大学受験の家庭教師
  1. ゼヒトモ
  2. 習い事
  3. 学習
  4. 受験対策・受験勉強
  5. 大学受験の家庭教師
  6. 茨城県内の近くの大学受験の家庭教師のプロを探す

茨城県の大学受験の家庭教師のプロ一覧

対応可能エリア茨城県

Q:難関大学の受験対策もできますか? A:もちろん可能です。今までには京都府立医科、埼玉医科のほかに、北海道大学などの有名国立大学の合格者も輩出しています。まずは共通テストで高得点を取ることを目指します。

Q:推薦入試やAO入試対策、小論文などの指導もお願いできますか? A:学科試験以外の入試対策もお任せください。 推薦入試やAO入試では、学科試験とは異なるスキルが求められます。小論文や面接の指導だけでなく、志望理由書の書き方のアドバイスや添削も行います。

現役の高校生はもちろん、いわゆる浪人生や社会人の方からのご依頼も、ほぼ毎年あります。 現状の学力、目標とする大学の難易度や科目、将来の進路を踏まえて、ひとりひとりに合った方針を策定し、随時見直しながら指導を行っていきます。

高3になってから理転して理系の大学に現役合格したMさん:学校の文理コース選択の時点では志望校が固まっていなかったため、学校の先生に勧められるままに何となく文系コースを選んでしまったそうです。高3になって本格的に受験勉強をする中で、宇宙開発に興味があることに気づき、理系の大学を受験することにしました。文系コースを選んでしまったので学校では物理や数学3は教わることができないため、これら2科目は6月からえまじゅくのみで指導しました。かなり厳しいスケジュールでしたが、本人のがんばりもあり、何とか入試に間に合わせることができ、現役で第一志望の理系の大学に入学することができました。 英語が苦手で大学受験を諦めかけたYくん:数学や物理などの「理系科目」は得意なものの、英語が壊滅的にできなかった生徒さんです。高3はじめの時点では、be動詞の形や進行形などの中学初歩の文法もわからず、単語力もゼロのようなものでした。大学入試で英語を使わなくて良いところはほとんどないため、本人は諦めムードでしたが、親御さんの強い勧めで「最後の望み」といった様子で、えまじゅくで勉強するようになりました。英文法の法則を論理的に隅々まで解説しながら練習してもらったところ、Yくんは論理的思考力は非凡なものがあり、中学から高校までの英文法は半年程度で一通りマスターすることができました。文法の勉強をする過程で単語力も向上し、英語の偏差値は30程度→55以上と急上昇しました。英語以外の科目の成績はもともと良好だったため、最終的には、「ダメ元」で出願した国立大学に見事合格することができました。

本人の希望を叶えることが第一です。 例えば、学校のコース選択後にやりたいことが見つかった生徒さんの場合、自分の希望する学部に行くために必要な科目を学校で教えてもらえないケースがあります。特に「理転」は、学校によって強く拒否や妨害されることがあります。そんな場合でも、本人の希望が叶えられるよう、できる限りのサポートをします。

その他特長などの紹介

通常の大学入試対策以外に、専門学校受験、英検や簿記、公務員試験などの資格試験対策でも実績があります。大学再入学を目指す大学生や社会人の方での実績も多数あります。 NTT様の「まなびポケット」でも提供されている学校向け英語サービスのEEvideoの開発にも関わっていますので、えまじゅくの生徒さんはこのEEvideoを無料でご利用いただけます。EEvideoを題材として英語の授業を行う場合もあります。 参考URL→https://www.eevideo.net/m-pocket/index.html 単に勉強を教えるだけでなく、進路や学校生活の相談にも乗ります。 自分自身も、高校時代にドロップアウトしかかった時期もあり、全国トップクラスの成績を残した時期もあり、いろいろなことに悩み試行錯誤し、成功も失敗もしながら今に至ります。 良いときも悪いときも経験したからこそ、様々な生徒さんに効果的に対応できると思います。 他塾・家庭教師との併用や比較も大歓迎です。無料体験授業も行っています。比べてください。

どこでサービスを受けますか?
先生が生徒のもとへいく(出張), 生徒が先生のもとへいく(通い), オンライン
教わりたい学習科目をお知らせください
現代文, 小論文, 英語, 数学Ⅰ/Ⅱ, 数学A/B, 物理, 化学, 生物・地学

大学受験の家庭教師関連の最新記事

2021/07/01
高校生の塾選び、先生選びのポイント4点【専門家監修】

高校生の塾選びに際して、先生の選び方や勉強方法は?という視点で解説します。 「大学受験とは何か?」というポイントから、大学受験のタイミングで一気に広がる進路の選択肢について、どのような大学があり、どんな特色があるのかも理解しましょう。 高校生の3年間はすぐに過ぎます。高校入学と同時に大学受験の