1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. クリーニング
  4. クリーニング一般
  5. ハウスクリーニング業者
  6. 【決定版】洗濯機をキレイに洗浄する簡単9ステップ

【決定版】洗濯機をキレイに洗浄する簡単9ステップ

02/20/2017

ハウスクリーニング
FacebookTwitter

ある日、洗濯が終了した衣類を取り出そうとしたら、「変な異臭がする…」「洗濯したはずなのに小さなゴミが衣類にまとわりついている」などの経験をしたことはないでしょうか?毎日使用している洗濯機。実は知らない間に日々の汚れが積み重なっているのです。大惨事を招く前に防げる、洗濯機をキレイに洗浄する簡単9ステップをご紹介します。

洗濯機の洗浄における4つのポイント

まずここでは洗濯機の洗浄における4つのポイントを簡単にご説明していきます。この4つのポイントをしっかりと確認してこなしていけば、毎日の洗濯がもっと楽しく、充実した時間になりますよ。

1. 洗濯機洗浄に使う洗剤は、洗浄力を比較して選ぶ

cleaning-product

現在、市販で販売されている洗濯機洗浄用の洗剤には比較的塩素系の材料を使用したものが多いのですが、万が一使用している最中に衣類などに飛び散ってしまったら大惨事を起こしかねません。また洗濯機洗浄用の洗剤には浸け置きタイプや通常の液体タイプなど様々な種類があります。

洗濯機の容量や種類、汚れの度合いによって洗浄力を大いに発揮したりするので上手く使い分けたり、吟味することが大切です。ご家庭で使用されている洗濯機に適した洗剤や使えない洗剤も出てくるので、まずは取扱説明書に記載されている事項をきちんと確認し、洗浄力の強さや一番適した洗濯機洗浄用の洗剤を確認するようにしましょう。

2. 洗濯機洗浄に使う漂白剤は、塩素系と酸素系のどちらがいい? メーカーの取扱説明書を確認しよう

cleaning agent baking soda with vinegar

洗濯機洗浄に使用する洗剤の種類は大きく分けると、2種類あります。

1つ目は「酸素系漂白剤」です。こちらは原材料が過炭酸ナトリウムでできているため、とても強い発砲力があります。この発砲力により、長くこびりついてしまった汚れやカビを剥がし落としてくれます。清掃をした後に剥がれ落ちたゴミが目に見えるので、清掃をした感はとても強いですね。しかし、1つデメリットとしては、もちろん活性酸素で殺菌することはできるのですが、大きな殺菌効果に関しましては、塩素系漂白剤には劣ります。

2つ目は「塩素系漂白剤」です。こちらは主成分が次亜塩素酸ナトリウムでできています。酸素系と比較しますと、とても強い殺菌効果を得られます。汚れ自体を剥がし落とすというよりは、目に見えないカビや菌も分解をしてくれるので、洗濯槽の表面だけでなく隅々まで殺菌・分解をしてくれます。

使い分け方法としましては、長年洗濯機洗浄をしていないという方には「酸素系漂白剤」を使い、その後に塩素系漂白剤を使うことをオススメします。こびりついてしまった頑固なカビや汚れは最初に酸素系で取り除いてから、塩素系でカビそのものの殺菌と分解をするのが効率的だからです。

また、1ヶ月に1回きちんと清掃をするという方は酸素系漂白剤のみで十分キレイな洗濯槽を保つことができますので、オススメです。

どちらにせよ、用途に合わせて漂白剤を選び、上手く使い分けることが必要です。洗濯機の種類によっては塩素系漂白剤を使用することで、錆や傷を招いてしまう恐れもあり、取扱いには十分注意して下さい。清掃を始める前には、必ず洗濯機のメーカーの取扱説明書の確認もしましょう!

3. 頻度は1ヶ月に1回を目安に

洗濯機の洗浄の頻度に関しましては、洗濯槽自体を清潔に保つことと、やはり繁殖した菌や黒カビを倍増させない為にも1ヶ月に1回を目安に洗浄することをオススメします。特に、梅雨の時期や雨が多い時期は洗濯槽に水分や湿気が残りやすいので、黒カビや菌が増えやすいです。念には念を入れて定期的に洗浄を心がけることが大切です。

4. 業者に依頼する方法もあり

Photo- Cleaning

余りにもこびりついてしまったカビをキレイに落としたいという方へ、もう1つの選択肢として業者さんに洗濯機洗浄を依頼することもできます。ゼヒトモ なら洗濯業者からすぐに見積もりを取ることができます。

最初にお見積りを取っていただくのですが、クリーニング代だけでも約1万円前後、洗濯機の造りによっては乾燥機能付きだったりしますと、分解清掃する際の部品交換などでプラス約7,8千円。合計するとなんだかんだで高くかかってきてしまいます。キレイになるのはありがたいことですが、清掃が苦手だったり、1ヶ月に1回の定期清掃が億劫な人は業者さんに依頼するのも1つの手かもしれませんね。

洗剤でやる洗濯機の洗浄9ステップ

ここではご家庭で出来る2つの洗濯機洗浄方法をご紹介していきます。まずは「市販の洗剤でやる洗濯機の洗浄」から見ていきましょう。

1. 45℃程度のお湯を洗濯槽にためる

洗濯機 お湯

洗濯機に水ではなくお湯をためます。水ではなく、暖かいお湯を使うのは酸素系漂白剤が活性化するからです。もちろん洗濯機の耐熱温度もあるので、だいたい40℃~50℃くらいのお湯の温度がベストです。ここで一つ節約として、お風呂の残りのお湯を温めて使うこともオススメです。

2. 適量の漂白剤を入れる

ここで一緒に入れる漂白剤ですが、最初にご説明をさせて頂いた塩素系漂白剤は使用しないで下さい。理由としては、あまりにも強力すぎるので、洗濯槽の錆を招いてしまう恐れがあるからです。ここでは洗浄作用の一番弱い「酸素系漂白剤」を選ぶことをオススメします。

3. 「洗い」ボタンを押す

washing-machine

漂白剤を入れた後は、「洗い」ボタンを押して、洗濯機をだいたい3~5分程回していきます。ここでポイントなのは、一緒に入れた酸素系漂白剤を洗濯槽のあらゆる部分まで行き渡るようにすることです。

4. もう一度洗う

3~5分程「洗い」のコースで回したあとは、3時間以上おいておきます。その際に、小さなゴミが出てきたら一度すくい取って下さい。そして、時間を置いたら再度「洗い」のコースで5分程回していきます。

5. 一晩置く

Washing Machine-Wide View-Full View - Washing machine front panel and fully lit.

そのあとは、一晩浸け置き放置しておきます。お湯と漂白剤を入れた洗濯槽の裏側にこびりついた汚れやゴミが剥がれて、浮き上がってくるのを待つためです。

※ここで注意して頂きたいのが、浸け置きすぎると洗濯槽を傷めてしまう恐れがあるので注意が必要です。

6. 100均のゴミすくいネットでゴミをすくう

一晩浸け置きが完了したところで、洗濯槽の裏側から剥がれ落ちた汚れやゴミをネットですくいあげていきます。100均に販売されているゴミすくいネットを使用すると、簡単にゴミをすくうことができます。キレイに浮き出てきたカビやゴミをしっかりとすくい取らないと、再び洗濯槽の裏側に戻ってしまう可能性もあるので、念入りにゴミすくいネットですくいあげて下さい。

7. 通常通りに洗濯機を回す

washing-machine2

そして、洗濯槽から剥がれ落ちてきた汚れやゴミを最後にしっかりと取り除くためにも全自動洗濯フルコースで一度洗濯機を回していきます。この際、衣類は何も入れずに回してくださいね。

8.すすいで脱水

「洗い」をした後は、もちろんすすいで脱水も忘れずに行って下さい。

洗濯機の内側と外側の汚れをまんべんなく落とすためにはこの作業がとても大切になってきます。ここでも小さな汚れや残っているゴミが出てきたら、作業が終了後にゴミすくいネットできちんとすくい取って下さい。

9.乾燥させる

Close Up of a Washing Machine

最後に乾いた雑巾でキレイに洗濯槽の中を乾拭きしていきます。

そして、洗濯機の蓋を開けたままにしてしっかりと乾燥させます。

ここで蓋を閉めてしまいますと、また新たなカビの繁殖の原因にもなりますので、必ず蓋を開けたままにして下さいね。

重曹でやる洗濯機の洗浄7ステップ

Baking Soda Washing Machine

洗濯機の洗浄方法でもう1つのやり方をご紹介していきます。

こちらはどこでも簡単に用意することができる「重曹でやる洗濯機の洗浄」の仕方です。重曹は「重炭酸ナトリウム」のことを指し、弱アルカリ性でできています。この弱アルカリ性は酸性の汚れを落とすのにとても適していて、洗濯槽にこびりついてしまった汚れや異臭まで分解することができます。

1. 洗濯機に水を入れる

まず始めに洗濯槽に最大水位までお湯を入れます。ここでも洗剤の洗浄と同様、約45℃~50℃程のお湯を入れていきます。お湯を入れることで汚れの落ち具合がかなり変わってきます。

2. 重曹を入れる

Top view of spoon with baking soda

そして、次に重曹を入れていきます。分量としてはカップ1杯(200cc)を入れます。

3. 洗う

重曹を入れた後は、洗濯機の「洗い」ボタンを押し通常通り運転させていきます。ここでも注意して頂きたいのが、終了後に浸け置きをしていくので、脱水だけはしないで下さい。

4. 一晩放置する

そして、洗剤洗浄と同様に、一晩浸け置き放置していきます。※ここでは一晩置くので、できるだけ洗濯機を回さない時間帯をオススメします。

5. 汚れをすくう

一晩浸け置きが完了した後は、洗濯槽を確認してみると、剥がれ落ちた汚れやゴミが浮いてきます。こちらも100均などで販売されているゴミすくいネットを使用し、すくいあげていきます。

6. すすいで脱水

再度、洗濯機を「洗い」で通常通り回していきます。

回していくうちに残った汚れが再度浮き上がってくるので、こちらもキレイにすくいあげて下さい。そして、脱水も一緒にやっていきます。

7. 乾燥させる

何度かすすぎと脱水を繰り返していき、汚れやゴミが出なくなれば完了です。最後に洗濯機の蓋を開けたまま、しっかりと乾燥させれば、重曹洗浄も完璧です。

※一部のドラム式洗濯機などで重曹洗浄ができないものもありますので、必ず洗濯機の取扱説明書を確認して下さいね。

ゼヒトモから洗濯機クリーニングを依頼

洗濯機を洗浄する方法は様々ですが、何よりも定期的に清掃をすることが大切です。ただ長く洗濯機を使用したり、掃除の間隔が開いてしまうこともあります。洗濯機を徹底的にきれいにしたい人は、是非プロに依頼してみましょう。

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

ハウスクリーニング関連の最新記事

2022/07/06

【決定版】全自動洗濯機の正しい使い方

今では主流となった全自動洗濯機。でも実は使い方がいまいち分からず、使いこなせていない…という方も多いのではないでしょうか。全自動洗濯機は全ての工程を自動で行ってくれる、便利な道具。 しかし仕組みを分かっていないと、思っていたのとは違う結果になり落ち込む…ということが起こってしまいます。大切な衣類を台無しにしてしまうのは、避けたいですよね。今回は全自動洗濯機の「初心者向け」利用手順を丁寧にお話ししていきます。 全自動洗濯機の初心者向け利用手順 1.電源をオンにし、水栓(蛇口)を開ける まず最初のステップは、電源ボタンを押し電源を入れること。その後、洗濯機とホースでつながっている水栓(蛇口)を開けて緩めます。実際に洗濯が始まらない限りは水は出てきませんので安心してください。 2.洗濯物を入れる(洗濯槽の7~8割くらいまで) 次に洗濯物を洗濯槽に入れます。その前に、ポケットにティッシュなどが入ったままになっていないかよく確認しましょう。ティッシュが入ったまま洗濯してしまうと、水でティッシュが溶けて衣類に絡まり、再度洗わなければならなくなるハメに……。 飾りやレースがついている衣服など、繊細な作りの衣類は洗濯ネットに入れましょう。また、フックがついている衣類も、洗濯中に他の衣類に引っかかり傷んでしまう原因になるので、必ずネットに入れて洗濯するようにしましょう。 洗濯槽にまだスペースがあるからといって、洗濯物をギュウギュウに押し込んではいけません。洗濯物がいっぱいに詰まった状態だと、洗剤がうまく溶けず、そのため汚れも結局落ちにくくなる……など悪循環が起こります。衣類がお互いに絡みあい、洗濯槽から取り出しにくくもなりますね。 3.洗濯コースを選び、スタートボタンを押す 洗濯物を入れたら、洗濯コースを選びましょう。おしゃれ着でない限りは、大体のものが「標準コース」で洗えます。洗濯機の使い方に慣れてきたら、取り扱い証明書を参考に自分で水の量や時間を調節したり、目的によって使い分けましょう。 4.適量の洗剤量を、洗剤の投入口に入れます。 次に、洗濯物の量(洗濯機に表示される水の量)に見合う適宜の洗剤を投入口に入れます。洗剤の適切な量は洗剤のパッケージ、洗濯機の説明書などでよく確認しましょう。洗剤が多すぎると溶けきらず、衣類に白い輪ジミができてしまったりします。 柔軟剤や漂白剤を使う場合は、洗剤と投入口が分かれているので間違えないよう注意しましょう。また洗濯機によっては、粉末洗剤と液体洗剤の投入口が違う場合もあります。 5.洗濯機のフタを閉めて洗濯スタート、終了したら早めに干す 洗剤を入れ終わったら洗濯機のフタを閉めます。フタが閉まるとロックがかかり、蛇口からホースを通して水が送り込まれ始め、洗濯がスタートします。 フタを閉めなくてもスタートできる機種もありますが、脱水の段階になると自然と止まってしまいます。念のため、ちゃんとフタが閉まっているかスタート前に確認しましょう。 洗濯終了後はできるだけ早く干しましょう。そのまま放っておくと洗濯物にニオイやカビのつく原因となってしまいます。また洗濯槽の中を乾かし清潔に保つため、洗濯後はしばらくフタを開けたままにして、湿気を逃がしましょう。 全自動洗濯機を使うポイント 1.水の量に注意する 水道代を節約したいから、全自動洗濯機に任せずに自分で水量調節をしようとする人も多いでしょう。しかし洗濯物の量に対し水が少なすぎると、一度取れた汚れが再度衣類に付着する「再汚染」という現象が起こります。せっかく綺麗にするために洗っているのに、逆効果では意味がないですよね。 水の量は洗濯物の量に対し、直線的ではなく曲線的に増えていきます。つまり、洗濯物の重さが増すほど、水自体の増加は少なくなるということ。ポイントとなるのは洗濯の回数です。小分けにして何度も洗濯機を回すより、1度にまとめて洗った方が結局は節約につながります。 2.使うべき洗剤の種類と量 洗濯洗剤はどれを使っても効果は同じではないかと思っていませんか?ニットなどのおしゃれ着を通常の弱アルカリ性洗濯洗剤(粉洗剤)または中性洗剤(液体洗剤)で洗うと、縮んでしまうことがあります。 一方、おしゃれ着専用として販売されている洗剤は、基本は中性洗剤なのですが、特別にシリコンが配合されています。シリコンは(例えばセーターであれば)ウールの表面をコーティングするので、スケール(ウール繊維のうろこ状の表面)が開きにくくなり、生地の収縮を抑えることができるのです。 また、前述したように洗剤の適切な量を守ることも大切。洗剤が多すぎると溶けきらずに、白い輪ジミを衣類に残してしまったりします。ですが、反対に洗剤量が少なすぎると、洗剤に含まれる成分の中でも汚れを取り除くために大切な「界面活性剤」がうまく作用せず、水の量が少なすぎる時と同様に、汚れの再付着を起こしてしまうのです。 衣類を良い状態で長く保つためにも、衣類の種類に合った洗剤を選び、適切な洗剤量で洗うことが大切ですね。 3.慣れたら温度に注意しながら残り湯を使おう お風呂の残り湯を洗濯に再利用すると水道代を節約できるというのは、昔から広く知れ渡っている事実。しかし、知識はあっても実際のところは試したことがない…‥という人も多いのではないでしょうか? 全自動洗濯機の使い方に慣れてきたら、お湯の温度に注意しつつ、残り湯を使った洗濯を試してみましょう。この「お湯の温度」がカギとなります。 一般的に汚れは、高い温度で洗う方が汚れが落ちやすくなります。しかし、衣類は100度前後の熱湯には耐えられないので、おおよそ30~50度が衣類を極力傷めることなく汚れをしっかり落とせる最適の温度。そうすると、入浴後の残り湯の温度が正に最適であることが分かりますね。この温度で洗濯すると電気で水を温める必要がないので、電気代の節約にもつながり一石二鳥です。 4.コースの種類を理解しよう 自動洗濯機の洗濯コースには大きく分けると次のような機能が揃っています。 標準コース……少し長めの時間をかけ、気になるよごれをしっかり落とします。 おしゃれ着コース…ドライコース。標準コースより短い時間で洗い、衣服を傷めないように軽めの脱水がかかります。 スピードコース……時間短縮。忙しいときに便利ですが、しっかり汚れを落としきるのには向いていません。 乾燥機能‥‥全自動洗濯機の中で乾燥機能がついたものは「縦型洗濯乾燥機」と呼ばれます。天気が悪く、外へ洗濯物を干せないときなどに便利。外へ干す場合もその前に乾燥機能で少々乾燥させると、洗濯ジワも少なく乾きも早くなります。 最後に 全自動洗濯機の「初心者向け」利用方法、お分かりいただけたでしょうか?昔ながらの二層式洗濯機に慣れている人にとって、全自動式の多岐にわたるメニューは必要以上に多すぎると感じるでしょう。目的に合わせ使いこなせるようになるまでは暫く時間がかかりますが、慣れてくると全自動式のその対応力の高さに驚き、もう他のタイプの洗濯機には戻れなくなってしまうかもしれません。 <h2>ゼヒトモで洗濯機クリーニングのプロを探す</h2> 洗濯機クリーニングを頼みたいけど、近くにどんな洗濯機クリーニング のプロがいるか分からない。いろいろなプロを一気に検討してみたい。そんな悩みをお持ちの方は、ゼヒトモから 洗濯機クリーニング のプロを探してみませんか? ゼヒトモでは予算や都合のいい日時、どんなサービスを希望しているかの質問に答えることで、簡単にあなたにピッタリなプロを見つけられます。 ぜひ、 洗濯機クリーニング でお困りの方は、ゼヒトモからプロに相談してみてください。

2022/07/06

洗濯機は重曹で掃除しよう!掃除方法を8つのステップで解説

洗濯機の掃除。やらなくちゃいけない、やった方が良いと思いつつも、実際に着手するのとなるとなかなかやる気が出ない…そんな方にとって強力な味方となるのが重曹です。ここでは、重曹を使った洗濯機の掃除方法や、クエン酸やお酢、漂白剤などの使い方についてもご紹介していきます。 重曹が洗濯機の掃除に使える理由 そもそも、重曹で掃除は可能なのでしょうか?結論から言うと、可能です。むしろ、洗濯機の掃除用洗剤などよりも役立つときもあります。ここでは洗濯機の掃除に重曹が効果的な理由をお伝えします。 1. 汚れを分解する作用がある みなさんご存知の通り、重曹は炭酸水素ナトリウムの略称で、お掃除で大活躍するあの白い粉です。石鹸と同じ弱アルカリ性でできていて、酸を中和したり汚れを分解する作用を持っています。 2. 人体に害がない 石鹸と同じ成分でできているこの重曹ですが、洗剤に比べて人体への害が少ないと言われています。お肌が荒れてしまった方や、小さいお子様がいる方にとっては重曹を使うことで、安心してお掃除に使うことができます。 3.消臭効果 重曹には汚れや酸を落とすだけでなく、消臭効果も持っています。洗濯機で特に気になるのが臭い。洗剤を使って掃除をしても、洗剤の塩素系の臭いが苦手な方は少なくないはず。そんなときには重曹を使えば、洗剤の臭いを残すことなく洗濯機の消臭ができます。 4.日常的に利用できる 洗濯機の掃除、正直面倒に感じてそのままにしている方は多いと思います。そんな方にもおすすめなのが重曹。重曹は普段キッチンや窓掃除など様々なところで活躍します。一家に1つ置いておくようにすれば、わざわざスーパーに洗剤を買いにいかなくても、いつでも洗濯機の掃除ができます。 重曹を使った洗濯機の掃除方法 洗濯機の掃除に効果を発揮する重曹ですが、どのようなステップで掃除をすれば良いのでしょうか?ここでは、なるべくわかりやすく掃除のステップについてご紹介していきます。 1.洗濯機に水をいれる 縦型洗濯機の場合: 最大水位まで まず洗濯機に水をいれていきます。このとき、できればぬるま湯を入れると汚れが落ちやすくなるので、ぬるま湯がおすすめです。しっかり汚れを落とすため、最大水位まで水を入れます。 ドラム式の場合: ドアを開けて水がこぼれない位まで こちらもぬるま湯がおすすめですが、満杯に水を入れてしまうとドアからこぼれてしまいますから、ドアをあけても水がこぼれないくらいまでの水を入れます。 2.洗濯機に重曹をいれる 水を満杯にいれた洗濯機の中に、重曹を入れます。このとき重曹は1カップ(およそ200cc)入れます。 3.洗濯機を回す 重曹を入れたら、洗濯機で「洗濯」もしくは「洗う」などのボタンを押して洗濯機を回します。このとき、つけおきする必要があるので脱水はしないでください。 4.一夜放置する 洗濯機を回した後は、5~10時間ほど放置する必要があります。最低でも5時間は放置、できれば1晩中放置すると良いでしょう。 5.汚れをすくう 一夜放置した後は、汚れをすくいあげます。排水時に排水がつまり洗濯機が故障する原因となるので、このとき汚れはすべてすくいとるようにしてください。このとき、あまり気が乗らないかもしれませんが、おたまを使うとすくいやすいですよ。 6.洗濯機をもう一度回す 汚れをすくいあげたら、まだこびりついている汚れを落とすためにもう一度、洗濯機を回して汚れをすくいます。 7.すすぎと脱水を2~3回繰り返す 汚れをすくったあとは一度排水し、新しく綺麗な水を入れる→脱水を繰り返し、洗濯機の中に汚れが残らないようにします。水を入れた時に汚れが見当たらなくなれば問題ありません。 8.乾燥させる 最後にすすぎに使った水を排水し、フタを半日ほどあけっぱなしにして洗濯機内を乾燥させます。もし汚れを見つけた場合は、拭き取りましょう。 重曹を使った掃除におけるポイント 1. 量に気をつける 重曹は水の量に対して割合が少なすぎるとしっかり汚れを落とせませんし、多すぎると重曹がうまく水に溶けません。必ず満杯の水に対して1カップの重曹をいれるようにしましょう。 2. 汚れはすべて取る 洗濯機の中に汚れが残っていると、排水時につまってしまい洗濯機が故障する原因となります。必ず汚れはすべてすくいとるようにしましょう。 3. できればぬるま湯を使う 先述した通り、より汚れを落とすために、つけ置きする水はできれば冷たい水ではなくぬるま湯をいれるようにしましょう。ただし、熱すぎるお湯を入れると洗濯機が故障する可能性があります。ぬるいくらいのお湯を入れるようにしましょう。 他の洗剤や成分との合わせ技 重曹での掃除方法をご紹介してきましたが、実は重曹以外にも様々な洗剤で洗濯機を掃除することが可能です。また重曹と合わせることでより強力な効果を発揮することができるものもあります。 1.クエン酸 クエン酸には泡を作り出す発泡効果があるため、クエン酸と重曹を混ぜると汚れを落とすのにより効果的です。重曹1カップに対してクエン酸は3分の1程度の量が適量です。重曹を入れる際に、クエン酸も入れてみてください。 2.お酢 お酢もクエン酸と同様に重曹と混ぜると泡を作り出す効果を発揮し、汚れを落とします。クエン酸ほど酸性が強くないので、お酢は300~500ml は入れる必要があります。 3.セスキ炭酸ソーダ セスキ炭酸ソーダも洗濯機の掃除には効果的です。ただセスキ炭酸ソーダの場合は、重曹と組み合わせるのではなくセスキ炭酸ソーダだけを利用して掃除するようにしましょう。重曹と同じステップをふむことで、洗濯機を綺麗に掃除することができます。 […]