一軒家・一戸建て住宅のリフォーム

東京都八王子市
一軒家・一戸建て住宅のリフォームのプロが近くに5,946人います

プロの探し方

依頼内容を入力する

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください。

Supporters

東京都八王子市の一軒家・一戸建て住宅のリフォーム業者のプロ一覧

(7ページ目)

東京都八王子市

株式会社日本アクア八王子営業所は建築断熱用硬質ウレタンフォーム「アクアフォーム」販売・施工 住宅省エネルギー関連部材の開発・製造・販売等を行っている会社です。

東京都八王子市

エムエヌホームサービス株式会社は一般建築業・増改築工事、リフォーム業等を行っている会社です。経験豊な担当者が、大切なお住まいにおける内外装の大規模リフォームや増改築から、水栓金具のパッキン取替などの修理工事まで、コストを抑えた安心価格にて幅広く対応しています。

東京都八王子市

株式会社クラスト八王子支店は賃貸共同住宅および専用住宅の企画・設計・施工、公共事業、不動産仲介・売買および管理業、住居リフォーム業、総合保険代理店業等を行っている会社です。

東京都八王子市

城南建設株式会社住宅情報館八王子駅前店は、20015年4月に城南建設株式会社より、住宅情報館株式会社に社号変更されており、現在は住宅情報館株式会社八王子店となり、建設業を行っています。

東京都八王子市

株式会社多摩工務店は住宅の新築、リフォーム事業等を行っている会社です。地元の八王子および多摩エリアを中心に、住宅建築・リフォーム業務を幅広く行っており、豊富な現場経験に基づいたノウハウによって問題の一つひとつを解決へと導き、安心・安全な我が家の実現に向けて全力でサポートしています。

東京都八王子市

三友建設株式会社は建築・建設工事、リフォーム等を行っている会社です。豊富な経験からその時代や環境に求められる基本的な性能を確保しつつ、顧客一人ひとりのニーズや希望に応え、顧客の夢の実現をサポートしています。

東京都八王子市

大宝建設株式会社は建築・建設業、リフォーム等を行っている会社です。住まいの第一印象となる門まわり。プライバシーを守るためや、防犯のための塀、おしゃれなポスト、機能性インターホン、宅配ボックス設置、暖かみのあるLEDライティング、お車を守るための車庫やガレージ、駐車場作りなど、顧客の理想の住まいづくりをサポートしています。

東京都八王子市

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。外壁のリフォームや補修、防水、塗装、雨漏り等、外壁のトラブルに関して、受付担当エリアごと(八王子市・北八王子駅前・小宮駅前)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

東京都八王子市

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。外壁のリフォームや補修、防水、塗装、雨漏り等、外壁のトラブルに関して、受付担当エリアごと(八王子市・打越IC前・北野町・絹ケ丘・片倉町・みなみ野・寺田町・高尾駅前)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

東京都八王子市

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。外壁のリフォームや補修、防水、塗装、雨漏り等、外壁のトラブルに関して、受付担当エリアごと(八王子市・南大沢駅前・南大沢・別所・下柚木・京王堀之内駅前・大塚)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

東京都八王子市

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。外壁のリフォームや補修、防水、塗装、雨漏り等、外壁のトラブルに関して、受付担当エリアごと(八王子市・京王八王子駅前・大和田町・高倉町・八王子IC前・中野・楢原町)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

東京都八王子市

株式会社十彩は建設業者です。主な業務内容は、塗装工事、防水工事、外装のリフォーム、内装のリフォーム、水廻りのリフォーム、外構のリフォームです。

もっと見る

一軒家・一戸建て住宅のリフォーム業者に関する良くある質問

一軒家・一戸建て住宅のリフォーム業者関連の最新記事

2021/09/23

【2021年版】断熱リフォームの補助金をチェック!制度を理解して賢く使おう

リフォームをする際に活用できる補助金や助成金、減税制度の種類は様々です。国が行っているものもあれば、地方自治体が独自に行っているものもあります。また、バリアフリーや省エネ、耐震などリフォームの目的が違えば、適用される制度も変わります。今回は、エコや省エネを目的とした断熱リフォームに関する補助金について説明します。 目次 断熱リフォームの補助金とは? 国の補助金制度 既存住宅における断熱リフォーム・ZEH化支援事業 戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業 集合住宅の省CO2化促進事業 長期優良住宅化リフォーム推進事業 次世代省エネ建材の実証支援事業 地方自治体の補助金制度 その他の補助制度 リフォーム減税 グリーン住宅ポイント制度 補助金申請の流れ 補助金を申請するときの3つのポイント Zehitomoから断熱工事・断熱リフォームを依頼してみる 断熱リフォームの補助金とは? 補助金を設けてまで断熱リフォームが推奨されているのは、基本的に省エネ化・省CO₂化を推進するためです。断熱リフォームが該当する補助金には、国と地方自治体が行っているものがあり、減税の対象になることもあります。ここからは、国、地方自治体、その他の3つに分けて具体的な制度をご紹介します。 国の補助金 主に国の補助金制度を運営しているのは、環境省と国土交通省と経済産業省の3つです。事業内容については、断熱リフォームに関する部分を抜粋して紹介しますので、それ以外の内容に関しては各省庁のホームページから確認してください。 既存住宅における断熱リフォーム・ZEH化支援事業 環境省が行っている事業です。現行の省エネ基準に適合しない既存住宅の断熱性を向上させ、省CO₂化を促進させるため、断熱リフォームを支援しています。 一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる、断熱材や窓などの高性能な建材を用いたものが対象です。ZEHの普及による災害時の対応力向上も目的に含まれています。 ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、「外側の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」のことです。(資源エネルギー庁より引用) 事業内容 既存戸建住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助します。上限は1戸あたり120万円です。蓄電池、電気ヒートポンプ式給湯機、熱交換型換気設備等には別途補助があります。 既存戸建住宅の断熱リフォームに既存集合住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助します。上限は1戸あたり15万円です。熱交換型換気設備等に別途補助があります。 例①)開口部の断熱改修(内窓の設置、外窓の交換など)例②)外壁・屋根・天井または床の断熱改修 事業情報 令和2年度3次補正予算:4,500百万円(45億円) 事業形態:間接補助事業 補助対象:民間事業者(個人、管理組合代表者) 実施期間:令和3年度 間接補助事業とは、環境省が執行団体を通じて支援を行う事業のことです。他には、環境省が直接支援を行う直接補助事業と、実証・支援・技術開発等の事業である委託事業があります。 補助要件 執行団体である北海道環境財団(公共財団法人)に登録さている未使用品が対象になります。対象製品は財団のHPから確認しましょう。 窓やガラスの製品に関しては、使用する製品のグレードによって窓面積あたりの補助金額が変わります。使用する製品のグレードが高い方が、助成金額も高いです。 戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業 環境省が経済産業省、国土交通省と連携して行っている事業です。エネルギーの自給自足により災害にも強く、ヒートショック対策にもなるZEH(ゼッチ)の普及の推進。また、現行の省エネ基準に適合しない既存住宅の断熱性を向上させ、省CO₂化を促進させるための断熱リフォームの推進も目的の1つになります。 事業内容 既存戸建住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助します。上限は1戸あたり120万円です。蓄電池、電気ヒートポンプ式給湯機、熱交換型換気設備等には別途補助があります。 事業情報 令和3年度予算:6,650百万円(65億5千万円) 事業形態:間接補助事業 補助対象:民間事業者 実施期間:平成30年度~令和7年度 集合住宅の省CO2化促進事業 環境省が経済産業省と連携して行っている事業です。現行の省エネ基準に適合しない既存住宅の断熱性を向上させ、省CO₂化を促進させるため、断熱リフォームを支援しています。ZEHの普及による災害時の対応力向上も目的に含まれています。 事業内容 戸建住宅において、ZEHの交付要件を満たしている住宅を改修する際に、1戸当たり上限60万円で補助します。既存集合住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助。上限は1戸あたり15万円です。例)断熱窓への交換 事業情報 令和3年度予算:4,450百万円(44億5千万円) 事業形態:間接補助事業 補助対象:民間事業者 実施期間:平成30年度~令和5年度 […]

2021/08/26

台風から窓ガラスを守るには?シャッターの取付が効果的!

台風の被害を抑えるには、養生テープや段ボールの応急処置では心配が残るもの。窓ガラスを守るには、シャッターの取付がおすすめです。強風で飛んできた物から窓ガラスを守る飛来物対策と、台風の騒音を軽減する防音対策ができます。安いものであれば10万円程度で取り付けることが可能です。しっかりとメンテナンスすれば、約10~15年は使用することができます。具体的なメンテナンス方法や故障した際の対処方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。 目次 台風対策は何をすればいいの? 窓ガラスを守るシャッターの役割 シャッターの種類 シャッターと雨戸の違い シャッターを取り付けるには? 費用 工期 注意点 寿命のチェックポイント シャッターのメンテナンス方法 シャッターが壊れたときは? Zehitomoからシャッターの取付を依頼してみる 台風対策は何をすればいいの? 日本では、夏から秋にかけて台風がたくさん上陸します。台風でよくある被害は、強風による飛来物によって、窓ガラスが割れることです。台風が直撃する前に、植木鉢などの強風で飛ばされそうなものを屋内にしまうという経験をした方もいるのではないでしょうか。 窓ガラスの外側に段ボールやベニヤ板を貼ったり、内側に養生テープを貼ったりといった応急処置も一つの方法です。そうすることで、窓に直接物が当たることを防ぎ、窓ガラスが割れた際の飛散防止効果を向上させることができます。 しかし、これらの対策だけでは、十分な台風対策ができているとは言えません。より万全な台風対策をするためには、シャッターを取り付けることをおすすめします。 窓ガラスを守るシャッターの役割 シャッターを取り付けることで、飛来物対策と防音対策をすることができます。台風に備えるなら、これらの対策は必須です。 飛来物対策 台風による風圧や飛来物から窓を守ることができます。窓はある程度の風圧には耐えられますが、飛来物までは防ぐことができません。台風のときは、想像もよらないものが飛ばされることがあるため、窓ガラスが割れる危険性が高いです。 窓ガラスが割れると、ガラスが飛散するだけではなく、空いた穴から雨や風が入ってきます。避けなければいけない事態は、天井が吹き飛ばされることです。シャッターがあれば、そのような被害を防ぐことができます。 防音対策 台風の被害と言えば、飛来物によるものを想像する人が多いかもしれません。しかし、吹き荒れる強風の音や、それによって窓などがガタつく音は、人の不安や恐怖を煽ります。 特に、小さいお子さんのいる家庭や1人暮らしをしている方は注意が必要です。シャッターは、台風によるうるさい風の音を抑えることができます。 シャッターの種類 シャッターは機能によって大きく3つに分けることができます。それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。 クローズタイプ 多くの人がシャッターと聞いて思い浮かべるのが、クローズタイプでしょう。店舗や倉庫などの入口によく使われているシャッターです。閉めると完全に目隠しできるため防犯性は高いですが、光や風を取り込むことはできません。低予算で設置できることが特徴です。 スリットタイプ シャッターにスリットと呼ばれる隙間があるので、採光性が高く、風通しも良いタイプです。そのため、日差しが強いときでも閉めることができます。中には、ブラインドのようにスリットの角度を調整することができるものもあります。ただし、夜間の使用が主な場合は、そのメリットが発揮されません。 電動タイプ 開閉をリモコンやスイッチで行うことができます。簡単に開閉できるので、手動で閉めるのが大変な人におすすめです。しかし、手動タイプに比べると設置費用が高かったり、停電時に動かなくなったりするなどのデメリットもあります。 シャッターと雨戸の違い シャッターと同じ役割を担うものとして雨戸があります。雨戸は古くから日本家屋で使われていましたが、シャッターの歴史は浅く、日本で全国的に普及し始めたのは1950年代以降と言われています。 どちらも、台風や防犯対策としては効果的です。しかし、雨戸は収納するための戸袋が必要になることが多く、どうしてもかさばってしまいます。建物の外観に影響を及ぼすため、新築住宅ではデザイン性を重視して、シャッターが採用されることがほとんどです。 ただし、雨戸の方が住宅のデザインにマッチすることもあり、シャッターよりも設置費用が抑えられることから、雨戸を選ぶ人もいます。 雨戸の種類 雨戸は開き方によって2つのタイプに分けられます。 引き戸タイプ 昔ながらの日本家屋でよく見られる、雨戸を引いて戸袋に収納するタイプです。戸袋を設置する場所がないと設置できません。そのため、住宅のデザインに合わないこともあるでしょう。また、開閉に時間と手間がかかるので大変です。ただし、その分費用は安く抑えることができます。 折れ戸タイプ ヨーロッパなどの洋風の家で多く見られる、真ん中から両端に向かって折りたたむように開くタイプです。戸袋が必要ないので、引き戸タイプに比べると、設置する難易度は低く、開閉も楽になります。また、デザイン性も高く、家全体で統一感を出しやすいです。しかし、雨戸自体は常に外にさらされることになるため、劣化が早くなります。 シャッターを取り付けるには? シャッターを取り付ける際の費用や注意点について説明します。 費用 シャッターや雨戸の取付にかかる費用は、数万円~数十万円です。(本体価格と工事費用を合計した目安になります。)雨戸は、引き戸よりも折れ戸の方が費用が高くなる傾向があります。 本体価格は以下の2つの条件によって変わります。 ・窓のサイズ・素材の種類 窓のサイズが大きくなると、価格は上昇します。特に窓の横幅が広くなると、価格が跳ね上がるので注意が必要です。窓の縦幅が長くなっても、それほど価格は上がりません。窓の価格は、窓のサイズで細分化されています。シャッターを取り付ける際には、取り付ける窓のサイズを正確に把握しておきましょう。 素材の種類は、主に以下の4つです。 ・スチール製・アルミ製・ステンレス製・木製 木製の場合は素材によって価格はピンキリになります。木製以外では、一番安いスチール製が一般的です。価格の高いアルミ製やステンレス製は、腐食しにくく、高級感があるという特徴があります。 工期 […]