和歌山県ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

和歌山県のブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者

住宅の改築、改装、リフォーム、耐久補強などお客様が満足していただける空間作りをプランニングします。責任を持った施工からアフターサービスまで信頼のある仕事で評判です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

不動産を売却する場合には、仲介手数料を支払い、買主を探す「仲介」の方法があり、これは売却までに期間を要しても希望金額で売りたい場合に向いています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

増築、改築、バリアフリー化などのリフォームを承っております。外装、内装、屋根やエクステリア工事、外断熱、浴室やキッチンやトイレなど、リフォームのことはお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

水漏れ・排水管トラブルならお任せください。 水漏れ箇所を突き止め、適切な工事をいたします。 流し台、浴室、トイレなどつまりの原因、悪臭の原因を探します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

屋根の葺き替えを行います。 職人が伝統の技本に基づき作業を行います。熟練の職人の、丁寧な施工です。 施工だけでなく、葺師の育成や技術向上にも努めてきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

屋根建材や屋根材の屋根修理、屋根工事、各種瓦販売、施行を行っております。 国土交通大臣認定の瓦屋根工事技師による屋根瓦の無料点検実施中です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

≪業務内容≫ ●家庭電化製品 販売・修理 ●オール電化工事 ●電気配線工事 ●住宅設備機器 ●リフォーム ●増改築 ●空調設備工事 ●通信カラオケ・イベント音響設備のレンタル・販売・修理 ■パナソニック、シャープ等、各種メーカー取扱い ■出張修理いたします ■水まわりリフォーム(キッチン・バス・トイレ) ■バリアフリー住宅 ■カラオケ・音響に関することは、何でもご相談下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

【営業内容】 《自動ドア》 ◎自動ドア新設 ◎手動の引き戸、ドアから自動ドアへの改造 ◎自動ドアの修理、メンテナンス ※実績と技術力が支える信頼のブランド、パナソニック自動ドア代理店です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

新築・増改築・リフォーム設計から施工まで。ほっとする住空間をご提供いたします。 小規模な工事も大規模な工事もご相談承ります。ご予算に合わせ、適切なご提案をさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

和歌山県橋本市・堺市・富田林市の新築・リフォーム・増改築はお任せください。 地域の皆様のホームドクターとして、高い技術力を持った職人、技術者による施工を実現いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

解体工事全般から、アスベスト除去工事、産業廃棄物収集運搬業務までお任せいただけます。 木造・鉄骨・鉄筋コンクリート解体工事、土木工事一式・推進工事、地中障害物解体及び造成整地工事など幅広く対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

キッチン、お風呂、洗面所のリフォーム、内装、外構のリフォームなら一度弊社までご相談ください。弊社社員の職人が最後まで責任を持って丁寧に施工いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者をお願いしました

和歌山県におけるブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者の依頼例

よくある質問

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの料金はどのくらいかかる?

交換・取り付けのみの作業のみであれば、便利屋や何でも屋に依頼して数千円〜1万円前後で依頼することもできます。交換する新しいブラインドやロールスクリーンの購入にかかる料金は、窓の大きさと枚数に応じて1万円前後〜数万円かかります。家中の窓の場合は10万円を超えることも珍しくありません。記事や形状にこだわり、枚数が多ければ、料金が50万円を超えることもあります。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの依頼における注意点は?

交換・取り付け作業自体はさほど難しいことはありません。木ネジやドリルなどを使用してできる作業で、資格も不要です。しかしブラインドやロールスクリーンは大きさに応じて重さがあり、窓や収納庫入り口などの上部に取り付ける作業、つまり上を向き続ける作業を行うため手馴れていないと大変な作業です。例えば掃き出し窓用のロールスクリーンは幅もあり、二重スクリーンの場合は器具もスクリーンも重さがあります。ブラインドも、ブラインドの大きさと羽根の素材に応じて重量がかなり変動します。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けを依頼する流れは?

作業内容を指定して見積もりを取り、業者を決めます。作業内容と金額、スケジュールに合意したら作業をしてもらい、支払いが完了したら終了です。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付け業者の選び方は?

取り付け・交換作業のみだけを依頼したいのか、新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから依頼したいのかに応じて業者を選びましょう。

作業のみだけ依頼したい場合、「行う作業の指示」は1から10まで依頼者が指定することになります。「こんな感じでなんとなくやっちゃってください」と指示した場合、その指示内容で作業が進められるということです。例えば明らかに耐荷重オーバーのカーテンボックスにブラインドを取り付けを指示されれば、指示される通りに業者は取り付けてくれます。しかしもし耐荷重オーバーでカーテンボックスが落下しても、業者は「依頼者に指定された指示通りに取り付けた」ということになります。

新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから業者に依頼すると、ほぼ必ず業者の現地見積もりが入ります。この窓の場合はここにブラインド・ロールスクリーンを取り付けることができる、この形状のブラインド・ロールスクリーンは取り付けができるけれどこの形状は取り付けできない、取り付けたい壁の素材がこうだからこうしたほうがいい、など職人の知識で現地の確認をしてくれます。取り付けを見据えて新品のブラインド・ロールスクリーンを購入するところから関わってもらうと安心できます。「買ったものの、取り付けようとしたら取り付けができない」「特殊なパーツを使わないと取り付けができない」という事態にもなりません。

その他気を付けるべきポイントは?

交換作業後のブラインドの処分方法は、業者と確認しておきましょう。取り付け作業のみを依頼すれば業者は取り付けのみ行い、処分費用は別途かかります。処分を受けてくれない業者もいるため、交換作業のみを依頼する場合はあらかじめ処分をどうするのか双方で確認しておきましょう。