神奈川県防犯カメラ設置のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

Supporters

SMBCMizuhoMitsubishiPersol

神奈川県の防犯カメラ設置工事業者

当社は、お客様のパソコンを診断、修理から、中古・新品パソコン、プリンター 付属品などの販売を致します。 パソコンサポートは設置設定、修理、インターネット周辺機器設定、ソフトインストールなど対応致します。

詳細を見る

マルチック株式会社

ニューユーザー

建物への侵入対策、外周警戒などの防犯対策からオフィス内のセキュリティ構築など、セキュリティに特化した専門知識を身につけ、積極的に現場におもむき経験をつんできました。

詳細を見る

横浜市を中心にサービスを行っている便利屋HAMAICHI(はまいち)。内装・リフォームをはじめ、ドアや窓ガラス、網戸など、家まわりのトラブルなら何でもおまかせください。

詳細を見る

総合探偵社ガルエージェンシー横浜駅前は『あなたに身近な探偵』です。 神奈川県横浜市の横浜駅間近で20年に渡って探偵業務を営んでいる総合探偵社ガルエージェンシー横浜駅前は神奈川県で一番身近な探偵であることを目指し続けています。

詳細を見る

Y"s company

ニューユーザー

ルームエアコン工事取付取外し、大手量販店様より安くエアコン屋として10年の経験があります。 今までに、一般家庭、会社様、店舗様など 1000件以上のルームエアコン工事等させて頂いております。

詳細を見る

株式会社ユージーシー

ニューユーザー

防犯カメラ販売レンタル 個人 法人 マンション創業40年 個人 法人 マンションに多数防犯カメラ設置の実績があります。 専門の防犯設備士がお伺いして防犯診断を行い最適な防犯設備を提案をいたします。

詳細を見る

角屋 賢二

ニューユーザー

電気通信工事、電気工事など従事しています。当方、LAN工事、電話工事、防犯カメラ工事、電気工事等の経験があります。電気工事士2種、CAD利用技術者検定2級、光接続講習、高所作業車10m未満、フルハーネス講習、職長安全講習の資格があります。

詳細を見る

小平 涼介

ニューユーザー

照明器具代理店兼オリジナル製品の販売を行っております。ユニティと申します。 照明設計、取付工事、空調、監視カメラなど電気設備関係の機器及び工事までワントップサービスにて行っております。

詳細を見る

アイムロックは鍵、錠前の販売・施工・修理・作製、自動車・バイク・住宅・店舗・金庫などの鍵開け、鍵の作製、鍵の交換、鍵の修理の出張サービス等を行っている会社です。

詳細を見る

ISNゴールドロックサービスは現在ゴールドロックサービスとして営業しています。ゴールドロックサービスは鍵・防犯用具の会社です。鍵の交換・開錠・新規取付・作製・紛失や盗聴器の調査などを行っています。

詳細を見る

ヒーローカンパニーは、防犯・護身用品の総合卸を行っている会社です。護身スプレー・スタンガン・特殊警棒・手錠・拘束具・防弾・防刃・防犯用品・グローブ/ナックル・スリングショットなどを取り扱っています。

詳細を見る

株式会社コア・エレクトロニックシステムは電気・電子機械器具のフィールドサービスを中心とした会社です。電気器具・電子機器の設計・製造・販売・保守のほか、工業用監視カメラの修理・据付・点検や家庭用常設型ガス機器の設置なども手掛けており、労働者の派遣事業や業務請負事業も展開しています。

詳細を見る

実際の依頼例

防犯カメラ設置工事業者をお願いしました

神奈川県における防犯カメラ設置工事業者の依頼例

よくある質問

防犯カメラ設置工事の料金はどのくらいかかる?

自分でカメラを購入して、業者に設置してもらう工事費の平均価格は約43,000円で、価格帯は3万~5万円です。工事費の内訳は(設置・配線・調整・録画機器設定・現地調査費用)などの基本的な項目が含まれています。配線が長く必要になる場合や、設置場所の構造などによって工法・料金が異なる場合もありますので、設置前に必ず現地調査を行ってもらい、正確な見積を出してもらいましょう。

業者にカメラの購入から設置までサポートしてもらう場合の平均価格は約76,000円で、価格帯は5万~10万円です。内訳は(基本的な性能のカメラ一台・録画機器一台・設置・配線・調整・録画機器設定・現地調査費用)です。カメラの画素数が高く鮮明に録画可能なモデルなど、グレードの高いものを選択すると商品差額が発生します。

設置のみの場合と同様、必ず現地調査し見積を出しましょう。その際にカメラを設置する目的や設置場所をしっかりと伝え、プロ目線のアドバイスをもらいながら疑問はどんどん質問し、納得行くプランと見積になってから工事を行いましょう。

防犯カメラ設置工事の依頼における注意点は?

自宅の周囲や駐車場に防犯カメラを設置することによって、不法侵入や車上荒らしなどの被害を防止する効果を期待出来ます。防犯カメラの撮影範囲に侵入するのを直接抑止するだけでなく、住人の防犯意識が高い家だとアピールすることによって精神的に躊躇させる効果もあります。防犯カメラが見える位置に「防犯カメラ作動中」のステッカーや防犯シールを貼り、侵入者にカメラの存在を意識させることも有効です。

防犯カメラ設置工事を依頼する流れは?

複数の業者に同じ条件で相談をして、見積書や提案を比較しましょう。予算に応じて最も良いと思えるカメラを決めて、施工日や支払い条件を確認します。カメラの取り付け工事を行い、動作確認の結果問題なく動くことがわかったら完了、料金を清算して完了です。

防犯カメラ設置工事業者の選び方は?

業者によっては、持ち込みカメラ(自分で購入したカメラ)の取り付けは断られる場合もあるので、依頼する前に確認しましょう。工事前に設置予定のカメラを業者に伝えておくなど、トラブルが起こらないように連絡を密に取り合う必要もあります。また、電源工事が必要なタイプのカメラ設置工事は、電気工事士の資格を持っていないと行えません。選べるカメラに制限が出ないよう、業者の電気工事資格の有無を確認しておきましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

年々進化するカメラ性能のおかげで、鮮明に記録された映像により犯罪解決するケースは増えています。空き巣などの犯罪で犯人が写っていた場合、証拠品として警察に提出し、捜査に使われることがあり検挙率のアップが期待出来ます。自宅の塀に車で当て逃げされたなど、泣き寝入りしてしまう事が多いケースでも、車のナンバーが写っていれば犯人を特定することが可能です。

ネットワークに接続出来るカメラが増えており、離れた場所から映像を見られる機能を生かして、見守りカメラとしての設置が増えています。室内に設置して、留守番中の子供の様子を見守る、ペットの様子などを外出先からスマートフォンで確認する、といったことが可能です。高齢化に伴い、遠方に住んでいる両親の様子を確認する、といった使い方も増えています。