1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. 修理・交換・取り付け
  4. 家具
  5. 家具修理業者
  6. 木製家具は自分で修理する?職人に依頼する?

木製家具は自分で修理する?職人に依頼する?

2022/09/30 2022/10/02
家具修理
FacebookTwitter

DIYの人気が高まっている昨今では、木製家具の修理を自分でしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、家具は誤った取り扱いをしてしまうと強度が下がったり、見た目が悪くなってしまったりする可能性があります。

今回の記事では、木製家具をセルフで修理する際の方法や注意点、職人や業者に依頼すべき場合の条件などをご紹介します。大切なアイテムを長く利用するために、状況に応じた対応を選択するようにしましょう。

家具の修理・補修は自分でできる?

木製家具の修理や補修を、全て自分でこなそうとするのはおすすめできません。DIYで対応できるものもありますが、専門的な知識をもった業者に依頼するのが無難な場合もあるからです。

例えば、テーブルや椅子がぐらつく場合は、自宅でも簡単に修理ができます。一方でテーブル自体に大きな傷がある場合や、アンティーク品の色褪せが気になる場合などは、専門家に任せるようにしましょう。

自分でできる(DIY)修理方法

できれば自分で木製家具を修理したいと考える方は、少なくないでしょう。DIYをすることのメリットとデメリットは、以下のとおりです。

【DIYのメリット】

  • 自分だけのオリジナル感が出せる
  • 完成すれば達成感を得られる
  • 家族や友人との思い出になる
  • コストを安く抑えられる

【DIYのデメリット】

  • 慣れていないと時間や労力がかかる
  • 作業中にケガをする恐れがある
  • 専門的な知識がないためミスが起きやすい
  • 既製品よりも強度が低い

専門家に任せるまでもない修理であれば、自分で挑戦してみるのもいいでしょう。DIYで対処できる修理内容は、以下のとおり複数あります。

  • 木製テーブル・イスのぐらつき修理
  • 木製テーブルの天板の塗装・修理
  • 木製家具の小さな傷の修理

ご紹介するケースに当てはまる場合は、家具のセルフメンテナンスを検討してみてください。

木製テーブル・イスのぐらつき修理

DIYで対処できる修理の1つ目は、木製テーブルやイスのぐらつき修理です。時間を経て家具の安定感がなくなってしまったというケースでは、脚と天板からなる接合部に問題があると考えられます。

留め具の緩みが原因であれば、ネジを六角レンチで締め直しましょう。木材の収縮によってすき間ができてしまっている場合は、ボンドや専用の補修液を使った対処が必要です。

ボンドが乾くまでは、ハタガネを当てて角度を正しく固定すると、綺麗に仕上がります。

木製テーブルの天板の塗装・修理

木製テーブルの表面コーティングや塗装の剥がれが気になる場合も、程度が深刻でなければ自分で修理が可能です。補修をする前に、テーブルを拭いて汚れを落としたうえで、修繕箇所をアルコールで拭き取りしておきましょう。

範囲が小さければ木工補修用マニキュアで対応できます。広範囲にわたる場合は木工補修用キズ隠しテープを使っての補修がおすすめです。

また、全体的な塗装が必要なケースでは、塗料に浸したコテバケで薄く塗装を行い、ウエスで不必要な塗料を取り除きます。

木製家具の小さな傷の修理

木製家具に付いた小さな傷が気になる場合は、水性ペンや補修用クレヨンを使って修理してみましょう。色味の合ったアイテムを用意し、補修したい部分の色を周りと合わせたり、へこみ部分に詰め物をする要領で修理します。

修理に使う水性ペンのおすすめは「コピック」で、文房具店で購入できます。補修クレヨンの場合は、いくつかの色を混ぜ合わせることで、必要な色を作り出せるため試してみてください。

傷の部分に色をのせた後に、指で馴染ませることがポイントです。2色の水性ペンで仕上げる際は、薄い色の上に濃い色を重ねると自然な色合いになります。

一方で自宅にあるものだけで修理できるのが、アイロンを使って修復部分の木を膨張させる方法です。へこんでいる部分に水を少し垂らして、数分間待ちます。

木材に水をなじませたところで、補修部分に濡れたタオルをひき、中温のアイロンを押し当てましょう。

職人・業者に依頼した方が良い修理

素人が対応できる簡単な修理で対応が不可能な場合は、職人や専門業者に依頼するのがよいでしょう。具体的にDIYでは難しい修理は、次のとおりです。

  • 大きな傷・凹みの修理
  • 割れ・欠けの修理
  • アンティーク家具の塗装・修理

専門家が修理をしてくれることで、木製家具の安全性がアップし、長く利用することができます。職人・業者に依頼すべき修理の特徴を、解説します。

大きな傷・凹みの修理

テーブルに大きな傷や凹みがある場合は、市販の水性ペンや補修クレヨンでは綺麗に隠すことができません。また、細かい傷が多数あるケースでも、修正箇所が多すぎて美しい表面に仕上げるのは難しいでしょう。

DIYで対応できない箇所は、専門業者に天板の部分塗装修理を依頼するのがおすすめです。部分塗装では、傷や凹みなど気になる箇所にだけ、ほかの部分との境目が分からないように再塗装を施します。

全体的に塗装をするよりもコストを抑えられるのが、部分塗装のメリットです。

【費用相場】傷が2cm以内かつ5か所以下の場合のテーブル部分塗装:約1万3千円~

割れ・欠けの修理

イスに割れや欠けがある場合は、基本的に部品の付け替えが必要です。素人が部品の制作や組み立てをするのは、安全性の面でも不安が残ります。

割れや欠けはイスの安定性に影響を及ぼす部分であるため、イスの組み直し修理を依頼しましょう。組み直し修理では、イスを一度ばらして、新しい部品を作成したうえで再接着してくれます。

職人が新しく作り直してくれるからこそ、新品のように見た目も美しく、安定感のあるイスに仕上がります。イスの脚が折れてしまった場合も、ただ接着するだけでは強度が下がってしまうでしょう。

安全に利用するためにも、大きな破損は素人判断をせずに、業者に組み直し修理を相談してみてください。

【費用相場】

一般的なスツール・椅子の組み直し修理〜約1万円
肘付き椅子の組み直し修理〜約1万3千円
ロッキングチェアの組み直し修理〜約1万9千円

アンティーク家具の塗装・修理

色味や雰囲気を大切にしたいのが、アンティーク家具。DIYで塗装に失敗してしまうと、せっかくのアンティーク感が損なわれてしまう恐れがあります。

色褪せが気になるタンスの塗装修理を業者に依頼した場合、職人が状態を確認して、適切な塗装方法を選んでくれるため安心です。塗装方法には、再塗装・上塗り・部分塗装の3つがあります。

各塗装方法の特徴をまとめました。

  • 再塗装:既存の塗装を全て剥がしてから再塗装
  • 上塗り:既存の塗装の上に再塗装
  • 部分塗装:色味を変えたい箇所や傷が気になる箇所にのみ再塗装

再塗装は一度綺麗な状態に戻してから再塗装をするため、コストはかかりますが均一で綺麗な仕上がりになります。上塗りは大きな傷や汚れがない場合に、可能な塗装方法です。

部分塗装は傷の補修だけではなく、一部だけ色味を変えたいというようなニーズにも対応できます。大切に扱いたいアンティークアイテムだからこそ、専門業者に依頼して必要な処置を施してもらうようにしましょう。

また、塗装だけではなく家具そのもののガタツキが気になる場合は、組直し修理が有効です。留め具部分は再利用することで、アンティークな雰囲気を残したまま家具の動きをスムーズに修理できます。

【費用相場】タンスの塗り直し・組直し:8万~15万円程度

ゼヒトモで家具修理業者のプロを探す

木製家具の修理はDIYで対応できるものと、専門家に任すべきものを見極めることが大切です。安全性を確保して、大切な家具を長く使うために、必要な場合は職人や業者に修理を依頼しましょう。専門の業者ではこれまで培った知識やノウハウで、家具を美しく変身させてくれます。

  • 木製家具の修理方法について相談したい
  • まとめて木製家具修理の見積もりをとりたい

そんな方は、ゼヒトモから木製家具修理のプロを探してみませんか?いくつかの質問に答えるだけで、簡単にあなたにピッタリなプロが見つかります。木製家具の修理でお困りの方は、ゼヒトモお気軽にご利用ください!

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

家具修理関連の最新記事

2022/09/20
DIYで補修!木製家具の修理方法

木製家具が壊れてしまった時、どうやって修理すれば良いのでしょうか。一見難しそうですが、ポイントをおさえれば、自分でも簡単に直すことができるのです。今回は、木製家具をDIYで修理する方法をご紹介します。 家具が壊れてしまったら 木製の椅子やテーブルは、自分で修理可能です。 たとえば、椅子やテーブルのガタつきはハタガネと木工用ボンドなどがあれば簡単に修理できます。 椅子やテーブルは人が座ったり立ったりして体重がかかるため、長く使用すると接合部分が緩んで隙間ができ、ガタつきを起こしてしまうのです。 また、椅子やテーブルの脚を好みの長さにカットできますが、初めて自分で修理する場合は、ノコギリで平行にカットするのが難しいと感じるかもしれません。 このような場合は、無理をせずプロの業者に依頼するのがおすすめです。ほかにも、汚れが気になる座面を自分で張り替えることもできます。 多くの椅子の座面は裏からビスで固定する構造になっているので、ビスさえ取れれば取り外して新しいものに張り替えることが可能です。 ただし、座面が鋲打ちや縫込みの場合は自分で張り替えできないため、業者に依頼する必要があります。 家具を修理するなら、DIYがお得 木製家具を自分で修理するメリットは、費用を安く抑えられることです。修理に必要な用具や材料はホームセンターなどで手軽に手に入ります。 既製品を買い変えたり業者に依頼したりするより安く修理できるので、コストを抑えたい方に最適です。 また、愛用してきた木製家具を自分で修理することで充実感を得られるのも大きなメリットでしょう。 DIY初心者の方は、修理作業に慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。 しかし、自分の手で修理した木製家具に対してより強い愛着が湧くはずです。また家族みんなで家具の修理に取り組めば、修理後は思い入れの深い家具になるでしょう。 DIYで家具を修理する方法 DIY初心者の場合、木製家具をどのように修理すればいいか分からない方もいるでしょう。誤った方法で修理すると、修理後に取り返しがつかない事態に陥ることもあるので正しい修理方法を理解することが大切です。 ここでは、木製家具で起こりがちな傷や欠け補修・塗装・ぐらつきや可動部分の修理方法を確認していきましょう。 1.傷・欠け補修 木製家具を長く使用していると、傷がついたり欠けたりすることもあるでしょう。木製家具の傷や欠け補修は、家庭用ワックスを使えばきれいに修理できます。修理方法は、傷や欠けた部分にワックスを塗り、柔らかい布で擦り込んでいくだけです。 ほかにも、クルミを使用して家具の傷を修理する方法もあります。修理方法は、木製家具の傷にクルミを擦り付けるだけです。クルミの細かい粒子が傷を埋めてくれるので傷がきれいに隠れます。クルミのオイルで木製家具の乾燥から守れるのも魅力です。 2.塗装 ほとんどの木製家具に塗装が施されていますが、長く使用すると塗装が剥がれることも多くあります。塗装の剥がれを放置すると劣化が進む原因になるので、すぐに対処することが大切です。 家具の塗装にはウレタンやオイル、ラッカーがあり、それぞれの特徴を理解して選びましょう。 【ウレタン塗装】 ウレタン系樹脂を主成分とした塗料を塗装する方法です。木製家具に適した塗装方法で、修理時にもよく使用されています。 ウレタン材特有の、光沢のある表面に仕上がるのが特徴です。失敗しにくい塗料なので、DIY初心者にも適しているでしょう。ウレタン塗料は、ハケを使用して塗装するのが一般的です。 【オイル塗装】 乾性油を塗り重ねて、内部に浸透させて塗装する方法です。木目を生かせる塗装方法なので、ナチュラルに仕上げたい方に適しています。 また表面に塗膜を作るわけではなく内部に浸透させていくため、メンテナンスも容易であることも魅力です。ウレタンと同じく、ハケを使用して塗装していきます。 【ラッカー塗装】 有機溶剤に、ニトロセルロースや樹脂を溶かした塗料を塗装する方法です。乾燥が早く、耐摩耗性や耐油性、耐水性に優れています。 有機溶剤を大量に吸い込むと体に悪影響を及ぼすため、木製家具に塗布する際は窓を開けて十分に換気することが大切です。ラッカーはスプレー式なので、家具全体に吹きかけるだけで再塗装できます。 塗装の種類はさまざまですが、いずれにしても事前にサンドペーパーで研磨しておくことが必要です。 3.ぐらつきや可動部分 木製家具を長く使用していると、脚にグラつきがあったり可動部分が緩んだりなど、さまざまな支障が出ることがあります。ぐらつきや可動部分の修理方法は、次のとおりです。 【ぐらつきの修理】 テーブルや椅子のぐらつきは、接合部分に歪みが生じていることが原因です。このような場合は、歪みが生じた隙間を埋めてくれる膨張剤を使用すれば簡単に修理できます。また、超強力な接着力がある両面テープを使うのもおすすめです。 【可動部分の修理】 木製家具の引き出しなどに生じる可動部分の不具合は、滑りが良くなる専用クリームやワックスを塗布すれば簡単に修理できます。油分で滑りが良くなるため、引き出しの可動域を広げられるでしょう。 プロに依頼した方がいい時もある? 木製家具を自分で修理することで、さまざまなメリットを得られます。ただ、DIY初心者の場合は、失敗するリスクも考慮しなければいけません。 やり方を間違えると、劣化が進んだり不具合が悪化したりするおそれもあります。 ここからは、プロに依頼した方がいい木製家具の特徴を見ていきましょう。業者を選ぶ際のポイントも紹介するので、業者選びで迷う方は参考にしてください。 プロに依頼した方がいい場合 小さな損傷やガタつきであれば、自分で修理できます。ただ、損傷が大きい場合は、プロに依頼したほうがきれいに修理できることも多くあります。もし自分で修理することに不安を感じるなら、プロの業者に依頼することもおすすめです。 1. 傷・凹み 小さな傷や凹みであれば自分で修理できますが、大きい傷や凹みは専門的な知識がないときれいに修復できないことも多いでしょう。 場合によっては不自然な仕上がりになることもあるので、特にお気に入りの木製家具なら業者に任せるのがいいでしょう。 2. 割れ・欠けら 天然木材を使用した家具は、空気中の水分を吸ったり吐いたりする特性があるので、ひび割れることがあります。 家具用のクレヨンなどを使用して補修できますが、割れが大きい場合は業者に依頼しましょう。また、家具が大きく欠けた場合も自分で修理するのは難しいので、業者に任せるのがおすすめです。 3. […]

2022/08/22
DIYで補修!木製家具の修理方法

木製家具が壊れてしまった時、どうやって修理すれば良いのでしょうか。一見難しそうですが、ポイントをおさえれば、自分でも簡単に直すことができるのです。今回は、木製家具をDIYで修理する方法をご紹介します。 家具が壊れてしまったら 木製の椅子やテーブルは、自分で修理可能です。 たとえば、椅子やテーブルのガタつきはハタガネと木工用ボンドなどがあれば簡単に修理できます。 椅子やテーブルは人が座ったり立ったりして体重がかかるため、長く使用すると接合部分が緩んで隙間ができ、ガタつきを起こしてしまうのです。 また、椅子やテーブルの脚を好みの長さにカットできますが、初めて自分で修理する場合は、ノコギリで平行にカットするのが難しいと感じるかもしれません。 このような場合は、無理をせずプロの業者に依頼するのがおすすめです。ほかにも、汚れが気になる座面を自分で張り替えることもできます。 多くの椅子の座面は裏からビスで固定する構造になっているので、ビスさえ取れれば取り外して新しいものに張り替えることが可能です。 ただし、座面が鋲打ちや縫込みの場合は自分で張り替えできないため、業者に依頼する必要があります。 家具を修理するなら、DIYがお得 木製家具を自分で修理するメリットは、費用を安く抑えられることです。修理に必要な用具や材料はホームセンターなどで手軽に手に入ります。 既製品を買い変えたり業者に依頼したりするより安く修理できるので、コストを抑えたい方に最適です。 また、愛用してきた木製家具を自分で修理することで充実感を得られるのも大きなメリットでしょう。 DIY初心者の方は、修理作業に慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。 しかし、自分の手で修理した木製家具に対してより強い愛着が湧くはずです。また家族みんなで家具の修理に取り組めば、修理後は思い入れの深い家具になるでしょう。 DIYで家具を修理する方法 DIY初心者の場合、木製家具をどのように修理すればいいか分からない方もいるでしょう。誤った方法で修理すると、修理後に取り返しがつかない事態に陥ることもあるので正しい修理方法を理解することが大切です。 ここでは、木製家具で起こりがちな傷や欠け補修・塗装・ぐらつきや可動部分の修理方法を確認していきましょう。 1.傷・欠け補修 木製家具を長く使用していると、傷がついたり欠けたりすることもあるでしょう。木製家具の傷や欠け補修は、家庭用ワックスを使えばきれいに修理できます。修理方法は、傷や欠けた部分にワックスを塗り、柔らかい布で擦り込んでいくだけです。 ほかにも、クルミを使用して家具の傷を修理する方法もあります。修理方法は、木製家具の傷にクルミを擦り付けるだけです。クルミの細かい粒子が傷を埋めてくれるので傷がきれいに隠れます。クルミのオイルで木製家具の乾燥から守れるのも魅力です。 2.塗装 ほとんどの木製家具に塗装が施されていますが、長く使用すると塗装が剥がれることも多くあります。塗装の剥がれを放置すると劣化が進む原因になるので、すぐに対処することが大切です。 家具の塗装にはウレタンやオイル、ラッカーがあり、それぞれの特徴を理解して選びましょう。 【ウレタン塗装】 ウレタン系樹脂を主成分とした塗料を塗装する方法です。木製家具に適した塗装方法で、修理時にもよく使用されています。 ウレタン材特有の、光沢のある表面に仕上がるのが特徴です。失敗しにくい塗料なので、DIY初心者にも適しているでしょう。ウレタン塗料は、ハケを使用して塗装するのが一般的です。 【オイル塗装】 乾性油を塗り重ねて、内部に浸透させて塗装する方法です。木目を生かせる塗装方法なので、ナチュラルに仕上げたい方に適しています。 また表面に塗膜を作るわけではなく内部に浸透させていくため、メンテナンスも容易であることも魅力です。ウレタンと同じく、ハケを使用して塗装していきます。 【ラッカー塗装】 有機溶剤に、ニトロセルロースや樹脂を溶かした塗料を塗装する方法です。乾燥が早く、耐摩耗性や耐油性、耐水性に優れています。 有機溶剤を大量に吸い込むと体に悪影響を及ぼすため、木製家具に塗布する際は窓を開けて十分に換気することが大切です。ラッカーはスプレー式なので、家具全体に吹きかけるだけで再塗装できます。 塗装の種類はさまざまですが、いずれにしても事前にサンドペーパーで研磨しておくことが必要です。 3.ぐらつきや可動部分 木製家具を長く使用していると、脚にグラつきがあったり可動部分が緩んだりなど、さまざまな支障が出ることがあります。ぐらつきや可動部分の修理方法は、次のとおりです。 【ぐらつきの修理】 テーブルや椅子のぐらつきは、接合部分に歪みが生じていることが原因です。このような場合は、歪みが生じた隙間を埋めてくれる膨張剤を使用すれば簡単に修理できます。また、超強力な接着力がある両面テープを使うのもおすすめです。 【可動部分の修理】 木製家具の引き出しなどに生じる可動部分の不具合は、滑りが良くなる専用クリームやワックスを塗布すれば簡単に修理できます。油分で滑りが良くなるため、引き出しの可動域を広げられるでしょう。 プロに依頼した方がいい時もある? 木製家具を自分で修理することで、さまざまなメリットを得られます。ただ、DIY初心者の場合は、失敗するリスクも考慮しなければいけません。 やり方を間違えると、劣化が進んだり不具合が悪化したりするおそれもあります。 ここからは、プロに依頼した方がいい木製家具の特徴を見ていきましょう。業者を選ぶ際のポイントも紹介するので、業者選びで迷う方は参考にしてください。 プロに依頼した方がいい場合 小さな損傷やガタつきであれば、自分で修理できます。ただ、損傷が大きい場合は、プロに依頼したほうがきれいに修理できることも多くあります。もし自分で修理することに不安を感じるなら、プロの業者に依頼することもおすすめです。 1. 傷・凹み 小さな傷や凹みであれば自分で修理できますが、大きい傷や凹みは専門的な知識がないときれいに修復できないことも多いでしょう。 場合によっては不自然な仕上がりになることもあるので、特にお気に入りの木製家具なら業者に任せるのがいいでしょう。 2. 割れ・欠けら 天然木材を使用した家具は、空気中の水分を吸ったり吐いたりする特性があるので、ひび割れることがあります。 家具用のクレヨンなどを使用して補修できますが、割れが大きい場合は業者に依頼しましょう。また、家具が大きく欠けた場合も自分で修理するのは難しいので、業者に任せるのがおすすめです。 3. […]