1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. 大規模工事
  4. 工事
  5. 内装工事業者
  6. おしゃれで快適なデスクにしたい!【部屋の広さ別】書斎レイアウトのコツ

おしゃれで快適なデスクにしたい!【部屋の広さ別】書斎レイアウトのコツ

2022/11/22
内装工事
FacebookTwitter

コロナ禍の影響もあり、仕事が在宅ワークやリモートワークになった人も多いのではないでしょうか。家で快適に仕事をしたい人にとっては、自宅に書斎があると仕事もはかどりますよね。

この記事では、自宅で心地よく仕事や作業をしたいと思う方に

  • 快適な書斎作りのポイント
  • おしゃれで快適な書斎レイアウトを作るコツ
  • 書斎リフォームの費用相場

を解説します。

使い勝手のよい書斎とはどういうものか、書斎のコーディネートはどのようにすればいいか、知りたい方はぜひご一読ください。

書斎のある暮らしとは

書斎のある暮らしとはどのような暮らしでしょうか。住宅に書斎を取り入れたら、どのようなメリットがあるのでしょうか。

書斎があると、そこで快適な在宅ワークやリモートワークが可能です。そのうえ、趣味部屋としても活躍します。憧れの書斎のある暮らしの実現に向けて、どのようにすればいいか考えてみましょう。

「書斎」とは

書斎とは、読書をしたり書き物をしたりするような部屋のことです。もちろん書斎を何かの趣味に使うためのスペースにしたり、作業するのに活用したりすることもできます。

書斎を在宅ワークをする場所にすれば、快適な仕事環境が整います。まるまる一部屋を書斎にしなくても、部屋の一部分を書斎として活用することも可能です。

生活環境の変化で、書斎を取り入れる暮らしが増加

コロナ禍になり、人々の生活にも変化が見られます。

以前は会社に出社し、そこで仕事をするのが一般的でした。しかし、現在では在宅ワークやリモートワークを推奨する会社も多くなりました。在宅での仕事は通勤時間が必要ないため、「自宅でできるものは自宅で」という流れは今後も変わらないかもしれません。

そんな中、自宅での仕事環境を快適にするために、自宅に書斎を取り入れる人が多くなっています。書斎は集中できる空間になるため、しっかりと仕事ができるでしょう。

また仕事以外で何か作業するときにも書斎は使えて、書斎を家族で共有して使うこともできます。書斎を取り入れる暮らしを始めてみませんか。

書斎のある暮らしが選ばれる理由とは

「自宅に書斎があれば、なんとなくよさそうだ」ということはご理解いただけたかと思います。書斎のある暮らしをすると、生活にどのようなメリットがあるのか、家族にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 落ち着ける空間を作れる
  • 生産性がアップする
  • 1人の空間を確保できる
  • 書類や資料などを整理できる
  • 家族で共有できる

上記5つのポイントを解説します。

落ち着ける空間を作れる

家の中に書斎を作ると、自分の落ち着ける空間になります。わざわざ個室を用意しなくても、リビングの一角を自分のワークスペースとすることでも書斎になります。

そのスペースを活用して、あなたのイメージに沿ったデザインのデスクと椅子を置いてみてください。するとそこがあなたのおしゃれな書斎となり、仕事をしたり、落ち着いて読書をしたりできるでしょう。

書斎といえば、専用の部屋が必要だと思うかもしれませんが、ちょっとした工夫であなたの落ち着ける書斎が作れます。

生産性がアップする

書斎があると集中して仕事ができるため、生産性がアップします。もしあなたが、個室の方が作業に集中できるというタイプなら、家具を上手に活用して間仕切りにし、書斎を作ることも可能です。誰かの気配がする方が、安心して仕事が進められるという方は、リビングの一角を書斎としてもいいでしょう。

あなたの集中できるスタイルに合わせて、どのような書斎にするか考えてみてください。そしてそこで仕事をすることにより、生産性のアップが実現します。

1人の空間を確保できる

在宅で仕事をするときは、家に人がいても仕事をする空間を分けたいものです。たとえオープンスペースにある書斎だとしても、「ここに座れば仕事の時間」というようにメリハリができます。

「書斎に座ったら話しかけないように」と伝え、家族にも協力してもらいましょう。

もちろん個室の書斎であれば、完全に1人の時間が得られます。このように、書斎があると作業する空間の確保が可能です。

書類や資料などを整理できる

仕事で使う資料や書類など、紙のものはこまめに整理をしないとすぐに散らかり、山積みになります。書斎があれば、書類の置き場所なども決めてそこに置けるため、必要なときにサッと取り出しやすいです。

また、仕事の資料などあまり人の目に触れてほしくないものもあるでしょう。個室の書斎なら本棚などに整理しておけば大丈夫です。

書斎がオープンな空間にあっても、収納ボックスなどを利用して整理できます。

家族で共有できる

書斎は、仕事をしているお父さんやお母さんのものとは限りません。誰かが集中して作業をしたい時に使えるような、家族の共有スペースとしても活用できます。

書斎は、昼はリモートワークをしている親が使用し、夜は子どもの勉強部屋としても使えるでしょう。この空間は誰か一人のもの、として決めずにフレキシブルに使う方が有意義です。子どもがその空間を使いたいがために、進んで勉強するようになるかもしれませんね。

自宅に書斎スペースを設けるレイアウトが注目

今まで見てきたように、自宅に書斎スペースがあれば仕事がはかどります。1人の空間も確保できるため、リラックスもできるでしょう。そして、必ずしも一部屋必要なわけではないというのが嬉しいところです。

自宅にデッドスペースがあれば、そこを有効活用もできます。リビングの日の当たる場所を、家族共有の書斎にしてもよいでしょう。

自宅に書斎があれば、仕事をするにも作業をするにも便利です。そのため、自宅に書斎を設けるレイアウトが注目されています。

快適な書斎作りのポイント

「書斎のある暮らしをしたいので、書斎を作ろう!」と思ったとき、どのようなポイントに注意すれば快適な書斎が作れるのでしょうか。

  • 書斎スペースをどこにレイアウトするか
  • ライフスタイルの変化も見据えてレイアウトする
  • 作業内容と場所に併せて、使い勝手のいい大きさのデスクを
  • 書斎での作業が気持ちいいインテリアを

上記4点のポイントについて解説します。それぞれチェックしてみてください。

書斎スペースをどこにレイアウトするか

部屋が余っていればそこを書斎にできればよいですが、そうではない場合、今あるどこかのスペースを書斎にしなければいけません。自宅の間取りを考慮して、どこに書斎スペースを配置すれば使い勝手のいい書斎になるのかを考えましょう。

例えば、リビングに使っていないスペースがあるのなら、そこに机を置いて書斎にすることも可能です。少し広めの寝室があるのならば寝室に、デッドスペースがあるのならその場所に……と、それぞれの家族の生活スタイルに合わせて配置してください。

作業がしやすい動線を考えて、机を置く位置を決めましょう。机の上にパソコンや、卓上スタンドを置くのならば、コンセントも必要です。配線も重要なポイントになります。

ライフスタイルの変化も見据えてレイアウトする

子どもが生まれたり、親が同居したりすれば、家族の人数が増えるかもしれません。自宅の一部屋を書斎にしていても、そのようなライフスタイルの変化で部屋の用途が変わることもあるでしょう。また、趣味が変わっていくこともあります。

そのようなライフスタイルの変化に対応できるような、書斎のレイアウトにすることがポイントです。今後のライフプランを考慮して、どのような書斎にするかのイメージを固めてください。

作業内容と場所に併せて、使い勝手のいい大きさのデスクを

書斎の家具といえば、まずはデスクです。デスクは、書斎の使い勝手のよさを左右します。

デスクでどのような作業をするのかを考え、デスクのサイズを決めましょう。デスクを置く場所が、デッドスペースだとすると、コンパクトなデスクが必要です。

デスクの上にはパソコンだけを置くか、資料を置くスペースも必要かというように、書斎を使う様子を想像してみましょう。また、書斎には収納家具があった方が便利です。本や書類、文房具などを収納できる場所があれば、デスクの上が片付きます。

書斎での作業が気持ちいいインテリアを

デスクと椅子を置けば、それで書斎になります。しかし、それだけでは作業がはかどるリラックスした気持ちのいい空間にはなりません。

書斎として使う部屋や空間をおしゃれなインテリアでコーディネートし、気分がよくなる空間を作り上げましょう。作業効率を上げるためには、デスクと収納が一体になったような機能性の高い家具があるといいかもしれません。収納がついた機能的でデザイン性のあるデスクだと、そこに座って作業するのが楽しくなります。

【畳数別】おしゃれで快適な書斎レイアウトを作るコツ

ここからは、おしゃれで快適な書斎レイアウトを作るポイントを見ていきます。個室型やスペースを仕切ったオープンなタイプ、リビングのコーナーなどを活用したタイプなどもあります。

あなたの持っている書斎のイメージを、どのようにすれば実現できるでしょうか。

  • 〔1畳〕コンパクトな書斎レイアウト
  • 〔2畳〕実はおすすめサイズの書斎レイアウト
  • 〔3畳〕広く使いたい人の書斎レイアウト
  • 〔4.5畳〜〕余裕を持った空間を確保できる書斎レイアウト

畳数別で具体的に解説します。

〔1畳〕コンパクトな書斎レイアウト

デスクと椅子があれば書斎スペースになるため、1畳の広さがあれば書斎は作れます。ただし、デスクはパソコンが乗る程度のコンパクトタイプがいいでしょう。

書類や資料を多く収納したいのなら、もう少し大きめのスペースが必要ですが、作業だけできればという方なら大丈夫です。1畳のコンパクトな書斎なら、狭小住宅でも書斎を持つ夢が叶うでしょう。

〔2畳〕実はおすすめサイズの書斎レイアウト

2畳サイズの書斎は、おすすめのレイアウトになります。何故ならば、120cm幅のデスクを設置できるスペースがあるからです。この幅のデスクは、作業用にちょうどいい大きさです。

2畳であれば、個室が準備できない家庭でも、デッドスペースの活用で書斎を作れます。その空間にデスクの他にも、コンパクトな収納家具を配置可能です。家具をまとめて置くことで、動線を確保しましょう。

〔3畳〕広く使いたい人の書斎レイアウト

在宅ワークやリモートワークで、家にいる時間の大部分を書斎で過ごすという方には、少し広めの3畳タイプがおすすめです。3畳あれば趣味のものを置けるスペースもあり、個室としての機能が果たします。

狭すぎる場所だと居心地が悪いという方や、書斎には本棚や収納スペースをしっかりとりたい方にも3畳の広さは最適です。狭すぎず、広すぎない空間で快適に仕事ができるでしょう。

〔4.5畳〜〕余裕を持った空間を確保できる書斎レイアウト

書斎に使える空間が4.5畳以上ある場合は、一部屋を書斎として使えるイメージで、広々として使い勝手がいいでしょう。小さめの個室があるのなら、そこを書斎にしてもいいですね。

そのスペースにデスクと椅子、そして収納家具などを置き、仕事や作業に使う書類や道具を一まとめにしましょう。レイアウトによっては2人掛けのソファを置け、家族と共有して使える空間になります。

4.5畳の寝室に書斎を作りたい場合でベッドがセミダブルだと、幅40cmのデスクなら人が通れる空間ができるでしょう。

書斎リフォームの費用相場

自分で書斎を作るのではなく、専門の業者に依頼すれば費用はいくらくらいになるでしょうか。一部屋を書斎として作ることは難しくても、リビングのスペースに間仕切り壁を作って区切ると、半個室になります。壁一面の本棚を作って、収納を増やすことも可能です。

リビングの片隅にカウンターを設置し、パソコンを置けるようにしてもらうと、それだけで自分だけの空間になるでしょう。作りたい書斎のイメージがあるのならば、専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。

リフォームの費用相場は、以下の通りです。

書斎リフォーム箇所費用相場
カウンターデスクを造作7万~15万円
壁一面の本棚をつくる15万〜25万円
壁紙を張り替える(約10平方メートル)5万~7万円
リビングなどの片隅にカウンターを設置8万~13万円
間仕切り壁をつくる15万~20万円
リビングや寝室の一角に机などを設置10万円前後

【あわせて読みたい】

リフォームする際は必ずチェック!どこまで無料?見積もりの注意点>>>

内装工事業者のプロを探す

おしゃれで快適な書斎を作るために、部屋の広さ別で使い勝手のいい書斎レイアウトのコツを解説しました。

書斎のある家に、憧れる方は多いです。書斎を作って、そこで仕事をしたり趣味の時間を満喫できれば、生活にもメリハリができます。

  • 内装工事業者について相談したい
  • まとめて内装工事業者の見積もりをとりたい

そんな方は、ゼヒトモから内装工事業者のプロを探してみませんか?

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

内装工事関連の最新記事

2022/10/18
押入れ活用のアイデア6選!ポイントをおさえておしゃれに改造

自宅にある押入れをどのように改造できるか知りたい方も多いでしょう。そこで今回は、押入れをおしゃれに改造できるアイデア事例をまとめました。費用目安や注意点も紹介するため、押入れをおしゃれに改造するときの参考にしてください。 押入れをおしゃれに改造!活用アイデア6選 布団などの収納場所として使用される押入れですが、そのほかにも多くの活用方法があります。ここでは、押入れをおしゃれに改造する活用アイデアをまとめたので確認していきましょう。 改造①:クローゼット この投稿をInstagramで見る ムー(@mmm_sou)がシェアした投稿 洋服の収納場所を増やしたいなら、押入れをクローゼットに改造するのがおすすめです。押入れの襖(ふすま)を取り外しておしゃれな家具を入れれば、衣類の収納場所として使えます。 そのほかにも突っ張り棒を渡し、そこにハンガー掛けの洋服をかければお店のように洋服をディスプレイすることができます。押入れの上に小物を保管すればコーディネートを組むときにも便利です。 改造②:収納スペース この投稿をInstagramで見る Mina(@minapon1018)がシェアした投稿 押入れを活用して収納スペースに改造するのもおすすめです。本を読むことが好きな人であれば、自宅に溜まる本の収納に困る方も少なくありません。押入れの襖を外して収納ボックスを置けば、本棚として使えます。 押入れは奥行きがあるため、たくさんの本を収納できるのも魅力です。本だけでなく、生活用品や食材の収納場所として活用する方法もあります。家族が多いと収納場所に困ることも多いので、押入れのスペースをうまく活用しましょう。 改造③:子供部屋・キッズスペース この投稿をInstagramで見る ほほなっつ*DIYで理想の家づくり(@hohonut.49)がシェアした投稿 奥行きのある押入れを利用して、子供部屋やキッズスペースを作るのもおすすめです。押入れの高さは子どもの背丈に合うため、ベッドにしたりデスクにしたりなどさまざまな使い方があります。 秘密基地のような空間に喜んでくれる子どもも多いでしょう。また、子どもの成長とともに増え続けるおもちゃの収納場所として使うのもぴったりです。スクエアボックスを押入れに並べれば、おしゃれな収納場所に仕上がります。 改造④:書斎・作業デスク この投稿をInstagramで見る きみ ∥今風和室インテリア(@_kimihouse)がシェアした投稿 近年は、在宅ワークにより自宅で仕事する人も増えています。しかし「限られた自宅スペースに新しくデスクを置くのは躊躇する……」と考える人もいるでしょう。このような場合は、押入れを作業デスクや書斎に改造するのがおすすめです。 押入れの中板は机に使うとちょうど良い高さにあるので、椅子を置けば作業デスクとして使えます。上部にライトを設置したり小ぶりの収納ボックスを並べたりすれば、おしゃれな空間に仕上がります。 改造⑤:二段ベッド この投稿をInstagramで見る 石川 奈保子(@naoko401)がシェアした投稿 押入れにはしごを取り付けて、子ども用の二段ベッドに改造する方法もあります。押入れの中に可愛らしいデザインの壁紙を貼り付ければ、見た目も暗い印象にはなりません。 二段ベッドを購入する必要がなくなるため、お財布にやさしいのもポイントです。子どもが成長したら洋服やおもちゃ、本などを収納スペースに改造するのもいいでしょう。 改造⑥:秘密基地 この投稿をInstagramで見る 3kids_mama(@n.k.y.r.k_home)がシェアした投稿 自分だけの空間を作りたいのであれば、押入れを秘密基地に改造するのもおすすめです。襖を取り外して上段は子どもが遊べるプレイスペース、下段に子どもの洋服やおもちゃを収納します。 大人の場合は、押入れをベンチコーナーに改造してゆっくり過ごせる空間を作るのもおすすめです。クッションや絵などおしゃれなインテリアを飾れば、カフェのような雰囲気に仕上がります。 押入れの改造はDIYできる? 押入れをどのように改造するかによって変わりますが、クローゼットや作業デスク、生活用品や食材の収納場所へのリフォームなどはDIYが可能です。 DIYでおしゃれな仕上がりにしたい場合は、簡単に剥がせるリメイクシートや洋服をかけられる突っ張り棒などのアイテムを活用しましょう。これらの商品は100均で揃えられるので、費用も抑えられます。 特にリメイクシートはおしゃれなデザインのものも多く販売されているので、壁に貼り付ければおしゃれにアレンジ可能です。 ただし高度な改造の場合は、DIYするよりリフォーム業者に依頼したほうが良いこともあります。DIYで押入れを改造するのが不安な場合は、まずはリフォーム業者に相談するのがいいでしょう。 押入れを改造する際の注意点 押入れの改造はDIYが可能です。しかし、押入れをリフォームするときは注意したいことがいくつかあります。それぞれの注意点を確認しましょう。 クローゼットにリフォームする際は補強工事をする 押入れをクローゼットに改造したい場合、補強工事が必要な場合があります。押入れは布団を収納する場所として設計されているので、重量に耐えられる補強工事がされていないこともあるのです。 下地は組み立てる必要はありませんが、クローゼットにリフォームするときは薄いベニヤ板を貼るようにしましょう。上段にラックを設置して洋服を収納したい場合は、中板の強度も確認しておくことをおすすめします。 クローゼットにリフォームする際は結露予防をする 押入れは湿気が多いため、中の空気が温まり結露が発生することがあります。結露が発生する状態を放置すると、カビの繁殖につながるので要注意です。たとえば押入れをクローゼットに改造した場合、収納した洋服にカビが生えるかもしれません。 結露の発生を抑制するには、外壁に接する場所に断熱材を入れるのがいいでしょう。湿度の変化を緩和してくれる調湿性タイプのクロスもあります。リフォームに使用するアイテムを買い揃えるときは、結露予防を考慮して選びましょう。 賃貸はリフォーム範囲の制限がある 賃貸物件の場合、入居者には原状回復義務が課せられるので注意しましょう。原状回復義務とは、住み始めた部屋の状態に戻すことです。押入れを大改造してしまうと、退去時に多額の費用をかけて元の状態に戻さなければいけなくなることがあります。 賃貸物件の場合は、原状回復義務を考慮してリフォームすることが必要です。たとえば襖を取り外してカーテンを取り付けたり収納ボックスを設置したりなど、簡単な改造がおこなえます。また、内装は手間をかけずにシンプルに仕上げましょう。 押入れをクローゼットに改造する費用相場 押入れをクローゼットにする改造費用は、広さやリフォーム内容で変わります。一般的なクローゼット改造費用の目安は、10万〜20万円です。 施工内容は、襖の扉変更や押入れ内部の棚を撤去、ハンガーパイプ設置などが含まれます。そのほかに発生する施工費用は、次のとおりです。 壁にクロスを貼る場合(2万5,000~4万5,000円) […]

2022/10/18
造作家具のアレコレ!種類や取り入れるメリットとは

造作家具とは、建物に直接取り付けてもらうオーダーメイドの家具のことです。理想とする家具を作れるというメリットはありますが、高額な費用がかかるのではないかと不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 この記事では、造作家具のメリットやデメリットについて知りたい方に向けて、必要な情報を詳しく紹介しています。業者に依頼するときの注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 造作家具とはどんな家具? 造作家具とは住宅に合わせて作ってもらう家具のことです。住宅建築時やリノベーションの際に依頼することも多く、オーダー家具や作り付け家具などとも呼ばれます。 サイズやデザインを自由に決められるので、空間にぴったり合うジャストサイズの家具を作ってもらえるだけでなく、見た目や素材なども自由に決められるので、理想を実現することが可能です。 理想の家具が既製品で見つからないときは、造作家具も検討してみましょう。収納棚や本棚、机など、こだわりを形にすることができます。 造作家具の作り方 造作家具には、大工工事と家具工事の2種類の作り方があります。それぞれの工事について解説します。 大工工事 大工工事とは、現場で大工さんが造作家具を作ることです。実際の住宅に合わせて作るため、お部屋全体の雰囲気に統一感が生まれ、ミリ単位でぴったりのサイズの家具が作れる点が特徴です。 また、住宅そのものの工事と合わせて製作するため、コストが抑えやすいというメリットもあります。ドアやフローリングとの色合いが合わないときも、その場で塗装することができ、より統一感のある家具に仕上がります。 家具工事 家具工事とは、造作家具を家具工場で製作してもらうことです。時間をかけて加工してもらえるので、クオリティが高いことが特徴です。 また、複雑なデザインや特殊な素材などもオーダーメイドできるため、細部までこだわりたい方にも適した方法といえます。ただし、家具工場から搬入し、現場で設置してもらうので、コストが高めになることが一般的です。 造作家具の種類 制限がないことが造作家具の魅力です。種類もさまざまで、自由に依頼することができます。オーダーの多い種類について見ていきましょう。 壁面全体 壁面全体に取り付ける造作家具もあります。例えば、寝室や廊下の壁面全体に収納スペースを取り付けたり、リビングにテレビ台や飾り棚が一体となった家具を作るのも良いでしょう。また、キッチンに作り付けの食器棚があれば、地震のときにも倒壊する恐れがなく安心です。 この投稿をInstagramで見る イノマル注文住宅(@inomar_chuumonjyutaku)がシェアした投稿 自然素材を使用した造作棚で心地の良い寝室に。お部屋にぴったりな家具で理想の住まいをカタチにしています。 この投稿をInstagramで見る 20代カメ🐢夫婦の家づくり(@kame_no_ie)がシェアした投稿 素材や形にこだわれる造作家具の良さを活かしたリビングベンチ。素材は、タモの突板で垂直面の木目の繋がりがポイントです。 壁の一部 壁の一部に手を加えて取り付ける造作家具もあります。例えば、対面キッチンの上部にカップボードを作ってもらったり、洗面台の脇にタオル収納専用の棚を取り付けてもらったりできます。 この投稿をInstagramで見る 西依建設 | 福岡でデザインとアイデア◎なお家を建てる工務店(@nishiyorikensetsu)がシェアした投稿 洗濯機の近くに造作カウンターを設置。毎日のお洗濯を効率的にしてくれます。 この投稿をInstagramで見る ともぐ(@tomogu_home)がシェアした投稿 その場所にあった仕様にできる、造作家具の特徴を活かした収納棚や背面飾り棚。デザインにこだわれば、自分好みの空間ができます。 造作家具のメリット 造作家具には次のメリットがあります。 家全体に統一感が出る 理想が叶えられる 空間を有効に使用できる 耐震性が高い それぞれについて解説します。 家全体に統一感が出る デザインを自由に決めることができるため、インテリアに統一感が出ます。また、現場で工事をしてもらう場合であれば、色の微妙なニュアンスまで壁や床とぴったりとコーディネートできます。こだわりの部屋づくり、家づくりを目指すときは、造作家具を検討してみましょう。 理想が叶えられる 自由度が高いため自分の好みに合わせた材料、サイズ、デザイン、色の家具を作ってもらうことができます。また、プロが製作するため精度が高いこともメリットです。既製品で理想の収納家具などが見つからないときも、造作家具を検討してみましょう。 空間を有効に使用できる 既製品ではぴったりのサイズを見つけることが難しく、天井や壁面に無駄なスペースが生まれ、空間を有効活用できないことが多いです。理想の高さのデスクや壁一面の収納棚などの無駄のない空間利用を考えている方も、造作家具を検討できます。 耐震性が高い 造り付け家具は、住宅そのものに家具を造り付けて固定した家具です。そのため、地震が起こっても倒壊する可能性が低く、高い耐久性を期待できます。 造作家具のデメリット 造作家具にはデメリットもあります。 時間・コストがかかる 現物を確認できない 撤去がしにくい それぞれのデメリットについて解説します。 […]