北海道ブロック工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

北海道のブロック工事業者

地域密着の技術のコンビニを目指します。サークルフェロー(同)は、住宅外部中心のリフォーム専門の会社です。 地域密着で、各工事を知り尽くしたプロ技術者の直営 20年以上の技術者のつながりでの販売施工の為、信頼関係が深く、しっかりした施工をお客様にお届け出来る 営業マンのいないダイレクト施工の為、お客様の意思が直接工事に反映され、より安くよりいいものをお届けできる。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

他社にない、オリジナル手作りを創ります。こんにちは シグマジニエイションズ鈴木と申します 札幌市で提案リノベーションを中心に 施工をしている会社です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

札幌市内で長年塗装・防水工事に携わってまいりました。お客様に本物の“信頼と技術”をお届けする事をモットーとし、どんなに些細な工事でも喜んで承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

地元で42年。創業以来、『丁寧かつ、綺麗な仕上げ』 をモットーにお客様宅を彩ってまいりました。 また、アフターフォローの充実にも努めてまいりましたので、多くのお客様に信頼して頂けることとなりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社では平成14年3月より、リフォームや注文住宅などの専門家として活動してまいりました。 お客様が安心して暮らせるお住まいを、様々なライフスタイルや価値観などに合わせ自信を持って造らせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

・庭がほしい、もっと広くしたい ・庭の手入れが大変だし、面倒だけどなんとかしたい ・ガーデニングに挑戦したいけど、何から始めたらいいのか・・・ ・車庫ガレージ、駐車場をつくりたい、もっと広くしたい ・ロードヒーティング、屋根融雪にしたい こんなお悩みを解決します! ガーデニング、庭木の移植・伐採、芝張りなどの造園工事を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

札幌市西区を中心に地域密着、顧客密着でがんばっております。 これからもがんばってお客様に愛される会社にしていきたいと努力しております。 ガス灯油のご用命がありましたら当社までよろしくお願いいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

札幌の新築・健康住宅・頭の良くなる生活習慣の家はイシンホーム住宅研究会【札幌中央店】有限会社こうゆう技建へ。「空間増量プロジェクト・狭い範囲を広く使う家づくり」を致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社のモットーは、いかにお客様に最高のサービスができるか、をモットーにし、お客様に信頼・実績・満足のお声をずっと頂戴しております。 増改築から内装工事、一流の職人を使って今までにない最高かつ快適な住まいをご提案します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私は札幌にて25年にわたり木造住宅工事に専念してまいりました、その多くの経験を活かしお客様のライフスタイルと地域に合わせた快適な住まい作りをお手伝いさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有機化学物質ゼロを目指して! 最近の住宅は、高気密・高断熱が進み、その中で使われている家具などはコスト重視で作られ、それらに含まれる化学物質はどんどん室内に放出し続けます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社の強みは技術力と丁寧なアフターメンテナンスです。 ■2x4にこだわる理由  2x4(ツーバイフォー)は、北米を中心とした発達した工法です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブロック工事業者をお願いしました

北海道におけるブロック工事業者の依頼例

よくある質問

ブロック工事の料金はどのくらいかかる?

ブロックは、ひび割れの補修や塗装だけであれば低費用のリフォームが可能です。例として、幅は6メートル、高さは1.3メートル、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約40万円です。別の例では、幅は2メートル、高さは80cm、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで工事料金は約15万円です。また他の例では、幅は6メートル、高さは1.2メートル、施工内容はクラック補修とモルタル塗りで工事料金は約18万円です。

ブロック工事の料金は、ブロックを積むための料金、ブロックを撤去するための料金、新しいブロックの料金などの合計から構成されます。

ブロック工事の依頼における注意点は?

ブロック工事、ブロック塀の工事は、工事当初は大掛かりです。2018年にはブロック塀が倒壊して幼い命が奪われる痛ましい事故も発生しました。工事には、重機が必要なこともあります。しかし一度できると30年ほどは使い続けることができます。日本建築学会の調査ではブロック塀の耐久年数は約30年程度と言われています。 対して生垣などは、見た目は四季折々の美しさを楽しむことができますが、落ち葉や花が枯れる時に落ちてしまうなど、日々のお手入れはブロック塀よりも大変です。ブロック塀や生垣の他には、フェンスなどの選択肢もあります。どれが自宅に最も合うか、家族で話し合って決めたいですね。

ブロック工事を依頼する流れは?

数社から見積もりを取り、見積書を比較して最終的に1社に絞って、ブロック工事を依頼しましょう。契約書を取り交わして、支払い条件に沿って支払いを行い、工事が行われたら完了です。

ブロック工事の中でも「今あるブロック塀を壊す」作業が発生する場合、業者が工事に着手する前後でご近所に挨拶をしておきましょう。重機などを使用して大きな音が発生してしまうためです。

ブロック工事業者の選び方は?

作業と小項目がきちんと記載している見積書を作成してくれる工事業者は信頼できます。工事によっては一概に内訳を書ききれない工事もありますが、ブロック工事においてはあまり細かな項目や特殊な作業も発生しづらいため、Aの作業にいくらかかる、Bの作業にいくらかかる、Cの作業にいくらかかると内訳を記載することができます。

「見積書を作成した業者が作業をする」場合と、「見積書を作成した業者は営業と見積書作成の担当のみ、実際のブロック工事作業は別の作業会社が作業をする」場合では、中間の手数料が発生して、金額が割高になることも。専門用語で「中間マージン」などと呼ばれます。見積書は複数の業者から複数枚手に入れて、比較することが大切です。

また、施工内容が正しいのか、「昨今話題の『ブロック塀の倒壊』のような事態を起こしたくないが、施工は問題がないか」などを業者に質問するといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

自治体がブロック塀の撤去費用を助成してくれることもあります。お住いの市区町村で確認してみましょう。耐久性が低くなってしまったブロック塀は東海の可能性も高く、危険です。ブロック塀の修繕や工事を検討している方は、撤去して、フェンスなどに変更することも検討してもいいでしょう。