1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. リフォーム
  4. トイレ・洗面所
  5. トイレリフォーム業者
  6. トイレが流れない時にするべき「6つ」のポイント

トイレが流れない時にするべき「6つ」のポイント

05/04/2019

トイレリフォーム
FacebookTwitter

トイレがスムーズに流れづらくなった、流すときに引っかかりを感じるなどの症状が現れたら、どこかが詰まっているのかもしれません。日々使用するからこそ問題は早めに解決したいものです。それぞれの症状を見極めて、それぞれにあった解消法を見つけましょう。

1:トイレ詰まりの症状

まずは、トイレ詰まりの症状を具体的に確認しましょう。

(1)便器の流れが悪い

トイレ使用後、水を流した際に、タンクからは正常に流れてくるが、便器での流れがイマイチ悪いという症状です。

水は流れるには流れるが時間がちょっとかかる、一旦少し水位が上がるなどの現象が見られるのがこのケースです。

この症状はトイレ詰まりの軽度な症状といえます。

何らかの理由で、便器または排水管に異物があり、それが水の流れを妨げていると推測されます。一部の水路をふさいでいるに過ぎないので、スムーズではないけど、とりあえず水は流れるという状態です。
使用することはできるので、見過ごしてしまう可能性もありますが、放置すると状態の悪化につながります。

(2)流したときに水位が高くなる

トイレ使用後、水を流した際に正常であれば、水位が上昇することなく流れていくところですが、流れにくい上に次第に水位が上昇してしまうという症状です。この症状がいわゆるトイレ詰まりの典型的な症状といえます。

この症状の原因は、多くの場合、便器の中、また、便器の後工程になる排水管に異物が詰まっている可能性が高いです。

どのような異物が詰まっているか、どこの場所の詰まっているのか、そしてどの程度の詰まり具合かによって、直し方(対処法、解消法)が異なります。

このような場合、まずは水位の変化を見守りましょう。

次第に水位が下がるようであれば、詰まりはしているものの、まだわずかに水が流れる隙間が存在していると言うことです。水位が変わらないのであれば、完全に詰まってしまっているということになります。

(3)タンクからの水流が少ない

トイレ使用後にレバーを引き、水を流してみたが「水の勢いが弱い」と感じたら、しっかり流れていないということが考えられます。そのような場合は、便器に問題があるのではなく、水をためているタンク側に原因があるケースが多いです。

水洗トイレのタンクは、便器へ流す水を一旦ため込み、用便後に、レバーを引くことによって、便器に流れ込む仕組みになっています。タンクからの水が弱いということは、もともとタンクにしっかり基準の水位が溜まっていないか、それとも、レバーをひいた際に、タンクから便器への水の流れを妨げている何かがあるか、ということになります。

これは便器内で詰まりを起こす直接的な原因ではないのですが、水圧が足りずに排水管や便器内部で詰まりを起こす危険性を高めます。

水流が少ない場合はフロート弁(ゴムフロート)が機能していない、などのタンク内部の問題が起こっている可能性があり、タンクの内部を修理する必要があります。

タンクに水がたまらない場合の対処を行なって、十分な水量が保てる状態にしましょう。そして、作業の際には止水栓を締めることを忘れないようにしましょう。

また、明らかにタンクの水が便器内に流れっぱなしになっている場合は、すぐに対処しないと高額な水道料金を支払うことになりかねませんので、なるべく早く原因を特定して対処しましょう。タンクでチョロチョロと音がするという場合でも、月に2000円ほどの無駄な水道代が発生しますので注意が必要です。

(4)水を流したときの異音

トイレで水を流したら「ポコポコ」「ボコボコ」などと音がする場合は要注意です。多くの場合、異音を発生している箇所で不具合が生じています。

水を流した時、便器の中で、ポコポコなどの音がする場合は、便器の中に何かしら異物があり、それが、水流を邪魔して異音になっているケースが多いです。

これは、便器ではなく排水管に何か異変が生じていることが考えられます。

この場合は、自力で何とかせずに専門業者に修理や相談をした方が良いでしょう。

2:トイレ詰まりの解消法

続いて、トイレ詰まりの解消法を紹介していきます。

(1)バケツで水を流す

トイレットペーパーなど、本来水に溶けるはずのものが詰まってしまった場合に効果的な方法です。本来溶けるはずのものが溶けていないということは、塊になっていたりして溶けづらい状態にあると考えられます。

バケツで水をジョロジョロと滝のように落とす方法で、便座の中に水の動きや隙間を作り出して、溶けやすくしてあげるイメージです。

排水口に向けて、少し高めの場所から注ぎ入れるようにジョロジョロと流します。バケツでなくても大きめのペットボトルでもいいですし、トイレ近くに水栓があればホースでも同じ効果が見込めます。

詰まっている箇所に水の動きを与える方法なので、便器の中の水位が高い状態のままでバケツから水を流しても、水が多すぎて詰まっている箇所までは影響を与えられません。

水位が高くなって水が溢れ出しそうであれば、水を流す前にバケツやポンプで水を汲み出して減らしてから行います。

バケツで水を流していくと、詰まっているうちは水位が上がってきますが、詰まりの原因物質が溶けて(ほどけて)いけば、バケツの水も溜まらずに流れていくようになります。

詰まりが解消すれば、バケツで水を入れても水位が正常を保つようになりますので、それまではレバーで水を流さないようにしましょう。

(2)ぬるま湯を入れる

ふやかすだけならお湯の温度は高い方が早く効果が出ますが、トイレ自体が温度に耐えられずヒビ割れしてしまう恐れがあります。触れるくらいのお湯で、50度くらいまでにしましょう。

このポイントを守らなければ、ひび割れの修理やトイレ本体の買い換えの必要が発生してしまいますので注意してください。

お湯というだけでもトイレットペーパーはふやけやすくなっていますが、バケツで水を流す方法と同じように、なるべく高い場所から注ぎ入れましょう。

30分ほどそのままにして、またお湯を流すを繰り返すのも効果的です。早く水に溶けるように市販の洗浄剤を一緒に使う方法もあります。

もし自宅に重曹があれば、洗浄剤の代わりに重曹とお酢を1:2の割合で便器に入れて待つことで、お湯だけよりは多少効果が上がります。

(3)ラバーカップを使用する

トイレの詰まりといえば、多くの人が最初に思い浮かべるのがラバーカップです。棒状の取っ手に、ゴム製の半球がついています。ゴムが戻る力で空気を動かして水流を作り出します。

便座の周囲に汚水が飛び散るのを防ぐために、透明のビニールシートの真ん中に穴を開けて、そこにラバーカップの柄を通します。

便器の排水口の部分に隙間ができないようにラバーカップを付けて、まずゆっくりと排水口に向かって押し、そのあと勢いよく引き抜いて下さい。排水構口に排水が引き込まれるようになるまで、この作業を繰り返して下さい。

トイレットペーパー以外のものが排水口に詰まっている場合は、配管が詰まってしまう可能性がありますので、詰まりの原因を押し流してしまうのではなく、便器内に引き戻すようにして下さい。

水が便器内に溢れて、便器内の水位が上昇している場合は、ラバーカップを押し込んでしまうと、タンクの排水弁が開いてさらに汚水が便器内に入り込んで溢れてしまう可能性があります。

その場合は、バケツで汲み出したり、手動のポンプを使うなどして水位を下げてから使用をして下さい。

ラバーカップを使っても詰まりが取れない場合は、専門の業者を呼ぶのが賢明です。

(4)ワイヤーブラシを使用する

トイレの詰まりがラバーカップや真空式パイプクリーナーで解消されない場合は、ワイヤーブラシで取り除くという方法があります。

ワイヤーブラシというと一般的には針金を束ねたクシのようなものを想像しますが、排水管の掃除に使用するワイヤーブラシは細長い金属のバネのようなもので、先端部分がバラけています。この先端部分が排水管の内部を通過する際に詰まっている異物を崩したりすることで詰まりを解消します。

水道工事の専門業者でも扱いが難しい器具ですが、使えればトイレだけでなくあらゆる排水管の清掃ができるようになります。

うまく使用できず詰まりが解消されない場合も多いので、この方法は詰まり症状がかなり困難な場合にのみ使うようにしましょう。

(5)高圧洗浄機

高圧洗浄機は水を噴射して掃除する機械です。

トイレで使用すると、ほぼ確実に汚水が跳ね返ってきます。まずはゴミ袋などに穴を開けたものを水除として作り、トイレに被せて汚物の飛び散りを防ぎましょう。

洗車や外壁掃除用の家庭用高圧洗浄機を使用したい場合は、配管洗浄用のホースに付け替えて使用します。

(6)便器を取り外す

トイレの詰まりの修理するための方法として、最後に紹介するのは、便器自体を床から取り外す方法です。

ここまでくると専門業者のレベルですので、自信がなければ無理せず業者に依頼するようにしましょう。

取り外し方は各メーカーによって異なるので、説明書を確認するようにしましょう。

なお、全ての水まわり修理・工事に共通ですが、水が出ないようにすることが大前提です。

元栓をドライバーで締め、タンク内の水は灯油ポンプなどを使って抜き出します。同時に便器に残っている水も抜き出して、初めて作業に取り掛かることができます。

困った時は専門業者・プロへの依頼を

トイレの詰まり対策は、様々な知識を動員して各ご家庭で行うことが可能です。しかし、個人での対策には限界もあります。そんなときはトイレ修理のプロに依頼してみましょう。

ゼヒトモにはたくさんのトイレ修理のプロがいます。あなたに最適なプロを紹介します。

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

トイレリフォーム関連の最新記事

2022/06/27

トイレリフォームの相場はどのくらい?そろそろ交換を考えている方に

私たちの日常生活において欠かせない、トイレ。「古くなったから取り替えたい」「もっと便利なものを使いたい」と、トイレのリフォームを検討される方もいるのではないでしょうか。そこで今回の記事では、トイレリフォームにおける相場や、費用を抑えるコツなどを解説します。おすすめのトイレリフォーム業者も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。 トイレリフォームの費用相場 まず、一番知っておきたいトイレリフォームの費用についてです。費用は、主に「トイレ本体の費用」「交換作業にかかる費用」で構成されています。製品(メーカー)やトイレのタイプ、リフォーム内容によって大きく異なります。 金額相場:4万円〜100万円 工事期間:1時間〜7日間 基本的な便器交換であれば、ほぼ10万円以内に収まりますが、大きく内装を変えたりトイレを移設したりするような工事であれば、100万円にまで及ぶようです。では、トイレタイプや工事内容にはどのような種類があるか、各メーカーの特徴や製品相場はどうなのかをご紹介します。 便器のタイプ タンクレス便器 トイレのタンクが付いていない便器で、最近人気が出てきているタイプです。基本的に、ウォシュレット付きとなっています。 【メリット】 タンクのスペースが有効活用できる スタイリッシュで見栄えが良く、圧迫感がない 作りがシンプルなため、掃除がしやすい タンクを付けず水道に直結していることから、水が溜まるのを待たずに連続で水を流せる 【デメリット】 タンクがないため、手洗い場は別途作る必要がある 水道直結のため、停電時は水を流すことができない(一部製品を除く) 水圧が低い場所だと水流が弱い 便座が壊れた場合、本体を丸ごと交換しなければならないこともある タンク付きのものと比べるとやや高め 組み合わせ(タンク付き)便器 一般に、多くの家庭で使われているタイプです。タンク・便器・便座が独立しており、「ウォシュレット付き・なしの便座」「温水便座」「手洗いつきタンク」など、ライフスタイルに合わせて好きなものを組み合わせられます。 【メリット】 各便器の中で比較的安く、製品の数も多い タンク・便器・便座のどれかが壊れた場合、壊れた部分のみを取り替えることができる タンクに水を溜めておけるため、停電時も水を流すことができる 【デメリット】 水を流す時は、タンクに水が溜まるまで待つ必要がある タンクがある分スペースが狭くなり、圧迫感がある 作りが複雑なため、隙間や入り組んだ部分に汚れが溜まりやすく、掃除が大変 一体化便器 組み合わせ便器と同様にタンク・便器・便座があり、それらが独立ではなく一体となっているタイプです。ウォシュレット(温水洗浄)便座が標準となっており、手洗いのあり・なしは選ぶことができます。 【メリット】 つなぎ目が少なく、掃除がしやすい タンクに水を溜めておけるすっきりしたデザインで、見栄えが良い 【デメリット】 タンクに水が溜まるまで流すことができない 一部の部品が壊れた場合、トイレを丸ごと交換しなければならないこともある 樹脂製のタンクとなっており、陶器製のものと比べてつるんとした手触りがない 他のタイプと比べて価格がやや高め 収納一体型便器 タンク部分がキャビネットとなっており、収納スペースと便器が一体化しているタイプです。その見た目はタンクレストイレと近く、キャビネットのカウンター部分に手洗い場を付けられます。 【メリット】 収納スペースが増える タンクや配線、配管を隠すことができ、見た目がスタイリッシュ キャビネットのデザインが豊富で、自分好みの雰囲気を作り出せる 作りがシンプルなため、掃除がしやすい タンクがあるため、水圧が低い場所でも設置できる 【デメリット】 タンクに水が溜まるまで流せない スペースが狭い場所ではキャビネットを設置できない キャビネットがあるぶん、値段がやや高め リフォーム内容 ここからは、リフォームの内容ごとに費用相場と工事にかかる時間・日数を解説していきます。なお、各リフォームの費用相場は本体価格を含めたもので、別途古い便器の処分費用がかかる場合もあります。詳しい内容は直接ご確認ください。 本体の交換(洋式から洋式) […]

2022/06/27

トイレの清掃、実際のところどれくらいの頻度でするべきか

日々必ず使用するトイレは、少しでも清潔で綺麗に使いたいものですが、実際にはどのくらいの頻度で掃除をするのが良いのか。これを把握できていないという人も多いでしょう。毎日できる簡単な掃除方法から月1回程度行いたい大掛かりな掃除、そしてどれくらいの頻度でするべきかを今回はご紹介します <INDEX> 1:トイレ汚れはバクテリアやカビ2:トイレの掃除の頻度3:毎日できる掃除方法4:場所ごとの掃除の頻度 1:トイレ汚れはバクテリアやカビ トイレでよく見るピンク色の汚れや黒ずみの原因は、水道水や空気中に微量に含まれているバクテリア(細菌)やカビ(真菌)です。 これらは人間に害を及ぼすことはあまりありませんが、湿度・温度・栄養の3つの条件を満たすとまたたく間に繁殖し、目に見える汚れになってしまいます。 トイレは尿や便の汚れが付着するので、カビにとっての栄養が豊富なうえ、周囲に水分もあるため、バクテリアやカビが増殖しやすい環境になっているのです。 ピンク色の汚れはバクテリアが繁殖し、バイオフィルムと呼ばれるぬめりを形成した状態です。黒ずみはカビが栄養を取り込んで増殖し、目に見える状態になったもの。どちらも日頃の掃除で簡単に落とすことができるので、こまめな掃除を心がけるべきです。 2:トイレの掃除の頻度 毎日使うトイレはすぐに汚れがたまるので、できれば頻繁に丁寧な掃除をしたいところですが、隅々まで全てを毎日掃除するのは非現実的です。 そこで毎日の「簡単掃除」と、週1回の「入念掃除」を組み合わせることをおすすめします。 毎日の「簡単掃除」では、トイレを使ったあとに「トイレクイックル」などのお掃除シートなどを使って、便器や便座、床、壁など汚れがたまりやすい場所をササッと掃除します。理想としては、便器は毎日掃除をするのが良いですが、「今回は床だけ。次回は便器の外側」と、1回につき1ヶ所だけ掃除すると手間になりません。 こまめに掃除ができる余裕がある場合は、1日1回はトイレ用掃除シートなどで拭きましょう。トイレの隅に掃除シートをボックスごと置いておき、使うたびに家族全員が便座を拭くなど習慣付けが重要です。便座掃除する時は、一緒にトイレのふたも拭くとよいでしょう。なお、温水洗浄便座を拭き掃除するときは、できれば電源を落としてからやると安心です。誤作動も防げます。 そして週末には「入念掃除」で、「簡単掃除」で行き届かない場所を掃除します。盲点になりがちなのが床と壁。さらに、タンク内部も月1回は掃除するのが理想的です。タンク内に水を入れたまま、約120グラムの重曹をタンクに入れて6時間くらい置いておきます。これで内部の汚れが浮いてきますので、スポンジなどで気になるところをこすり洗いして、水を流しましょう。 3:毎日できる掃除方法 「簡単掃除」をする際に以下の4点を注意しておくと、日々汚れが溜まらずに清潔感を保つことができます。 (1)便器のフチ裏の掃除 便器のフチ裏は尿のしぶきが入り込んで、尿石などの汚れができやすい場所です。お掃除シートでフチ裏まで拭き取るようにしましょう。シートで触るのに抵抗があれば、中性洗剤を吹きつけてブラシでこすり洗いをしましょう。 (2)便座の裏の掃除 便座の裏側にも尿のしぶきが入り込んでいます。便座をあげて確認し、拭き忘れがないようにしましょう。 (3)便器と床の境目の掃除 便器の外側でも、床との境目部分は汚れがたまりやすい場所です。お掃除シートをフチに沿って周りをしっかりと拭くようにしましょう。 (4)壁と床の境目の掃除 尿のしぶきは、注意をしていても目に見えずいたるところに飛び散っています。目線より下、特に床と壁の隙間に入り込むので、念入りに拭く必要があります。壁も下のほうにしぶきがつきやすいので、目線よりも下をしっかりと拭きましょう。 4:場所ごとの掃除の頻度 トイレと言ってもさ様々な場所(部位)があります。それぞれの掃除の頻度は以下の通りです。 (1)便器 便器の中の掃除頻度は、1日に1回しましょう。理由は、毎日トイレを使うたびに便器の中にアンモニアが付くためです。その汚れを放置すると、便器の汚れが落ちづらくなり、また黄ばんでしまう恐れもるのです。 そして、便器の外側は、汚れていないように見えて、意外と汚れてます。毎日掃除をするほどではないですが、便器の外の掃除頻度は3日に1回掃除をするようにしましょう。 しかし、トイレの空気中に含まれるアンモニアや、ホコリが付着し汚れてしまう場合もあります。また便器の中には常に水が入っているので、水の温度と空気の温度差で結露することもあります。結露はカビの原因になります。そのため、結露を見つけた際は、すぐに拭き取りましょう。 なお、トイレの便座は、特に便座の裏が汚れています。便座の裏に汚れが付着し放置されると、黄ばんでしまい、すぐに汚れが落ちません。汚れを定着させる前に掃除をし、汚れを除去しましょう。 (2)トイレの床 トイレの床は注意をしていても意外と汚れています。その汚れにホコリが付着して厄介な汚れになってしまうこともあります。 そこで、トイレの床の掃除頻度は、3日に1回掃除をするとよいでしょう。 また、湿度が多いトイレだと床がカビてしまう場合がありますので、湿度の調整や床の拭き掃除もできる限り行うようにしましょう。 (3)トイレの壁 トイレの壁は、一見何も汚れていないように見えますが、実は男性の尿が飛び散っています。当然放置して汚れを落とさないでいると、トイレの壁が黄ばんでしまいます。また、見落としがちですが、トイレの裏の壁がカビているなんて事もあります。そこで、トイレの壁の掃除頻度は、3日に1回掃除を行うとよいでしょう。水回りが近い壁に取ってカビが多いので、念入りに掃除をしましょう。 (4)トイレのタンク トイレのタンクは毎日掃除をする必要はありません。ただし、トイレタンクの中には常に水がありますので、その水で水垢が付く場合もあります。目安として、トイレのタンクの掃除頻度は1ヶ月に1回程度掃除をするとよいでしょう。 (5)トイレの扉 トイレで用を足した後必ず触る場所、そこが扉です。 扉の取っ手を触った後、部屋の物や自身の顔など触るかもしれません。そうすると戸に付着している菌が付いたまま、他のものを触ることになるのです。 せっかくトイレで手を洗っても、戸に汚れがついていたら意味がありません。ですので、トイレの戸を掃除する事はとても大切なのです。 トイレの戸の掃除頻度の目安は1日1回です。 困った時はゼヒトモからプロへの依頼を トイレ掃除は様々な知識を動員して各ご家庭で行うことが可能です。しかし、長年溜まった汚れを中心に、個人での掃除には限界もあります。このような汚れが溜まり始めたら、トイレクリーニングのプロにお願いしましょう。ゼヒトモにはたくさんのトイレクリーニングのプロがいます。あなたにあったトイレクリーニングのプロを紹介します。