法、おすすめのテキストなどを紹介していきます。 目次 中国を独学で学ぶことは可能? 中国語を独学で学ぶ際の3つの準備 目標設定 教材の入手 学習スケジュールの設計 中国語を効率よく独学で学ぶ方法 【発音】の勉強方法 【文法】の勉強方法 【単語】の勉強方法 【フレーズ】の勉強方法 独学以外で中国語を学ぶ3つの方法 中国語教室や専門学校に通う オンラインレッスンで学ぶ 語学留学に行く まとめ 中国を独学で身に付けたい! 独学でも中国語を学ぶことは可能ですが、中には独学だと身につけるのに時間がかかってしまう分野も。独学で勉強しやすい分野と勉強しにくい分野について、以下で説明していきます。 インプット学習は独学でも十分可能 中国語におけるインプット学習とは、文法・単語・フレーズ(定型文)・リスニング・リーディングの分野を学ぶこと。インプット学習は、テキストを読んだりCD音源で中国語を聴いたりと、独学でもできる内容になっています。 そのため、 ・「中国語の文章が読めるようになりたい」・「中国語を聞き取れるようになりたい」 といった目的であれば、独学でも十分可能と言えるでしょう。 アウトプット学習は独学だと難しい部分がある 一方、アウトプット学習は独学だとマスターするのに時間がかかってしまうかもしれません。中国語におけるアウトプット学習は、発音・スピーキング・ライティングの分野について学ぶことを指します。アウトプット学習の内容は実際に中国語で会話をしたり、自分で書いた文章を添削してもらったりというもの。つまり、自分一人で学ぶには難しい内容となっているのです。 「中国語で会話できるようになりたい」「中国語で文章が書けるようになりたい」 こうした目的で中国語を学ぶ場合、独学でマスターするのは難しいと感じることがあるでしょう。 工夫すればアウトプット学習も独学で可能 上記では、独学だとアウトプット学習を行うのは難しいと説明しました。しかし、工夫次第では、独学である程度のアウトプット学習を行うことができるでしょう。 例えば、音声教材を使ってシャドーイング・リピーティングを行うことで、スピーキングの練習になります。 また、「Hello Talk」といった言語学習アプリを使えば、書いた文章を他のユーザーが添削してくれることも。アプリの中には音声データのやり取りができるものもあるため、発音もチェックしてもらうことができます。 このように、勉強方法を工夫することで、独学でもアウトプット学習を行うことはできるでしょう。 中国語を独学で学ぶ際の3つの準備 中国語を独学で学ぶにしろ、何からすればいいか分からないという方も多いでしょう。ここからは、中国語を独学で学ぶ際に準備すべきことについて紹介していきます。 1. 目標設定 まず最初に、目標を立てることが重要です。やみくもに勉強するのではなく、いつまでに何ができるようになりたいか、具体的なゴールを設定しましょう。目標を立てることで、モチベーションを高く保って勉強に打ち込めます。以下で、目標を設定するときのポイントを見ていきましょう。 長期目標・中期目標・短期目標の3つに分ける 目標設定をするときは、長期目標・中期目標・短期目標の3段階で考えるようにしましょう。なぜなら、達成まで時間がかかる目標のみだと途中でモチベーションを失いやすく、反対に簡単な目標ばかりでは達成感を得にくいためです。 1つの長期目標を立てて、それを達成するために必要なポイントを中期目標・短期目標で設定すると良いでしょう。目標の具体例として、次のようなものが挙げられます。 ・長期目標:中国語の映画を字幕なしで見られるようになる(1年半後)・中期目標:中国語で日常会話ができるようになる(9ヶ月後)・短期目標:入門テキストの内容を全て理解できるようになる(3ヶ月後) このように、目標は3段階で立てるようにしましょう。 検定合格を目標にする 具体的な目標として、「検定合格」を設定するのもおすすめ。初心者であれば、中国語検定4級に合格することが目標となるでしょう。 中国語検定の4級は「中国語の基本が分かっている」という証明になるため、最初の目標に最適です。中国語検定4級に合格するには、基本的な文法ルールは全て覚え、単語も1,000語近く理解しておく必要が。決して簡単ではない分、合格できたときの達成感は大きいでしょう。 また、中国語検定のほかに「HSK」と呼ばれる中国語の検定があり、こちらは世界共通のため、より実用的な内容となっています。ネイティブに通じる中国語を身に付けたいのであれば、HSKを受験するのがおすすめでしょう。 2. 教材の入手 目標を設定した後は、教科書・参考書といったテキストや問題集などの教材を入手しましょう。特にCD音源つきのテキストであれば、中国語を耳で覚えることにつながり、シャドーイングやリピーティングの練習になるため効果的です。 また、検定合格を目標にするのであれば、過去問や検定の攻略に特化したテキストを購入するのも良いでしょう。 以下では、初心者におすすめのテキストをいくつか紹介していきます。 基本がわかる はじめての中国語【基礎】 […]