東京都練馬区磁器絵付けレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都練馬区の磁器絵付け教室

ル・ポワン・フルーリ

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

東京都中野区を中心に、新宿、西新宿 そして大阪でフランスのお花 アールフローラルのレッスンを展開しています。特徴的な葉の使い方を主軸に、モダンでシンプルな花のアートとしての生花を中心に異素材を用いた、よりアート性の高い作品へとレッスンをしております。

詳細を見る

透明水彩絵具を使って絵を描くことを親しんでいただく教室です。 身近な風景を描いたり、旅先で仲間とスケッチをしたりと楽しみの輪が広がります。全く絵を描いたことがないという方には、基本のデッサンや構図のとり方や彩色のポイントなどレベルに合わせて丁寧にお教えいたします。

詳細を見る

早崎特許事務所は、特許、 実用新案、意匠、商標などの知的財産権取得の代理業務を行っています。取扱い業務は、発明、考案、意匠、商標全般の相談、 先行技術調査、 先願・先登録商標の調査、国内出願、海外出願、知財価値評価、登録業務、登録年金管理、ライセンス・契約、知的財産戦略コンサルティング、鑑定、 権利侵害判断のための調査などです。

詳細を見る

前田・山形特許事務所は現在は山形・佐藤特許事務所として東京都渋谷区代々木に所在しております。国内・外国への特許出願。技術分野は、映像機器、情報処理機器、通信機器、光学機器、プリンタ、空調機器などです。

詳細を見る

一般社団法人国際墨画会は、水墨画を通し国際文化交流を図ることを目的としています。国際文化交流の一環として、日本の美しい水墨画を世界へ広めるため、在海外日本大使館との共催展や、世界文化遺産等での展覧会・ワークショップなど、多彩な活動を行っています。

詳細を見る

図工ランドは造形教室・お絵かき教室・絵画教室です。本科クラスは子どもたちがのびのびと創作を楽しむことをポリシーとしており,お絵かきから工作,デザイン,建築など幅広い課題に取り組みます。

詳細を見る

メッツ絵画教室は有限会社徳が運営する絵画教室です。描きたい技法で技量に合った個別の対象物を個別指導で描いていただくような指導をしています。初心者の方は、カリキュラムに沿ってデッサンから始めて、カリキュラム終了後は好きな技法の絵を描きます。

詳細を見る

オオヤマ絵画教室は絵画教室です。普通クラス、小学校受験クラス、小学生クラス、成人クラスなどがあります。所在地は東京都渋谷区広尾です。

詳細を見る

実際の依頼例

磁器絵付け教室をお願いしました

練馬区における磁器絵付け教室の依頼例

よくある質問

磁器絵付けレッスンの料金はどのくらいかかる?

磁器絵付けレッスンの1レッスンの料金は、約4,000円前後〜1万円程度です。絵付けの技法が巧みに、難しくなるほどレッスン料金も上がる傾向にあります。入会金の有無は教室によって異なります。多くのレッスンが画材の貸し出しを行っていますが、無料・有料は教室によって異なります。絵付けをする白磁の代金、また絵付け後に焼くための料金が込みの教室と、別途必要な教室があります。

磁器絵付けレッスンの依頼における注意点は?

磁器の絵付けは、文字通り磁器に絵を描きつけることです。東洋の磁器にも、西洋の磁器にも、絵付けの文化はあります。教室によってどのような磁器に、どのような絵付けをするのか趣旨が異なりますが、多くの教室が「西洋の磁器への絵付け」のレッスンです。お皿やティーカップ、ソーサーなどに絵付けをします。

磁器絵付けレッスンを依頼する流れは?

磁器絵付けのレッスンができるいくつかの教室の中から、条件を比較しましょう。2〜3の教室に絞ったら、全ての教室の見学や、体験レッスンを受けてみます。この時、教室によっては「体験レッスンを受けた日に入会すると入会金が無料」という教室もあるため、そのような教室は順番の最後の方に設定しておくと、これまでに見学(もしくは体験レッスンに参加した)した教室と比較しやすいですよ。比較した結果その場で入会すると、入会金もかからずお得です。通ってみないとわからないこともあるため、気になるときはまずは通ってみましょう。

磁器絵付けレッスン業者の選び方は?

通いやすい場所か、どんな先生がいるのか、どんな絵付けを体験できるのか、ぜひいくつかの教室を見比べて、自分の好みの教室を見つけてみてください。

その他気を付けるべきポイントは?

「セーブル絵付け」など高度な技術の絵付けは、これまでに絵付けの実績がある人しか受講できないなど、一定技術を持った受講者だけが受講できるように設定されていることもあります。磁器の絵付けに資格などはありませんが、美しい作品を仕上げるためにはスキルが必要な、奥の深い芸術です。興味のある方はぜひ始めてみましょう。