京都府手すりの取り付け・設置工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

京都府の手すりの取り付け・設置工事業者

依頼して良かった!と言っていただける仕事を致します○企業理念 私達NEXT STAGEは「温故知新」を大切にしています。 社名にあるNEXTは新しきを知る「NEW」と古きを温める「TRAD」の頭文字を掛け合わせたものになっています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社細見建設

ニューユーザー

有限会社細見建設は、 「住宅のお医者さん」というコンセプトのもと 宇治市を中心に京都府南部で 増築、改修、外壁工事、屋根工事、各種リフォームを手がけています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

井原貞工務店

ニューユーザー

設計から施工までワンストップで提供しております。 お客様に安心して暮らしていただくために、耐震性・耐火性・耐久性に優れた素材や、アレルギー等に配慮した建材を用いて、ご要望に合った住まいづくりを心がけております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社フロンティア

ニューユーザー

当社では、戸建てやマンションに限らず全体的なリフォームはもちろんの事ながら ​床のリフォームにおいては 大手の不動産会社様や公社賃貸物件をはじめ、保育園・飲食店・クリニックなど様々な施設での施工実績がございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

宇野工務店

ニューユーザー

リフォーム、新築、耐震、介護保険など家に関する事ならお任せください。 お客様にあったサービスを提供させていただきます。大工歴20年。 地域に根ざしたサービスを心がけています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

プランニングから施工、オープンまでをサポートしております。建築デザインは、飲食店をはじめ、物販店、病院・クリニックなど、多彩に手がけております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

京丹後市の田中建設です。 業務内容(新築工事・リフォーム・増改築・高齢者住宅・ エクステリア・外溝工事) 住宅改修工事(全面改装・耐震補強・防音・断熱など) 外溝工事(外壁塗装・防水工事・住宅改装工事など) 電気・ガス(オール電化・エコキュート・ガス給湯器など) 。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ひび割れ・触ると手に粉が付く・コケやカビが生えている… このような症状が出てきたらお塗り替えの時期が来ています。 おすすめの塗料は、最先端の技術を取り入れて誕生したTOTOハイドロテクトです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

新築工事.その他各種大小増改築工事、内装工事その他、建築に関する工事をいたします。 当社は、新築、増改築、建替から、住まいの修理、修繕まで 豊富な経験と、優れた技術で丁寧に施工いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

住宅、マンション、店舗、ビル、オフィスのリフォームならお任せ下さい。 各種住設器材販売・施工を行っておりますのでお客様の ご要望にお応えできます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

防水工事ならお任せ下さい。 社員全員が防水に係る資格を持ち、木造住宅から鉄筋コンクリート構造物まで 屋上の防水改修、外壁の防水改修・改装工事をご提案いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

コンクリート製の建物を形成する為の器を作成する、型枠工事を専門に致しております。 地球環境への負荷軽減に貢献しながら、安全で高品質な施工を行います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

手すりの取り付け・設置工事業者をお願いしました

京都府における手すりの取り付け・設置工事業者の依頼例

よくある質問

手すりの取り付け・設置工事の料金はどのくらいかかる?

手すりを新しく取り付けるのにかかる費用は、(手すり本体の費用+工事費用)の合計です。どのような手すりを何本、どこに取り付けるのかによって費用が変わります。手すり本体の費用は、シンプルなものは1万円以下〜屋外用の鉄製の手すりや屋内の飾り用手すりには数十万円するものもあります。工事費用も、1本だけの取り付けに1万円以下のこともあれば〜数十万円かかることもあります。

業者に依頼する場合の工事費用は、手すりを取り付ける場所の素材や状態によって変わります。なんの知識もない、準備もしていないときはまず業者に見積もりに来てもらい、「壁の素材に問題がないか」「すぐに取り付けることができるか」を見てもらいましょう。

手すりの取り付け・設置工事の依頼における注意点は?

介護リフォームや、家族に障がいがある(障がい児がいる)ために手すりの取り付け手すりの取り付けをしたいときは、政府の補助金を受け取ることができます。自己負担1割と定められていますが、家庭の収入額や状況に応じて自己負担額なしで工事ができることもあります。補助金は工事前に申請し、工事後の申請はできません。補助金が支給される工事の上限金額は20万円なので、補助金額は最大18万円(自己負担2万円)です。厚生労働省 老健局高齢者支援課が一部改正の通達も出しています(2018年8月現在)、申請するときは最新の情報を地方自治体の担当窓口に問い合わせましょう。

手すりの取り付け・設置工事を依頼する流れは?

どのような手すりとをどこに取り付けたいのか、手すりを利用する本人と、手すりを利用する家族をサポートする人の目線で考えましょう。手すりには2種類あります。棒と金具を組み合わせるセミオーダー式の手すりと、用途に合わせて作られた既成品の手すりです。

棒と金具を組み合わせるセミオーダー式の手すりは、屋内の階段で多く使われます。棒や金具の色などを好みの組み合わせにできます。棒は手すりの握る部分になり、長さは数十センチから数メートルまで対応しています。金具は、棒を壁に取り付ける役目、棒と棒をつなぐ役目、もしくは曲がり角で棒を連結させる役目があります。用途に合わせて作られた既製品の手すりは、トイレ用、浴室用、屋外用、介護用など用途に合わせた素材や長さで作られています。まっすぐな棒や、L字の形になっています。

よくわからない場合は、率直に「よくわからないのでアドバイスが欲しい」と、アドバイス含めた見積もり請求を業者に依頼しましょう。多くの業者が初回の現地調査含む見積もり作成は無料で行ってくれます。最低でも2社には見積もりを依頼して、比較した上で仕事を依頼する1社を確定します。手すりを取り付けてもらい、支払いを済ませたら完了です。

手すりの取り付け自体は数時間で終わることがほとんどですが、手すりを取り付ける壁の具合や、取り付けてほしい手すりの在庫がない場合はメーカー取り寄せなどを行うため、時間がかかることがあります。

手すりの取り付け・設置工事業者の選び方は?

有資格者がいるリフォーム会社は、自社施工をしている事業者と判断することができます。リフォーム業を営む時に、法律的には資格や免許は必要ありません。正確に言うと、請負金額500面円未満の工事は、法律的に資格も免許も不要です。そのため、施工を依頼しようとしている業者は自分たちで施工をするのか、営業担当者だけなのか、職人は自社雇用なのか質問してみましょう。

業者の保有する資格については、建築業許可・建築士・建築設備士・施工管理技士・増改築相談員・マンションリフォームマネジャー・インテリアコーディネーター・インテリアプランナー・福祉住環境コーディネーターなどの資格を持っている社員を有しているリフォーム会社は安心していると言えるでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

バリアフリーリフォームには申請すれば助成金を受け取ることができます。費用負担が少なくて済むのです。そのため介護リフォームとして手すりを取り付ける時には、自治体に確認してリフォーム補助金などの申請方法を調べましょう。業者に聞いても良いでしょう。