福岡県外構・エクステリア工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

福岡県の外構・エクステリア工事業者

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

福岡県における外構・エクステリア工事業者の依頼例

よくある質問

外構・エクステリア工事の料金はどのくらいかかる?

外構をつくる場合のエクステリア工事料金です。フェンスを設置する費用は1メートルにつき約4,000円~7,000円程度、2段目までブロックを積んでその上にフェンスを設置する場合は、1メートルにつき約13,000円~16,000円程度です。

門周りの工事料金です。施工費が約2万円~3万円程度、商品代を含む総額では約15万円~30万円程度が相場です。アプローチの相場は選ぶ素材とアプローチの長さによって変わりますが、1平方メートル当たり約8,000円~25,000円程度で、一般的な相場は約10万円~20万円程度です。

地面を整えるための工事料金です。天然の芝生で1平方メートルあたり約3,000円程度、人工芝は1平方メートルあたり約6,000円程度、砂利は1平方メートルあたり約1,500円程度、コンクリートは30平方メートルあたり約15万円程度で別途工事費用に約5万円程度かかります。

機能的なサービスヤードを整えるための料金です。屋根と目隠し用のパーテーションパネルなどが設置されているタイプで両サイドが空いていてドアなどが付いていないタイプの相場は約10万円~15万円程度です。部屋の延長のような作りでドアなども付いているタイプは、約20万円~30万円程度が相場です。サービスヤードと工事費をセットで販売する事業者が多いです。

外構・エクステリア工事の依頼における注意点は?

家の外構を整えると家族が快適に暮らせるようになり、毎日の生活がより楽しくなります。さらにしっかりとしたフェンスを設置すると防犯効果があがり、侵入者などから家族を守ってくれます。家の外構の使い勝手が悪かったり家族がくつろぐ事が出来なかったりした場合は、生活スタイルに合わせて外構工事をしてみましょう。エクステリア工事をするときはエクステリア工事業者だけでなく、ハウスメーカーや工務店でも工事を依頼できます。

外構・エクステリア工事を依頼する流れは?

どのような工事をしたいのか、どのような変化を起こしたいのかを家族で話し合ってデザインや使うものを決めましょう。使うものとは工事で使う建設材料や資材です。希望する予算やデザインに合う建設材料や資材などを選ぶためには、ショールームなどにも足を運んで実物や、実際の素材を見て触って確認しましょう。使うものを確認し、予算と相談して、見積書を作成してもらい契約します。着工して工事が完了して引き渡し、最終的に清算をして完了です。

外構・エクステリア工事業者の選び方は?

アフターケアに力を入れている、話や相談がしやすい業者を選びましょう。外構・エクステリア工事を頼む事業者には、その延長で庭の工事やリフォームも依頼すると業者も勝手がわかっていて作業がしやすいだけでなく、依頼する側も「勝手知ったる業者」に依頼するのは楽です。庭の工事やリフォームは、植栽のお手入れや伐採などで「また業者に仕事を頼みたい」ということもよく起こります。「また」の時に気軽に話しかけやすい担当者のいる工事業者を選ぶように心がけてみましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

外構・エクステリア工事の値段を左右するのは工事で使う建設材料や資材です。例えば、耐久性の高い資材は値段が高額ですが様々な天候にも耐えてくれるような強さがあります。また高価で手間のかかるものもあります、天然の芝生は人工芝より価格が安いですが、下地の土作りや毎年の芝刈りなどの手入れが必要になります。人工芝は、はじめに地面の雑草の撤去や地面を平らに押し固める作業などに時間が掛かりますが、設置が終わればほとんどメンテナンスはいりません。対してコンクリートは耐久性に優れていてお手入れがとても楽です。土ほこりが舞う心配もなく、雑草も生えてこないので掃除の手間が省けますが、夏の暑い日差しを受けて熱されたコンクリートは火傷をしそうな暑さで、その照り返しが家に当たることで家の室温にも影響があるかもしれません。適当な打ち水が必須となります。

このように、高くていいもの・安くていいもの・維持に手間暇がかかるもの・維持に手間暇がかかるけれどいいものなど、建設材料や資材には色々なものがあります。予算と相談することももちろん、お手入れのしやすさや家族のライフスタイルや趣味に合うかどうかも考えましょう。