東京都フランス語レッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都のフランス語教室

Cotomi design

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

ジュエリー、仏語、イラストのレッスン可能初めまして、鈴木と申します、東京都町田市在住です。 私の得意な分野のレッスンをご紹介します。 ⭐︎ジュエリー、アクセサリー制作レッスン ー簡単な彫金のレッスンが可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

MAKIKO ♡

0
ニューユーザー

大学時代、第二外国語でもなく、専攻でもないフランス語を独学で大学三年生の時より始め、大学4年生の時に派遣留学生として約一年間フランスに留学いたしました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

音ノ葉 ピアノ教室

ニューユーザー

~教室紹介~ 当教室では、楽しく続けられるレッスンをモットーに、丁寧できめ細やかなレッスンをご提供いたします。お子さまから大人の方まで、レベルや弾いてみたい曲はさまざまです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

フランス語教室と英語教室がの学校です。フランス語本科では、視聴覚メソッド(クレディフ)、総合フランス語講座、語学専任アドバイザー等を。特別カリキュラムでは、和太鼓の実習、会社業務の基礎知識、ロジカルシンキング演習等が学べます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

サイマル・アカデミー東京校は、通訳者・翻訳者を養成するための教育機関です。英語、中国語、フランス語のコースを開講しており、通訳者/翻訳者養成コースをめざす「準備コース」など、様々な通訳者育成のためコースを用意して対応しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ネス外国語会話は英会話・フランス語会話教室です。マンツーマンレッスンを1回2,980円からご提供。講師採用率は2.94%でレッスンの質を重視しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

シナコ・女性フランス語教室はフランス語教室です。アットホームな雰囲気の中でフランスと日本について考察しながら、豊かな知性を育むお手伝いします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

学生の家は語学スクールです。英語・フランス語・ドイツ語の3カ国語を目的、レベル別にしたレッスンを行なっています。経験豊富な専任外国人講師の担任制でレッスン料は月謝制で、欠席された場合も振替えが可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

東京日仏学院は現在の名称はアンスティチュ・フランセ東京でフランス語教室です。フランス政府公式の語学学校・文化センターです。フランス語を学ぶと同時に、映画や講演会、展覧会などのイベントを通じて、フランス語圏の多様な文化と触れることができる場です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

NOVA御徒町校は台東区の外国語学校です。英語のみでなくフランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・中国語・韓国語の計7言語の習得が可能で、「株式会社NOVA」が運営しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

エコール・プリモはフランス語教室です。在日フランス大使館認定の法定翻訳会社が運営するフランス語教室です。通訳・翻訳のプロを目指している方はもちろん、仕事でフランス語が必要な方、平日夜、土日の通学講座と通信講座があり、働きながらでも無理なく学べます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

NOVA恵比寿校は渋谷区の外国語学校です。英語のみでなくフランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・中国語・韓国語の計7言語の習得が可能で、「株式会社NOVA」が運営しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

フランス語教室をお願いしました

東京都におけるフランス語教室の依頼例

フランス語とは

フランス語は、フランス共和国を中心に使用されている言語です。世界でフランス語を話す人の人数は2億人程度とする説が一般的です。

国際連合、万国郵便連合、ユネスコの公用語で、オリンピックの公式言語でもあります。

フランス語の特徴

フランス語で使われるアルファベットは英語と同じローマ字で、読み方が異なります。K, Wの2文字は外来語のみに使用されます。文法は英語と同じで、主語、動詞、目的語の語順になります。

フランス語が話される国や地域

フランス語は、フランス共和国だけでなく、カナダの公用語でもあります。カナダでは主にケベック州で使われます。アフリカではカメルーン、中央アフリカ、セネガルや今後などでフランス語が使用されます。これはフランスが植民地とした時代の影響です。

モナコ公国、カリブ海に浮かぶハイチやマルチニック島もフランス語が使用されます。スイスの一部やベルギーの南半分でも使用されます。

フランス語は、日本語の中にも浸透しています。なぜならばフランスの文化の流行とともに日本で理解されるようになり、カタカナ語になった言葉もあるためです。例えば小さいことを表現するときにプチという言葉が使われますが、これはフランス語からきています。

そのほか、カフェオレやオムレツ、カツレツなどの食事に関する単語、オートクチュールやプレタポルテなどのファッションに関する単語も、フランス語が語源で、現在は日本のカタカナ語として定着しています。

フランス語の試験

日本でフランス語のレベルをはかるための試験には、公益財団法人フランス語教育振興協会が実施、日本の文部科学省も後援している実用フランス語技能検定試験があります。

他に、フランス文部省認定のフランス語資格試験のTCF(テーセーエフ)やDELF(デルフ)、DELFの上級者レベルのDALF(ダルフ)があります。

フランス語教室の相場

体験レッスン

体験レッスンが無料か有料かどうかは教室により異なります。有料の体験レッスンの場合は約5,000円程度です。マンツーマンレッスンを受けたいと考えている人は、講師との話しやすさや相性を確認しましょう。グループレッスンを受けたいと考えている人は、他の生徒たちの様子や授業の雰囲気を確認しましょう。

グループレッスン

ほとんどの教室やクラスが入会金を設定しています。入会金の価格帯は約1万~2万円程度です。入会金がない教室や、季節の変わり目やキャンペーンなどで割引期間がある教室もあります。

料金形態は、月謝制か、一定期間内に指定の回数を受講する回数制です。回数制は、例えば3カ月で10回レッスンが約3万円、半年で25回レッスンが約73,000円とm回数が多いほどレッスンが可能な期間が長くなり、1回あたりのレッスン料も安くなります。

1レッスンごとの都度払いを設定している教室はほとんどありません。グループレッスンの金額を1レッスンあたりの金額に計算すると、約2,800〜3,600円程度が一般的です。

個人レッスン(マンツーマンレッスン)

個人レッスンでも、入会金や支払い条件はグループレッスンと変わりません。レッスン料を、1レッスンあたりの金額に計算すると、約3,000円〜9,300円程度が一般的です。

1レッスンごとの都度払いを設定している教室はほとんどなく、回数制が一般的です。回数制の金額例は、10回レッスンが約6万円、25回レッスンが約16万円、50回レッスンが約60万円です。

レッスンの時間や頻度

体験レッスンの時間は約50分前後が一般的です。実際のレッスンはグループレッスンでは50分~75分、個人レッスンでは60分程度が一般的です。