1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. 大規模工事
  4. 塗装
  5. 外壁塗装業者
  6. 外壁塗装にはシリコンがおすすめ!代表的な製品や他塗料との比較

外壁塗装にはシリコンがおすすめ!代表的な製品や他塗料との比較

2024/01/25 2024/03/08
外壁塗装にはシリコンがおすすめ!代表的な製品や他塗料との比較

外壁塗装を業者に依頼する際は、どんな塗料を使うのか選ぶところからはじまります。しかし、どのような塗料が外壁塗装におすすめなのか、わからないという方も多いでしょう。

今回紹介するのは、外壁塗装に適した塗料である「シリコン塗料」についてです。

シリコン塗料の特徴や外壁塗装におすすめの理由、他の塗料との違いについて解説しているので、外壁塗装の依頼を検討している方はぜひ参考にしてください。

そもそもシリコン塗料とは?

.

シリコン塗料とは、主成分がシリコン樹脂の塗料を指す言葉です。外壁塗装はもちろん、屋根の塗装などにも採用される汎用性の高い塗料として知られています。

シリコン塗料で塗装を行うと、光沢感のある仕上がりになるのが特徴です。以下からは、シリコン塗料の耐用年数と費用相場について触れています。

耐用年数

製品によって若干異なるものの、シリコン塗料は塗装から10〜13年ほど保つといわれています。

使用するシリコン塗料によっては15年ほど長持ちするものもあるため、一度しっかり塗装してしまえばしばらくは塗り直す必要がありません。

後ほど紹介するアクリル塗料などと比べて耐用年数が長いため、外壁塗装に多く用いられています。

費用相場

シリコン塗料の費用は製品によってばらつきがあるものの、一平米につき2,300円程度が目安です。ウレタン塗料の費用相場が1,000円から2,000円程度であるため、そこまで安くないと感じる方もいるでしょう。

しかしウレタン塗料は安いものの、耐用年数がシリコン塗料よりも短いため、短期間での塗り直しが必要になります。

このことから、長期的にみるとシリコン塗料の方が安く済むと判断できるでしょう。

以下の関連記事では、外壁塗装の費用相場や施工事例について解説しています。施工事例では、実際にかかった費用も紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

関連記事:外壁塗装の費用相場

外壁塗装にシリコン塗料がおすすめの理由

ここでは、外壁塗装にシリコン塗料をおすすめする、以下3つの理由について解説します。

  • 優れた耐久性
  • 汚れにくさ
  • コストパフォーマンス

ただし、シリコン塗料は他の塗料と比べてひび割れしやすく、重ね塗りに不向きといったデメリットもあることを覚えておきましょう。

優れた耐久性

シリコン塗料は「透湿性」をもつ塗料であるため、塗装膜が剥がれにくく長持ちします。また、カビなども生えにくいことから、耐久性に優れた塗料といえるでしょう。

ほかにも、外壁の内側に結露を発生させないようにする効果もあるため、あらゆる視点から外壁を長持ちさせられる塗料です。

また近年では、外壁塗装を劣化させる原因である、ラジカルの発生を抑えるシリコン塗料も使用されています。この「ラジカル制御型」であれば、通常のシリコン塗料よりも優れた耐久性を発揮するでしょう。

汚れにくさ

シリコン塗料の多くには、汚れがつきにくくなる「セラミック成分」が配合されています。セラミックが配合されたシリコン塗料を塗り付けた外壁は、塗装前よりも汚れにくくなるでしょう。

加えて、シリコン塗料には雨や泥を弾くコーティング性能が付与されているものや、断熱性・遮熱性に優れたものもあります。

コストパフォーマンス

先ほども触れたように、シリコン塗料は他の塗料と比べてコストパフォーマンスに優れているため、外壁塗装に多く用いられています。主な塗料と費用を比べているので、以下の表を参考にしてください。

塗料の種類費用相場(㎡)
シリコン2,300円〜
ウレタン1,200円〜
アクリル1,200円〜
フッ素4,200円〜
無機5,500円〜

価格だけ見るとウレタンやアクリルの方が安いと感じてしまいます。

しかし、耐用年数がシリコンより短いため、塗り直す機会が多くなると考えた場合のコストパフォーマンスはやはりシリコン塗料の方が優れていると判断できます。

【比較】シリコン塗料と他の塗料との違い

シリコン塗料と比較される塗料には、ウレタン塗料・アクリル塗料・フッ素塗料があります。それぞれの塗料とシリコン塗料との違いを簡単にまとめると、以下のとおりです。

シリコンウレタンアクリルフッ素
耐用年数約10〜13年約5〜10年約5〜7年約15〜2年
費用相場1㎡/2,300円〜1㎡/1,200円〜1㎡/1,200円〜1㎡/4,200円〜

ここからは、シリコン塗料とあわせて把握しておきたい、外壁塗装に使用される塗料について解説します。

ウレタン塗料

ウレタン塗料は、シリコン塗料よりも耐用年数などのグレードが1つ下の塗料といわれています。耐用年数はシリコン塗料と比べて短いものの、一平米あたりの費用相場は半分近く安くなっているのが特徴です。

ウレタン塗料単体のスペックを見てみても、塗装膜にひびが入りにくい点など、シリコン塗料よりも優れている部分があります。

アクリル塗料

アクリル塗料も、シリコン塗料と比べて耐用年数が低いものの、単発の費用という視点で見ると安く施工できる塗料といえます。

色艶や発色の良さなど、アクリル塗料ならではのメリットもあるものの、耐久性などの視点で見るとやはりシリコン塗料の方がコストパフォーマンスに優れていると判断できるでしょう。

フッ素塗料

フッ素塗料とは、シリコン塗料を含めこれまで紹介してきた塗料の中で、もっとも耐久性があるものとして知られています。光沢を保持する能力に優れ、雨・紫外線から外壁を守る効果もあります。

また、水に馴染みやすい親水性が含まれているため、雨水で外壁が洗い流されるという効果が発揮できるのもフッ素塗料の特徴です。

耐用年数もシリコン塗料より長いため、耐久性に目を向けたい場合はフッ素塗料を利用しましょう。

ただし、耐久性に優れている反面一度に支払う金額は大きくなってしまうのに注意してください。

代表的なシリコン塗料を紹介

ここでは、代表的なシリコン塗料をいくつか紹介します。

ナノコンポジットW

水谷ペイント株式会社が販売するシリコン塗料で、以下の特徴があります。

  • 低汚染性・耐候性・防カビ性・防藻性に優れている
  • カビや汚れの発生を防ぎたい方に適している

ナノコンポジットWの詳細はこちらから

シリコンフレックスⅡ

株式会社アステックペイントにより販売されている塗料で、以下の性能が期待できます。

  • 耐候性・低汚染性に優れている
  • 費用も比較的安いためコストパフォーマンスを重視したい場合におすすめ

シリコンフレックスⅡの詳細はこちらから

超低汚染リファイン1000Si-IR

株式会社アステックペイントのシリコン塗料で、名称の通り低汚染性に優れているのが特徴です。

  • 低汚染性に突出した塗料
  • 耐用年数が15年ほどと長い
  • 遮熱性能もある
  • 費用が高くなる

超低汚染リファイン1000Si-IRの詳細はこちらから

水性サーモアイウォールSi

日本ペイントが販売している、以下の特徴を持つシリコン塗料です。

  • モルタル・ALC・コンクリート・金属パネル・スレートなど幅広い素材に使用できる
  • 遮熱効果が高い
  • 外壁をパステルカラーにしたい場合におすすめ

水性サーモアイウォールSiの詳細はこちらから

クリーンマイルドシリコン

エスケー化研から販売されているシリコン塗料で、以下の性能が期待できます。

  • 素材を問わず上塗り塗装しやすい
  • 独自のセラミック複合技術により汚れがつきにくき光沢感が持続しやすい

クリーンマイルドシリコンの詳細はこちらから

ゼヒトモで外壁塗装業者のプロを探す

今回は、外壁塗装におすすめのシリコン塗料について、耐用年数や費用相場、他の塗料と比べた際のスペックについて解説しました。

シリコン塗料は、優れた耐久性や低汚染性があり、かつコストパフォーマンスに優れていることから人気の塗料です。

  • シリコン塗料の中でもスペックの高い業者に外壁塗装を依頼したい
  • 施工前に塗料についてしっかり説明してくれる業者に依頼したい

そんな方は、ゼヒトモで外壁塗装業者のプロを探してみませんか?

いくつかの質問に答えるだけで、あなたにピッタリのプロが見つかります。外壁塗装工事を検討している方は、ゼヒトモをお気軽にご利用ください。

外壁塗装関連の最新記事

2024/04/11
おしゃれな外壁の作り方!人気色から素材、デザインスタイルまで

外壁で住宅の印象は大きく変わることは想像できますよね?せっかくならおしゃれな外壁にリフォームして、住宅をグレードアップさせてみてはいかがでしょうか。 この記事では、おしゃれな外壁を検討している方に向けて、必要な情報を詳し […]

2024/04/10
モルタル壁とは?メリットやDIYについて解説

自宅の外壁がモルタル壁の場合、メンテナンスは必要なのか、必要な場合はどのようにすればいいかなど、わからないという方も多いのではないでしょうか。 この記事では、モルタル壁をメンテナンスして劣化を防ぎたい方に向けて、以下のポ […]

もっと見る

あなたのお困りごとをプロに相談してみよう

STEP 1:簡単無料依頼

2分でスマホやPCで簡単に依頼内容を入力します。

STEP 2:提案を受ける

最大5人のプロから提案を受けられます。あなたの条件に合うプロを採用してください。

STEP 3:交渉成立

プロと相談した場所・日時・値段で依頼したサービスを受ける。

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

関連サービスからプロを探す