埼玉県蛍光灯からLEDへ交換のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

埼玉県のLED照明の交換工事業者

一所懸命に頑張らせていただきます。こんにちは、株式会社ハウジングサーブと申します。 弊社は川越市霞ヶ関にてリフォーム事業、不動産事業、建築事業を行わせていただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

大熊工務店

ニューユーザー

大熊工務店は、「フォース工法」を用いて、さまざまな家づくりを行っています。 埼玉県草加市を中心に、地域密着で施工いたします。また、店舗の内装工事の実績も豊富で、そのノウハウは一般住宅施工にもリンクしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

建物への漏水の形態は、建物の構造や状況によってそれぞれ違って参ります。さまざまな漏水状況の現実を的確に受け止め、先入観を持たずに対応する事が漏水処理には大切な事なのです! 場合によっては、複合的な原因により漏水が起こっている事も多く、一度の処理だけでは改善しないかもしれません。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

土壌汚染のスペシャリストとして、信用第一をモットーに邁進してまいりました。 今後も日々努力を惜しまず、改善を重ねより良い会社として歩んでまいりたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

『お客様に満足いただける家を提供する』 お客様に家を引き渡した後、「『きくちホーム』さんにお願いして良かったです」という声を沢山いただいています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は平成17年度埼玉県「彩の国人にやさしい町づくり賞」住宅部門において最優秀賞を受賞しました。 日頃からユニバーサルデザインや、バリアフリーの積極的な取り組みが評価された結果だと思い、更に努力したいと思います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社は、自社設計・施工・販売で事業展開しております。また、設計事務所も兼ねていますので、設計力を生かし、細部に気を配ったデザイン性・クオリティーの高い住宅を御提案させて頂いてます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社エステックはテナントや一般店舗、ショールームや美術館・博物館の内装まで幅広いご依頼を承っております。 また造作什器・特注家具製作にリフォーム工事施工などの一般のお客様のご注文にもお応えすることができます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社の会社理念に【葺心[ふきごころ]】と言う言葉を掲げました。これは、一枚一枚の瓦を心こめて施主様の為に葺くことを意味します。 屋根は、家族の生活を守る傘の役割を果たします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

3つ星工務店のしんしょうです。 新勝は地元さいたま市を中心に地域密着でリーズナブルな注文住宅・リフォームに対応いたします。 新勝は職人に自信があります! 全国で2番目に3つ星工務店☆☆☆(建築における技術、精度、気配り、全てにおいて最高峰と呼べる工務店)に認定されました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

変わりゆく住環境のなかで多様化するニーズを先取りして分析し、ユーザーにフィードバックしてご提案する。これが並木建設のこれからの目標と理念です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

本当に大切な家だからこそ長く住みたい。 当社はそんなお客様の願いをカタチにします。 外装、内装、設備など外見や便利性など見える部分だけではなく、本当に長く付き合える住宅。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

LED照明の交換工事業者をお願いしました

埼玉県におけるLED照明の交換工事業者の依頼例

よくある質問

蛍光灯からLEDへ交換の料金はどのくらいかかる?

蛍光灯を入れて使用する照明器具からLED電球を使用する照明器具に交換する料金(バイパス工事)は、照明器具のワット数などに応じて異なりますが、1箇所2万円前後〜数万円です。

工場や倉庫など、高所の照明を蛍光灯からLEDに交換する費用は、1台あたり約7万円〜10万円前後かかります。もし10箇所や20箇所あるような場合の出費はまとまった額になりますが、蛍光灯からLEDに変更した後の電気代は大きく下がります。

蛍光灯からLEDへ交換の依頼における注意点は?

今使用している照明器具に蛍光灯を使用しており、その電球をLEDに交換したい場合は、まず照明器具のメーカーに問い合わせてみましょう。LED電球を使用しても点灯するか、点灯しても問題がなく使用することができるか、という質問をしてみましょう。多くのメーカーが、LED電球に対応しているかどうかの検査はしていないという回答をするでしょう。その場合、LED電球を使用するかどうかは自己責任となります。心配な人は照明器具ごとLED電球を使用できる照明に変更しましょう。

蛍光灯からLEDへ交換を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を出し、見積もり内容を見比べましょう。業者に見積もり依頼を出すときは同じ条件で出すことで、「同じ条件に対してどのような内容と金額の見積書が来るのか」を比較することができます。照明の台数、位置や高さ、工事希望日時などの条件を揃えて業者に問い合わせましょう。1社に絞ったら工事をスケジュール通りに行ってもらい、完了したら支払い、終了となります。

蛍光灯からLEDへ交換業者の選び方は?

工事業者に工事の説明を依頼すると、説明内容には電気のこと、ワット数や電気代のことなど、多くの数字や専門用語が出てきます。このような説明を一般人でもわかりやすく解説してくれる業者は信頼できるでしょう。また、見積もりを頼むときに照明の数が多い、こちらがうまく説明できないような場合に無料で現地調査を行なってくれる業者は、見積もり金額も正確に出してくれます。電話のみで現地を見ずに見積もりや契約をすると、工事当日に「実はここの配線は難しいかもしれない」「実はここの電気工事が上手くいかないかもしれない」というようなマイナスポイントが見つかってしまうようなことが起きる可能性もあります。

その他気を付けるべきポイントは?

LEDは寿命が長く、消費電力も低く、消費電力が低いために電球も熱くなりづらいなど、メリットの多い照明です。蛍光灯が切れた、蛍光灯の交換時期が来た、そのようなときはLEDへの変更を検討しましょう。