avatar

ハイウィル株式会社

tier new-user

東京都荒川区

承認済み個人情報

メールアドレス

自己紹介

一言PR

日本初の戸建てフルリフォーム特化サイト増改築com

企業情報・自己紹介

"創業大正8年、100年四代続く老舗工務店。 RC造・木造の注文住宅の他に、 木造改築に特化したチームがおり、 主に木造のフルリノベーション、フルスケルトンリフォームの実績が多数あります。 その他、 ●再建築不可のフルリフォーム ●木造二階屋の屋根を屋上バルコニーへ改修する防水工法 ●築古の建物を耐震等級3グレードへ性能向上する特許工法による耐震補強工事 ●構造計算をした上で木造アパートの二階床にコンクリートスラブを打設しマンション並の遮音工事 ●狭小地ならではの隣家との距離がない足場が入らない建物の外壁防火サイディング裏張り工法 ●セルロースファイバー断熱改修 ●平家にエキスパンション工法で二階屋を増築 など100年の木造改築ノウハウから難易度の高い工事の指名率が高い会社です。 全国中小工務店への住宅設備機器建材の卸売販売を行っており、良質安価な工事を提供しております。"

経歴・資格

ハイウィル株式会社 四代目代表 稲葉高志プロフィール 家業(現ハイウィル)が創業大正8年の老舗瓦屋だった為、幼少よりたくさんの職人に囲まれて育つ。 中学生の頃、アルバイトで瓦の荷揚げを毎日していて祖父の職人としての生き方に感銘を受ける。 日本大学法学部法律学科法職課程を経て、大手ディベロッパーでの不動産販売営業に従事。 この時の仕事環境とスキルが人生の転機に。 TVCMでの華やかな会社イメージとは裏腹に、当たり前に灰皿や拳が飛んでくるような職場の中、東京営業本部約170名中、営業成績6期連続1位の座を譲ることなく退社。ここで営業力の基礎を徹底的に養うことになる。 その後、代議士秘書を経て、代々家業となっている工務店(現在のハイウィル)に入社。 平日は棟梁の弟子として、週末は大工学校の生徒としての生活が始まる。 このとき棟梁の厳しい躾けのもと建築を一から叩き込まれることになる。 建築現場の施工管理に従事。また職人に対する躾もこのときに学ぶ。 主に木造改築に従事し、100棟以上の木造フルリフォームを職人として施工、管理者として管理。 幼い頃からの祖父の教えにあった 「住まいはお客様のためのものであり、我々の自己満足的な作品であってはならない。作品とはお客様の生き方に触れ、共感することで初めて形となる」 という教訓を礎に、家業である会社を一度離れ、独立を決意。 2003年5月フルリフォーム・リノベーション専業会社株式会社リブウェルを設立。代表取締役に就任。 旧耐震基準の建物の性能価値をローコストでバリューアップする提案に特化したサロン 「ドゥ・スタジオ」を練馬区にオープン。木造フルリフォーム事業を本格的させる。 旧態依然の不透明だらけの住宅産業に疑問を持ち、特に費用ウェイトの高い”ハコモノ”と呼ばれるキッチン・バスなど定価があるものをすべて分離して安い会社から自由に購入できる施主支給システムを日本で初めて提案。「住設・建材百貨店」にて販売を開始する。 2003年年に業界内に「施主支給」というキーワードを公開し一大センセーショナルを業界に巻き起こす。 耐震性能と断熱性能を現行の新築の最高水準でバリューアップさせる戸建てフルリフォームを150棟、営業、施工管理に従事。 2008年設立時に推進していた戸建フルリフォーム事業、建材卸売事業のコア事業を家業であるハイウィル株式会社へ業務移管後、 4代目代表取締役に就任。 株式会社リブウェルでは全国の中小建築会社へのwebマーケティング支援事業を本格化。 自身の創業したリブウェルを部下に譲りハイウィル1社に集中することを決意。250棟の木造改修の営業、施工管理に従事。 2015年旧耐震住宅の「耐震等級3」への推進、「断熱等級4」への推進を目指し、 自身の500棟を超える木造フルリフォーム・リノベーション経験の集大成として、性能向上に特化した日本初の木造フルリオーム&リノベーションオウンドメディア 「増改築com」をオープン。本社を日暮里へ移転。 2019年創業100周年、全国工務店向けのセミナー講師を務め、日本の住宅の耐震強化の普及活動を開始。 2020年「増改築com」に全国から寄せられる相談に応えるべく、「増改築.com」の全国展開の準備活動を開始。

依頼を出そう(無料)

質問に回答し、お願いしたい仕事について教えてください。

その後、あなたに合ったプロから見積もりが届きます。

仕事をお願いしたい方を見つけたら、採用してください。