東京都港区中国語レッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都港区の中国語教室

国際交流勉強会PAM

4.6
starstarstarstarstar
ニューユーザー

多種多様、安い、私達、国際交流勉強会PAMは 留学経験を生かし現役大学生により設立、運営されている国際団体です。 現役大学生が英語をより近い存在へ!とスローガンを掲げ 少しでも多くの方に英語や外国人と触れ合い機会を提供するため 外国人のみを講師とし、派遣型の格安英会話スクール事業を展開しております。

詳細を見る

ナンシー ラン

ニューユーザー

台湾出身、英語日本語堪能、英語先生だった(犬派)初めまして、ナンシー ランと申します、ナンシーと呼んでください。 台湾人です、1年前日本に来ました、現在IT特化している人材紹介の会社で勤めています。

詳細を見る

ML新未来中国語教室は、港区の語学教室です。主に中国語のレッスンを行い、旅行会話から、医療通訳養成など専門的な語学を学べます。中国語の無料体験授業も実施しており、ネイティブの講師、日本人の講師も在籍しており、希望にあわせたレッスンを提供しています。

詳細を見る

インタラング・サービス株式会社は、語学講師派遣会社です。英語、日本語、中国語、タイ語、インドネシア語等と、様々な語学講師を企業に派遣しており、語学研修を提供している他、翻訳なども対応しています。

詳細を見る

東亜学院は、「一般財団法人霞山会」が運営する中国語学院です。半年で、中国駐在、留学準備ができるレベルを目指す「速成講座」や、初心者から上級までの「常設講座」など様々な講座を用意しており、初心者向けの無料体験講座も対応しています。

詳細を見る

ECC外語学院新橋校は、英会話教室・語学学校・外国語スクールです。ビジネス英会話コース(初級~上級編)やビジネス英語応用プラクティスコース、日常・海外旅行英会話コース 、TOEIC®L&R Testスコアアップ対策コース、ビジネスマンツーマンコース、ビジネス中国語マンツーマンレッスン(初心者対象)など、それぞれのレベル・目的に合わせた多数コースをご用意しています。

詳細を見る

アイケーブリッジ外語学院は、英会話教室・語学学校・外国語スクールです。韓国語講座、中国語講座、ロシア語講座などがあります。翻訳サービス(ビジネス翻訳、おもてなし翻訳)通訳サービス(インターンシップ)なども行っています。

詳細を見る

チャイナリニア株式会社は、英会話教室・語学学校・外国語スクールです。中国語・韓国語・英語教室の運営だけでなく、二胡・馬頭琴・古筝等の楽器教室の運営も行っています。

詳細を見る

東京言語学院は、英会話教室・語学学校・外国語スクールです。東京言語学院は新宿、浜松町にある中国語教室、韓国語教室、スペイン語教室、日本語教室、英会話教室、。

詳細を見る

キャプラン株式会社Jプレゼンスアカデミー事業本部は、英会話教室・語学学校・外国語スクールです。Jプレゼンスアカデミーは航空会社における教育機関としてスタートして以来、四半世紀を超える長きにわたり培ってきた知識と経験・ノウハウを活かし、皆様が自らの世界を広げていくための一助となる教育事業を展開しています。

詳細を見る

シナコ・女性フランス語教室はフランス語教室です。アットホームな雰囲気の中でフランスと日本について考察しながら、豊かな知性を育むお手伝いします。

詳細を見る

実際の依頼例

中国語教室をお願いしました

港区における中国語教室の依頼例

中国語とは

漢族が使用する言葉を中国語と呼んでいます。中国の9割以上が漢族という民族で占められており、その漢族が使用しているのが中国語です。

中国語の中でも方言があり、香港は広東語、北京は北京語、上海は上海語と、同じ中国語でも少々異なっています。中国語における標準語は北京語です。

中国語の特徴

中国語、とひとくくりに表現しても方言や、漢字の違いがあります。方言は、日本と同じく地方によって特徴や癖があります。

漢字の違いは、繁体字と簡体字の2つに分けることができ、繁体字は漢字の通り、難しく複雑な漢字を使う中国語で主に香港や中国で使われます。簡体字も漢字の通り、簡略された漢字を使う中国語で、主に中国大陸で使われます。簡体字が中国の正式な文字です。

中国語が話される国や地域

中国語は漢族のいるところで使用されます。中国大陸だけではなく、全世界中に住む漢族が利用しています。

例えば中国大陸ではなくとも、日本の横浜、神戸、長崎やアメリカなど各国に中華街や中国人街がありますが、町並みや人々の会話の中で、中国語が飛び交う様子を見ることができます。

中国語の試験

日本で中国語のレベルをはかるための試験には、日本中国語検定協会が実施する中国語検定試験や、株式会社ハオ中国語アカデミーが実施し、通常TECC (Test of Communicative Chinese)と呼ばれる中国語コミュニケーション能力検定があります。他には、中国政府が認定する中国語資格、つまり国家資格となるHSKがあります。

中国語教室の相場

体験レッスンの値段

無料で体験レッスンを実施している教室やクラスが一般的です。教室によって状況や条件が異なるため、体験レッスンがあるのか、料金はいくらか、問い合わせてみましょう。

グループレッスン

中国語教室の入会金は約9,000円~2万円程度です。他の受講者と一緒に学ぶグループレッスンは、レッスンごとの都度払いを設定している教室はほとんどなく、月謝制か回数制です。回数制とは、一定期間内に24回、48回などの回数を受講する制度です。

1レッスンあたりの金額は約1,600〜1,800円程度が一般的です。月謝制では一般的に約7,000円程度、回数制は例えば3カ月で24回のレッスンがあり合計約4万円、1 年で48回レッスンがあり合計約8万円など、回数が多いほど通うことのできる期間が長くなり、1回あたりのレッスン料は安くなります。

個人レッスン(マンツーマンレッスン)

他の受講者とレッスンを受けるのではなく、講師にマンツーマンで教えてもらうことのできる個人レッスンも、入会金や支払い条件はグループレッスンと変わりません。

1レッスンごとの都度払いを設定している教室はほとんどなく、一定期間内に24回、48回などの回数を受講する回数制が一般的です。レッスン料は、1レッスンあたり約4,000円〜6,000円程度が一般的です。

回数制とは、例えば、24回レッスンが約15万円、48回レッスンが約27万円と、回数が多いほど通うことのできる期間が長くなり、1回あたりのレッスン料が安くなります。個人レッスンも教室に生徒が出向くのが一般的です。

レッスンの時間や頻度

実際のレッスン時間は、グループレッスンは50分程度、個人レッスンは50~90分が一般的です。月謝制のクラスはたいていグループレッスンとなり、週に一度同じ曜日と時間に受講します。

個人レッスンには回数制を採用した教室が多く、週に1回のペースで日時を固定するか、自分の都合に合わせた頻度で受講できます。