avatar

康井 啓三

tier new-user

5.0

star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1
(8件)

東京都渋谷区南平台町

承認済み個人情報

メールアドレス

自己紹介

一言PR

大学受験英語のプロです。

企業情報・自己紹介

【英語・個別指導YES】 2014年2月に、代々木ゼミナール元講師、康井啓三が東京都渋谷区道玄坂上にスタートアップさせた、対面およびオンラインを併用した英語・個別指導塾です。英語がメインですが、その他一部の理数系教科も扱っています。講師は2018年2月現在、全員がプロ、大手予備校現役、元講師が担当しています。 【問題解決型の個別指導塾】 既存の予備校、塾のようにシステム、授業、設備を売るのではなく、コーチングとメンタリングに基づいた丁寧で総合的な学習サービスを提供しています。ひとり一人の個性に合わせた指導を通し、合格を追求します。プロによる問題解決型の個別指導塾です。 【指導の形式】 対面式とオンラインを併用しています。サイバー授業も、様々な機器を併用し、対面式授業と変わらない水準です。中国を含む東京以外の地域の授業はすべてオンラインで行われています。 【カリキュラム】 コーチングもメンタリングも客観的な生徒分析を基本としています。生徒の個性を理解し、学力分析に反映させます。その上で、その時点に相応しい学習内容を決定し、毎月の学習計画を見直しを通し、一時的に負荷が大きくならないように工夫しています。 指導カリキュラムは固定的なものではありません。プロの視点から、生徒の学習意欲の増進とともに大きな負荷が当然と考えられるよう、学習計画を柔軟に設計しています。 【情報の共有】 詳しい日々の学習記録を残しています。学習履歴をご父兄と共有していくことの大切さを考慮し、日々の学習結果は、当日、または翌日、ご父兄だけが閲覧できるようにHPにアップされます。面談リクエストがある場合、常にご意見をうかがえる準備をしています。 【メンターとしての講師】 講師と生徒の関係はあくまで対等です。年齢、経験、知識の違いを乗り越え、講師は学習のプロとして生徒の成長を温かく見守り、ニーズに応える存在です。 【学習対象のコンセプト】 All-comersです。年齢、国籍、学習経歴は問いません。時代と共に、大学進学への意味は変化しています。プロの視点から、問題解決の新しい学習サービスをご提案しています。 【学習対象領域】 英語であればその範囲を問いません。主に医学部、東大、早慶、GMARCH受験対策、大学補習(TOEIC含む)が中心です。また、日本留学生試験(EJU)対策も行っています。医学部受験には大きな蓄積があり、2018年2月28日現在、在籍者3名、杏林大学医学部、東邦大学医学部、関西医科大学、国際医療福祉大学医学部、埼玉医科大学(正規合格)東京医科大学(1次合格)の結果が出ています。 ********* ここ10年間に大学受験の在り方は大きく変化しました。今まで当たり前だった一般入試が特別なものになろうとしています。高校間の学力格差はますます広がり、一般的な高校生の学力は、進学アスピレーションの高さに反比例するかのように低くなっています。このような現実に、大学受験者層の多様化を含め、既存の予備校、塾のシステムは十分に対応できなくなりました。予備校、塾離れの加速は当然のことです。 大学入試は人生の分岐点です。YESは、このような状況の中で個人の問題解決に特化し、最も効果のあるプロによるテューターリング・サービスを模索しています。 【2018年度個別指導YES医学部合格・進学最終結果のご報告】 平成30年4月1日 ●医学部コース 在籍者 3名(過年度生):医学部進学者:2名            ・正規合格 【国立】 1.横浜市立大学医学部 1名 【私立】 1.杏林大学医学部 1名     2.東邦大学医学部 1名 3.関西医科大学 1名  4.国際医療福祉大学医学部 1名 5.埼玉医科大学(後期日程)1名 ・1次合格 1.東京医科大学 1名 2.大阪医科大学 1名 3.岩手医科大学 1名 ・その他 1.日本大学薬学部 1名 *2018年度個別指導YES医学部進学率は、2017年度と同じ、66%でした。 以上

経歴・資格

1990年から2014年1月まで学校法人高宮学園代々木ゼミナールに英語科講師として25年間勤務していました。主に医学部、歯学部、薬学部、獣医学部コースを担当し、生徒ニーズにより個別指導スクールでの指導は1万回を超えます。個別では主にメディカルコースを担当し、千葉大、横浜市立を始めとする国公立大学医学部、私大医学部に数多くの生徒を合格させています。2001年よりオンライン指導を始め、サイバー授業の改善に努め、現在では個別ばかりではなく、セミナー、学習相談もオンラインで受け付けています。 2017年大学受験生5名、杏林大学医学部、獨協医科大学、慶応大学商学部、立教大学社会福祉学部、日本大学薬学部にそれぞれ1名が進学しました。そのうち3名が医学部志望でしたが、医学部に進学した生徒は2名です。社会科学系志望の生徒2名は第1志望に合格しました。2018年度もまだすべての結果がでていませんが、医学部進学志望者3名、2月28日時点で杏林大学医学部、東邦大学医学部、関西医科大学、国際医療福祉大学医学部の正規合格がでています。 主な著作は『中学英語できるシリーズ』(創育出版)『チャレンジ英和辞典(第1版)』ベネッセコーポレーション、その他、模擬試験、入試問題の執筆等多数あります。

お仕事で心がけていること

指数関数的に変化する世の中であっても、なお大学受験は人生の分岐点であると思います。それは近年著しく変化する就職活動における大学gapにも表れています。また、医学部入試は、言うまでもなく職業選択上でのまさしく分岐点です。 個別指導の在り方も色々あると思います。どれが正しいかは需給と意識の関係で決まります。私は受験を「人生の分岐点」「将来への投資」という視点から常に考えています。断片的な知識の切り売りやパフォーマンスに興味はありません。それよりも真剣に目的に向かうときの、充実した連帯感こそが、この仕事の醍醐味だと思っています。そのため、自分の指導を、あえて「問題解決型の個別指導」という呼び方にしました。これは、当たり前のことに思えるかもしれませんが、実際にこの本来の意味が曖昧なものになっていることを痛感せざるえません。塾や予備校が成熟産業になることができない、エキスパートやパフォーマーではなく、プロがでてこない原因はここにあると思います。 例えば、数学の難しい問題を解けたとき、「やったあ」という感じに誰しもなると思います。それが単なる数学の問題ではなく、個人の人生の問題であるとき、その「やったあ」という言葉の意味がどれほど違ってくるかということです。その充実感こそが個別指導をしていて最も好きな点です。 仕事をするうえで心がけている点は、周到な準備です。指導のいろはの「い」は何年経っても変わらないものだと思っています。

アルバム

アルバム

評価

5.0

star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1

8件

5
review star
100%
4
review star
0%
3
review star
0%
2
review star
0%
1
review star
0%
クライアントの評価

確認済み

star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1

NH様(東京都):息子は中高を寮で過ごし、6年間は学校の勉強のみで通塾はしていませんでした。現役で第一志望校の合格を惜しくも得る事ができずこの時の精神的なダメージは想像以上だったと思います。その後自宅に戻る事になり浪人生活が始まったもののこれまでの学習方法と大手予備校でのペースがどうしても肌に合わず、さらには大変信頼していた学校の先生や仲間とも離れた環境の変化からか学習意欲を失ってしまい、思いもよらず二浪目に突入してしまいました。塾にも通いたくない本当に医師になるべきかわからない、こんな息子をどうにか先生に引き合わせる事ができた最初の面接の日、先生は「英語だけならだれでも指導できるけど合格に必要なのはそれだけではない」と医学部合格に向けた道しるべを具体的に立てて下さいました。それを聞いていた息子の「そういう事が知りたかった。ここなら通ってもいい」という言葉に心底ほっとしたことを忘れません。息子は「先生の頭の良さは半端ない、英語だけでなくほかの教科も指導できるレベルなんだ」と常々申しておりました。親子共々たくさんの精神的サポートを先生にして頂きこの春から晴れて医学生となる事ができました。

2018 April

クライアントの評価

確認済み

star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1

MS様(兵庫県):勉強に関しては本人に任せておりましたが、浪人の数も多くなり、親としてはいささか不安な気持ちでした。今まで通っていた予備校をやめて、康井先生のオンラインに絞って勉強をすると言われた時には、さすがに反対しました。しかし、振り返ってみると賢明な判断でした。康井先生には多くのご苦労をおかけしたと思います。今、息子が医学部の学生として勉強できているのも先生のおかげです。本当に感謝しております。

2018 April

クライアントの評価

確認済み

star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1star-rating-1

GSさん(千葉県):私は4浪目で医学部に合格しました。4年間同じ医専に通い、親にも悪いなと思っていました。その時、本当に偶然にYESに出会ったのです。正直最初は「なんだかなあ、ああ、やっちゃたかな」といった感じで体験授業を受けました。これが康井先生との出会いでした。考えてみると「やれ」とか「だめ」とか先生に言われたことはありません。先生と出会ってから8時からのonlineが一日のまとめになりました。今まではただ授業受けて、自習して、夜間特訓でという感じでしたが、6月くらいから8時に先生に会うことが日課になりました。後で知ったのですが、先生はコーチングのプロです。知らないうちにコーチされてたんですね。9月の最初の模試で初めて170点を越えたときを忘れることができません。先生は受験計画も細かく立ててくれました。チューターからも色々言われましたが、先生のアドバイスを聞きました。物理がダメだったので、それも考えに入れてくれました。先生の言うように3月の繰り上げで合格がきたとき、初めて泣きました。康井先生が初めて勉強の仕方を教えてくれた先生です。医大生になった今でもonlineを受講しています。

2018 April

依頼を出そう(無料)

質問に回答し、お願いしたい仕事について教えてください。

その後、あなたに合ったプロから見積もりが届きます。

仕事をお願いしたい方を見つけたら、採用してください。