京都府ロックダンスレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

京都府のロックダンス教室

こんにちは。 プロフィールを閲覧いただきありがとうございます。 松下(ダンサーネーム:Matsu)と申します。 【G-Mail 📩】 【Facebook 】 【Instagram】matsu0484 マイケルジャクソンがきっかけでダンスを始め、将来的にはアメリカにチャレンジしたい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

フリーランス

ニューユーザー

はじめまして、関西・東京でダンサーとして活動しております、南條良輔と申します。 ジャズ、ヒップホップ、ロック、ポップ、ハウスダンスなど幅広くやっており ミュージカル、舞台、LIVEのバックダンサー、CMなど 現在は東京の方が中心に拠点に活動しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

●最新のお知らせ ●寺田南校区 敬老会舞台出演 9月18日(日)城陽市福祉センター ●城陽市市民文化祭 煌★舞台フェスタ★ 10月15日(日) 文化パルク城陽 プラムホール ◎生徒募集◎ ※初心者歓迎! 興味のある方も大歓迎! 今日からでも!すぐに入会出来ます! ※電話で!教室で!気軽にご相談下さい! 京本 梢 バレエ教室 〒610-0121 城陽市寺田北東西70-3(念仏寺前) TEL&FAX 0774-52-3648 E-mail homepage 近鉄・寺田駅から東方へ徒歩約6分 JR・城陽駅から西方へ約6分 ~★~寺田スタジオ~★~ 《レッスンスケジュール》 生徒数の変…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ロックダンス教室をお願いしました

京都府におけるロックダンス教室の依頼例

よくある質問

ロックダンスレッスンの料金はどのくらいかかる?

無料体験レッスンを実施している教室もありますが、約500円〜1,000円程度のレッスン料がかかることが一般的です。ダンス全般で使う基本的な動き方などを学ぶことができます。月謝は月に1万円前後で、レッスンの回数は週に1回、月に4回のペースです。

ロックダンスレッスンの依頼における注意点は?

ロックダンスはストリートダンスの中でも人気が高く、日本でも多くの個人レッスンやグループレッスンが行われています。それぞれの教室には、ダンス未経験やロックダンス初心者でも気軽に受けられるコースも用意されていることがほとんどで、ストレス発散や運動不足解消を目的に受講している方も珍しくありません。1人ひとり、それぞれにロックダンスの楽しみ方を見つけられるはずです。

ロックダンスレッスンを依頼する流れは?

何箇所かのダンス教室を比較しましょう。ほとんどすべてのダンス教室で、レッスン見学や体験レッスンを行なっています。無料の体験レッスンがない教室でも、通常より安い金額で「お試し」として通常レッスンに参加させてくれる教室などもあります。講師によってレッスンの雰囲気が違ったり、生徒の雰囲気も教室によって違ったりするため、体験レッスンや、まず数回通ってみるといいでしょう。教室によっては「体験レッスンの受講後にそのまま入会すると入会金無料」という教室もあります。そのような教室は、設定されている通りに「体験レッスンの受講後にそのまま入会すると入会金が無料になって、得」なので、そのようなタイプのダンス教室への体験レッスンは後回しにしてみて、まずはそのようなキャンペーンを行なっていない教室の体験レッスンに参加してみるといいでしょう。

ロックダンスレッスン業者の選び方は?

自分のレベルに合わないレッスンや、雰囲気に合わないクラス、教え方がマッチしない講師やダンサーのレッスンを受講していると、モチベーションが下がってしまい通わなくなることもあります。いくつかのレッスンや講師を比較して、迷ったら体験レッスンやドロップインレッスンを活用して、何度かレッスンに参加してみてくださいね。

そのほか、毎週決まった曜日と時間に開講されるレッスンの場合は、受講する側も毎週決まった曜日と時間に通えるようにしなければなりません。仕事や授業の予定をうまく調整しましょう。また、教室の立地も大切です。通勤通学で通る駅や使う駅や、普段の行動範囲内、もしくは教室の駅からの距離なども重要視しましょう。通いやすい立地の教室だと、面倒にならずに通い続けることができます。子供のレッスンの場合、親の送り迎えのしやすい場所かどうかも考慮するといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

レッスン内容やレベルは教室によって様々です。初級クラスのレッスンのみだけでなく、地域の催しやイベントへの出演を目指す中級コースや、有名講師によるテーマパーク養成クラスなどの上級者コースが設置されている教室もあります。また、キッズやジュニアクラスがある教室やない教室などもあります。