ハウスクリーニング

東京都渋谷区
ハウスクリーニングのプロが近くに2,338人います

プロの探し方

Supporters

東京都渋谷区のハウスクリーニング業者のプロ一覧

(4ページ目)

東京都渋谷区

安心・安全 生協(コープ)のリフォーム ■ リフォーム 外壁(塗装・サイディング)工事、屋根(塗装・葺き替え)工事、水まわり(キッチン、浴室、トイレ)工事、 内装工事全般(クロス・襖・障子・網戸の張替え、畳替え)、エクステリア(門扉、塀、カーポート、テラス取付)工事、エコ窓(二重窓)取付、その他内装工事や補修工事全般など コープランド東京では、地球環境に配慮した、遮断塗料を提案しています。

東京都渋谷区

便利屋お助け本舗全国本部は、皆様のお困り事を何でも解決する会社です。全国200ヶ所に展開し、お近くの地域で対応することが可能です。お部屋の清掃、荷物の移動や片付け、力仕事、家具の組み立て、庭木の伐採や草むしり、電球交換、行列の並び代行や、買い物の代行、運動会の場所取り、ビデオの撮影、大工仕事、ゴキブリの退治など、ありとあらゆる生活の中のお困りごとにお応えします。

東京都渋谷区

株式会社エスシーエスは、総合クリーニングサービスを行なう会社です。主に、ビルメンテナンス・ハウスクリーニング・リフォーム一式を行い、事業者・店舗のほかにも個人のお客様も対応しています。

東京都渋谷区

D&Cサービス株式会社は、清掃・廃棄物処理業を行う会社です。小さなアパートからタワーマンションのような大規模マンション、雑居ビルの一室から高層ビルに至るまでさまざまな業務に対応します。

東京都渋谷区

WORKERSNET.RINGSは、渋谷区のハウスクリーニング会社です。天然の石けんを使うナチュラルハウスクリーニングを行なっており、エアコン、換気扇、キッチン、浴室、トイレなどを環境にも身体にもやさしい石けんで掃除をしています。

東京都渋谷区

ダスキンサービスマスターは、株式会社ダスキンが全国展開するハウスクリーニングサービスです。家庭のハウスクリーニング、事務所や店舗の清掃業務まで、掃除に関する様々な要望に、プロの技術と専用の資器材・薬剤で対応します。

東京都渋谷区

東京管財株式会社は、渋谷区のハウスクリーニング・ビルメンテナンス会社です。ビル、マンション、オフィス、店舗など幅広く日常清掃・定期清掃などを行なっており、一軒家や、マンションの部屋清掃を行なうハウスクリーニングの他、引越しや退去後の原状回復清掃も対応しています。

東京都渋谷区

株式会社ウィンテックは、オフィスビル、マンション、学校および商業施設などの清掃管理業務・衛生管理業務・設備管理業務を取り扱う会社です。建物の安全性と健全な環境機能を維持し、さらなる快適環境を創りだすため、多岐にわたる業務をていねいに遂行しています。

東京都渋谷区

株式会社創美は、ビルメンテナンス、管理の総合サービス企業です。テナント管理計画、共益費/水光熱費の集金代行等の管理の他、日常清掃、窓ガラス清掃を行なう清掃管理を行い、また、中古住宅・マンションのリフォームも手がけています。

東京都渋谷区

不二ビル管理株式会社は、渋谷区のビルメンテナンス管理会社です。日常清掃や、定期清掃、床清掃を行い、建築設備管理も手がける他に、キッチンまわり、風呂場(ユニットバス含む)、手洗い用シンク、トイレ(便器)の交換工事も対応している会社です。

東京都渋谷区

株式会社代々木の杜企画は、ビル・マンション専門の清掃会社です。日常清掃、定期清掃から貯水槽・雑排水管清掃、植栽管理、高所ガラスや壁面の清掃など建物のメンテナンス業務から、小規模修繕工事や床面の防滑改修工事、賃貸物件の原状回復などの工事業務まで、幅広く対応しています。

東京都渋谷区

株式会社ファミックは、渋谷区のビルメンテナンス会社です。ビルディング・マンション等の清掃管理・衛生管理を主に行い、冷暖房空調設備の管理や、給排水衛生設備管理等対応しています。

もっと見る

ハウスクリーニング業者に関する良くある質問

ハウスクリーニング業者関連の最新記事

2019/05/21

掛け布団の洗濯方法は?洗濯機を使った簡単ステップを紹介

掛け布団と言っても様々な掛け布団があります。違いは主に、中の詰め物。綿や羽毛の布団以外には、ポリエステルなど化学繊維の布団も洗濯のしやすさなどから人気です。 掛け布団の洗濯方法をお伝えします。正しい洗濯方法で、清潔に使って快眠ライフを送りましょう。 掛け布団を洗濯する上での3つのポイント 1.掛け布団はそもそも洗濯できる?できない? 掛け布団は洗濯できるものがほとんどです。ただし洗濯方法は掛け布団の洗濯表示によって異なります。必ず布団の洗濯表示を確認しましょう。 2.洗濯表示はどうやって確認する? 洗濯表示は布団に付いているものを確認します。多くの布団が四隅の角などについています。手洗いができる、洗濯機を使う場合は弱で、など洗濯表示で指定されている方法で洗濯してください。 手洗いマークや洗濯マークにバツ印がついていた場合は、手洗いや洗濯はできません。プロのクリーニングに出すようにしましょう。 3.洗濯する頻度はどのくらいがいい? 厚生労働省の定める旅館業法が平成29年に改正され、現在は布団の丸洗いは6ヶ月に1回行うように明記されています。旅館やホテルは、お客が入らないときは空室になり、布団も使われません、つまり毎日使われるわけでもない旅館の布団でさえ半年に一度の丸洗いをするルールになっています。 毎日使用している自宅や家族の掛け布団であれば、3ヶ月に一度程度の丸洗いをしても、しすぎということはないかもしれません。さらに家族がアレルギーを持っている、ペットと一緒に暮らしていてペットの毛や皮膚なども落ちている可能性があるようなときは尚更です。ただし布団は洗濯をしすぎても劣化をしてしまうことはわかっておきましょう。 場合別にみる掛け布団の洗濯方法6つ 1.洗濯機で洗濯する場合 「洗濯機で洗濯できる」と洗濯表示があるときは、洗濯表示に従いましょう。洗濯機を使う場合の水流なども指定してあります。念のため、布団の外生地を傷めないように洗濯ネットを使用しましょう。洗濯機によっては、布団の洗濯や毛布の洗濯モードを選択できます。 2.ポリエステルの掛け布団の場合 ポリエステルの掛け布団は自宅で洗濯できるものがほとんどです。綿より速乾性に優れています。ポリエステルは綿よりもホコリが出づらく、アレルギーの人でも使いやすい布団です。こちらもまず洗濯表示を確認して、表示に沿って洗濯しましょう。 3.乾燥機を利用する場合 乾燥機は3種類あります。布団専用乾燥機、家庭用の洗濯機の乾燥機能、もしくはコインランドリーの乾燥機です。布団専用の乾燥機は、洗濯して濡れた布団を乾燥させることが主目的ではなく、湿気ている布団を乾燥させることが目的です。洗濯後、脱水していても、ずぶ濡れの布団を乾かすものではありません。梅雨時期で天日干しができない、忙しくて外に出せない、体が不自由で上げ下ろししづらい人に適しています。冬は布団を温めることもできます。 家庭用の洗濯機についている乾燥機能を使って乾燥させる場合、布団は1枚ずつ入れて、20分程度で乾かしてから天日干しにしましょう。完全に乾かすために長時間乾燥機にかけてると、布団が痛みます。160分を目安に乾燥機にかけて、仕上がり状況によって乾燥時間を追加していきます。 4.ドラム式洗濯乾燥機を利用する場合 例えばPanasonicのとあるドラム式洗濯乾燥機で布団を洗濯するときは、「化学繊維100%で中綿1kg以下の掛けふとんか肌掛けふとんのみ」と指定されており、さらに別売りの洗濯キャップというパーツが必要です。 このように各社の各種のドラム式洗濯乾燥機に応じて使用方法や洗える布団の種類が指定されているため、ドラム式洗濯乾燥機の取り扱い説明書通りの使用方法で洗濯をしましょう。 5.コインランドリーを利用する場合 コインランドリーには大きな布団でも入るような大容量の洗濯乾燥機が用意されており、高熱がかかる乾燥機でしっかり乾燥させることができるなど、自宅の洗濯機より洗濯乾燥がしやすいことが特長です。 ただし乾燥の際高熱がかかるため、「乾燥機にかけてもいい」と保証されている掛け布団以外を乾燥機にかけるのはやめましょう。 6.宅配クリーニングサービスを利用する場合 宅配クリーニングサービスに依頼するときは、例えば「水洗い宅配クリーニングサービス」とうたっている会社は水洗いに対応しているふとんの洗濯をしてくれるので、水洗いで洗うことのできる布団を預けるようにしましょう。洗濯してほしい布団を箱に入れて送る、もしくは担当者が引き取りに来て、洗濯後は自宅に届けてくれるという非常に簡単な方法で依頼できます。布団1枚8,000円〜程度で洗ってもらうことができ、防ダニ加工などをしてくれる会社もあります。 Zehitomoのプロに布団を洗濯してもらう 布団を干す際の注意点6つ 1.どのくらいの頻度で干すべき? 布団は毎日の就寝時の湿気を吸収しており雑菌やダニが繁殖しやすい環境になっているため、可能な限りこまめに干すのがおすすめです。週に1回、可能であれば毎日干してもいいでしょう。 2.布団干しカバーは必要? 布団干しカバーを使うと、干している時に花粉やベランダや外壁の汚れ、空気中のほこり、鳥のフンなどが布団に付くのを防げます。また色が黒など、太陽の熱を集めやすい色になっていることで、布団をしっかり乾かすこともできます。 花粉症や、ベランダや庭がの近くの交通量が多く車の排気ガスが気になるなど、衛生面が気になる方は使ってみてはどうでしょうか? 3.どのくらいの時間干すべき? 布団を干す時間は夏は3時間、冬は5時間を目安にするとよいでしょう。布団を干すことによってダニが反対側に逃げるので、片面だけでなく両面を干していくようにしましょう。 4.布団を干した後に良い匂いがするのはなぜ? 布団を干した後にはとてもいい匂いがしますよね。太陽の匂いとも言われています。この匂いについては様々な説があり、ダニの死臭という説もありました。 しかし株式会社カネボウ化粧品が科学的にこの匂いを解析し、「布団やタオルの原料となる綿などの繊維と、太陽の光が化学反応を起こして発生する匂いである」という研究結果を発表しています。ダニの死臭ではないか?という説については、ダニがいない状態での実験でも「布団を干した後の良い匂い」ができることが確かめられています。 5.花粉シーズンでも干して良い? もちろん花粉シーズンも外に布団を干すことはできますが、布団を乾燥させるだけではなく、布団に花粉が付着してしまいます。眠る時は、少しでもアレルギー症状を和らげたいですよね。花粉症の人の布団は外に干さない方がいいでしょう。 花粉は、種類や天候によっても変わりますが、基本的に花粉は日の出とともに放たれて、昼頃に市街地に到達します。そう考えると午前中に布団を干すことで、花粉が布団に付く量を減らすことができるかもしれません。 6.曇りの時も干すべき? 天気が曇りの日は、湿度が低い曇りの日には外に干してもいいですが、雨が降る前後など、湿度の高い日は干さないようにしましょう。湿度の低い曇りの時(つまり、乾燥している時)は、布団に黒い布をかけるなどすると、太陽の光が布団に集まりやすく、効率的に布団の温度を上げ、乾燥させることができます。 Zehitomoのプロに布団を洗濯してもらう 最後に 掛け布団は毎日使うものなので、こまめに洗濯をしたり外に干して湿気を飛ばしたりして、清潔に保ちましょう。ぜひ、良い睡眠環境を手に入れて日々の生活を豊かにしていってください。 Zehitomoのプロに布団を洗濯してもらう

2019/01/28

ゴキブリ退治・対策大全!これでゴキブリとおさらば!

0:はじめに 「ゴキブリ」をイメージするだけで背すじがゾワッとしてしまう方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。 ゴキブリはその見た目から「気持ち悪い」印象を抱いている方が多く、駆除対象とされていることも少なくありません。 例えば、少し古いデータですが1990年のアメリカのバージニア工科大学の調査によると、日本・アメリカ・中国の三カ国とも、ゴキブリは駆除すべきというアンケートの結果が80%を超えています。(日本81.3%、アメリカバージニア州87%、中国杭州94%) つまり日本特有の問題ではなく、全世界においてゴキブリの退治・対策に関して問題視をされているわけです。 そこで今回は、あらゆる観点からゴキブリ退治・対策について研究し、「これだけ読めば全てがわかる!」をモットーとした大全を作成しました。みなさまが困っていることの一助になるので是非ご一読ください。 <INDEX> ※各項目のクリックでその章へ飛ぶことが可能です。 1:ゴキブリ対策のゴールはどこか。 2:ゴキブリの特性 3:ゴキブリの習性 4:ゴキブリがいるところ 5:駆除対策大全 6:意外と多い誤解 7:気になること・不安なことQ&A 8:根こそぎ根絶するためには? 1:ゴキブリ対策のゴールはどこか。 そもそも「ゴキブリを退治する」「ゴキブリ対策」と言った時に、そのゴールは何になるのかを考える必要があります。 シンプルに表せば「ゴキブリを住居やオフィスから完全に取り除く」ことになりますが、この言葉一つ取っても意味の取り方で認識が異なってきます。 というのも、ゴキブリは1匹を目撃したらその10倍、20倍は潜んでいると考える必要があるからです。 たまたま遭遇した1匹のゴキブリを退治して「めでたしめでたし」ではありません。 ・ゴキブリが潜んでいるであろう巣窟を取り除く。 ・ゴキブリの卵の孵化を防ぐ。 ・その上で、新たなゴキブリの侵入を防ぐ。 この3つを確実に行う必要があります。 つまり、ゴキブリ退治・対策は駆除スプレーやトラップを仕掛けて済むほど簡単な話ではないのです。 ですので、本記事を通して多角的に退治・対策を知っていっていただければと思います。 2:ゴキブリの特性 ゴキブリはいつの時代からいるのか? まずはゴキブリの歴史を軽く振り返ります。 ゴキブリは、高等植物の出現と同時期、約3.5億年前に姿を現しました。今この現在まで生き続けてきた生命力の強い昆虫であり、生きた化石なのです。 ゴキブリと言っても、その種類は未確認の種まで含めると、約4000種が存在します。 そして、我々人間と接触のあるゴキブリはわずかに約1%。残りの99%以上は熱帯地域に生息し、森や海岸などにある腐った樹木や葉っぱ、そして石の下など人との関わりなくを生息しています。 そんなゴキブリたちの約1%が人間世界の建造物に入るようになったのは、生存本能の強さゆえです。冬場でも発熱する電化製品があったり、水回りが常に存在したりと、まるで熱帯地域の森のように居心地が良いわけです。 人間と接触のあるゴキブリの種類は? 日本に生息しているゴキブリは52種類。その中で家に住み着く家住性のゴキブリは約10種類です。 その中でも最も有名な種類が「チャバネゴキブリ」という種類。元々は熱帯原産種で、世代期間が短く、産卵数が多いため繁殖力が旺盛。 1匹のチャバネゴキブリが1年の間に14万匹にも増える説もあるほど。他の種と異なり、孵化の直前まで卵をお尻にくっ付けているのが特徴でもあります。 もう一種類の有名な種類が「クロゴキブリ」。亜熱帯原産種とも言われ、休眠性があり卵の状態で越冬をし、暖かくなると孵化します。 また、日本原産種の「ヤマトゴキブリ」は日本原産種で、幼虫に蒸してから越冬をします。やや小柄なゴキブリで、「チャバネゴキブリ」と共に日本で目にすることの多い種類です。 3:ゴキブリの習性 続いて、ゴキブリの行動習性について見ていきましょう。行動習性を知ることは、ゴキブリの退治への近道になります。今回は6つの習性を紹介していきます。 (1)群居性 ゴキブリは、集合フェロモンを発散して群をなして生活しています。実験室でチャバネゴキブリを1匹ずつ別々のケージに入れて飼育する実験を行ったところ、数匹を一緒に飼育した場合より発育が遅れたこともあります。 (2)夜間行動性 ゴキブリは、昼間は物陰に潜んでいることが多く、夜になると行動を開始します。人間の住居では夜でも明かりが付いているため、消灯後=夜のスタート。消灯後の3時間ほどが活動タイムで、特に30分後がピークです。夜中にキッチンに行ったら遭遇してしまったことのある方は、納得の習性ですね。 (3)雑食性 ゴキブリは、植物性、動物性も何でも食べます。人間の食べ残しやカスに限らず、人間の毛髪からゴキブリの仲間の死骸まで食べます。しかし、それでありながら飢餓に強いです。例えば、飲まず食わずでも1カ月は 生存。水を与えてるだけで3カ月も生きるゴキブリがいます。これは、腹部にある脂肪体をエネルギー源としているためと考えられています。 (4)潜伏性 ゴキブリは、潜む習性があります。それゆえに駆除が難しいのす。住居では、戸棚や冷蔵庫の裏、引き出しの中などに潜み、狭いスペースを好みます。 幼虫なら0.5mm、成虫でもたった2mmの隙間があれば潜り込めます。穴を塞ぐなどの対策を取っても安易なものとなってしまうのを痛感する習性です。 (5)好湿性 ゴキブリは、湿気を好みます。人間も水がないと生きていけないのと同じで、そもそも多くの生物に共通する習性ではあります。そのため、浴室や洗面台、そそてキッチンに出没することが多いです。 (6)隅走行性 […]