1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. リフォーム
  4. トイレ・洗面所
  5. トイレリフォーム業者
  6. 和式トイレを洋式トイレにリフォームしたい。 費用・工期など工事のポイントとは

和式トイレを洋式トイレにリフォームしたい。 費用・工期など工事のポイントとは

2022/08/19 2022/09/13
トイレリフォーム
FacebookTwitter

和式トイレは掃除がしやすい、低コストであるといったメリットがある一方で、使用時の身体への負担や汚れやすいといったデメリットもあります。

今回は洋式トイレへのリフォームを検討している方に向けて、費用や工期などのポイントをお伝えします。 トイレを快適な空間にするコツも詰まっているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を監修したプロ
須藤 建一郎 さん

ブロカレジ

今もなくならない和式トイレの歴史

和式トイレ

和式トイレはスリッパに似た形で、便器をまたぎしゃがんで使用するトイレのことです。前方が膨らんでおり、この部分を「金隠し」といいます。

日本人がトイレを使い始めた時期は明らかになっていません。しかし、弥生時代の遺跡には下水道のような構造も発見されており、遅くともこの時代にはいわゆるトイレが成立していたとされています。 しゃがんで用を足す和式トイレから始まり、第二次世界大戦後に西ヨーロッパから、座って使用する洋式トイレが輸入され普及しました。

和式トイレの普及率

日本に古くからある和式トイレですが、洋式トイレの登場後、利用率は低下の一途をたどっている状況です。1977年には洋式トイレの利用率が50%を超え、現在の和式トイレの利用率は全体の1%以下にとどまっています。

和式トイレのメリット

現在は洋式トイレが主流になっていますが、和式トイレにもメリットがあるため、完全に無くなる可能性は低いでしょう。和式トイレのメリットには次の3点が挙げられます。

  • 掃除がしやすい
  • 低コストである
  • 排便しやすい

和式トイレは、洋式トイレに比べてシンプルな形であるため、掃除がしやすい点が大きな メリットといえるでしょう。現状の洋式トイレは、裏側の床や壁の拭き掃除をするのが困難な作りのものがほとんどです。

その一方、和式トイレは埋め込み式であるため、床も一緒に掃除でき、汚れた水をそのままトイレに流すことも可能です。 また、和式トイレの本体と工事の費用は、洋式トイレよりも安い点もメリットの一つといえます。

そのため、学校や商業施設など、多くのトイレを設置する必要がある場所では和式トイレが採用されることが多かったようです。 さらに、排便のしやすさも和式トイレの魅力です。しゃがむと下腹部に力を入れやすくなるため、スムーズに排便が行えます。

和式トイレのデメリット

和式トイレのデメリットは次の3点です。

  • 臭いが広がりやすい
  • 人によっては身体に負担がかかる
  • 汚れやすい

和式トイレは槽が浅いため、排便時の臭いが広がりやすいことがデメリットとして挙げられます。 また、人によっては身体に負担がかかる可能性があることにも注意しましょう。しゃがんだ姿勢で使用するため、足腰を痛める危険性があります。特にお年寄りや介護が必要な方、妊娠中の方などにとっては使いづらい形状です。

さらに、和式トイレは便器が床と同じ高さにあるため、水で流す際に飛び散る場合があります。そのため、洋式トイレと比べて清潔に保つのが困難といえるでしょう。 

和式のデメリットを解決する洋式トイレ

洋式トイレ

和式トイレを洋式トイレにリフォームすることで、和式トイレ特有のデメリットを解決することができます。ここからは、洋式トイレのメリットに加え、洋式トイレへのリフォームの種類や費用、工期などを解説していきます。

洋式トイレのメリット

洋式トイレのメリットは、以下の3点です。

  • 節水できる
  • 季節を問わず快適に使える
  • バリアフリーである

洋式トイレで流す水の量は、最近の一般的なタイプで6リットル程度です。節水タイプでは大が3.8リットル、小が3.2リットル程度で済みます。初期の水洗トイレはおよそ20リットルが必要でしたが、技術の進歩により、少量の水で洗浄することが可能になりました。

季節を問わず快適に使えるのも、洋式トイレの大きなメリットです。温度調節が可能な便座の普及によって、寒い季節でも冷たさを我慢することなく快適に使えます。洋式トイレには欠かせないウォシュレットから、温水が出ることも魅力といえるでしょう。

また、洋式トイレのメリットとして、バリアフリーであることも挙げられます。洋式トイレは座って使用するため、しゃがんで用を足す和式トイレに比べて足腰への負担がほとんどありません。高齢の方や要介護の方も、使いやすい仕様になっています。

リフォームの種類

和式トイレから洋式トイレにリフォームする際、洋式トイレの種類を選ぶ必要があります。洋式トイレのタイプは、大きく分けて次の3種類です。

  • 組み合わせトイレ
  • 一体型トイレ
  • タンクレストイレ

組み合わせトイレは、便器と便座、タンクがそれぞれ別売りで、好きなものを組み合わせることができるタイプです。現在最も普及しており、3種類のうちで一番低価格であることも特徴です。

故障した際は便座のみを交換できるため、無駄が少ないことが利点といえます。 一体型トイレは、便器と便座、タンクが一体型のトイレを指します。一体感のあるデザインで、拭き掃除がしやすい点がメリットです。

水を溜めるタンクがついていない、タンクレストイレもあります。シンプルなフォルムでデザインにこだわる方に人気があります。タンクがないためトイレの高さが抑えられ、トイレルームが広く見えることも魅力です。

リフォームの費用

和式トイレから洋式トイレのリフォームに必要な費用の相場は、おおよそ30〜50万円です。リフォームの費用は洋式トイレの種類やグレードによって変動します。

最も安いのは一体型トイレで、グレードが低いタイプです。一方で、最も高いのはタンクレス型トイレのハイグレードのものです。

比較検討の目安として、洋式トイレの種類とグレード別の費用相場をまとめていますので、ご確認ください。

種類/グレード
組み合わせトイレ35~40万円37~45万円43~48万円
一体型トイレ43~45万円44~49万円46~54万円
タンクレストイレ48~52万円51~56万円54~59万円

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム費用は、上記の洋式トイレへの変更後の種類やグレードだけでなく、既存のトイレの状態によっても変動します。今使っているトイレの床や壁、ドアなどが、リフォーム後にどの程度使えるかによって費用が変わるためです。築年数が経過した家の場合、費用が高くなる可能性もあることに注意しましょう。

また、新たにトイレにコンセントを設置する場合も、1万円程度費用が高くなることが一般的です。洋式トイレに暖房機能をつけるといった場合に、コンセントが必要になります。

リフォームの工期

和式トイレから洋式トイレへのリフォームの工期は、ほとんどの場合は1日程度で終わります。和式トイレに取り付けるだけで洋式風に変えられる簡易的なものは数時間で完了しますし、便器の交換を伴うリフォームであっても1日程度で終わる場合が多いです。

ただし、トイレの壁紙や床の張り替え、配管や電線の工事も行う場合は数日かかることがあることを覚えておきましょう。工事内容が同じであっても、施工業者によって工期が異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

ゼヒトモで洋式トイレへのリフォームのプロを探す

工事業者の人が書類に必要事項を記入している トイレの状態を確認している

和式トイレは掃除がしやすく、低コストといったメリットがある反面、身体に負担がかかりやすかったり汚れやすかったりするなどのデメリットもあります。和式トイレのデメリットが気になる場合は、洋式トイレへのリフォームの検討をおすすめします。

  • 和式トイレから洋式トイレへのリフォームについて相談したい
  • まとめて和式トイレから洋式トイレへのリフォームの見積もりを依頼したい

そんな方は、ゼヒトモで洋式トイレへのリフォームのプロを探してみませんか?いくつかの質問に答えるだけで、あなたにぴったりなプロを簡単に見つけられます。 和式トイレから洋式トイレへのリフォームを検討されている方は、ゼヒトモお気軽にご利用ください。

監修プロからのコメント

和式から洋式トイレにリフォームする場合、配管の設置場所が異なります。

水回りの施工に追加費用がかかる場合があることを頭に置いておきましょう。また、和式の場合は付近に電気が通っていないこともあります。その場合は追加で電気工事も必要です。床に段差がある場合は、それをフラットにして張り替える作業も必要なこともあります。変更する素材によっても、お値段や工期が変わります。

事前にしっかり全体のプランを確認することが大切です。

この記事を監修したプロ
須藤 建一郎 さん

ブロカレジ

住まいに関することならお任せ!高圧排水管清掃、貯水槽清掃、エアコン清掃、塗装、リフォームなど、設備の修繕から大規模なリフォーム工事まで幅広く依頼できます。Webメディアへの出演経験もあり、親切丁寧がモットーの人気プロです。

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

トイレリフォーム関連の最新記事

2022/12/08
後悔したくない!タンクレストイレの特徴や注意点、リフォーム時の価格を調査

近年、「タンクレストイレ」の人気が上がっているのを知ってますか?デザイン性が高いだけでなく、実は掃除しやすい、節水できるなどのメリットも多くあるので、気になっている人も多いのでは。 この記事では、タンクレストイレの設置を検討している方に向けて、必要な情報を詳しく紹介しています。注意点やリフォーム費用の相場、人気メーカーのタンクレストイレも解説しているので、ぜひ参考にしてください。 タンクレストイレとは タンクレストイレとは、便器の後ろ側に水を貯めるタンクがない洋式トイレのことです。従来のトイレはタンクと便器の高低差を活かして水を流していますが、タンクレストイレでは水道の圧力を利用して水を流します。 タンクレストイレではタンクがない分、コンパクトで空間がすっきりとします。おしゃれなトイレを設置したい方は、タンクレストイレを検討してみましょう。 タンク式トイレとの違い タンクレストイレとタンク式トイレの違いについては、以下をご覧ください。 タンクレストイレ タンク式トイレ 水洗方法 水道から直接流す タンク内の水を重力で流す 電力 必要(停電時は使えない) 不要(停電時も使える) ウォシュレット 取り付け可能 標準装備 最近人気!? 「タンクレストイレ」の特徴とは 人気のタンクレストイレには、次のメリットがあります。 便器サイズが小さいので、トイレ空間を有効に使える 掃除がカンタン デザイン性が高い 水を連続で流すことができる 節水効果がある それぞれのメリットについて見ていきましょう。 便器サイズが小さいので、トイレ空間を有効に使える タンクレストイレは、タンクがない分、便器全体のサイズがコンパクトです。狭い空間にトイレを設置しても、スペースを広く利用できます。 掃除がカンタン タンクレストイレには、タンクやタンクと便器を接続するパイプなどがありません。凹凸が少ないため汚れが溜まりにくく、きれいな状態を維持しやすいです。また、掃除が簡単で、清潔さを保ちやすいのも特徴です。 デザイン性が高い タンクレストイレは、タンクのある従来のトイレに比べてスタイリッシュな印象を与えます。また、デザインがシンプルなため、空間が清潔に見える点もメリットです。 水を連続で流すことができる 従来のトイレはタンクに水を貯めて、重力を利用して流す仕組みです。そのため、タンクに一定の水量が貯まっていないときには水洗できず、連続で水を流すことはできません。 一方、タンクレストイレは水道から直接水を流すので、タンクに水が貯まるまで待つ必要はありません。連続で水洗することもできるので、より便利に利用できます。 節水効果がある タンクレストイレは水道から直接水を流す構造のため、水圧を高めて少しの水量でもしっかりと流せます。そのため、従来のトイレよりも1回あたりの水量が少なく、節水効果を期待できます。 「タンクレストイレ」のここに注意! メリットの多いタンクレストイレですが、注意すべき点もいくつかあります。デメリットになりうるポイントについて見ていきましょう。 機種によっては手洗いが別に必要 タンクレストイレには手洗いがついていません。現在利用中のトイレに手洗いがあり、トイレ空間内に別途の手洗いがない場合であれば、新たに手洗いを設置する必要があります。 水圧不足で設置できない場合がある タンクレストイレは水道の水圧を利用して水洗します。そのため、マンションの高層階や給水管が細いケースでは十分な水圧を確保できず、必要な水量が流れない可能性があります。リフォームをする前に、タンクレストイレを設置できるのか業者に確認しておきましょう。 停電時には使いにくい タンクレストイレは電気で動いているため、停電時は使えません。手動レバーや水道から水を直接便器に流すことで利用できるケースもありますが、使いにくさを感じるでしょう。 タンク式より価格がやや高めになる タンクレストイレは、従来のタンク式トイレよりも価格が高額な傾向にあります。また、ウォシュレットも専用品しか利用できないので、故障したときも市販のものに交換することはできません。 温水洗浄便座のみなどの部分交換ができない タンクレストイレはすべての機能が1つにまとまっているため、温水洗浄便座のみなどの部分交換ができません。そのため、故障すると修理か買い替えが必要となり、従来のタンク式トイレ便器と比べると割高になります。 【あわせて読みたい!】 2022年度版・トイレリフォームに利用できる助成金や補助金とは?>>> 内容別トイレリフォーム費用相場をチェック!金額を抑えるコツも>>> タンクレストイレを設置する時のチェックポイント! タンクレストイレを設置するときは、次のポイントに注意しましょう。 […]

2022/12/08
トイレを2階に増設!メリットや費用を抑える秘訣をご紹介

家族と同居していると「トイレを使いたい時にのに使えない」という問題が起こることも。そんな時、トイレを増設したいと考える方もいるでしょう。 そこで今回は、トイレを増設するメリットをご紹介します。施工費用を抑える秘訣も解説しているので、リフォームを検討する方はぜひ参考にしてください。 トイレを2階に増設するメリット 家族と同居していたり、来客があったりした際に「トイレを使いたい時に使えない」といった状況が起こることもあります。このような状況が頻繁に起こると、トイレの増設を考える方も多いでしょう。 1階に降りる手間がなくなる トイレの待ち時間が減る 来客を気にせずトイレを使える 1階に降りる手間がなくなる 住宅の構造上1階にトイレ、2階に寝室やリビングがある場合もあります。このような場合、トイレを使うために毎回1階に降りなければいけません。2階にトイレを増設することで1階にわざわざ降りる必要はなくなるので、手間やストレスを解消できるメリットがあります。 また階段の上り下りでの転倒・転落事故の回避や足腰の負担軽減もでき、特に高齢者がいる住宅では安心して生活できるのも魅力です。 トイレの待ち時間が減る 家族が多くいるにもかかわらず、自宅にトイレが1個しかない場合は前に入った人が終わるまで待機しなければいけません。このような場合でも、2階にトイレがあればトイレを使いたい人が2箇所に分散されるので待ち時間を減らすことができます。 「自分の後に人が待っているから早くしなくちゃ!」と焦らなくてもいいので、落ち着いてトイレを使えるのも大きなメリットでしょう。 来客を気にせずトイレを使える 2階にトイレを増設することで、来客が来たときでも気にせずトイレを使用できます。たとえば、1階は来客用、2階は自分たちが使う用として分けておけば、来客も安心してトイレを利用できるでしょう。 1階にしかトイレがない場合は、「来客が帰るまでトイレを使えない!」といった問題が起こるかもしれません。来客時に気兼ねなくトイレを使えるのは、自分たちにとっても大きなメリットです。 トイレを2階に増設する際にかかる費用 新たに2階にトイレを増設する場合、配管工事なども必要になるので、一階に設置するよりも高くなります。増設費用は、50万〜100万円が相場です。 配管の位置も費用に大きく影響します。既存の配管が利用しづらい場合は、大規模な工事が必要になるので費用は高くなります。 既存配管を使用する場合は50万円程度、大規模な配管工事が必要な場合は100万円程度が相場です。 ただし、設置する便器のグレードや配管の位置、機能によって、費用は変動します。 たとえば便器のグレードには、「ベーシックグレード」「ハイグレード」があります。 ベーシックグレードはその名のとおり、基本的な機能である脱臭機能や節水・節電機能などを備えた便器です。本体価格は、10〜25万円程度になります。 一方ハイグレードは、基本的な機能に加えて全自動洗浄機能や高節水・高節電機能など便利な機能が搭載されている便器で、本体価格は20~40万円程度です。 トイレを2階に増設際の場所 2階にトイレを増設する場所は、階段横や1階トイレの上、増改築での設置などがあります。 基本的に依頼者の希望に沿った場所に増設できますが、家の構造や排水管の位置によって費用が変動することも多いです。 トイレの増設場所に迷うときは、リフォーム業者の担当者に相談することをおすすめします。 階段横 階段を上がった廊下に広いスペースがある場合、階段横に増設する方法があります。階段横は給排水管を屋内と屋外のどちらからでも通せることが多いので、見た目や予算に応じて自由に選択可能です。 もし階段を上ってすぐの場所に収納スペースがあるなら、その空間をトイレにリフォームする方法もあります。 大規模な工事にならない場合も多いので、一番簡単に済ませられる場所です。ただし階段横にトイレを増設すると、夜トイレに行くときに階段から転落する危険性があります。この点も考慮して、増設する場所を決めましょう。 1階トイレの上 1階にあるトイレの真上に、新しいトイレを増設する方法があります。もともとある1階のトイレから給排水管を伸ばして利用できることが多く、給排水管を伸ばす距離が短ければ短いほど費用を抑えられます。 増設費用を少しでも抑えたいなら、増設場所を1階トイレの上にするのがおすすめです。ただし住宅の構造上、1階のトイレの上に必ずしも増設できるスペースがあるとは限りません。まずは、自宅に増設できるスペースがあるのか確認しましょう。 増改築で設置 2階にトイレを増設したいが、住宅の構造上どうしても増改築が必要なことがあります。増改築とは、住まいの床面積を増やすことやリフォームすることです。増改築をすれば費用がかさみますが、設計の自由度が高いため理想の快適なトイレを設置できます。 ただし、増改築となると大規模な工事になるので工期は長くなります。施工中は工事の音などで周りに迷惑がかかることもあるので、事前に知らせておくことがおすすめです。 2階にトイレを増設できる十分なスペースがないのであれば、増改築を検討してみましょう。 トイレを2階の増設を安く済ませるポイント 便器のグレードや配管の位置にもよりますが、トイレの増設にはそれなりの費用がかかります。ただ補助金を利用したりSFAポンプのトイレを設置することで、トイレの増設を安く済ませることが可能です。 補助金を利用する 補助金には、介護保険の住宅改修費と地方自治体の制度の2種類があります。 介護保険は、要支援または要介護認定などクリアすべき条件が設けられていますが、申請が通れば補助金を利用することが可能です。 たとえば、増設の目的がバリアフリーのために和式を洋式に交換したり、トイレの面積を広げるリフォームの場合は申請が通る可能性があります。 地方自治体の制度は、各自治体によって対象条件は異なるので事前に確認するようにしましょう。 SFAポンプのトイレにする トイレを増設する際、SFAポンプを使用することで費用を抑えられます。SFAポンプとは、フランスで登場した排水圧送ポンプのことです。排水マスとポンプをパイプで接続して水を流すため、排水管を設置する必要はありません。 排水管の距離が離れていても床面への工事をしなくていいので、増設費用を抑えることが可能です。SFAポンプは工期も短くなるため、早く工事を終わらせたい方にも適しています。 ゼヒトモでトイレリフォームのプロを探す 家族が増えたり来客があったりする場合、トイレを使いたいときに使えないといった状況が起こることもあります。このような状態を回避するには、2階にトイレを増設するのがおすすめです。 トイレを2階に増設することについて相談したい トイレリフォームの見積もりをとりたい そんな方は、ゼヒトモからトイレリフォームのプロを探してみませんか? いくつかの質問に答えるだけで、簡単にあなたにピッタリなプロが見つかります。 […]