給湯器交換の費用相場は?

2023/10/16
給湯器交換の費用相場は?

給湯器は料理やお風呂など生活を行う上で必要な機器です。 長年使用しているとさまざまなトラブルや部品の故障などが発生し給湯器の交換を考えている方もいるのではないでしょうか。 そもそも給湯器を交換をしたことがないと給湯器交換の費用相場が分からず、不安になることも..。

今回は給湯器の費用がどれくらいなのか、給湯器の寿命や耐用年数、給湯器の価格を決めるポイントや給湯器、業者の選び方、費用別の施工事例を解説します。


「給湯器交換の費用相場を知りたい」
「給湯器の耐用年数を知りたい」
「給湯器の選び方を知りたい」


方は是非ご覧ください!

給湯器交換の費用相場

給湯器交換の費用相場は以下となります。

ガス給湯器の場合

【ガス】費用相場
ガス給湯専用6〜8万円
ガス給湯+追い焚き11~14万円
ガス給湯+追い焚き+暖房(エコジョーズ)15〜23万円

灯油給湯器の場合

【灯油】費用相場
灯油給湯専門5.5〜7万円
灯油給湯+追い焚き10〜14万円
灯油給湯+追い焚き+暖房(エコフィール)15〜21万円

電気給湯器の場合

【電気】費用相場
電気給湯器6〜8万円
電気給湯+追い焚き10〜14万円
電気お湯張り+保温+足し湯(エコキュート)16〜23万円

給湯器はガス、灯油、電気の種類や追い炊き、暖房などの機能をつけるかどうかで値段が変わります。

給湯器の価格を決める4つのポイント

給湯器価格は号数機能タイプ種類の4つのポイントで決まります。

号数

給湯器の号数は「1分間に水温+25℃のお湯を何リットル作れるか」をあらわしています。例えば、1分間に20Lのお湯をだせる給湯器の号数は20号です。給湯器の号数が大きければ大きいほど価格が高くなる傾向があります。

号数の種類と号数に応じたおすすめの家族人数、季節ごとに沸かせるお湯の量を表にまとめました。

号数に応じたおすすめの世帯数水温17度、設定温度42度の場合(春~秋)水温5度、設定温度42度の場合(冬)
16号単身世帯16リットル11リットル
20号2人家族世帯20リットル13リットル
24号4人家族24リットル17リットル

世帯数はあくまでも目安です。住まいで使用するお湯の量に応じて号数の変更を行いましょう。

給湯器の号数の確認方法

家庭の給湯器の号数は、給湯器本体正面に貼ってあるシールに書いてあります。給湯器を交換する際は、事前に号数の確認を行いましょう。

引用元:機器の型番やガスの種類はどこを見ればわかりますか? | リンナイ|Q&A(よくあるお問い合わせ) (rinnai.co.jp)

機能

給湯器は同じ号数でも、追い炊きや暖房などの機能をつけるかで金額が大幅に変わってきます。 給湯器購入を検討する際には自分の家に適した機能を持つ給湯器を選びましょう。

タイプ

給湯器にはオート、フルオートの2つのタイプがあります。

オート

ボタン一つで湯はり、追い炊き、保温を行う給湯器のタイプです。

フルオート

ボタン一つで湯はり、追い炊き、保温、配管の自動洗浄をおこなう給湯器のタイプです。 フルオートの場合はボタンを押さずに自動でたし湯、配管洗浄を行います。

フルオートは自動でたし湯、配管洗浄ができる分オートより1万円ほど高くなります。たし湯機能を付けたい、配管掃除を自動で行いたい方はフルオートタイプを検討しましょう。

種類(一般的な給湯器かエコジョーズか)

エコジョーズは従来よりもガス量が少なくお湯を沸かすことができる給湯器です。 従来の給湯器に比べコンパクト設計で狭い場所にも設置が可能です。 省エネのため環境にも優しいといった特徴がみられます。 エコジョーズの交換費用相場は15万円〜23万円ですがガス料金が下がるため、環境に配慮したい、後々のランニングコストの負担を減らしたい方におすすめです。

給湯器の寿命や耐用年数

給湯器の耐用年数は約10年です。 給湯器の部品は10年で製造を終了するため、給湯器購入から10年経っている場合は、修理ではなく交換を検討しましょう。また、10年経っていない場合でも、給湯器に劣化や異常、不具合を感じた場合は修理・交換を選択肢においておきましょう。

給湯器を交換した方がいいケース

給湯器を交換した方がいいケースとして以下のようなものがあります。 給湯器交換の目安として参考にしてください。

・使用しているときに大きな音がする

・給湯器から水漏れがおこる

・においがする

・お湯の温度が安定しづらい

・サビがでてくる

・エラー表示が出る

給湯器の工事費用の内訳

給湯器の工事費用の平均内訳を紹介します。

給湯器の工事内訳費用相場費用相場
・取り付け、交換の工事費3~5万円
・給湯、ガス、給水、追い焚き管の接続工事費 0.5~1万円
・リモコンの接続工事費1万円
・出張費伺う地域に応じて変動
・使っていた給湯器の撤去、廃材処分費 0.5~1万円
・点火試験費無料

取り付け、交換の工事費に給湯、ガス、給水、追い焚き管の接続工事費、リモコンの接続工事費、出張費、使っていた給湯器の撤去、廃材処分費、点火試験費の費用が含まれている場合が多いです。

給湯器交換で発生するオプション費用

給湯器交換にはオプション費用が発生する場合があります。
オプション費用の目安を紹介します。

追加費用で発生する工事費用相場
・配管カバー交換0.4~1万円
・ガスホース交換0.5〜1.2万円
・据置台交換0.7~1万円
・排気カバー交換0.4~2.2万円
・PSアダプター設置0.5~1.7万円
・高所作業費2.6万円程度
・狭所作業費1万円程度

\ 無料でピッタリのプロと出会える /

【費用別】給湯器交換の施工事例

ここではゼヒトモのプロによる「給湯器交換の施工事例」を費用別でまとめています。
実際にかかった費用も掲載しますので、ぜひ参考にしてください。

【10万円未満】の給湯器交換

>>この事例のプロ(E-Works)を詳しく見る

>>この事例のプロ(東芝ストアcocoroaグループ)を詳しく見

【10万円以上20万円未満】の給湯器交換

>>この事例のプロ(AOBI TECH株式会社)を詳しく見る

>>この事例のプロ(株式会社AQUALAB)を詳しく見る

【20万円以上30万円未満】の給湯器交換

>>この事例のプロ(株式会社ホーダイホーム)を詳しく見る

>>この事例のプロ(株式会社ホーダイホーム)を詳しく見る

【30万円以上】の給湯器交換

>>この事例のプロ(アクアネット株式会社)を詳しく見る

>>この事例のプロ(株式会社エルポイント)を詳しく見る

給湯器を交換する時の選び方

給湯器交換を行う際は以下の点を踏まえて新しい給湯器を選ぶことをおすすめします。

設置場所のチェック

給湯器には据え置きタイプと壁掛けタイプがあります。

据え置きタイプ

ブロックやコンクリートなど台の上においてあるタイプになります。 配管部分が横にあり、戸建ての屋外に設置されることが多いです。壁に設置されていないため、壁の負担が少なくすみます。

壁掛けタイプ

壁に給湯器を設置するタイプになります。配管部分が給湯器本体の下側にあり、マンションのベランダ、戸建ての外壁に取り付けられることが多いです。

据え置きタイプは壁掛けタイプよりもサイズが大きくなります。 住まいによっては据え置きタイプを置くことが出来ない場合もありますので事前に設置場所を確認しましょう。

サイズ(号数)に注意する

給湯器は号数によってサイズが異なります。 号数が大きくなるとサイズも大きくなるため、号数を変更する場合は設置場所に置くことができるかどうか確認しましょう。

燃料費を比較する

給湯器にはガス、灯油、電気の種類があります。 本体価格はガス給湯器が安いものの、寒冷地ではランニングコストの安い石油給湯器、都市ガスを使用している場合はガス給湯器がおすすめです。 住んでいる地域の環境や状況に合わせて、給湯器を選びましょう。

予算を決めておく

給湯器交換は、本体交換および追加の費用を合わせるとかなり高い金額になります。設置場所のサイズや給湯器の性能、給湯器のタイプに合わせて予算を事前に設定することが重要です。

機能で選ぶ

給湯器は追い炊き、暖房などの機能があります。 自身の予算や居住地の状況に合わせ、給湯器を選びましょう。

好みのメーカーを絞る

現在給湯器はリンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス の4つのメーカーから発売されています。 給湯器の機種デザインや企業の特徴をみて自分に合った給湯器の製品を選択しましょう。

給湯器の交換業者を選ぶ基準

給湯器の交換業者を選ぶ基準は見積りが明瞭か有資格者がいるかどうか保証やアフターサービスの3つがあります。

明瞭な見積もり

見積もり書の内容に不明な点がないか確認を行いましょう。 見積もり時点で金額が明確であるといくらかかるのか事前に把握することができ、作業日に余分な追加費用がかかりません。

有資格者はいるか

給湯器交換を行うためには資格が必要です。 液化石油ガス設備士やガス機器設置スペシャリスト 、 ガス消費機器設置工事監督者などの給湯器交換に必要な資格を持っているか確認を行いましょう。

保証やアフターサービス

給湯器の設置後、点検を無料で行ってくれるのか、保証期間が何年なのか知っておくことで安心してお願いすることができます。

給湯器交換を安く抑えるコツ

給湯器を安く抑えるには、号数を小さくする助成金を活用する相見積もりをとるの3つのコツがあります。

号数を小さくする

号数を小さくすることで、ランニングコストを減らすことができます。ご自身の家族構成に合わせて判断をしましょう。

補助金を活用する

給湯器交換は、自治体や国の補助金を活用できる可能性があります。 給湯器交換に活用できる補助金制度を紹介します。

高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金

「高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金」は、家庭のエネルギー効率を高めるための高効率給湯器の導入を支援し、2030年度のエネルギー目標達成を目指す給湯省エネ事業の補助金です。

名称高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
対象機器エネファーム、ハイブリッド給湯機、エコキュート
補助額家庭用燃料電池(エネファーム)ー15万円/台ハイブリッド給湯機ー5万円/台エコキュートー5万円/台
出展:事業概要|給湯省エネ事業【公式】 (meti.go.jp)

こどもエコすまい支援事業

「こどもエコすまい支援事業」は、子育て世帯や若者夫婦世帯を対象に、高省エネの新築住宅取得や省エネ改修の支援を行うことで、省エネ投資を促進し、2050年のカーボンニュートラル実現を目指す事業です。

名称こどもエコすまい支援事業
対象機器エコキュート エコジョーズ エコフィール ハイブリッド給湯器
補助額2.7万円
出展:エコ住宅設備の設置【リフォーム】|こどもエコすまい支援事業【公式】 (mlit.go.jp)

【自治体】給湯器補助金

各自治体にも補助金がある場合があります。 例として東京都新宿区の新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度を紹介します。

名称新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度
対象機器エコキュート
補助額10万円
出展:令和5年度 新宿区省エネルギー及び創エネルギー機器等補助制度のご案内(個人住宅・集合住宅・事業所):新宿区 (shinjuku.lg.jp)

補助金によっては予算上限に達したため、受付を終了している場合があります。
補助金の申請を検討する際は、早めに申請を行いましょう。

相見積もりをとる

給湯器交換は業者によって費用が異なるため、複数業者から見積もりをとった上で、詳細も細かく比較検討するようにしましょう。また、相見積もりを依頼する際は、必ずどの業者にも同様の内容で見積もりを依頼することも必須です!

ちなみに何件も見積もりを依頼するのは手間で面倒だと思っている方には!

「ゼヒトモ」の利用がおすすめです。1回の依頼で最大5社から提案をもらうことができますので、上手に活用しましょう。

利用者からの声

給湯器交換で人気が高いプロをご紹介します。

●このプロに決めた理由を教えてください
スピーディー
●プロの人柄がわかる出来事があれば教えてください
凄いご親切な職人さん
●サービス内容はいかがでしたか?具体的によかった点があれば教えてください
仕事内容大変満足です!

>>このプロを詳しく見る

●このプロのおすすめポイントを教えてください
対応が早い。それに、納得できる工事内容や商品を提案してくれた。
●このプロに決めた理由を教えてください
2パターンの提案をしてくれてメリット、デメリットを教えてくれた。要点を伝えてくれて、わかりやすいし、今後の工事の参考も教えてくれた。今後ともお願いしたいと思う。
●このプロに改善してほしいところを教えてください
休む時は休んでください。暑いときに休憩なく仕事してくれるので

>>このプロを詳しく見る

この度は石油給湯器とタンクの交換をして頂き、ありがとうございました。こまめに、そして丁寧に ご連絡を頂けました。交換に来て頂いた職人さん達も好感度大です。また機会があればお願いしたいと思っています。

>>このプロを詳しく見る

ゼヒトモで給湯器交換のプロを探す

今回は、給湯器交換をご検討されている方に向けて給湯器交換の費用相場、施工事例などを説明しました。 給湯器交換は業者によって見積もりの方法が変わってきます。費用を抑えるためには、見積もりを複数とったり、近場の業者に依頼したりすることが大切です。

●どこに依頼したらいいのかわからない
●近くの給湯器交換業者を探したい
●給湯器交換について相談したい
●まとめて給湯器交換の見積もりを取りたい

そんな方にぜひ活用してほしいのが「ゼヒトモ」。ゼヒトモには豊富な実績と知識をもった給湯器交換専門のプロがたくさんいます。


いくつかの質問に答えるだけで、簡単にあなたの希望にあったプロを見つけることができる(無料)ので、給湯器交換を考えている方はぜひお気軽にご利用ください!

\ 無料でピッタリのプロと出会える /

給湯器交換関連の最新記事

2023/12/15
【2023年度版】エコキュートの買い替え費用は?選び方のコツや補助金について

エコキュートには耐用年数があり、定期的に買い替えることが好ましいとされています。実際に買い替えることで、電気代が安くなったり、最新機能を利用できるようになったりします。とはいえ、どのようなタイミングで買い替えれば良いのか […]

2023/08/23
給湯器の交換費用と配管~仕組みや工事業者選びについて

給湯器は日常生活に欠かせないものですが、残念ながら10年程度で寿命と言われています。給湯器の交換はみんなが経験することですが、その費用相場や給湯器の配管がどうなっているのか、どのような仕組みになっているのか知りたくありま […]

もっと見る

あなたのお困りごとをプロに相談してみよう

STEP 1:簡単無料依頼

2分でスマホやPCで簡単に依頼内容を入力します。

STEP 2:提案を受ける

最大5人のプロから提案を受けられます。あなたの条件に合うプロを採用してください。

STEP 3:交渉成立

プロと相談した場所・日時・値段で依頼したサービスを受ける。

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

関連サービスからプロを探す