undefinedハウスダンスレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

大阪府のハウスダンス教室

村上 渉

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

自由に楽しく踊るコツ、かっこよく見えるコツ教えますこのページを開いていただきありがといございます! 大阪でコンテンポラリーダンスなどを教えている村上渉と言うものです! "どんな人でも楽しく踊ってもらいたい"をモットーに 振付を覚えて踊るのではなく、身体を使って自由に踊るクラスを心がけでいます もちろん、いきなり"自由に"と言われても困ってしまうのはわかっています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社は河内長野駅ロータリー、金剛駅徒歩5分圏内にスタジオを2つ所有しているダンススタジオです。インストラクターの数は30名以上、ヒップホップやブレイクダンスといったストリートダンスだけでなく、フラダンス、ヨガ、ベリーダンスのレッスンも実施しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

濱口 太樹

0
ニューユーザー

ダンス歴は18年あり、今は会社員をしながらダンサーとして活動しています。 ダンスは高校1年からはじめ、高校3年時にスタジオでのインストラクターのアシスタントを経験し高校卒業後すぐにダンスインストラクターとして活動。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ダンス、音楽、ヨガを中心としたレッスンスクールを運営しております。 ストリートダンスからヒップホップ、ロックダンスなど多数のレッスンコースをご用意してい ます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ダンスを始めようと思う方、入りたいクラス、習いたい種目、無理なく取り組めるよう自分に合わせた選択が可能です。 初級・中級・上級・研究予備科・研究科・専科、初心者・中高年の方のレッスンに最適! 講師は2名以上で、各オリジナルテキストにより講習します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ハウスダンス教室をお願いしました

大阪府におけるハウスダンス教室の依頼例

よくある質問

ハウスダンスレッスンの料金はどのくらいかかる?

グループレッスンの料金は1レッスン2,000円〜5,000円程度、マンツーマンレッスンの料金は1レッスン5,300円〜15,000円程度です。入会金の有無は教室によって異なります。入会金が必要な場合は10,000円程度で設定している教室が多いです。

ハウスダンスレッスンの体験レッスンの料金は、1,500円〜3,200円程度です。無料で1レッスン参加できる教室もあります。受講回数無制限の受け放題で月謝15,000円〜19,000円程度の教室などもあります。

ハウスダンスレッスンの依頼における注意点は?

ハウスダンスのレッスンを受けることのできる教室の数や、ダンサーの人数は、地域によって偏りがあるかもしれません。もしすぐ近くにめぼしいハウスダンスレッスンや講師を見つけられない場合は、お子さんのレッスンや習い事としてハウスダンスを検討している方で、お子様にダンス経験が全くない方は、まずは近所など通いやすいダンス教室に通ってみて「子供がダンスを楽しんでいるか、ダンスが好きそうか、ダンスレッスンが続きそうか、熱中しそうか」を確認してから「きちんとハウスダンスを教えてくれる教室や、講師」を探してもいいのではないでしょうか。まずはお子さんの、ダンスへの興味関心や楽しさを育ててあげましょう。

ハウスダンスレッスンを依頼する流れは?

初心者の方は、まず体験レッスンもしくは見学に参加して「ダンスレッスンに参加してみる」「ダンスレッスンで他の人と踊ってみる」「講師のレクチャーを受けてみる」という体験をしましょう。ほとんどのダンスレッスンやダンス教室は、グループレッスンを採用しています。

ハウスダンスレッスン業者の選び方は?

ハウスダンスは、早いテンポで流れるようなステップと、ダイナミックで時にアクロバティックな技を見せるフロアワークの組み合わせが見せ場です。その見せ場を作る基本のひとつが、ステップを刻む足のリズムと、フロアワークで重要な働きをする上半身のリズムの違いです。上半身は2ビート(拍子)、足は4ビートで刻みます。このビートで早いテンポの曲を踊ります。

ハウスダンスには、ビーハウス、フローティング、ジャッキング、ロフティングなど、様々なスタイルがあります。その他に、幅広い人々が受け入れたことからハウスミュージックで踊るヒップホップ、ブレイキン、カポエイラ、サルサなどがあり、ダンスの多様性も特徴のひとつです。

講師のダンスを見て「こんなダンスが踊りたい」と思えるダンサーに講師として教えてもらうのもいいでしょう。もしくはダンサーの受賞歴や大会出場歴などを重視して選ぶこともできます。ただし「良いダンサー、踊りのうまいダンサー」が「教え方もうまいダンサー」とは限りません。体験レッスンやレッスン見学などで、レッスンの様子も確認しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

教室でインストラクターのダンスを実際に見ると、テレビや動画では伝わらなかった生ならではの楽しさが実感できます。その楽しさが感じられたら、教室に参加してレッスンを受けてみましょう。自分に合う講師やレッスンを見つけたら、まずは数回通ってみてから検討しましょう。通って、レッスンを受けてみてわかることもあるため、迷う場合はドロップイン(1回ずつのレッスン)でレッスンに参加して、検討してみましょう。