京都府着付け・着物教室のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

京都府の着付け・着物教室

京都着物専門店のアイディーネットです。呉服、リサイクル着物、アンティーク着物、和装小物、お茶道具、工芸美術品などを、お手頃価格のものから一級品まで多数取り揃えております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ヴィヴィムス・ヴィヴァムスは河原町の三条にある美容室です。従業員は高技術の女性スタッフのみで女性ならではの心遣いあふれるサロンでスタイルを悩んでいる方にもじっくり寄り添いながら提案させていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

日野屋

ニューユーザー

呉服・レンタル着物・着付けはひのやでお任せください。創業は60年、実績も信頼もございます。 着物のことならレンタル、ご購入、着物用品などなんでもお問いあわせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

美•着付け教室京都

ニューユーザー

着付け講師、着付け師の資格を持っています。 ご希望に合わせてオーダーメイドで着付けを教えます。 着付けを気軽に習ってみたいという方大歓迎です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

きものサロン川崎

ニューユーザー

京都市内で呉服販売・和装小物・着物レンタル・出張着付けなどを しております。京都織物小売協同組合所属 出張着付けなどの依頼多し

. . . (もっと読む)
詳細を見る

築200年の町屋造りで色々なお稽古が受けられます。華道、茶道、アロマエステ、料理サロン、サークルなどがあります。自分自身と向き合って、心を癒してくれる時間をすごすことができます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

「寺町美人」ではお着物、足袋、草履などのレンタルを行なっております。 清水寺や祇園、鴨川までは徒歩圏内です! プランで、丸ごとセットでレンラルいただけます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

■万足屋オリジナル商品 友禅の絹地を使ったオリジナルの和装小物です。柄、色合いなど一点一点違った組み合わせがあり、和装以外でもお楽しみ頂けます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

婚礼衣装アレンジ製作、舞台衣装、和風小物・呉服、展示会提案等を行っております。 職人の伝統の技で、白無垢を真っ白に再生し仕立て直すことができます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

京都着物美術クラブの「特選きものコレクション」は、館長の私が呉服卸業、高級呉服買取業を営みながら収集した心揺さぶられる着物の数々です。 人間国宝作品、希少産地織物など皆様にご覧頂きたい着物、帯などをご紹介しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

“きもの”のことなら当店にお申し付けください。 全商品安心のお誂え仕立て上り価格です。 通常は着物や帯の商品代の他に仕立代・裏物(八掛・胴裏など)・加工代が別途かかりますが、当店では全てを含めた価格で表示しておりますので、安心してご購入していただけます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

京都で着物レンタルを行っています。 卒業袴・振袖・訪問着・男性用着物からお子様のお祝い事用の着物もご用意しています。 着付けも併せて行っており小物類も取り揃えているので手ぶらでお越し頂けます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

着付け・着物教室をお願いしました

京都府における着付け・着物教室の依頼例

よくある質問

着付け・着物教室の料金はどのくらいかかる?

継続して通う着付け・着物教室の料金です。全12回3か月の基本的なコースで約25,000円程度、価格帯は17,000円~38,000円程度です。プランには、自分で着物を持参するコースと、着付け教室でレンタルできるコースがあります。着付けの資格である着付け技能士3級~1級までが取得できるコースは、1年間でフォーマル・セミフォーマル・カジュアルな着付けの仕方を学べます。座学では、七五三・袴・振袖の着付けを学ぶことができます。値段は認定試験料も含めて約18万円程度、価格帯は約15万円~20万円程度です。

短期のレッスンは、全6回のレッスンで約3万円程度、価格帯は約2万円〜3万円です。

基本的な着付けの仕方を学ぶほかに、着物を着た状態での立ち居振る舞いや訪問をした時のマナー、所作なども一緒に学べるコースを用意している教室もあります。料金は月謝で約12,000円程度、価格帯は約1万円~2万円程度です。

着付け・着物教室の依頼における注意点は?

多くの着付け教室で、自分を着付けるコースと人を着付けるコースが用意されています。自分を着付けるコースでは、着物についての座学や基礎的な着方、着物の手入れ方法や礼装についてなどを学びます。人を着付けるコースでは、おしゃれ着、訪問着、留袖、振袖、袴、子どもの着物などの着付け方を学ぶことができます。

着付け・着物教室を依頼する流れは?

複数の着付け教室に資料請求をしたり、料金とレッスン内容をExcelやGoogleスプレッドシートなどに並べて比較して、1箇所に決めましょう。多くの着付け教室がドロップインを採用しておらず、学校の授業のようにいくつかの内容を数回にわたってコース単位で、授業形式で教えていきます。そのため最初の教室選びが大切です。

比較したら1箇所に決めて、コースで契約することになります。「どんな教室だろうか」「どんな講師だろうか、わかりやすいだろうか、通いやすいだろうか」など細かいことが気になる方は、まずは6回程度で完結するような短期コースに参加してみてもいいかもしれません。

着付け・着物教室業者の選び方は?

口コミ、評判、通いやすい立地かどうか、授業内容が目的に沿っているかどうかなどを比較しましょう。着付けにはいくつかの民間資格もあるため、せっかく通うのであれば資格取得などのゴールを目指してみても面白いかもしれません。資格を取得することで、今度は自分が人に教えることもできるようになります。

その他気を付けるべきポイントは?

短期のレッスンでも、小物の名称・扱いや、着付け方、半幅帯、名古屋帯の結び方、着物の畳み方など基本的なことを教わることができます。浴衣の着付けであれば、どの教室でも1回2時間程度で完了します。インターネットで調べることもできますが、先生に教えてもらいながらレッスンを受講するとわかりやすく、すんなりと入ってきますよ。

マナーレッスンでは、着物の着付けだけでな、和装でのマナーや所作、作法を学ぶことができます。お辞儀の仕方、風呂敷の使い方、襖の開け閉め、座布団の使用方法など美しい立ち居振る舞いを身につけることができます。