東京都中野区ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都中野区のブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者

■事業内容 【賃貸物件仲介・管理】 マンション・アパート・店舗・事務所・駐車場など 【売買】 土地・新築住宅・中古住宅・店舗など 【建築】 設計・新築・増改築・リフォーム・メンテナンスなど 【測量・登記】 土地建物の登記・各種測量全般・その他各種申請手続 【代行業】 損害保険代理 ○西武新宿線鷺ノ宮駅を中心に物件多数! ○借地・底地・税務・相続など不動産に関するさまざまなご相談を無料で承ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社エイムクリエイツは空間プロデュース事業、商業施設事業、広告事業を行う会社です。新規施設のプランニングから既存施設のリニューアル・リノベーションまで地域特性のあった商業施設をプロデュースします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

街の便利屋ぶーぶは、町の便利屋さんです。お急ぎのお荷物の即日配達(書類・家具など)や、買い物・場所取り・掃除・片付けなどの代行業務、不用品処分や不用品の買取、一人暮らしの引っ越しサポートなど、暮らしのお困りごとを格安料金で代行します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

奥山管材機器株式会社は管工機材・建機・住設機器・空調機器等の販売・取付・施工を行っております。管工機材・住宅関連資材の販売・取り付けなどの業務で、2万品目を超える多品種を取扱っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

奥山管材機器株式会社/中野営業所は管工機材・建機・住設機器・空調機器等の販売・取付・施工を行っております。管工機材・住宅関連資材の販売・取り付けなどの業務で、2万品目を超える多品種を取扱っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ベスト電器中野川島店はベスト電器の店舗であり、家庭用電気製品および情報通信機器を中心とした小売並びに卸業になります。「お客様第一」の精神で快適なお買物を生活者に提供致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社東洋テクノはおもに空調設備工事を行っている会社です。近年、低炭素社会の実現に向けて、より実効性の高い省エネが求められるようになっています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

加藤&アソシエイツ特許事務所は特許事務所です。主な業務内容は国内外の特許出願、実用新案・意匠・商標の出願手続、鑑定・判定・異議申立・調査、知的財産に関する発掘支援、コンサルティング業務などを行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

内田ガーデニングは建設業を手掛ける企業です。 東京都中野区本町に所在しております。新中野駅3出口から徒歩約4分、中野新橋駅出入口から徒歩約7分、中野坂上駅3出口から徒歩約12分でのアクセスが可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社ZAXは中野区の宣伝・広告業を手掛ける企業です。東京都中野区新井に所在しており、中野(東京都)駅北口から徒歩約9分、沼袋駅南口から徒歩約12分、新井薬師前駅南口から徒歩約13分でのアクセスが可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。水回り、内装、外装、エクステリア等の様々なリフォームの依頼先に悩んだ時、受付担当エリアごと(中野区・沼袋駅前・野方・若宮・鷺ノ宮駅前・江古田・江原町)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。水回り、内装、外装、エクステリア等の様々なリフォームの依頼先に悩んだ時、受付担当エリアごと(中野区・鷺ノ宮駅前・鷺宮・大和)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者をお願いしました

中野区におけるブラインド・ロールスクリーンの取り付け業者の依頼例

よくある質問

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの料金はどのくらいかかる?

交換・取り付けのみの作業のみであれば、便利屋や何でも屋に依頼して数千円〜1万円前後で依頼することもできます。交換する新しいブラインドやロールスクリーンの購入にかかる料金は、窓の大きさと枚数に応じて1万円前後〜数万円かかります。家中の窓の場合は10万円を超えることも珍しくありません。記事や形状にこだわり、枚数が多ければ、料金が50万円を超えることもあります。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けの依頼における注意点は?

交換・取り付け作業自体はさほど難しいことはありません。木ネジやドリルなどを使用してできる作業で、資格も不要です。しかしブラインドやロールスクリーンは大きさに応じて重さがあり、窓や収納庫入り口などの上部に取り付ける作業、つまり上を向き続ける作業を行うため手馴れていないと大変な作業です。例えば掃き出し窓用のロールスクリーンは幅もあり、二重スクリーンの場合は器具もスクリーンも重さがあります。ブラインドも、ブラインドの大きさと羽根の素材に応じて重量がかなり変動します。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付けを依頼する流れは?

作業内容を指定して見積もりを取り、業者を決めます。作業内容と金額、スケジュールに合意したら作業をしてもらい、支払いが完了したら終了です。

ブラインド・ロールスクリーンの交換・取り付け業者の選び方は?

取り付け・交換作業のみだけを依頼したいのか、新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから依頼したいのかに応じて業者を選びましょう。

作業のみだけ依頼したい場合、「行う作業の指示」は1から10まで依頼者が指定することになります。「こんな感じでなんとなくやっちゃってください」と指示した場合、その指示内容で作業が進められるということです。例えば明らかに耐荷重オーバーのカーテンボックスにブラインドを取り付けを指示されれば、指示される通りに業者は取り付けてくれます。しかしもし耐荷重オーバーでカーテンボックスが落下しても、業者は「依頼者に指定された指示通りに取り付けた」ということになります。

新品のブラインド・ロールスクリーンを用意するところから業者に依頼すると、ほぼ必ず業者の現地見積もりが入ります。この窓の場合はここにブラインド・ロールスクリーンを取り付けることができる、この形状のブラインド・ロールスクリーンは取り付けができるけれどこの形状は取り付けできない、取り付けたい壁の素材がこうだからこうしたほうがいい、など職人の知識で現地の確認をしてくれます。取り付けを見据えて新品のブラインド・ロールスクリーンを購入するところから関わってもらうと安心できます。「買ったものの、取り付けようとしたら取り付けができない」「特殊なパーツを使わないと取り付けができない」という事態にもなりません。

その他気を付けるべきポイントは?

交換作業後のブラインドの処分方法は、業者と確認しておきましょう。取り付け作業のみを依頼すれば業者は取り付けのみ行い、処分費用は別途かかります。処分を受けてくれない業者もいるため、交換作業のみを依頼する場合はあらかじめ処分をどうするのか双方で確認しておきましょう。