1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. リフォーム
  4. 浴室・洗面所
  5. 洗面台リフォーム業者
  6. 洗面台のDIYリフォームは失敗しやすい?ポイントを踏まえた簡単・本格的な方法について

洗面台のDIYリフォームは失敗しやすい?ポイントを踏まえた簡単・本格的な方法について

2023/12/27 2024/03/19
洗面台のDIYリフォームは失敗しやすい?ポイントを踏まえた簡単・本格的な方法について

洗面台をリフォームする際、費用を節約する手段として考えられるのが、DIYという選択肢です。しかし、どうやってDIYを進めたらよいのか、わからない方も多いのではないでしょうか。

今回は、DIYの洗面台リフォームにおける失敗を回避するため、事例や失敗を防止する方法を紹介します。洗面台のDIYリフォームに関するよくある質問にも回答しているので、DIYでのリフォームを検討するうえでの参考にしてください。

洗面台のDIYリフォーム後に「失敗した」と感じた事例

洗面台をDIYリフォームするうえでは、過去の失敗事例を参考情報として活用するのもおすすめです。ここでは、洗面台のDIYリフォーム後に「失敗した」とする以下の事例についてまとめています。

  • 高さが合わない
  • 洗濯機・壁の間などに隙間ができた
  • 洗面台のサイズが大きい・小さい
  • 収納が足りない・使いづらい
  • 洗面ボウルのサイズが合わない
  • メーカーでの生産が終わり保証対象外になった
  • コンセントが足りない
  • 床が腐蝕したまま進めてしまった
  • 他の部屋との印象が合わない

高さが合わない

洗面台の高さが身長に合わないと、失敗したと感じてしまいます。「身長÷2」の高さになっていない洗面台は、一般的に使いづらいと感じるでしょう。

鏡までの高さや洗面ボウルの高さが合わない状態だと、洗顔時に水が腕に垂れてきたり、腰痛の原因になったりします。そのため、DIYで洗面台をリフォームする際は、使いやすい高さを算出したうえで進めることが大切です。

洗濯機・壁の間などに隙間ができた

洗面台のサイズだけに目を向けてしまうと、洗濯機や壁の間に不自然な隙間ができてしまうことがあります。新しい洗面台をDIYで設置する際は、洗面台以外のものと合わせた際のバランスを意識することが大切です。

洗濯機や壁の間に隙間ができないようにするには、既存の洗面台と同じサイズの洗面台を選ぶ必要があります。

洗面台のサイズが大きい・小さい

洗面台のサイズがスペースにあわない大きさだと、DIYでの設置が完了したあとに「失敗した」と感じやすいでしょう。

サイズが極端に大きいと洗面所内に入りきらず、サイズが小さいと上述のとおり洗濯機や壁の間に隙間ができてしまいます。

また、洗面台のサイズが小さいと、家族で使用する際に支度のタイミングが一緒になって不便さを感じてしまいます。洗面台をDIYでリフォームする際は、やはり既存のサイズをベースにしたうえで新しいものを選びましょう。

収納が足りない・使いづらい

洗面台のDIYリフォーム時には、収納の数や使いやすさを意識することが大切です。タオル・化粧品・ヘアケア用品・パジャマ・掃除用具・日用品など、洗面台にはさまざまなものを収納します。

洗面台を広くすることでかえって収納スペースが足りなくなり、不便になったという事例も少なくありません。

また、洗面台が小さくなり、以前まで収納できていたものが入り切らないということもあります。洗面台をDIYでリフォームする際は、収納にも目をむける必要があるでしょう。

洗面ボウルのサイズが合わない

洗面台をDIYリフォームする際は、洗面ボウルのサイズにも目を向けましょう。小さい洗面ボウルだと、洗顔時に水がこぼれたり、つけおき洗いができなくなったりします。

ただし、洗面ボウルが大きければ良いというわけではありません。そのため、家族の人数や洗面所のスペースなど、いくつかの要素から最適な洗面ボウルのサイズと、洗面台をトータルで見たときのバランスを考えましょう。

メーカーでの生産が終わり保証対象外になった

洗面台をリフォームしたはいいものの、リフォーム時に選択した製品のメーカーがなくなってしまい、保証を受けられなくなることがあります。生産終了を懸念するのであれば、大手メーカーの製品を選びましょう。

安さを重視してしまうと大手ではないメーカーの製品になってしまい、予期せぬ生産終了による保証対象外になることが考えられます。メーカーを選ぶ際は、保証と安さどちらを選ぶか吟味したうえで決めましょう。

コンセントが足りない

洗面台では、ドライヤーやアイロンなど、さまざまな電化製品を使用します。DIYでのリフォーム後にコンセントが足りないと、かえって不便さを感じるようになってしまいます。

洗面台をリフォームする際は、現在使用しているコンセントの数を下回らないようにしてください。またその際、新しい洗面台が対応しているワット数もチェックしておきましょう。

床が腐蝕したまま進めてしまった

洗面所の床は湿気がこもりやすい反面、お風呂と異なり完全な防水仕様になっていません。そのため、床の腐蝕に気づかないままリフォームをしてしまう可能性があります。

床の腐蝕は放置すると、家全体の耐震性低下にもつながるので、確認・対処したうえで洗面台のリフォームを進めましょう。

他の部屋との印象が合わない

洗面台を新しいものにする際は、隣接する部屋との統一感を意識することも大切です。隣接する部屋の印象とあまりにも異なる洗面台を設置した場合、リフォーム後に違和感を覚えてしまうこともあるでしょう。

したがって、洗面台をDIYでリフォームする際は、隣接する部屋との統一感も意識するのがおすすめです。

洗面台のDIYを失敗させないためには?

ここでは、洗面台のDIYリフォームを失敗させないために取るべき、以下2つの対策について解説します。

  • どのような洗面台にするかあらかじめイメージを固めておく
  • カタログ・画像検索でイメージ情報を集める

また、以下の関連記事では、洗面台リフォームの費用相場や施工事例を紹介しています。 実際にかかった費用も掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:洗面台リフォームの費用相場

どのような洗面台にするかあらかじめイメージを固めておく

闇雲にDIYをするのではなく、リフォーム後のイメージを固めたうえで洗面台のリフォームに取り掛かりましょう。洗面台のサイズや高さはもちろん、収納の数やタイプなどをイメージし、リフォーム前の方が使いやすかったということがないようにしてください。

リフォーム後のイメージを固めておくことで洗面台の理想像だけでなく、必要な材料やおおよその費用を予想できるでしょう。

カタログ・画像検索でイメージ情報を集める

洗面台のカタログや、実際に洗面台をリフォームした事例などを画像検索してイメージ情報を集めることも大切です。上述したように、洗面台をDIYでリフォームする際はイメージを固めることが必要になります。

しかし、頭の中でイメージするのみでは実際に施工するうえでの不安が残るでしょう。カタログや画像を参考にしておくことで、DIY後の洗面台がイメージしやすくなります。

洗面台のDIYリフォームに関するよくある質問

ここでは、洗面台のDIYリフォームに関する疑問を解消します。

洗面台のサイズの選び方は?

「身長÷2」の数値で高さを設定してください。また、カウンターの高さは75cm・80cm・85cmが一般的です。

洗面台選びは手入れに影響する?

例えば、水跳ねしやすい形状の洗面台を選んでしまうと、リフォーム後の手入れが大変になってしまいます。また、デザイン性を重視し過ぎてしまうことで、ほこりがたまりやすくなったり、カビが生えやすくなったりするでしょう。

洗面台にはどんな種類がある?

洗面台の主な種類は、以下のとおりです。

  • ユニットタイプ:洗面ボウルが洗面化粧台と一体になっているタイプ。据え置き型の洗面台に​​水栓金具・収納棚・鏡・照明などがユニットとして組み合わさっている。
  • システムタイプ:収納・鏡・照明・洗面ボウルなどを、システムキッチンのように自由に組み合わせられるタイプ。洗面所の広さや洗面台のサイズに合わせてレイアウトを考案しやすい。
  • カウンタータイプ:洗面ボウル・鏡などを壁に取り付けたカウンターに組み立ていくタイプ。高さは自由に設定できるものの収納数は乏しい。

洗面台リフォームの前に確認すべきことは?

洗面台をDIYでリフォームする際は、以下の項目をチェックリストにし、チェックを入れたうえで進めると失敗を防げるでしょう。

☐コンセントの数は足りているか
☐鏡の大きさは適切か
☐必要な分のノズルの長さはあるか
☐洗面台・洗面ボウルのサイズはあっているか
☐壁・床はしっかり保護しているか
☐配線・電源の位置は確認済みか
☐賃貸の場合は原状回復できるレベルのリフォームか

なお、配線や電源に干渉してしまいそうな大掛かりなリフォームであれば、DIYではなく業者に依頼するのがおすすめです。

ゼヒトモで洗面台リフォーム業者を探す

今回は、洗面台のDIYリフォームに関する失敗事例や、失敗を防止する方法を紹介しました。洗面台のDIYリフォームは、専門的な技術を有していないと失敗しやすいのも事実であるため、専門技術を有した信頼性の高い業者に依頼するのがおすすめです。

  • 洗面台をDIYでリフォームしようとしたけど失敗するのが怖い
  • DIYの失敗例を見ていると自分には難しいと感じた

そんな方は、ゼヒトモで洗面台リフォーム業者のプロを探してみませんか?いくつかの質問に答えるだけで、あなたにピッタリのプロが見つかります。外壁塗装工事を検討している方は、ゼヒトモをお気軽にご利用ください。

洗面化粧台リフォーム関連の最新記事

2024/04/05
脱衣所・洗面所を快適に!収納アイデアやリフォーム費用

自宅の脱衣所や洗面所を快適にするためには、動線の確保や収納スペースのDIYなどが有効です。デザインにこだわる方は、プロにリフォームを依頼するのもよいでしょう。 この記事では、快適な洗面所・脱衣所作りに役立つアイデアや、リ […]

2024/04/03
おしゃれな洗面所にするコツとは?賃貸でもできる空間の活用術

洗面所などの細部にこだわった住宅は、全体が洗練された雰囲気になります。この記事では、おしゃれな洗面所を目指す方に向けて、必要な情報を紹介しています。 おしゃれに仕上げるポイントや蛇口などのアイテムの選び方、洗面所のリフォ […]

もっと見る

あなたのお困りごとをプロに相談してみよう

STEP 1:簡単無料依頼

2分でスマホやPCで簡単に依頼内容を入力します。

STEP 2:提案を受ける

最大5人のプロから提案を受けられます。あなたの条件に合うプロを採用してください。

STEP 3:交渉成立

プロと相談した場所・日時・値段で依頼したサービスを受ける。

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

関連サービスからプロを探す