1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. リフォーム
  4. トイレ・洗面所
  5. トイレリフォーム業者
  6. トイレリフォームの費用相場と安くするコツを解説

トイレリフォームの費用相場と安くするコツを解説

2021/02/28 2022/10/20
トイレリフォーム
FacebookTwitter

トイレは私たちの日常生活において欠かせない存在ですが、「古くなったから取り替えたい」や「もっと便利なものを使いたい」と、トイレのリフォームを検討される方もいるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、トイレリフォームにおける相場や費用を抑えるコツなどを解説します。

おすすめのトイレリフォーム業者も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

トイレリフォームの大まかな費用相場

トイレリフォーム 費用相場 

まずトイレのリフォーム費用は、主にトイレ本体の費用と交換作業にかかる費用で構成されています。

ただ、製品(メーカー)やトイレのタイプ、リフォーム内容によって大きく異なります。

例えば基本的な便器交換であれば、ほぼ10万円以内に収まります。

しかし、大きく内装を変えたりトイレを移設したりするような工事であれば、100万円ほどかかるかもしれません。

\  あなたの近くにいいプロいます♪ /

トイレのリフォーム内容ごとの相場はどのくらい?

リフォーム トイレ 内容

ここからは、リフォームの内容ごとに費用相場と工事にかかる時間・日数を解説していきます。

なお、各リフォームの費用相場は本体価格を含めたもので、別途古い便器の処分費用がかかる場合もあります。

本体の交換(洋式から洋式)

洋式から洋式における本体(便器)の交換は、比較的手軽に行うことができます。

センサー付きの自動開閉タイプ・自動洗浄タイプなど、高機能なものほど本体価格が上がり、工事にかかる費用も高くなる傾向です。

  • 費用相場:3万円〜25万円
  • 工事日数:2〜3時間(収納一体型の場合はキャビネットの設置工事があるため、8時間ほどかかる可能性あり)

本体の交換(和式から洋式)

和式から洋式のものに交換する場合、工事が大掛かりとなるため、洋式トイレの交換と比べ、日数も費用も増えます。

  • 費用相場:10万円〜50万円
  • 工事日数:1日〜3日(配管・配電設備の工事も行う場合、1週間近くかかる可能性あり)

内装リフォーム(床・壁)

トイレ本体は交換せず、雰囲気を変えたり防臭効果を高めたりする目的で、壁紙やクロスの張替えのみを行うケースもあります。

  • 床の張替えにおける費用相場:1万円〜10万円
  • 壁紙の張替えにおける費用相場:2.5万円〜5万円
  • 工事日数:1〜2日

本体の交換+内装工事

トイレ本体の交換に加え、床や壁紙といった内装もリフォームする工事です。

  • 費用相場:15万円〜30万円
  • 工事日数:2日〜3日

便座の交換(温水洗浄便座へ交換)

古くなったり、破損したりした便座を交換する工事です。

特に、ウォシュレット付きの便座に交換したいという方が増えています。

  • 費用相場:4万円〜10万円(リモコン・コンセントを増設する場合は+2万円〜4.5万円)
  • 工事日数:1〜2時間(電気工事が入る場合、追加で2時間ほどかかる)

手すりの設置

バリアフリーを目的とした、手すりの設置工事です。

便器で固定するタイプ・壁に取り付けるタイプのどちらかを、利用される方のスタイルに合わせて設置します。

  • 費用相場:1.5万円〜10万円(利用者が要介護認定を受けている場合、費用の9割に補助金が適用される)
  • 工事日数:1時間〜3時間

手洗い場の設置

タンクレストイレや、タンクに手洗い場が付いてない場合の設置工事です。

手洗い場を交換するのであれば、配管工事が不要となるため、費用はそれほど高くなりません。

しかし、手洗い場を新しく設置するのであれば、費用がやや高くなってしまいます。

  • 手洗い場を交換するときの費用相場:4万円〜13万円
  • 新しく取り付けるときの費用相場:7万〜15万円
  • 工事日数:1日〜3日

トイレの移設

バリアフリーを目的としてトイレを1階から2階へ移動させるように、トイレそのものを移動させる工事です。

内装工事や配管工事が含まれるため、費用も工事日数もかかります。

  • 費用相場:40万円〜60万円(新しく設置する場合は100万円まで及ぶ場合も)
  • 工事日数:3日〜7日

トイレのリフォームの相場はマンションだとどうなるの?

マンション トイレ リフォーム 費用 相場

マンションの場合も、上記で紹介した相場とそこまで変わりはありません。

ただし、トイレを増設するリフォームの場合は注意が必要です。

理由として、マンションの排水構造的にできない場合があるためです。

そのため、どうしても増設したいのであれば、給水や排水を確認し、物理的に可能かどうかチェックする必要があります。

また、管理組合に相談したり管理規約を確認したりすることも忘れないようにしましょう。

便器交換なら4種類のタイプをチェックしておこう!

トイレ リフォーム 種類

トイレのリフォームをする際、どのような便器にすればよいか悩むかもしれません。

便器にはタイプがあり、簡単に分けると以下のとおりです。

  • タンクレス便器
  • 組み合わせ(タンク付き)便器
  • 一体化便器
  • 収納一体化便器

それぞれどのようなものなのか、1つずつ見ていきましょう。

タンクレス便器

トイレ リフォーム タンクレス便器

トイレのタンクが付いていない便器で、最近人気が出てきているタイプです。

基本的に、ウォシュレット付きとなっています。

【メリット】

  • タンクのスペースが有効活用できる
  • スタイリッシュで見栄えが良く、圧迫感がない
  • 作りがシンプルなため、掃除がしやすい
  • タンクを付けず水道に直結していることから、水が溜まるのを待たずに連続で水を流せる

【デメリット】

  • タンクがないため、手洗い場は別途作る必要がある
  • 水道直結のため、停電時は水を流すことができない(一部製品を除く)
  • 水圧が低い場所だと水流が弱い
  • 便座が壊れた場合、本体を丸ごと交換しなければならないこともある
  • タンク付きのものと比べるとやや高め

組み合わせ(タンク付き)便器

トイレ 組み合わせ便器 タンク付き リフォーム

一般に、多くの家庭で使われているタイプです。

タンク・便器・便座が独立しており、「ウォシュレット付き・なしの便座」「温水便座」「手洗いつきタンク」など、ライフスタイルに合わせて好きなものを組み合わせられます。

【メリット】

  • 各便器の中で比較的安く、製品の数も多い
  • タンク・便器・便座のどれかが壊れた場合、壊れた部分のみを取り替えることができる
  • タンクに水を溜めておけるため、停電時も水を流すことができる

【デメリット】

  • 水を流す時は、タンクに水が溜まるまで待つ必要がある
  • タンクがある分スペースが狭くなり、圧迫感がある
  • 作りが複雑なため、隙間や入り組んだ部分に汚れが溜まりやすく、掃除が大変

一体化便器

トイレ 一体化便器 リフォーム

組み合わせ便器と同様にタンク・便器・便座があり、それらが独立ではなく一体となっているタイプです。

ウォシュレット(温水洗浄)便座が標準となっており、手洗いの有無は選べます。

【メリット】

  • つなぎ目が少なく、掃除がしやすい
  • タンクに水を溜めておけるすっきりしたデザインで、見栄えが良い

【デメリット】

  • タンクに水が溜まるまで流すことができない
  • 一部の部品が壊れた場合、トイレを丸ごと交換しなければならないこともある
  • 樹脂製のタンクとなっており、陶器製のものと比べてつるんとした手触りがない
  • 他のタイプと比べて価格がやや高め

収納一体型便器

トイレ 収納一体型便器 リフォーム

タンク部分がキャビネットとなっており、収納スペースと便器が一体化しているタイプです。

その見た目はタンクレストイレと近く、キャビネットのカウンター部分に手洗い場を付けられます。

【メリット】

  • 収納スペースが増える
  • タンクや配線、配管を隠すことができ、見た目がスタイリッシュ
  • キャビネットのデザインが豊富で、自分好みの雰囲気を作り出せる
  • 作りがシンプルなため、掃除がしやすい
  • タンクがあるため、水圧が低い場所でも設置できる

【デメリット】

  • タンクに水が溜まるまで流せない
  • スペースが狭い場所ではキャビネットを設置できない
  • キャビネットがあるぶん、値段がやや高め

トイレ本体のおすすめメーカー

トイレ おすすめ メーカー リフォーム

トイレをリフォームする際、メーカーもチェックしておきたいでしょう。

トイレのメーカーはさまざまありますが、その中でもおすすめのところは次の4つです。

  • ジャニス
  • TOTO
  • LIXIL
  • Panasonic

メーカーによって特徴が異なるため、それぞれ読んでどこが良さそうか考えてみましょう。

ジャニス

ジャニスの特徴は、独自のフチ形状である「フロントスリム」です。

便器の手前にあるフチをなくすことで、汚れが溜まりにくくなり、掃除が簡単にできるようになっています。

また、節水しながら便器内をまんべんなく洗浄できるサイクロン洗浄も、ジャニスならではの便利機能です。

比較的マイナーなメーカーということもあり、他の大手メーカーと比べると、価格が安めであるのもメリットでしょう。

製品相場:3.5万円〜33万円

TOTO

トイレメーカーの中でも、特にネームバリューがあるのではないでしょうか。

きれい除菌水と呼ばれる機能により、洗剤を使うことなくトイレを綺麗に保つことができるのがTOTOの強みです。

また、ナノレベルにまで表面の滑らかさを極めることで、汚れが落ちやすくなっているということからも、トイレ作りへの熱意が感じられます。

商品展開は多岐にわたり、自分にニーズに合わせた高機能トイレを選ぶことができます。

製品相場:5.6万円〜60万円

LIXIL

LIXILの強みは、「アクアセラミック」と呼ばれるオリジナル陶器です。

その陶器は、汚物だけでなく、頑固な水垢まで楽に落とせるほど抗菌機能に長けています。

他にも、プラズマクラスターイオンで、便器内をまるごと除菌&消臭できるため、24時間きれいが続くというのもLIXILの特徴です。

機能面だけでなくデザイン性にも優れた製品は、多くの方から長く愛されています。

製品相場:4.6万円〜40万円

Panasonic

電機メーカーとしても有名なPanasonic。

その高い技術は、もちろんトイレにも生かされています。

流すたびに泡と水流で洗浄してくれる激落ちバブルや、有機ガラス系を使用し、汚れがつきにくいスゴピカ素材、泡と新構造で飛び跳ね汚れを抑えるトリプル汚れガードなど、ハイレベルな機能ばかりです。

デザインにおいても、シックなものもあれば、ディズニーキャラクターをモチーフにしたものもあり、老若男女を問わずおすすめできるでしょう。

製品相場:6.3万円〜50万円

トイレのリフォームの費用を安くするコツ

トイレ 安い リフォーム コツ

リフォームにかかる費用はどれくらいか、なんとなくイメージできたのではないでしょうか。

ただ、工事をするのであれば、できるだけ費用を安く抑えたいと考えている方は多いでしょう。

そこで、トイレのリフォーム費用を抑えるコツについて紹介します。

トイレリフォームの補助金・助成金を活用する

トイレのリフォームでは、補助金や助成金を利用できるということをご存知でしょうか。

条件を満たす場合、申請すればリフォームにかかった費用の一部が返ってきます。

その制度にはどのようなものがあるか、以下で確認していきましょう。

なお、リフォームの補助金や助成金は工事完了後に受け取る流れであることから、最初から工事費用を支払える金額を用意できる段階でリフォームの依頼をしましょう。

介護保険

介護保険は、介護を必要とされる方やそのご家族の負担を減らすため、介護サービスやバリアフリー工事に補助金が適用できる制度です。

トイレリフォームにおいては、手すり設置や和式から洋式便器への取り替え、段差の解消工事、移動のしやすさを目的とした扉交換・床材の張替え工事などが対象となります。

また、補助金の適用には、要介護状態・要支援状態であると認定を受けていることが条件となるため、注意してください。

  • 金額

支給の上限:20万円(工事費用のうち1割〜3割は自己負担、転居した場合や要介護区分が3段階上昇した場合は再度20万円まで補助金が設定)

  • 申請方法
  1. 担当のケアマネジャーに相談し、申請書類の確認・工事申請
  2. 申請が通った後、工事を実施
  3. 補助金の支給を申請

参考:介護保険における住宅改修

各自治体の補助金・助成金

自治体ごとに、省エネやバリアフリーを目的としたリフォームに対し、補助金や助成金を受けられる制度が設けられています。

詳しくは、各自治体のホームページなどからご確認ください。

なお、いずれも予算が上限に達し次第、期日よりも早く制度の申請が締め切られる場合があるので気をつけましょう。

  • 金額

各自治体によって異なります(工事費用の数割に補助金が適用されるか、対象となる製品1台ごとにいくらかの補助金が適用される場合がほとんど)

  • 申請方法(例)
  1. 事前に工事に関する書類を確認・申請
  2. 申請が確認されたあと工事を実施
  3. 補助金・助成金を申請

リフォームによる減税制度

補助金や助成金とは異なりますが、耐震や省エネ、バリアフリーなどを目的とするリフォームにより、所得税の控除を受けられる場合があります。

住宅のリフォームにおいて、特定の条件を満たす場合、確定申告をすることで税負担を減らせるといった制度です。

条件や控除額の計算方法については、国税庁のホームページに詳しく記載されているため、気になる方はご確認ください。

  • 金額

工事費用を一括で支払った場合:リフォームの内容により、最大20万円〜50万円を所得税控除として適用

借り入れ(ローン)で工事を行なった場合:リフォームの内容により、5年間で最大60万円〜62.5万円を所得税控除として適用

  • 申請方法
  1. 条件を満たすか確認し、業者に工事を依頼
  2. 工事の実施後、「増改築工事証明書」を取得する
  3. 翌年の確定申告期日までに、必要書類を用意して申告手続きをとる

トイレリフォーム専門業者に頼む

トイレリフォームを行う業者には、リフォーム全般を扱う業者とトイレ工事を専門にする業者の2種類がいます。

業者を選ぶときは、後者のトイレ工事を専門にする業者を選ぶようにすると、費用が抑えられる可能性が高い傾向です。

理由として、こうした業者はトイレ本体を大量に仕入れたり、必要なパーツを安く仕入れるルートを持っていたりして材料費が抑えられる分、工事費用も安くなりやすいためです。

また、「地域密着」を強みとする業者も、費用を抑える上ではおすすめします。

そのような業者は比較的規模が小さく、大手の業者と比べて広告費をかけていないため、工事費用が安いというメリットがあるでしょう。

相見積もりをとる

どの業者に依頼するにしても、いきなり問い合わせの当日、工事を行うことはありません。

事前にどのような作業が必要か、費用はどれくらいになるかという見積もりを出してもらい、それを確認してから工事が始まります。

見積もり自体は無料とする業者も多いため、2〜3社ほどの業者に同じ内容で依頼し、見積もりを出してもらう相見積もりがおすすめです。

相見積もりによって相場感がわかり、相場よりも高いところに依頼してしまうというリスクを減らせます。

また、あまりに見積もりが安いと杜撰な工事だったり、追加費用を請求されたりといったことがあるため、避けるのが無難です。

おすすめのトイレリフォーム業者

リフォーム 業者 おすすめ トイレ

トイレリフォーム業者を選ぶとき、以下の点を意識すると良いでしょう。

  • 経験や実績が豊富・口コミの満足度が高い
  • 有資格者である
  • 保証やアフターサービスが充実している

これらに当てはまる業者であれば、安心して工事を依頼できると言えます。

上記を踏まえて、ゼヒトモに登録している業者様の中から、おすすめの業者様をピックアップしました。

有限会社 船戸工業所

東京都大田区に拠点を置き、水回りリフォームを得意とする地域密着型のリフォーム会社様です。

23区内・川崎市の工事に対応されています。リフォームが完了してからも、困りごとや万が一不具合があった場合は即対応、というアフターフォローで、安心して工事を任せられるでしょう。

丁寧な施工でありつつも、低価格を強みとされており、ホームページからは「地域最安値」の大特価セール情報も見ることができます。

現地調査・見積もりは無料のため、工事を検討されているという方は、ぜひ相談してみてください。

ファミリア建設株式会社

東京都東村山市を中心に、家全体から個別のリフォームまで、幅広く対応されているリフォーム会社様です。

トイレリフォームにおいては、基本のトイレ交換から、タンクレスのスマートなトイレリフォームまで、様々な実績を持っておられます。

工事完了後のアフターフォローも丁寧に対応してもらえて、信頼できる業者様と言えるでしょう。

シーズンごとに、おすすめの特価品をホームページで紹介してもらえるのも嬉しいポイントです。

シティ・リフォームサービス

東京都大田区において、室内・屋外リフォームや、水回りのリフォームに対応されている業者様です。

和式から洋式トイレへの交換といった大掛かりな工事から小さな工事まで、責任を持って対応してもらえます。

また、介護用品における販売・取り付けまで引き受けてもらえるため、「ライフスタイルが変わり、バリアフリー工事が気になっている」という方には特におすすめでしょう。

Bee Home

大阪府大阪市北区を中心に、リフォームから水回りの補修、ハウスクリーニングなど、多岐にわたって対応されています。

大工技能士二級という資格や、鳶職における職長のご経験もお持ちの方です。

施工実績はインスタグラムから見ることができ、メッセージやLINEから気軽に問い合わせることができます。

ちょっとした困りごとでも親身に対応してもらえるため、リフォームに関して気になっていることがある場合、相談されてみてはいかがでしょうか。

トイレのリフォームは費用相場を把握した上で考えよう!

トイレ リフォーム 費用 相場 ゼヒトモ

今回の記事では、トイレリフォームにおいて気になる相場や、おすすめの業者を紹介してきました。

工事費用はかかるものの、トイレを新しく交換することで、さらに快適になることは間違いありません。

居心地の良いトイレは、生活の質を上げることにもつながります。

よりリラックスできる空間づくりに、ぜひトイレリフォームを検討してみてください。

\ 無料でピッタリのプロと出会える /

依頼した方の声

<口コミ>
トイレの改装工事をお願いしました。こちらの要望も親身になって聞いていただき、予算内で快適なトイレになり家族一同、喜んでいます!

<口コミ>
トイレの改修をお願いしました。 カタログや壁紙のサンプルをたくさんお願いしてしまい嫌がられないかと思いましたが、すべて準備してくれました。 商品を決める時は2ヶ所ショールームに連れていってくれて機能やお手入れの仕方を教えてくれました。 他にもいろいろアドバイスしてくれたおかげで納得いく工事ができました。

<口コミ>
トイレのリフォームをお願いしました。壁の中で水が漏れていたのを 発見していただき、ついでだからと直してもらいましたが、見積外の 工事にもかかわらずサービスで直してくれ感謝です。 また何かありましたらよろしくお願いします。

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

トイレリフォーム関連の最新記事

2022/12/08
後悔したくない!タンクレストイレの特徴や注意点、リフォーム時の価格を調査

近年、「タンクレストイレ」の人気が上がっているのを知ってますか?デザイン性が高いだけでなく、実は掃除しやすい、節水できるなどのメリットも多くあるので、気になっている人も多いのでは。 この記事では、タンクレストイレの設置を検討している方に向けて、必要な情報を詳しく紹介しています。注意点やリフォーム費用の相場、人気メーカーのタンクレストイレも解説しているので、ぜひ参考にしてください。 タンクレストイレとは タンクレストイレとは、便器の後ろ側に水を貯めるタンクがない洋式トイレのことです。従来のトイレはタンクと便器の高低差を活かして水を流していますが、タンクレストイレでは水道の圧力を利用して水を流します。 タンクレストイレではタンクがない分、コンパクトで空間がすっきりとします。おしゃれなトイレを設置したい方は、タンクレストイレを検討してみましょう。 タンク式トイレとの違い タンクレストイレとタンク式トイレの違いについては、以下をご覧ください。 タンクレストイレ タンク式トイレ 水洗方法 水道から直接流す タンク内の水を重力で流す 電力 必要(停電時は使えない) 不要(停電時も使える) ウォシュレット 取り付け可能 標準装備 最近人気!? 「タンクレストイレ」の特徴とは 人気のタンクレストイレには、次のメリットがあります。 便器サイズが小さいので、トイレ空間を有効に使える 掃除がカンタン デザイン性が高い 水を連続で流すことができる 節水効果がある それぞれのメリットについて見ていきましょう。 便器サイズが小さいので、トイレ空間を有効に使える タンクレストイレは、タンクがない分、便器全体のサイズがコンパクトです。狭い空間にトイレを設置しても、スペースを広く利用できます。 掃除がカンタン タンクレストイレには、タンクやタンクと便器を接続するパイプなどがありません。凹凸が少ないため汚れが溜まりにくく、きれいな状態を維持しやすいです。また、掃除が簡単で、清潔さを保ちやすいのも特徴です。 デザイン性が高い タンクレストイレは、タンクのある従来のトイレに比べてスタイリッシュな印象を与えます。また、デザインがシンプルなため、空間が清潔に見える点もメリットです。 水を連続で流すことができる 従来のトイレはタンクに水を貯めて、重力を利用して流す仕組みです。そのため、タンクに一定の水量が貯まっていないときには水洗できず、連続で水を流すことはできません。 一方、タンクレストイレは水道から直接水を流すので、タンクに水が貯まるまで待つ必要はありません。連続で水洗することもできるので、より便利に利用できます。 節水効果がある タンクレストイレは水道から直接水を流す構造のため、水圧を高めて少しの水量でもしっかりと流せます。そのため、従来のトイレよりも1回あたりの水量が少なく、節水効果を期待できます。 「タンクレストイレ」のここに注意! メリットの多いタンクレストイレですが、注意すべき点もいくつかあります。デメリットになりうるポイントについて見ていきましょう。 機種によっては手洗いが別に必要 タンクレストイレには手洗いがついていません。現在利用中のトイレに手洗いがあり、トイレ空間内に別途の手洗いがない場合であれば、新たに手洗いを設置する必要があります。 水圧不足で設置できない場合がある タンクレストイレは水道の水圧を利用して水洗します。そのため、マンションの高層階や給水管が細いケースでは十分な水圧を確保できず、必要な水量が流れない可能性があります。リフォームをする前に、タンクレストイレを設置できるのか業者に確認しておきましょう。 停電時には使いにくい タンクレストイレは電気で動いているため、停電時は使えません。手動レバーや水道から水を直接便器に流すことで利用できるケースもありますが、使いにくさを感じるでしょう。 タンク式より価格がやや高めになる タンクレストイレは、従来のタンク式トイレよりも価格が高額な傾向にあります。また、ウォシュレットも専用品しか利用できないので、故障したときも市販のものに交換することはできません。 温水洗浄便座のみなどの部分交換ができない タンクレストイレはすべての機能が1つにまとまっているため、温水洗浄便座のみなどの部分交換ができません。そのため、故障すると修理か買い替えが必要となり、従来のタンク式トイレ便器と比べると割高になります。 【あわせて読みたい!】 2022年度版・トイレリフォームに利用できる助成金や補助金とは?>>> 内容別トイレリフォーム費用相場をチェック!金額を抑えるコツも>>> タンクレストイレを設置する時のチェックポイント! タンクレストイレを設置するときは、次のポイントに注意しましょう。 […]

2022/12/08
トイレを2階に増設!メリットや費用を抑える秘訣をご紹介

家族と同居していると「トイレを使いたい時にのに使えない」という問題が起こることも。そんな時、トイレを増設したいと考える方もいるでしょう。 そこで今回は、トイレを増設するメリットをご紹介します。施工費用を抑える秘訣も解説しているので、リフォームを検討する方はぜひ参考にしてください。 トイレを2階に増設するメリット 家族と同居していたり、来客があったりした際に「トイレを使いたい時に使えない」といった状況が起こることもあります。このような状況が頻繁に起こると、トイレの増設を考える方も多いでしょう。 1階に降りる手間がなくなる トイレの待ち時間が減る 来客を気にせずトイレを使える 1階に降りる手間がなくなる 住宅の構造上1階にトイレ、2階に寝室やリビングがある場合もあります。このような場合、トイレを使うために毎回1階に降りなければいけません。2階にトイレを増設することで1階にわざわざ降りる必要はなくなるので、手間やストレスを解消できるメリットがあります。 また階段の上り下りでの転倒・転落事故の回避や足腰の負担軽減もでき、特に高齢者がいる住宅では安心して生活できるのも魅力です。 トイレの待ち時間が減る 家族が多くいるにもかかわらず、自宅にトイレが1個しかない場合は前に入った人が終わるまで待機しなければいけません。このような場合でも、2階にトイレがあればトイレを使いたい人が2箇所に分散されるので待ち時間を減らすことができます。 「自分の後に人が待っているから早くしなくちゃ!」と焦らなくてもいいので、落ち着いてトイレを使えるのも大きなメリットでしょう。 来客を気にせずトイレを使える 2階にトイレを増設することで、来客が来たときでも気にせずトイレを使用できます。たとえば、1階は来客用、2階は自分たちが使う用として分けておけば、来客も安心してトイレを利用できるでしょう。 1階にしかトイレがない場合は、「来客が帰るまでトイレを使えない!」といった問題が起こるかもしれません。来客時に気兼ねなくトイレを使えるのは、自分たちにとっても大きなメリットです。 トイレを2階に増設する際にかかる費用 新たに2階にトイレを増設する場合、配管工事なども必要になるので、一階に設置するよりも高くなります。増設費用は、50万〜100万円が相場です。 配管の位置も費用に大きく影響します。既存の配管が利用しづらい場合は、大規模な工事が必要になるので費用は高くなります。 既存配管を使用する場合は50万円程度、大規模な配管工事が必要な場合は100万円程度が相場です。 ただし、設置する便器のグレードや配管の位置、機能によって、費用は変動します。 たとえば便器のグレードには、「ベーシックグレード」「ハイグレード」があります。 ベーシックグレードはその名のとおり、基本的な機能である脱臭機能や節水・節電機能などを備えた便器です。本体価格は、10〜25万円程度になります。 一方ハイグレードは、基本的な機能に加えて全自動洗浄機能や高節水・高節電機能など便利な機能が搭載されている便器で、本体価格は20~40万円程度です。 トイレを2階に増設際の場所 2階にトイレを増設する場所は、階段横や1階トイレの上、増改築での設置などがあります。 基本的に依頼者の希望に沿った場所に増設できますが、家の構造や排水管の位置によって費用が変動することも多いです。 トイレの増設場所に迷うときは、リフォーム業者の担当者に相談することをおすすめします。 階段横 階段を上がった廊下に広いスペースがある場合、階段横に増設する方法があります。階段横は給排水管を屋内と屋外のどちらからでも通せることが多いので、見た目や予算に応じて自由に選択可能です。 もし階段を上ってすぐの場所に収納スペースがあるなら、その空間をトイレにリフォームする方法もあります。 大規模な工事にならない場合も多いので、一番簡単に済ませられる場所です。ただし階段横にトイレを増設すると、夜トイレに行くときに階段から転落する危険性があります。この点も考慮して、増設する場所を決めましょう。 1階トイレの上 1階にあるトイレの真上に、新しいトイレを増設する方法があります。もともとある1階のトイレから給排水管を伸ばして利用できることが多く、給排水管を伸ばす距離が短ければ短いほど費用を抑えられます。 増設費用を少しでも抑えたいなら、増設場所を1階トイレの上にするのがおすすめです。ただし住宅の構造上、1階のトイレの上に必ずしも増設できるスペースがあるとは限りません。まずは、自宅に増設できるスペースがあるのか確認しましょう。 増改築で設置 2階にトイレを増設したいが、住宅の構造上どうしても増改築が必要なことがあります。増改築とは、住まいの床面積を増やすことやリフォームすることです。増改築をすれば費用がかさみますが、設計の自由度が高いため理想の快適なトイレを設置できます。 ただし、増改築となると大規模な工事になるので工期は長くなります。施工中は工事の音などで周りに迷惑がかかることもあるので、事前に知らせておくことがおすすめです。 2階にトイレを増設できる十分なスペースがないのであれば、増改築を検討してみましょう。 トイレを2階の増設を安く済ませるポイント 便器のグレードや配管の位置にもよりますが、トイレの増設にはそれなりの費用がかかります。ただ補助金を利用したりSFAポンプのトイレを設置することで、トイレの増設を安く済ませることが可能です。 補助金を利用する 補助金には、介護保険の住宅改修費と地方自治体の制度の2種類があります。 介護保険は、要支援または要介護認定などクリアすべき条件が設けられていますが、申請が通れば補助金を利用することが可能です。 たとえば、増設の目的がバリアフリーのために和式を洋式に交換したり、トイレの面積を広げるリフォームの場合は申請が通る可能性があります。 地方自治体の制度は、各自治体によって対象条件は異なるので事前に確認するようにしましょう。 SFAポンプのトイレにする トイレを増設する際、SFAポンプを使用することで費用を抑えられます。SFAポンプとは、フランスで登場した排水圧送ポンプのことです。排水マスとポンプをパイプで接続して水を流すため、排水管を設置する必要はありません。 排水管の距離が離れていても床面への工事をしなくていいので、増設費用を抑えることが可能です。SFAポンプは工期も短くなるため、早く工事を終わらせたい方にも適しています。 ゼヒトモでトイレリフォームのプロを探す 家族が増えたり来客があったりする場合、トイレを使いたいときに使えないといった状況が起こることもあります。このような状態を回避するには、2階にトイレを増設するのがおすすめです。 トイレを2階に増設することについて相談したい トイレリフォームの見積もりをとりたい そんな方は、ゼヒトモからトイレリフォームのプロを探してみませんか? いくつかの質問に答えるだけで、簡単にあなたにピッタリなプロが見つかります。 […]