岐阜県雨樋修理のプロが近くにいます

どちらで雨樋修理業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

岐阜県の雨樋修理業者

すまいのトラブルお任せ下さい! 庭木の剪定 伐採 草刈り ガス、電気、水道から雨樋等住宅のメンテナンス どんなことでもおまかせください !草刈り 庭木の剪定 木樹の伐採 植木の消毒作業 除草 防草シート お庭のお手入れ 屋根 外壁 雨とい 等外装工事 水回りの修理 リフォーム ビルトイン・給湯器等ガス工事 【液化石油ガス設備士が応対、相談承ります】 お部屋のリフォーム 修繕工事 クロス等内装工事 介護リフォーム シロアリ 蜂 害獣・害虫の駆除 対策 不用品の片付け 家の片つけ 掃除 遺品の整理 お墓の掃除 お墓参り代行。

. . . (もっと読む)

一般在宅設備から業務用設備まで、特に太陽光発電システムの施工実績は県内有数だと自負しております。 現在ご好評いただいている省エネ効果のあるオール電化や、IHクッキングヒーター、温水暖房システム、井戸ポンプ、石油機器などの設備は当社にお任せください。

. . . (もっと読む)

有限会社安藤建設設計室では、新築工事、増改築工事、内装工事、介護リフォーム、外装工事、外構や路盤工事、防犯セキュリティー、電気設備工事、ガス設備工事等を行っております。

. . . (もっと読む)

お住まいでお困りのことはございませんか?お客様の状況に合わせたリフォームを提案いたします。 住宅・マンションからオフィスや店舗などのリフォームをプランニングから設計、施工、アフターサービスまでお任せください。

. . . (もっと読む)

土地や道路のへこみや亀裂、拡張だったり擁護工事を頼みたい。そういった悩みに お応えできるよう遠藤組では解体・整地・舗装まで一貫して全て行っています。

. . . (もっと読む)

リフォーム・太陽光発電・オール電化を、設計プランニングから施工・アフターフォローまでトータルサポートいたします。 お客様のご予算やご要望に沿った最適なプランをご提案させていただきます。

. . . (もっと読む)

地球を守ろう。オール電化でCO2削減。 省エネ対策、耐震対策、セキュリティ対策ならお任せください。 建物の設計施工、土木工事一式承ります。

. . . (もっと読む)

営業種目はオペレーター付のクレーン高揚重作業一式をはじめ、鉄骨建方、橋梁架設や解体作業、機械重量物据付のほか、クレーン作業に伴う運搬となっています。

. . . (もっと読む)

地元の皆様とお顔の見えるお付き合いを続けて115年となります。 屋根材、壁材、雨樋など小売りします。 お値打ちな自社生産商品の屋根材や壁材をはじめ、各メーカーの製品も取扱っております。

. . . (もっと読む)

家屋解体、土木工事、とび・土木工事。弊社は安心・安全な解体を目指しています。 安全に施工し、お客様に安心していただくために、様々な点に注意しています。

. . . (もっと読む)

総合建物解体工事を請け賜わっております。木造・コンクリート造・鉄骨造など土木工事一式、重機工事、リサイクルいたします。 石製造販売、建設資材運搬販売(川砂・山砂・山硝・砕石)、木くず・紙くず・繊維くず・がれき・ガラス・陶磁器くずなどの収集・運搬を行っております。

. . . (もっと読む)

ザ・リフォーム ヤマダでは住宅リフォーム、増改築工事、ガラス・サッシ工事、防犯工事、間仕切工事など行っております。 明るい空間づくりを目指して、お客様のご要望に対し3Dを使った具体的にイメージしやすいご提案をさせていただきます。

. . . (もっと読む)

雨樋修理業者の写真一覧


写真をクリックで詳細を表示

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

岐阜県における雨樋修理業者の依頼例

雨樋修理業者をお願いしました

 岐阜県岐阜市

依頼カテゴリ
雨樋修理


詳細
2階の雨樋の詰まり


雨樋修理業者をお願いしました

 岐阜県岐阜市

依頼カテゴリ
雨樋修理


詳細
枯葉なのどが詰まり雨樋が壊れそうなので、樋の掃除をして頂きたいです。


雨樋修理業者をお願いしました

 岐阜県関市

依頼カテゴリ
雨樋修理


詳細
軒樋の補修


雨樋の修理内容

雨樋の一部修繕

雨樋は、軒先に地面に平行した向きで取り付ける軒樋(のきどい)と、軒樋に集められた水を下水まで導く地面に垂直に立てられた竪樋(たてどい)、軒樋と竪樋を継なぐ(つなぐ)集水器でつくられています。さらに雨樋として完成させるために、止まり、寄枡、エルボ、呼び樋、継手などの部材と支持金具が使われています。

一般住宅では主に塩化ビニル樹脂を素材とする雨樋が多く、その他にガルバリウム鋼板、カラー鉄板、銅板なども使われています。これらの部材は、経年劣化による樋全般の穴あきやひび割れ、軒樋のたわみやゆがみ、支持金具の腐食による不具合が生じてきます。

軒樋や集水器、竪樋などの穴やひび割れは、雨樋修理テープや防水コーキング材、接着剤を使って修理できます。また雨樋の掃除で軒樋の流れがよくなると、軒樋のたわみが元に戻り劇的に水の流れが改善することがあり、定期的な掃除が、雨樋にとって最良のメンテナンスになります。

雨樋の部分交換

経年劣化や台風などの自然災害で壊れたり、いびつな形に変形してきます。また金具がサビつき、壊れて外れることもあります。

部材の交換については、軒樋や竪樋、集水器だけでなく、継手や止まりなどの部材、支持金具まで雨樋全体の様子に目を配ってください。

雨樋の全体交換

全体が一度に大きな被害を受けたときには、雨樋全体を交換します。部分的な修繕や部材の交換では、全体のゆがみなどの修正ができず、水の流れを悪くすることが多いです。また雨樋の経年劣化が進むと、修理や部材交換を必要とする箇所が続けて出てくるため、全体を交換する方が、修理の総費用は安く済みます。

雨樋が壊れる原因

原因は主に、雨樋にゴミが詰まっている、経年劣化している、雨樋の傾斜角度がおかしい、雨樋の継ぎ手に問題がある、異常気象(台風、暴風、突然の降雪など)です。

雨樋修理業者の選び方

雨樋の修理や交換はリフォーム業者や外壁塗装業者、工務店、さらにはホームセンターなど、幅広い業者が対応しています。その中に、雨樋修理業者、雨樋修理専門店と呼ばれる業者も目につきます。

雨樋修理専門の業者は、火災保険で雨樋を修理をするサポートに力を入れています。例えば、保険会社へ提出する見積書を作成するだけでなく、保険が適用されるかどうかの判断、申請書の書き方のアドバイスなどです。

火災保険で雨樋修理全額無料といった広告で、客を騙す火災保険詐欺もあります。保険申請の手続きや適用条件を、きちんと説明をしないセールスには注意をしてください。

雨樋修理の料金相場

岐阜県の雨樋の一部修繕作業

雨樋の一部修理に該当する傾斜角度の修正は、10,000~30,000円程度です。また継手の修理では、5,000~20,000円/1ヶ所です。なお雨樋の掃除をメンテナンス、一部修善とすると、その料金は10,000~30,000円です。

岐阜県の雨樋の部分交換作業

雨樋の一部にひびが入った、欠落で部分交換が必要になったときの料金は、10,000~30,000円/1ヶ所です。また支持金具を交換するには、10,000~20,000円/1ヶ所の料金がかかります。

岐阜県の雨樋の全体交換作業

雨樋全体を交換するときの料金は、15万~50万円です。料金幅が非常に大きいのは、足場の有無、寄棟屋根、切妻屋根など屋根の形によって雨樋の長さが大きく変わるなどの理由です。なお30坪程度の住宅の場合、足場料金の相場は10万円です。

雨樋修理を業者に依頼するメリットとデメリット

業者へ依頼するメリットは、品質が保証されることです。顧客が求める条件に見合った材料を予算枠内で選び、専用の道具を使い専門技術で工事をするため、コストパフィーマンスに優れた仕上がりが期待できます。

業者へ依頼するデメリットは料金です。自分で作業すれば材料代と道具代で済むところが、何倍もの費用がかかります。しかしベストなコストパフォーマンスが得られれば、十分に依頼する価値があるはずです。

依頼する業者の口コミを確認するようにし、また複数の業者から見積を取ることで、見積り金額の妥当性を測るようにしましょう。

雨樋修理を火災保険で賄う方法

火災保険の加入者は、自然災害で雨樋が破損した場合に風災補償や雪災補償を受けることができます。災害による損傷なのか、経年劣化による損傷なのか自分で判断できないときは、屋根修理業者やリフォーム業者などに相談をしてください。

保険会社への請求手続きには、修理を依頼する業者の見積書を添付するので、業者への相談は必要です。

自然災害による損傷と確認できれば、保険加入者は所定の書類を準備して保険会社へ申請をします。主な書類は、保険金請求書、事故状況説明書、修理費用見積書、損害物(被害ヶ所)の写真です。

申請を受けた保険会社は、第三者機関(一般社団法人日本損害保証協会)の鑑定会社と現地調査の上で補償額を決定、申請者に補償金を支払います。ただし、補償金の額は保険会社と鑑定会社が決めるので、申請者が提出した見積書の金額と一致するとは限りません。保証額が見積額を下回る場合もあり、その時の差額は申請者が負担することになります。